FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2011.11.04 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2011 

《奈良帰省日記2011》(1)深圳から奈良へ (2011.11.2)

少し整備された深圳空港国際線前

《奈良帰省日記2011》(1)深圳から奈良へ (2011.11.2)

深圳空港へ - タクシーでのちょっとした出来事
去年の7月以来1年以上ぶりの奈良帰省です。
深圳航空の大阪便は福州を経由します。深圳-福州が国内便で福州から大阪までが国際線。預けた荷物はそのままで福州でいったん降りてイミグレ手続きをして再び乗り込んで大阪へ。

朝5時に起きる。 深圳空港8時20分のフライトで1時間半前に空港へ、とのこと。地下鉄はまだ動いていないのでタクシーだけ。
こういうときは乗る前に料金を決めてタクシーに乗るのがいい(ごまかされるから)。去年は90元で交渉成立した。今年は地下鉄がたくさん開通してタクシー業界は売り上げが大きく落ちているだろうから、高く言ってくるかな・・一応100元で交渉しようかな。
と言うことでまず1台目のタクシーと交渉。120元だという。で次のタクシーと・・
ちょっとねちっこく言ってきて嫌気が。次と交渉するかと思ったらさっきのタクシーが手を挙げてOKだと言ったのでそちらに乗り込む。

高速道路で空港へ。7時に空港へ。国際線は国内線A、Bから離れたところ。タクシーの運転手がAかBかと聞いてきた。海外の線だというと国際線かと聞き返す。そうだと返事。彼はその後も確かめるように何回も国際線かと聞きました。
まあ、みすぼらしくニートみたいな服装をしてタクシー代を120から100に値切るようなやつがどうして国際線?と言うことなんでしょうかね。私はけっこう格好で誤解を受けているような気も・・・昔から結構あります。まあ変える気は全くないですけどね。

久々の深圳航空で大阪へ
空港に着いてみるとけっこう客が。これまで私一人とか数人だけだったので深圳からの国際線客も増えたようです。
待っている間に空港のWiFiがあるかどうか確認、SZairportというのがありました。無料。
国際線客が機に乗り込んだ後国内線客が乗り込み満員になって出発。
深圳福州間で国内線の朝食が出て福州大阪間で昼食。食事の原価が安いのはよくわかりますがなぜかお腹がいっぱいになります。
でなんやかんやで関空に到着。
無税のものばかりでも申告をしなければならなくなったようでけっこううっとうしい。

いつものように天王寺で大和路線に乗り換え、途中法隆寺の塔を見ながら我が家へ。

時刻表を見るとなんか間引き運転をしているような・・おそらく関電の原発問題で節電のためだろうけど本当に足らないのかな。統計では原発がなくても発電能力はあるはず・・・
たぶん原発で休眠させていた火力発電を再稼働するのが面倒なだけなのでは、と言う疑念も出て・・なんせ、東電は当初計画停電と言いながら休眠発電所を稼働したら電力が余ったのでは・・

今回はちょっと精神面がいつもと違います。帰ったら食べ物に気をつけないと。
瀬戸内海です


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by