FC2ブログ
26 記事  2 ページ
2011.01.01 謹賀新年20112011.01.01 蓮花山1月1日 - 2011年2011.01.02 《深圳で見かけた鳥》 (5) ●四季鳥(シキチョウ) ★鹊鸲2011.01.03 《深圳・香港で見かけた鳥》 (6) ●目白(メジロ) ★绿绣眼2011.01.05 《深圳で見かけた鳥》 (7) ●便追(ビンズイ) ★树鹨2011.01.06 《香港で見かけた鳥》 (8) ●大鷺(ダイサギ) ★大白鹭2011.01.07 《深圳生活》 JUSCO/吉之島 新洲店と深圳6店舗2011.01.09 《深圳花暦》 火焔葛(カエンカズラ)/炮杖花とマンゴーの花 - 1月の筆架山公園2011.01.10 《深圳で見かけた鳥》 (9) ●赤頭鷺(アカガシラサギ) ★池鹭 夏羽と冬羽2011.01.11 《深圳で見かけた鳥》 (10) ●山鵲(サンジャク) ★红嘴蓝鹊 - 筆架山で2011.01.12 《深圳・香港で見かけた鳥》 (11) ●鹿子鳩(カノコバト) ★珠颈斑鸠 / 気温3度の深圳2011.01.13 《香港で見かけた鳥》 (12) ●腰白鵯(コシジロヒヨドリ) ★白喉红臀鹎 - 香港湿地公園で2011.01.14 《香港で見かけた鳥》 (13) ●高砂百舌(タカサゴモズ) ★棕背伯劳 - 香港湿地公園で2011.01.16 《香港で見かけた鳥》 (14) ●尉鶲(ジョウビタキ)♀ ★北红尾鸲 - 香港湿地公園で2011.01.17 《深圳の山と公園》 梧桐山麓・仙湖植物園へ (2011.1.16)2011.01.18 深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《22》 2011.01.19 《深圳で見かけた鳥》 (15) ●鵲(カササギ) ★喜鹊 - 仙湖植物園で2011.01.20 《深圳で見かけた鳥》 (16) ●尾長裁縫鳥(オナガサイホウチョウ) ★长尾缝叶莺 - 仙湖植物園ほか2011.01.21 《深圳で見かけた鳥》 (17) ●腰白金腹(コシジロキンパラ) ★白腰文鸟 - 仙湖植物園2011.01.23 《深圳で見かけた鳥》 (18) ●縞金腹(シマキンパラ) ★斑文鸟 - 仙湖植物園
► 次のページへ

2011.01.01 カテゴリ: 定期記事 

謹賀新年2011



明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

平成23年 ( 2011年 ) 辛卯元旦






深圳・沙頭角と香港の山々 - 深圳・梧桐山登山道から撮影
手前の山は右から紅花嶺、小八仙へと続きます。
奥は右から本家・八仙嶺、そして船湾へ。さらに奥には馬鞍山、シャープピーク
 クリックすると大きくなります




2011.01.01 カテゴリ: 深圳日記 

蓮花山1月1日 - 2011年

蓮花山2011.1.1  蓮花山から市民中心を

空気が淀んでいるようでも梧桐山が見えていました。
今年も蓮花山へ




大きな鳥の鳴き声が聞こえて・・見るとクビワムクドリ。
1羽で10羽分の声・・・

2011.01.02 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (5) ●四季鳥(シキチョウ) ★鹊鸲

●四季鳥(しきちょう) ★鹊鸲 ♂

●四季鳥(しきちょう) ★鹊鸲

まだ鳥の名前など全く知らなかった頃、深圳に住む中国人に深圳でいつもよく見る鳥を指さして名前を尋ねました。
彼女は「喜鵲」と応え、七夕に織り姫と彦星との間に喜鵲が集まって架け橋をつくる、というきれいな話をしてくれました。
調べてみると和名は鵲(かささぎ)。以来ずっとこの鳥を鵲と思っていました・・・

ある時、よく調べてみると写真の雰囲気は似ているものの、鵲は全長45cmと書いてあり、全く違う鳥と勘違いしていたと気づきました。あらためて調べてみるとどうやら四季鳥(しきちょう)だと知れました。

日本でのすずめみたいに深圳、香港で一番よく目にする鳥です。雄と雌で色が少し違います。

中国名は「鹊鸲」。「鸲」は九官鳥のこと。 かささぎの「喜鵲」と両方とも「鵲」の字が入ります。

四季鳥(しきちょう)
鹊鸲・鵲鴝 (què qú)

学 名Copsychus saularis
目 科スズメ目ヒタキ科
全 長21cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
四季鳥 ♂雄です


四季鳥 ♀雌 胸から背中にかけての色が薄くて光沢がありません


四季鳥 幼鳥




幼鳥 若鳥 成鳥

幼鳥 孵化後、羽毛 が生えそろってから、一回目の 換羽 までの時期
若鳥 一回目の 換羽 以後、成鳥羽になるまでの時期の鳥
成鳥 成長により羽色に変化の起こらない年齢に達した鳥

とのことです
→ 野鳥関連用語集

2011.01.03 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳・香港で見かけた鳥》 (6) ●目白(メジロ) ★绿绣眼

●目白(メジロ) ★绿绣眼 - 飛翔

一番最初に撮影したメジロです

●目白(めじろ) ★绿绣眼

深圳市街で木々を飛び回る小さい鳥が見えればまず間違いなく目白(めじろ)です。ただ、あちこち忙しく飛び回る上、すぐに木陰に身を隠しますので写真に撮ってみないとはっきり確認できないことが多いのですが。

初めて見たのはマンションで。木々を忙しく飛び回る小さな鳥がいました。カメラで追いかけ回してやっと撮影。見ると目の周りが白い。もしかしてこれめじろ?と思い写真を確認してみると目白でした。

中国名は「绿绣眼」。緑の刺繍の目です。
英語名は Japanese White-eye 日本語そのまま。でもeyesではないの?

目白(めじろ)
绿绣眼・緑繡眼 (lǜ xiù yǎn)

学 名Zosterops japonica
目 科スズメ目メジロ科
全 長12cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






果実をついばむ


黄昏の筆架山公園で  「つがい」かな


2011.01.05 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (7) ●便追(ビンズイ) ★树鹨

●便追(びんずい) ★树鹨

●便追(びんずい) ★树鹨

いつものように裏山を登っていたとき、木のわずかな隙間に鳥らしいものが見えました。小さいのでメジロかなっと思って望遠で見てみると違う鳥でした。どこかへ行かないうちに急いで10枚ほど撮影。
帰って調べてみるとどこかのブログだかに載っているのを見て名前がわかりました。
ほかに写真を調べているとすでに2010年の1月に塘朗山頂で撮影していました。ピントも甘いですが光量が少なくてブレも大きくいい写真が・・

中国名は「树鹨 」

便追(びんずい)
树鹨・樹鷚 (shù liù)

学 名Anthus hodgsoni
目 科スズメ目セキレイ科
全 長15cm
渡 り春過秋過冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




2011.01.06 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《香港で見かけた鳥》 (8) ●大鷺(ダイサギ) ★大白鹭

●大鷺(だいさぎ) ★大白鹭

●大鷺(だいさぎ) ★大白鹭

香港・馬鞍山初登山の帰り、西貢の海へ寄ったとき、珍しい海上の市を見ているとふと大きな鳥が目につきました。海鳥であまり興味をそそられることもなく写真だけを撮影。

帰ってから一応名前をチェック。どうやら白サギのようでした。その後詳しく調べていくと白サギには大鷺(だいさぎ)、中鷺(ちゅうさぎ)、小鷺(こさぎ)、そして亜種とかあるようでちょっと驚き。(まあ鳥についても何も知りませんので・・)

大きさで大、中、小鷺と分けられているようです。3種並べればわかるが1羽だけを見るとなかなかわからないといいます。
大鷺と中鷺は口角で決めるとのことで今回の写真を見ると大鷺に見えましたが自信もなく、野鳥のBBSに照会してコメントをもらい大鷺と同定するに至りました。

中国名は大白鹭 。

大鷺(だいさぎ)
大白鹭・大白鷺 (dà bái lù)

学 名Ardea alba
目 科コウノトリ目サギ科
全 長90cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


香港湿地公園に飛んできた大鷺


2011.01.07 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳生活》 JUSCO/吉之島 新洲店と深圳6店舗


ふるさとから雪の便り
日本も今年は雪が多くてかなり寒そうですね。ふるさとから雪景色の写真が送られてきました。これだけ降っているとは・・でもきれい。

深圳も今週月曜日から最高気温が10度以下、10度前後の日が続いています。気象局から寒冷注意報が出っぱなしみたいな感じ。こたつから離れられません。
気を取り直してがんばっていきましょう。



登山道建設資材を運ぶロバ
聖人大座
今年になって初めて裏山に登りました。登山道整備が進んでいて石段がけっこうできていました。登って行くと汗も出てきて暑寒い感じ。基本的には寒い。

それにしてもロバが建設資材を運ぶなんて・・
まあ馬も人を乗せて走ることだし大丈夫なのでしょうが、石段用の石を載せてゆっくり登って行く姿を見るとちょっとかわいそうに見えてしまう・・

塘朗山では運搬用のロープウエイがつくられていたけど、場所、目的でそれぞれ方法がユニーク。香港の場合は山に樹木がないのでヘリコプターで運んでいた。

JUSCO新洲店

《深圳生活スポット》 JUSCO/吉之島

深圳JUSCO 新洲店 (2011.1.2)

普通香港に出るときは1元バスで福田口岸に出ていますが途中でJUSCOの前を通ります。ただ間口が狭そうなので10元均一ショップでもあるのかな、と思っていただけなのですが・・
ちょっと気が向いて1元バスに乗ってそのJUSCOに出かけました。「众孚小学」で降りて・・・・

中に入ってびっくり、10元ショップどころか、COCO-ParkにあるJUSCOよりもずっと大きい。通路も広々していて歩くのも快適。おまけに2階まである。
このあたりには日本人はあまり住んでいないはずなので日本からの輸入食材は少ないながらも普通のJUSCOにあるものは一通りそろっています。店員さんもいろいろ話しかけてきて商品説明・・・
いろいろ買って帰りました。

調べると2009年6月26日にオープンしたみたい。知らなくてちょっと損したみたいな・・・
1万8000㎡とCOCO-ParkのJUSCOに比べて倍近い売り場面積。
これからJUSCOはここへ来るかな。何しろ1元バス。


深圳のJUSCOを整理しておきます

  • JUSCO城市広場店
    深圳で一番最初にできた店。今も内容は充実しています。
    1. 2002年9月28日開業 
    2. 1万9900㎡
    3. 10:00-22:30
      年中無休
    4. 福田区深南中路1095号中信城市广场
      地下鉄羅宝線(1号線)科学館駅

  • 東湖店
    私が深センに引っ越してきたとき、ミニバス441の終点がここだったので数度訪れたことがありますが、今は交通が不便なので行くことはありません。
    1. 2004年12月21日開業
    2. 1万8000㎡
    3. 1階  8:00-23:00
      2階 10:00-23:00 年中無休
    4. 罗湖区太宁路百仕达花园第四期东郡商业楼
      バス 百仕达花园

  • 購物公園店
    地下鉄駅に一番近いJUSCOです。
    1. 2007年4月6日開業
    2. 1万0400㎡
    3. 9:00-22:30
      年中無休
    4. 福田区福华三路星河COCO PARK
      地下鉄羅宝線(1号線)購物公園駅 C出口


  • 南山海岸城店
    深圳では一番大きな店です。日本人の多い地域でもあります。
    1. 2007年12月16日開業
    2. 2万3000㎡
    3. 10:00-23:00 年中無休
    4. 南山区文心五路海岸城广场
      地下鉄蛇口線(2号線)后海駅



  • JUSCO新洲店
  • 新洲店
    フードコートがきれい
    1. 2009年6月26日開業
    2. 1万8000㎡
    3. 1階  8:00-22:30
      2階 10:00-22:30
      年中無休
    4. 福田区新洲路中城天邑花园商铺
      バス 众孚小学


  • 友誼店
    羅湖ウォルマートの東にできた店です。場所柄かすこーしお値段が高い気もします。日本からの出張者に便利かも。
    1. 2010年8月22日開業
    2. 3000㎡
    3. スーパー 9:30-22:30
      フードコート 10:00-22:30
      年中無休
    4. 罗湖区友谊路友谊城商业楼
      地下鉄羅宝線(1号線)国貿駅


  • 宝安中心店
    地下鉄宝安中心駅B出口にできた店です。
    1. 2012年4月30日開業
    2. 1万2000m2
    3. スーパー(1階) 08:00-22:30
      百貨区(2階) 09:30-22:30
    4. 深圳市宝安中心区N5新湖路与创业路交汇处宏发大厦一、二楼
      地下鉄羅宝線(1号線)宝安中心駅B出口


確か東湖店の後に龍崗店(地下鉄龍崗線-3号線・双龍駅)ができたのですがいつの間にかなくなっていました。

→  イオン華南ホームページ 

 

2011.01.09 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 火焔葛(カエンカズラ)/炮杖花とマンゴーの花 - 1月の筆架山公園

火焔葛(かえんかずら)/炮杖花とマンゴの花
050

●火焔葛(かえんかずら) ★炮杖花とマンゴの花  - 1月の筆架山公園(2011.1.9)

花は昆虫たちを誘惑して蜜を提供して花粉を運んでもらうためのもの、と思っているので、この冬に寒いときに咲いても効率が悪いような気がするのですが、そんな感覚とはうらはらにたくさんの花が寒い冬に咲きます。
この火焔葛もその一つ、たくさんの花が密集して咲きます。昆虫に期待できないので花をたくさん咲かせて風に頼ろうとしているみたい。


この日の筆架山。黒鉄黐(くろがねもち)の実をついばむシロガシラ

糞の中に種子を入れて・・あちこちに落とす手助け


マンゴーの花
そしてこのマンゴーの花も12月から咲き始めました。今もなお咲き続けています。

火焔葛(かえんかずら)
炮杖花 (pào zhàng huā)

科属名ノウゼンカズラ科ピロステギア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


筆架山公園の「火焔葛棚」に咲き始めた火焔葛


そしてマンゴーの花


2011.01.10 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (9) ●赤頭鷺(アカガシラサギ) ★池鹭 夏羽と冬羽

●赤頭鷺(アカガシラサギ) ★池鹭

●赤頭鷺 ★池鹭


6月になぜか冬羽の赤頭鷺
6月の仙湖植物園の水生植物区で水鳥がいると思ってシャッターを。
調べてみると「赤頭鷺(あかがしらさぎ)」という名。首の短いこの鳥がしらさぎという名前が付いているとは。ほかの写真を見てみると首を伸ばしているのがありました。なるほど。

さるすべり園でも大きな鳥がいましたがこれが冬羽をした赤頭鷺のようでした。どうして6月の仙湖植物園に冬羽の赤頭鷺が?赤頭鷺ではないのかな?




筆架山公園・湖区
そして1月の筆架山公園の湖区を通ると冬羽になった赤頭鷺の群れがたむろしていました。3mぐらいまで近づいても逃げませんでしたので大きく撮影することができました。

湖区で見ていると中国名の「池鷺」という名前に納得。

赤頭鷺(あかがしらさぎ)
池鹭・池鷺 (chí lù)

学 名Ardeola bacchus
目 科コウノトリ目サギ科
全 長45cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




筆架山公園の1月 冬羽です


冬羽で飛ぶ


2011.01.11 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (10) ●山鵲(サンジャク) ★红嘴蓝鹊 - 筆架山で

●山鵲(さんじゃく) ★红嘴蓝鹊 尾がすごく長いです

●山鵲(サンジャク) ★红嘴蓝鹊 - 筆架山公園


ピンぼけの山鵲
この日曜日、1月9日の筆架山公園。
赤頭鷺の冬羽を存分に見た後、山頂に登り下山してくるととある木に目白(めじろ)の群れが飛び回っていました。

しばらくのんびりしてみようと思って立ち止まって見ていると遠くの木の茂みに大きい鳥がとまるのが見えました。青い色のきれいな鳥。初めて見る鳥なのでカメラで追ってみましたがすぐにどこかへ。

目をこらして方々探すと下の方の水たまりに数羽が。あわててシャッターを・・でも前の葉がじゃまをしてピントが合わないうち人がそばを通って・・ しばらく待ってみましたが無駄に終わりました。

調べてみると名前を山鵲(さんじゃく)といい、カラスの仲間だとのこと。カラスというと全身真っ黒のイメージがありますが何ともきれいな彩りでした。
日本にはいないそうです。この次は必ず・・今回はこの写真で我慢を・・

縁起物のようで鳳凰のように装飾彫刻としての題材になったようです。
中国名では「紅嘴藍鵲」。赤いくちばしの青いかささぎ。なるほど、そのまんま。英語名は「Red-billed Blue Pie」で中国名そのまんま。

山鵲(さんじゃく)
红嘴蓝鹊・紅嘴藍鵲 (hóng zuǐ lán què)
蓝喜鹊・藍喜鵲 (lán xǐ què)

学 名Urocissa erythrorhyncha
目 科スズメ目カラス科
全 長65cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

2011.01.12 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳・香港で見かけた鳥》 (11) ●鹿子鳩(カノコバト) ★珠颈斑鸠 / 気温3度の深圳

●鹿子鳩(かのこばと) ★珠颈斑鸠
おーー寒い!!

TV画面の注意報がオレンジ色に・・
今日(2011.1.12)の深圳、最低気温が3度台になったようです。明け方の方が気温が高くて(4度台)、じわじわと下がって8時ぐらいに3.6度になってました。高度100mで0.6度下がるというから944mの梧桐山頂は氷点下だったのかな・・
昼も気温が上がらず7度止まり。とにかく冬みたいに寒い!

いつもは黄色の寒冷注意報ですが今日は気温が5度以下を示すオレンジ色になっていました。
今週は日曜日に最高気温が15度以上あったのに・・・
こたつだけでは足らず、部屋を閉め切ってエアコンも作動。

●鹿子鳩(かのこばと) ★珠颈斑鸠


奈良公園の雉鳩(きじばと) 2010.7.6.
初めて鹿子鳩を見たのは2009年6月、香港国際空港を対岸に見る香港・屯門の海岸でした。

形はどう見ても鳩。何か模様がついているので写真を撮って調べてみたら候補に挙がったのは雉鳩(きじばと)。
でもどことなく違う。もう少し調べてみると同じような感じの鹿子鳩がありました。

後にもあちこちで見ましたが全部鹿子鳩、雉鳩ではありません。名前がきれいなのでいつか雉鳩を見たいものだと思っていたら奈良へ帰省したとき奈良公園であっけなく出会うことができました。日本は雉鳩が多いのかなあ。


鹿子鳩(かのこばと)
珠颈斑鸠・珠頸斑鳩 (zhū jǐng bān jiū)
斑颈鸠・斑頸鳩 (bān jǐng jiū)

学 名Streptopelia chinensis
目 科ハト目ハト科
全 長30cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




深圳湾の鹿子鳩


2011.01.13 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《香港で見かけた鳥》 (12) ●腰白鵯(コシジロヒヨドリ) ★白喉红臀鹎 - 香港湿地公園で

●腰白鵯(こしじろひよどり) ★白喉红臀鹎 - 香港湿地公園

筆架山公園へ行った前日、1月8日に香港湿地公園に行ってました。
ここは水鳥を観察、特大の望遠レンズをつけたカメラで撮影する人が多く私のような貧弱なカメラで写真を撮っている人は少ない・・
鳥も撮影されるのに慣れているのか、少々近づいてもそんなに警戒することがないようなので撮影は比較的容易です。
で、初めて見る鳥たちをたくさん撮影することができました。

ついでに香港湿地公園の売店で香港の鳥と植物の小冊子を買いました。名前を調べるのに日本のサイトだけではしんどいので・・・

●腰白鵯(こしじろひよどり) ★白喉红臀鹎 - 香港湿地公園

紅羅雲(こうらうん)と同じヒヨドリの仲間です。特にしっぽのオレンジ色はそっくり。飛んでいるのを見るとこのオレンジ色が目について一見、紅羅雲と勘違いしてしまいます。おそらく過去に紅羅雲と勘違いして写真を撮らなかったことも甥のでは、と思いました。紅羅雲に比べて冠羽がすごく短い。

紅羅雲の中国名は「紅耳鵯」、赤い耳のヒヨドリですが、この腰白鵯は「白喉紅臀鵯」、白いのど、赤いおしりのヒヨドリです。

腰白鵯(こしじろひよどり)
白喉红臀鹎・白喉紅臀鵯 (bái hóu hóng tún bēi)

学 名Pycnonotus aurigaster
目 科スズメ目ヒヨドリ科
全 長20cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
側面から見るのに比べて正面から見るととてもほっそりした顔に見えます。飛んでいるときの風の影響を減らすためなのでしょうか






裏山の山麓にもいました。この写真は紅羅雲と思って撮影、帰って見たら紅羅雲ではありませんでした。

2011.01.14 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《香港で見かけた鳥》 (13) ●高砂百舌(タカサゴモズ) ★棕背伯劳 - 香港湿地公園で

●高砂百舌(たかさごもず) ★棕背伯劳

●高砂百舌(たかさごもず) ★棕背伯劳

これも香港湿地公園で初めて見かけた鳥。
百舌(もず)は雌雄姿が違うのに対して高砂百舌は雌雄同じで百舌よりも大きく日本では珍しい鳥だとのこと。
全長の25cmというのは見た目よりも大いような気もしますがしっぽが長いのか・・・

中国名は「棕背伯劳」、シュロの背のモズです。

高砂百舌(たかさごもず)
棕背伯劳・棕背伯勞 (zōng bèi bó láo)

学 名Lanius schach
目 科スズメ目モズ科
全 長25cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
獲物をくわえた高砂百舌






2011.01.16 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《香港で見かけた鳥》 (14) ●尉鶲(ジョウビタキ)♀ ★北红尾鸲 - 香港湿地公園で

尉鶲(じょうびたき)♀ ★北红尾鸲

●尉鶲(じょうびたき) ★北红尾鸲 - 香港湿地公園

1月8日香港湿地公園の最後は尉鶲(じょうびたき)の雌です。腰白鵯(こしじろひよどり)、高砂百舌(たかさごもず)、そしてこの尉鶲(じょうびたき)と全部同じ場所での撮影でした。
目がかわいい。
本の写真を見ると雄がきれいなようです。機会があれば撮りたいもの。

尉鶲(じょうびたき)
北红尾鸲・北紅尾鴝 (běi hóng wěi qú)

学 名Phoenicurus auroreus
目 科スズメ目ツグミ科
全 長15cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

撮影の時は鳥ばかり見ていたのですが、とげだらけのようなこの木は・・・






2011.01.17 カテゴリ:深圳の山と公園 >  仙湖植物園 

《深圳の山と公園》 梧桐山麓・仙湖植物園へ (2011.1.16)

紅源平葛(ベニゲンペイカズラ)の小道 - 仙湖植物園

《深圳の山と公園》 仙湖植物園へ

仙湖植物園へ


仙湖植物園大門
心づもりは小梧桐山(692m)へ登った後、仙湖植物園に下りてきて散策、だったのですが、前日に筆架山公園をあちこち歩きすぎて足に疲れが残っていると感じたため仙湖植物園だけにしました。おかげで入園料20元の支出。
植物園といっても仙湖植物園は6k㎡ほどあるので歩きごたえはありますが登ることが少ない分、楽です。園内を巡るバスも走っていますがとりあえず乗るつもりはなく・・
  →仙湖植物園

今回の目的は花の状態の確認とバードウォッチング。
朝の気温は7度、寒いです。最高気温は13度ほどだったようです。ただ日差しが強いので日のあるうちは歩いていると汗が流れます。でも空気は冷たい。難しい季節です。

弘法寺へ行く道とは別のルートをたどります。1万歩弱歩くと化石森林に出るコース。人の少ないコースでこの方がたぶんおもしろい鳥と巡り会える。

ところがまず寄り道。草苺園というところへ。草イチゴ狩りというところ。観光客がたくさん手にかごを持ってイチゴ狩りをしています。私は興味なしでもっぱら写真を・。木立のそばは鳥たちのよい餌場。イチゴをついばみにくるのをおっちゃんが発泡スチロールの箱をたたきながらやってきます。一斉に飛んでいく鳥たち。商売も大変ですがこちらはちょっとおもしろい。鳥はほとんどコウラウンとシロガシラ。

イチゴをねらうシロガシラ
鳥を追い払うおっちゃん


あと、環園路を歩いて人の少ない市花園とかを行きます。ここでは人がいなかったのでたくさんの鳥を見ることができました。再び鵲(かささぎ)とも会えました。
化石森林では香港回帰紀年林の背後の山に登ってみました。10分も登れば頂上というものですが少しでも高いところへ、という習性は・・
すごい急坂でした。階段のぐあいから見ると45度以上ありそうなところがいくつかありました。

あちこち散策する間に日がかげり始めて気温が急速に下がってきました。今日はこれまでかな。5時間ほどあちこち歩き回っていました。ちょっと疲れて弘法寺から園内バスで大門へ。
2万4000歩。


あれこれ

四十雀  筆架山で
前日の筆架山に続き、ここでも日本の春を告げる鳥という四十雀(しじゅうから)を見ましたがupできるような写真は撮れず・・


最近はまっているのがこれ、頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)。
なんかひょうきんでかわいい。
会うとにやけてしまう。

鳥はまとめて野鳥ギャラリーにUPします。

 

市花園で 人がいませんでしたので鳥がたくさんいました。かなり撮りだめ


化石森林そばの紅源平葛の散歩道 - 梧桐山を見ながら


香港回帰紀年林の裏山から
小梧桐山を正面に、大梧桐山が左奥に。仙湖、そして化石の木を並べた化石森林


サボテン区 ここだけは温室。暖かかった。 アメリカ州の温室はきれいです


ちょっと寒々しい夕刻


仙湖植物園ではデイゴの花が咲き始めました。

梧桐山を背景に草苺園

イチゴとイチゴの花

仙湖植物園付近には養蜂しているところが実にたくさんあります。
新しい巣箱も。

近くへ寄ってみました。
こんな小さな出入り口。
もしかして中は真っ暗?

香港回帰紀年林下の芝生ではカップルがささやいていました。
カップルが立ち去ると一斉に集まってきた鳥の群れ。おそらく数百羽いました。
種類もスズメ程度かと思いきや、写真をチェックしてみると実にたくさん。
さて何種類わかるでしょう?


前日の筆架山で
筆架山でもたくさんの鳥たちがさえずっていました。こんなにいるのにどうして写真が撮れないの、と情けなく思うほど。
この写真は夕刻、首輪椋鳥(くびわむくどり)が大挙して飛び交っていまして、とある大木に一斉にとまりました。
筆架山では珊瑚刺桐のつぼみが。

2011.01.18 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  (旧)深圳香港の植物図鑑 

深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《22》

  1. 名前は 和名漢字もしくは日本での名称(読み) 中国名简体字繁體字 (ピンイン)
    和名のなかったもの (調べきれなかったもの)は [ ]でくくって中国名で代用しているものもあります。
  2. 画像をクリックすると大きい写真になります。
  3. 花果期は目安です。

梅林山公園2010.12.5

梅林山公園2010.12.5
花暦
姫凌霄花 (ひめのうぜんかずら)
硬骨凌霄 (yìng gǔ líng xiāo)

学 名Tecomaria capensis
科属名ノウゼンカズラ科テコマリア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




香港湿地公園2010.12.10

香港湿地公園2010.12.10
花暦
野鶏頭 (のげいとう)
青葙 (qīng xiāng)

学 名Celosia argentea
科属名ヒユ科ケイトウ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




香港宝蓮寺2010.5.21

香港宝蓮寺2010.5.21
花暦
緋桐 (ひぎり)
赪桐赬桐 (qīng xiāng)

学 名Clerodendrum japonicum
科属名クマツヅラ科クサギ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



花暦
睡蓮 (すいれん)
未草 (ひつじぐさ)
睡莲睡蓮 (shuì lián)

学 名Nymphaea
科属名スイレン科スイレン属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
花期は夏とか10月までとかになっているサイトが多いのですがこの写真は12月、1月なお咲いています・・

未草のひつじは時刻の「未の刻」 (午後2時)でそのころに咲くというようなのですが実際は明るくなると開いて暗くなると閉じます。で、夜眠るので睡蓮というとのこと。


香港湿地公園2010.12.10

香港湿地公園2010.12.10

香港湿地公園2010.12.10



マンションで2010.3.20

マンションで2010.3.20
花暦
唐種招霊 (からたねおがたま)
唐招霊 (とうおがたま)
含笑 (hán xiào)

学 名Michelia figo
科属名モクレン科オガタマノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 盛花期は春期

中国語の含み笑いというユニークで簡単な名前と和名の神がかり的な名前が対照的です。


花暦
セイランノキ
假苹婆假蘋婆 (jiǎ píng pó)

学 名Sterculia lanceolata
科属名アオギリ科ピンポンノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

始めはピンポンの木とまちがっていました。ピンポンの木の名前は卓球ではなく中国名の苹婆の発音が訛ってピンポンになったそうです。
名前が分かりました。セイランノキというようです。 (2013.1.21 追加)
→ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),(2013年1月21日)
→ セイランノキ

果実のなった木

新洲九街2010.8.1
果実

新洲九街2010.8.1


海浜生態公園2011.4.6


2011.01.19 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (15) ●鵲(カササギ) ★喜鹊 - 仙湖植物園で

●鵲(カササギ) ★喜鹊 - 仙湖植物園で

●鵲(カササギ) ★喜鹊 - 仙湖植物園で

顔だけを見るとなるほどカラスの仲間、と思いますね。
この鵲(かささぎ)とか山鵲(さんじゃく)を見ているとなんか青がきれいなのが本筋で、カラスのように全身真っ黒なのは科の中の特殊な種類に見えてしまいます。

北半球の広い地域に分布しますが日本では有明海周辺の狭い範囲に生息。そのため生息地を定めた国の天然記念物に指定されているとのことで、佐賀県の県鳥に指定されています。
→  佐賀県HP かささぎ 
そうなると「1592年から始まった朝鮮出兵で豊臣秀吉が持ち帰った」という説が出ても不思議ではないかな。

中国では「喜鵲」と呼ばれ幸運と幸せのシンボルのようです。
七夕に世の中すべての鵲は天の川に飛んで一条の鵲の橋を架けて牽牛と織姫が出会う、という伝説があります。
で、鵲は男女を取り持つ鳥ということに。

鵲(かささぎ)
喜鹊・喜鵲 (xǐ què)

学 名Pica pica
目 科スズメ目カラス科
全 長45cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12






2011.01.20 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (16) ●尾長裁縫鳥(オナガサイホウチョウ) ★长尾缝叶莺 - 仙湖植物園ほか

●尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう) ★长尾缝叶莺

●尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう) ★长尾缝叶莺

裁縫をする鳥?
大きな葉のふちに嘴(くちばし)で穴をあけ、クモの糸や植物の繊維などで縫い合わせて巣を作るのだそうです。

ちょこちょこと歩き回ります。ある程度近づいても意に介さず、というような様子で自分のペースを崩さずちょこちょこ。小さい体で度胸がすわってるのか、それとも鈍感なだけなのか。
結構近づけるので撮影しやすいかと思いきや、目白(めじろ)ほどの小さい体でちょこちょこ動き回るのでピントも合わせにくいしブレてなかなかいい写真が撮れません。こうなれば数勝負、下手な鉄砲も数撃てば当たる。
ところがこれもなかなか当たらない。
で、枚数は撮ったもののいいのがなく、前日の筆架山公園での写真、以前のマンションでの写真を応援に。

中国名は「長尾縫葉鶯」、長い尾、葉を縫うウグイス。

尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう)
长尾缝叶莺・長尾縫葉鶯 (zhǎng wěi féng yè yīng)

学 名Orthotomus sutorius
目 科スズメ目ウグイス科
全 長12cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12








2011.01.21 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (17) ●腰白金腹(コシジロキンパラ) ★白腰文鸟 - 仙湖植物園

●腰白金腹(こしじろきんぱら) ★白腰文鸟

●腰白金腹(こしじろきんぱら) ★白腰文鸟

はじめはスズメの種類かな、と思って気にしてなかったのですが腰白金腹(こしじろきんぱら)ということを知りました。
ヒマラヤ,マレーシア,インドネシア,中国南部,台湾に自然分布するとのことで、写真を調べてみると思わぬほどたくさん出てきました。スズメと思って撮影していたので、何気なく写っていました。
仙湖植物園のものはなぜか毛羽立っています。

中国名は「白腰文鸟」。白い腰の文鳥。そういえば小さい頃飼っていた手乗り文鳥のくちばしと同じ。

腰白金腹(こしじろきんぱら)
白腰文鸟・白腰文鳥 (bái yāo wén niǎo)

学 名Lonchura striata
目 科スズメ目カエデチョウ科
全 長11-12cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12








2011.01.23 カテゴリ:中国華南で見た野鳥 >  中国華南 野鳥のギャラリー 

《深圳で見かけた鳥》 (18) ●縞金腹(シマキンパラ) ★斑文鸟 - 仙湖植物園

●縞金腹(しまきんぱら) ★斑文鸟 - 仙湖植物園

●縞金腹(しまきんぱら) ★斑文鸟

腰白金腹とよく似ています。腹に縞模様がなければ腰白金腹ですね。同じカエデチョウ科。大きさも同じです。
カエデチョウ科で有名なのが文鳥です。
インドから東南アジアに分布。日本では主に沖縄に生息しているとのこと 。

中国名は「斑文鳥」。
華南と西南地区でよく見られる鳥の一つ。

縞金腹(しまきんぱら)
斑文鸟・斑文鳥 (bān wén niǎo)

学 名Lonchura punctulata
目 科スズメ目カエデチョウ科
全 長11cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12





2011.01.01  
謹賀新年2011
2011.01.01  
蓮花山1月1日 - 2011年
2011.01.02  
《深圳で見かけた鳥》 (5) ●四季鳥(シキチョウ) ★鹊鸲
2011.01.03  
《深圳・香港で見かけた鳥》 (6) ●目白(メジロ) ★绿绣眼
2011.01.05  
《深圳で見かけた鳥》 (7) ●便追(ビンズイ) ★树鹨
2011.01.06  
《香港で見かけた鳥》 (8) ●大鷺(ダイサギ) ★大白鹭
2011.01.07  
《深圳生活》 JUSCO/吉之島 新洲店と深圳6店舗
2011.01.09  
《深圳花暦》 火焔葛(カエンカズラ)/炮杖花とマンゴーの花 - 1月の筆架山公園
2011.01.10  
《深圳で見かけた鳥》 (9) ●赤頭鷺(アカガシラサギ) ★池鹭 夏羽と冬羽
2011.01.11  
《深圳で見かけた鳥》 (10) ●山鵲(サンジャク) ★红嘴蓝鹊 - 筆架山で
2011.01.12  
《深圳・香港で見かけた鳥》 (11) ●鹿子鳩(カノコバト) ★珠颈斑鸠 / 気温3度の深圳
2011.01.13  
《香港で見かけた鳥》 (12) ●腰白鵯(コシジロヒヨドリ) ★白喉红臀鹎 - 香港湿地公園で
2011.01.14  
《香港で見かけた鳥》 (13) ●高砂百舌(タカサゴモズ) ★棕背伯劳 - 香港湿地公園で
2011.01.16  
《香港で見かけた鳥》 (14) ●尉鶲(ジョウビタキ)♀ ★北红尾鸲 - 香港湿地公園で
2011.01.17  
《深圳の山と公園》 梧桐山麓・仙湖植物園へ (2011.1.16)
2011.01.18  
深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《22》
2011.01.19  
《深圳で見かけた鳥》 (15) ●鵲(カササギ) ★喜鹊 - 仙湖植物園で
2011.01.20  
《深圳で見かけた鳥》 (16) ●尾長裁縫鳥(オナガサイホウチョウ) ★长尾缝叶莺 - 仙湖植物園ほか
2011.01.21  
《深圳で見かけた鳥》 (17) ●腰白金腹(コシジロキンパラ) ★白腰文鸟 - 仙湖植物園
2011.01.23  
《深圳で見かけた鳥》 (18) ●縞金腹(シマキンパラ) ★斑文鸟 - 仙湖植物園
 ► 次のページへ

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by