FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2009.11.22 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

《深圳の山》久しぶりの鳳凰山へ - 街路の急激な美化に思う

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ》 2009.11.22

深圳・鳳凰山・一つのピークから 人がいっぱい



久しぶりの鳳凰山へ - 街路の急激な美化 (2009.11.22)

お出かけ
久しぶりに鳳凰山へ。
気が向いたのでマンションから深南大道のバス停まで歩くことに。
街路の花々を観察しながら歩いていくとけっこうな種類があり、その上、今ではほとんどの名前がわかるので30分の道のりを楽しめました。
深南大道の再建築が始まっていた幽霊ビル(建設途中で放棄されていたビル)がすでに外観ができあがって覆いが半分ほどとれていました。

福永へ

どんどんきれいになるバス停周辺
久しぶりの福永、またきれいになっていました。
以前はほこりっぽさとゴミだらけの雑然とした街路で、人を誘って来ることなど思いもしなかったのですが嘘のように美しくなりました。薄汚かったアパートも外観が美しく塗装され、街路も見違えるように整備されていました。何とも急激な変化。これも2011年のユニバーシアードの効果なのでしょうか・・・

鳳凰山へ

鳳凰山森林公園の入り口付近
そして鳳凰山森林公園はうんざりするような人、人、人。公園の整備が進んでどんどん美しくなってくるとやってくる人も確実に増えています。中腹のお廟も新しく棟を建設していますし、ほんとに経済にしても何にしても目標が定まればその速度は半端ではありません。

そしてこれだけの人混みにもかかわらず、無雑作に捨てられるゴミは以前よりも少なくなっている気がします。周りの美化に伴って無意識にゴミに気を遣うようになってくるのでしょうか。服装も立派になってきたし、何より女性が美しく見えます。
経済特区外のこのあたりにも着実に経済的に豊かになってきていることを感じました。

帰途
遅くなったのでマンションの近くの吉野家へ寄って食事。
食後の帰り道、不動産屋の前の張り紙は・・・見てびっくり、香港の西九龍で見た価格に劣らない数字が並んでいました。最近の不動産の活況の現れか。
と、「ゆっくり見ていきませんか」
すばやく店から人が出てきてお誘いがかかります。にこやかにお断りすると別の人からまたお誘い。

となりのスーパーを見てたまごと歯磨き粉がきれているのを思い出して買いました。レジ袋はありませんので素手で持って帰り道、別の不動産屋の前の張り紙を。さらに高い物件でした。
ここでも人が店の中から出てきました。でも・・
僕の手のたまごと歯磨き粉を見て声をかけるのをやめられてしまいました。
ひもじい生活がかいま見えたことでしょう・・・


写真へつづく


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by