FC2ブログ
19 記事  1 ページ
2009.10.03 香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (1) (2009.10.2)2009.10.03 香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (2) 乾山へ2009.10.04 香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (3) 乾山から圓頭山へ2009.10.05 香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (4) 圓頭山頂と下山 (終)2009.10.06 深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《5》2009.10.11 深圳新マンション建設物語【37】 意外な結末 マンション建設と汚職2009.10.12 香港の山 新界北区/元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (1) プロローグ2009.10.14 香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (2) 第1の三角点へ2009.10.15 香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (3) 2つの三角点と下山2009.10.17 深圳案内 【6】 「深セン通」 - 香港オクトパスのような深センの非接触式プリペイドカード2009.10.19 深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (1) 絵日記2009.10.21 深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2) 塘朗山郊野公園2009.10.22 深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (3) 梅林山公園2009.10.23 深圳案内 【7】 深圳市天気予報の注意報マーク2009.10.25 深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《6》2009.10.26 深圳 登山記念日2009 《梧桐山・三大主峰縦走3万5000歩コース》 2009.10.252009.10.27 深圳案内 【8】 深センの山2009.10.30 【深圳/香港 移動方法比較】 (3) 深圳から香港国際空港へ2009.10.31 深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《7》

2009.10.03 カテゴリ:香港の山と公園 >  新界西北部の山-青山/乾山/圓頭山 

   香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (1) (2009.10.2)

香港の山 元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (1)

乾山から圓頭山への径

一番奥が圓頭山


香港元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (2009.10.2)


良景
2008年11月、屯門の青山(Castle Peak)に登って圓頭山方面に歩いて良景で下山しましたので、今回は青山から圓頭山まで縦走を、と思ったのですが記録を調べてみると青山から良景まで4時間ほどかかっていましたのでここは無難に前回の続き、良景から始めて乾山、圓頭山への縦走をすることにしました。 → 前回の青山記
実は9月に2回、良景から乾山付近まで登ったのですが、なんせ香港の山、木々がなく全くのはげ山、その暑さにギブアップ、撤退しました。
最近の日差しはきついものの吹く風は心地よく、もうそろそろと思い3度目の挑戦です。


乾山の三角点と青山
乾山までの径はすでにわかっているのですいすい、と行きたいのですが、郊野公園になっていないルートなので整備がされていません。ガレ場のコースでずるっと滑って最悪は・・・ということになりかねないので気が抜けません。

初登頂の乾山(394m)は低いながらも深圳がよく見渡せました。あいにくの視界で細かい部分まで観察できませんでしたが、視界のよい時にふたたび撮影に来るのによいかなと思えました。


圓頭山三角点から


径なき径、頼りの青いリボン
乾山から圓頭山までもガレ場が続きます。ところどころ、山肌が大きくえぐれていて雨で崩れたのかな、と思うようなところもあり緊張がゆるめられません。

圓頭山の山頂からは深圳湾大橋がすぐそばに見えて深圳南山あたりがよく見えます。あいにくの視界でしたが、視界がよければ梧桐山から南山まで、深圳の展望が眼前に広がるはず・・

圓頭山からの下山径は大変でした。山頂付近はガレの急坂、それを過ぎると大変な藪こぎ、草木でトレースがわかりません。
と、木にまかれた青いリボンが見えました。おそらく径を示すリボンです。赤いリボンはよく見るのですが青いのは初めて。まあこれを頼りに下山。

やっと下山した時はくたくた。400mたらずの低い山だったのに・・・
他に人は誰も見ず、たった一人の山歩きでした。
つづく

左に九径山、奥に青山、次に乾山。山間に屯門の街

2009.10.03 カテゴリ:香港の山と公園 >  新界西北部の山-青山/乾山/圓頭山 

   香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (2) 乾山へ

香港の山 元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (2)

深圳・南山から見た香港新界西北部の山々
genrou20091002_2-1_600.jpg



香港元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ - 深圳展望コース 
(2009.10.2)

深圳のあちこちからよく見える香港の山に青山から圓頭山にかけての山々がある。深圳・南山(336m)から見ると深圳湾大橋とともに目の前に見える。ことにとがった山頂の青山と丸い山頂の圓頭山は象徴的だ。あの山に登って深圳を眺めたいと思うのはごく自然的か・・
というわけで初めてアタックすることにした。何となく思っていたのは青山から圓頭山へ縦走だったが、青山へ行った時の資料を見ると時間がかかりすぎると思われるのでまずは青山に登った時の最終地点、良景から乾山、圓頭山へ縦走してみることにした。

出発 - まず乾山へ
いつものように福田口岸からまず75番のミニバスで元朗へ。元朗から軽鉄615番に乗り換えて「良景」駅へ。駅数14で4.4ドル。
良景から団地の中を郊外へ歩くとほどなく乾山への舗装された登山道に着く。まずたっぷりと日焼け止めを塗って・・・

朝の散歩帰りの地元の人々が下りてくる。時々「チョーサン(早晨)」のあいさつ。道ばたの花々の写真を撮りながら進む。深圳、香港の植物をまとめだしてからたくさんの花の名前を覚えたのでますます興味が向くようになった。
急な登りの舗装道を上り詰めて舗装がとぎれると径はガレ場の目立つ径と変わる。標高200mあまりだろうか、ここから標高394mの乾山へ向かう。

それにしても暑い。風は心地よいのだが日差しがきつい。貧弱ながらも木陰のあるところで十分に休憩をとりながら尾根づたいにゆっくり進み、ガレ場、急坂を登り切って乾山の山頂に到達。
さすが、深圳の展望はすばらしい。視界がよくないながらも感激。
お腹がすいたので持ってきたおにぎりを一つ食べて休憩。木陰がないのだが、うまい具合に雲が太陽を時々覆ってくれたし、風が心地よい。

つづく


乾山の山頂から青山、九径山方面を望む


より大きな地図で 乾山から圓頭山へ を表示

乾山 山頂へ
登山口 ここから出発
genrou20091002_2-3_600.jpg

genrou20091002_2-3a_400.jpg

紅羅雲がお出迎え

ハイビスカスの径を行く
genrou20091002_2-4a_250.jpg genrou20091002_2-4_600.jpg

初めて見る花、鮮やかな赤・・縷紅草(るこうそう) 中国名・五角星花
genrou20091002_2-5_600.jpg

右の地肌径を行くと乾山への登山道
genrou20091002_2-6_600.jpg

左が乾山
genrou20091002_2-7_600.jpg

乾山への径、ガレ場
genrou20091002_2-8_600.jpg

ふり返ると青山
genrou20091002_2-9_600.jpg

九径山と青山
genrou20091002_2-11_600.jpg

さらに進んで
genrou20091002_2-10_600.jpg

うっすらと深圳湾大橋
genrou20091002_2-12_600.jpg


乾山頂

そして山頂
genrou20091002_2-13_600.jpg

乾山頂から見た次の目標、圓頭山
genrou20091002_2-14_600.jpg

つづく

2009.10.04 カテゴリ:香港の山と公園 >  新界西北部の山-青山/乾山/圓頭山 

   香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (3) 乾山から圓頭山へ

香港の山 元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (3)

圓頭山へ 圓頭山と深圳遠望のはず・・・



香港元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ - 深圳展望コース 
(2009.10.2)

乾山 山頂で
乾山の山頂は人もあまり来ないのか蝶の天国、空いっぱいに舞っていた。時折蜂なども。
深圳湾口岸から屯門へ行く道路がよく見えるが残念なことには視界がよければよく見えるはずの深圳の景色が楽しめない。まあ、しゃーないか。視界のいい時にまた来よう。
おにぎりを食べたり風景や花の写真を撮ったりして30分ほどゆっくりする。

乾山から圓頭山(円頭山)へ
香港の山は木々が極端に少ない。そのために圓頭山までの踏み跡がはっきりわかる。で、圓頭山までの踏み跡を確認して圓頭山をめざす。
まず乾山を少し下る。登りもガレのひどいコースだったが下りも同じ。一人なのでハプニングが起こらないように細心の注意を払って・・人に見られたらかっこうわるいスタイルでも気にせずに・・・これが一人の強み。

雨などで崩れているのだろうか、踏み跡がとぎれていたり滑りそうになるため、緊張が解けないままいくつかの嶺を越えて2時間ほど進むとようやく圓頭山が目の前に大きく広がった。
めざす圓頭山の山頂はあと少し。

つづく


乾山 山頂で

深圳遠望 深圳湾大橋がかすかに確認できます。右端は圓頭山


左からの道路は深圳湾口岸から屯門に向かう道路です


そして九径山と屯門の街並み


山頂で




乾山から圓頭山(円頭山)へ



踏み跡が崩れていて・・・


ほっとするひととき


ふり返ると乾山は遠くに


右端が乾山


深圳に近づいて深圳が少しずつはっきりしてきます。ここは大南山と小南山


圓頭山はもう少し。それにしても足場が悪い




たどってきたコースをふり返って


深圳湾大橋がさらにはっきりと


そして圓頭山へアタック


つづく

2009.10.05 カテゴリ:香港の山と公園 >  新界西北部の山-青山/乾山/圓頭山 

   香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (4) 圓頭山頂と下山 (終)

香港の山 元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (4)

圓頭山から深圳湾大橋



香港元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ - 深圳展望コース 
(2009.10.2)

圓頭山 山頂へ
目の前におなじみの丸い山頂に向かって登っていく一筋の径。おそらくこれが最後の登り、そして本日最後の目標。けっこうな急斜面を15分ほどで登りきり、圓頭山の頂上に立った。


白花栴檀草
山頂は白花栴檀草の花盛りだった。
そして展望はやっぱりすばらしい。深圳が目の前に広がる。期待通りだ。
乾山でも深圳の展望がいいと思っていたが、やっぱり乾山からの深圳の風景とは違う。ここでは深圳湾大橋が目の前に広がる。
乾山も圓頭山もそれぞれ展望に特徴があり相互に代用はきかなそうだ。涼しい時に視界のよい日があればもう一度縦走して撮影した方がいい・・

目的を達成した喜びもつかの間、問題が・・・
下山ルートがわからない。踏み跡が2カ所から心細く出ているのだが、貧弱ですぐに消えてしまっているように見える。全く確認できない。さて・・・
もちろん乾山まで引き返す気にはなれないのでどうにかして下りていきたい。幸いなことに樹木がないので最終目標地点一帯は見えている。



圓頭山から下山 - 大変な下山径
まあとにかく道路側に続いている心細い踏み跡を選んで下山を始めた。
足場の悪い急坂を15分ほどで通過して前方を見て唖然、ブッシュ、草や灌木で覆われてトレースが全くわからない。踏み跡が全く見えない・・・
まあしかしここは短パンでは足が傷だらけになる。足場を確保して短パンの上からトレーナーパンツをはく。園山風景区へ行った時に横崗で15元で買っておいたパンツ、三洲田に引き続き大活躍。


踏み跡が見えない
そしてじっくり観察すると・・・あった、青いリボン。おそらく踏み跡を示すと思われた。今までに見たのは赤かピンクのリボンだった。青いのは初めてだがまず大丈夫だろう。
下界の道路まで全体が見渡せるので不思議と緊迫感がない。高圧電線の鉄塔も見えている。最悪あそこへ行けば、メンテナンス用の径が準備されているかも知れないと思える。とにかくあのリボンをめざして進んでみよう。

藪漕ぎでリボンに到着、あたりを見渡すと・・あった、2つめのリボン、そして3つめ・・と順調に進む。
時々リボンを見失いうろうろ探し回りながらもリボンは鉄塔の下に導いてくれた。
鉄塔から少し歩くと置き石されて歩きやすくなっていてやっとほっとした。これでおそらくどこかにつながるだろう。

終点は小さなお廟だった。傍らの樹には「ここから山頂へ」の札が打ち付けられていた。
本当にやれやれ、トレーナーパンツを脱いですっきりする。



軽鉄駅へ
これからバスか何か交通機関のあるところに行かなければならない。ここでも犬に吠えたてられるやら、道を探し損ねるやらでなかなか簡単にはいきそうにない。
とりあえず舗装された道を進む。


軽鉄が走っていた

高速道路の下をくぐり、西鉄線の線路も越えたが駅は近くになさそう。
自転車ばかりとすれ違う。バス停はあるのだろうか。答えはたぶん聞き取れないだろうけどとりあえずバス停がどこにあるか通りすがったにいちゃんに聞いてみる。
「パッシーチャン ピンド?」
「○×△・・・」
やっぱりわからないけど雰囲気はわかる。もう少し行くと大通りがあるようだ。お礼を言って進む。
前方の十字路にバスの横切るのが見えた。期待を持って行って見ると軽鉄も走っていた。最寄りの駅名は「鍾屋村」。確か以前、圓頭山の登山道を探していた時に利用したことがあったかと思う。
まあこれでやっと元朗へ、そして福田口岸へ。


深圳から見ているとよく目立つ圓頭山はメジャーな山のように思いこんでいて登山道も整備されているだろうと勝手に決め込んでいた・・・反省。
でももう少し視界がよければ大帽山ももっとはっきり見えたのに。


乾山から圓頭山へ


香港元朗 乾山から圓頭山

今回の所要時間
乾山へ
軽鉄良景駅 → 乾山登山口  10分
乾山登山口 → 乾山頂    1時間30分

乾山から圓頭山
乾山頂 → 圓頭山頂   2時間20分

下山
圓頭山頂 → 登山口   1時間
登山口  → 軽鉄鍾屋村駅 20分ぐらいか?
歩いた道は「亦園路」というようだ。電子地図で測定してみると1.3km。

アクセス
乾山登山口へは軽鉄「良景」で、圓頭山登山口へは軽鉄「鍾屋村」で下車。
MTR軽鉄 →  軽鉄路線図 


深圳湾大橋から屯門へ向かう港深西部公路



圓頭山(円頭山) 山頂

圓頭山頂の三角点


山頂は白花栴檀草の花盛り


山頂から深圳湾大橋を望む



体当たりしてきた虫・・蜂?



圓頭山から下山

三角点から心細く下る踏み跡に沿って下山


ブッシュ(草や灌木)で全く踏み跡が見えなくなった 中央下に青いリボンが見えます


唯一の頼り。幸せの青いリボン


こんな中にも華麗な・・


鉄塔を過ぎるてやっと安心できそうな・・


これで大丈夫かな・・


めでたく到着



ここから山頂へ と書かれた札



ここから登山口へ・・まずわからない


登山口からあちこちずいぶん歩いてやっと到着した軽鉄「鍾屋村」駅


乾山から圓頭山へ




帰りに深圳、購物公園のJUSCOへ行くと吉野家ができていた・・

食べる。18.5元。開店間もないのか手際がよくなかった。

2009.10.06 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  (旧)深圳香港の植物図鑑 

   深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《5》

  1. 名前は 和名漢字もしくは日本での名称(読み) 中国名简体字繁體字 (ピンイン)
    和名のなかったもの (調べきれなかったもの)は [ ]でくくって中国名で代用しているものもあります。
  2. 画像をクリックすると大きい写真になります。
  3. 花果期は目安です。

筆架山公園前2007.12.21

香港・船湾2008.10.19

赤湾左炮台2008.8.16
ガジュマル
榕树榕樹 (róng shù)

学 名Ficus microcarpa
科属名クワ科イチジク属


マンションで2009.11.28
枝垂れガジュマル(しだれガジュマル)
垂叶榕垂葉榕 (chuí yè róng)

学 名Ficus benjamina
科属名クワ科イチジク属


香梅路2010.3.19

香梅路2010.3.19
フィカス・アルティシマ
高山榕 (gāo shān róng)

学 名Ficus altissima
科属名クワ科イチジク属




香港柏架山2008.11.29
カンナ
曇華|壇特(だんどく)
美人蕉 (měi rén jiāo)

学 名Canna indica
科属名カンナ科カンナ属
花果期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



中山公園2008.7.3
花カンナ
大花美人蕉 (dà huā měi rén jiāo)

科属名カンナ科カンナ属
花果期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



マンションで2009.4.21

マンションで2009.4.21
花暦
蒲桃(ふともも)
水蒲桃 (shuǐ pú táo)

学 名Syzygium jambos
科属名フトモモ科フトモモ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



塘朗山郊野公園2008.8.13

塘朗山郊野公園2008.8.13
花暦
玉簾(たますだれ)
葱兰葱蘭 (cōng lán)

学 名Zephyranthes candida
科属名ヒガンバナ科タマスダレ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

鱗茎に毒 症状は吐き気、痙攣



香港元朗2009.9.26

香港元朗2009.9.26
福神草(ふくじんそう)
大穂咲き菖蒲 (おおほざきあやめ)
コスツス・スペキオスス
闭鞘姜閉鞘姜 (bì qiào jiāng)


学 名Costus speciosus
科属名ショウガ科ホザキアヤメ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



香港湿地公園 2013.6.12

香港湿地公園 2013.6.12
花暦
野牡丹(のぼたん)
野牡丹 (yě mǔ dān)

学 名Melastoma candidum
科属名ノボタン科ノボタン属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


野牡丹の葉



香港湿地公園 2013.6.12

香港湿地公園 2013.6.12
花暦
尨毛野牡丹(むくげのぼたん)
毛菍 / 毛稔(máo rěn)

学 名Melastoma sanguineum
科属名ノボタン科ノボタン属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

野牡丹と尨毛野牡丹
野牡丹と尨毛野牡丹はよく似ています。
野牡丹は葉が丸い楕円形で尨毛野牡丹は長めの葉をしています。でもなかなか見分けがつきにくいものもあるので簡単には葉に触れてみて豊富な毛を感じるのが野牡丹でほとんど感じないのが尨毛野牡丹です。

At a causal glance, the Blood-red Melastoma leaf is less pilous than that of Common Melastoma. A senior colleague said mocking, "The one with pilous leaf is not Blood-red Melastoma. Blood-red Melastoma has glabrous leaf with a rough hand feel." A strange yet easy way to remember.
  Blood-red Melastoma:尨毛野牡丹、Common Melastoma:野牡丹


hana_nobotan-koto_150.jpg
蓮花山2010.1.16
紫紺野牡丹(しこんのぼたん)
巴西野牡丹 (bā xī yě mǔ dān)

学 名Tibouchina urvilleana
科属名ノボタン科シコンノボタン属



桃源村2010.5.30

桃源村2010.5.30
大葉紫紺野牡丹(おおばしこんのぼたん)
大葉野牡丹(おおばのぼたん)
厚葉野牡丹(あつばのぼたん)
银毛野牡丹銀毛野牡丹 (yín máo yě mǔ dān)

学 名
 Tibouchina grandifolia(大葉紫紺野牡丹)
 Tibouchina aspera var. asperrima(银毛野牡丹)
科属名ノボタン科シコンノボタン属

和名と中国名で学名があいません・・・わかりません


2009.10.11 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【37】 意外な結末 マンション建設と汚職


深圳新マンション建設物語 【37】 2009年10月


お隣さんのマンション建設シリーズ、進行があまりに遅いので不思議に思ってネットをあちこち調べてみたのですが・・・

深圳の前市長、湖南省出身の許宗衡氏が今年6月に汚職容疑で取り調べを受けました。
地下鉄建設、ユニバーシアード会場建設、公共住宅などの工事で収賄。
結果がどうなったか、情報を入手していないのですが、当時はまれに見る大規模な調査だったそうで、建設工事の許認可をめぐる収賄、官職買収行為、家族の財政状況の3面から市長が調査されたとのことでした。
彼の低学歴にかかわらず出世が早すぎるので官職買収を疑われていたとのことで
2004年から2006年まで交流のあったある作家によると前市長が深圳に赴任してきて健全な方法で昇進したことは一度もないとブログに暴露していたとのこと。

深圳のあるBBSでの話によると、どうやらこのマンションもその収賄に関わっているようで建設が滞っているようなのです。細々とは続けられているようですが。
当初は昨年末(2008年末)に引き渡し予定だったのです。深圳でのマンション建設は遅れると開発業者の損になるのでまず遅れることはありません。これだけ遅れると引き渡し後の管理費だけでも日本円にして1億円程度の損になるはずです。

まあ、それにしてもほとんど完成しているこのマンション、そのうちはっきり再開されるだろうと思っていたのですがまだまだ時間がかかりそうなので、このシリーズはいったん棚上げして建設再開された時にまた続けていこうと思います。



滞っているマンション建設 (2009.10.11)
manshon_s_36a-1_600.jpg

manshon_s_36a-2_500.jpg

manshon_s_36a-3_500.jpg

かなり遅れて始まった奥のマンションはほぼ完成
manshon_s_36a-4_500.jpg


こちらはマンションとは全く関係がありませんが・・・
私のマンションの北側で建設されている学校は連日夜遅くまで建設が続いていて急ピッチで姿が見えてきました。6階建てのはずなのでもうそろそろ。滞っているマンションとは対照的。

manshon_s_36a-5_500.jpg

2009.10.12 カテゴリ:香港の山と公園 >  林村郊野公園/大刀屶/雞公嶺 

   香港の山 新界北区/元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (1) プロローグ

香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺(圭角山) (1)

雞公嶺と深圳遠望

林村郊野公園
林村郊野公園は深圳近く、新界北区と元朗区にわたり、面積15.1k㎡。1979年設立。
東西二つの部分に分かれて東の大刀屶(566m)と西の雞公嶺(最高峰・圭角山585m)に分かれます。

大刀屶は登頂済みで今回は雞公嶺に挑戦、ここも深圳展望コースなのですが・・・


香港の山 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺


大刀屶と大帽山
プロローグ
前回、乾山から圓頭山へ行った余勢で深圳付近の香港の山に行ってみようと、長く懸案だった林村公園の西側の山、雞公嶺へ行きました。
雞公嶺の東に対峙するもう一つの林村公園の山、大刀屶がありますがここに2008年9月に登り、次は雞公嶺だと思っていたのです。
地図や山頂には「大刀屶」と記されているのですがHPを見ると「大刀屻」となっているのです。
日本でも峰を峯と書いたりしますがそんなたぐいのものなのでしょうか・・・
「屶」の意味は「なた」です。山が鋭く切り立っていて確かになたに見えます。登ってみると納得します。

そして雞公嶺へ。
いつものように深圳福田口岸から香港に入り元朗へ。元朗からは本数の少ない77Kのバスで打石湖まで。ここから雞公嶺に登ります。


あるお墓から雞公嶺を
始めの雑然とした木々を抜けると見えてくるのは香港の山らしい木々のない雞公嶺の姿。
お墓めぐりのようなコースを抜けて雞公嶺へ。

人があまり通らないのか踏み跡が頼りなくとぎれては続きます。まあ全体が見渡せるのでそんなに問題はありません。
何気なく咲いている野の花を時間をかけて撮影しながら進みます。
視界がよければ香港の山も深圳の山も雄大に見渡せるはずなのですが・・視界が悪い。


最初の三角点
あそこに深圳の梧桐山が見えるはず、あそこに香港の八仙嶺が見えるかも知れない・・と考えながら2時間半歩くと三角点のある山頂に到着。嶺がたくさんあってどれが雞公嶺なのか・・・
ここまで人と遭遇せず。前回に引き続きたった一人の山歩き。

三角点を過ぎると初めて人と遭遇。6人ほどのグループ。半袖ながらも日焼け対策は十分。無防備な当方とは大違い。


下山地点
1時間ほど歩くと2つめの三角点、そして下山と、この日は2組と一人に遭遇。人に出会うと気分が違うことを体験・・・

下山終了地点は全くわけのわからないところ。まずここが登山口だとわからない。やっぱり深圳に近い香港の山はマイナーなのでしょうか。


つづく



この日のあれこれ
バス広告
香港・粉嶺に住んでいた頃、皇崗口岸へ行くのによく乗っていた懐かしい76Kのバスに乗ってふと見ると・・・

ネットで確認しました。メタボコーヒーってあるのですね。
まあ、薬とか食べ物とかに頼るのもいいですが、運動するのも大事なように思うのですが・・・




乾燥注意報
出かける前に天気予報を確認、深圳は乾燥注意報が出されていた。相対湿度40%。
この日、汗はずいぶんかいたが、ハンカチ、タオルを一度も使うことがなかった。さすが乾燥していたのか。


林村郊野公園とバス路線図

バス77K →  77K 

2009.10.14 カテゴリ:香港の山と公園 >  林村郊野公園/大刀屶/雞公嶺 

   香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (2) 第1の三角点へ

香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺(圭角山) (2)

林村郊野公園最高峰・圭角山(585m)



【香港の山歩き日記】 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺 (1)
(2009.10.10)

深圳気象局のHPでは乾燥注意報が出ていた。寝ている時に口の中がからからになっていたので納得。窓の外を見ると空気の透明感はよくない。冬ぐらいの透明度になっている。今日はあまり期待できそうにないか・・

登山口へ

打石湖バス停
福田口岸からミニバス75番で香港元朗へ、元朗から77Kのバスに乗り換えて「打石湖」へ。いつものように大まかな登りの場所の下調べしかしていない。今回は香港のBBSで知った打石湖、そして電子地図で打石湖のバス停名と路線を検索、77Kを知った。
打石湖で降りて適当に歩き出し登山口を探す。紅花嶺の時もそうだったが登山口を見つけるのがなかなか難しい。でも強引に登って林を突っ切ると高原が見えて全体が把握できるようになる。ここも同じだった。

墓参りの参道のような林の中のみすぼらしい階段を登っていくと視界が開け、雞公嶺も眼前に広がり雰囲気がつかめてきた。まあ、何とかなるだろう。
野の草、野の花が多い。時間をかけて写真を。白花栴檀草(しろばなせんだんぐさ)、アメリカ浜車、野アザミが目に付く。でも知らない花が多い。

歩いていくとお墓の終了とともに踏み跡がなくなったので適当に勘をつけて草を踏みながら進むとふたたび心細く踏み跡らしきものが見つかった。
そしてこの日一番に危険感のあった急斜面をよじ登る。よじ登ると休憩のためのような台地みたいになるなることが多いけど、ここはまだまだ登りが続く。気を抜かせてくれない。

草原を歩く - 第一の三角点へ
草原みたいに見えているのに踏み跡がはっきりせず、草を踏み分けていくので短パンの足に擦り傷ができていくようだ。秋の雰囲気のする草原をどんどん歩く。視界が悪いので展望風景はあきらめて草花風景や近景を中心に撮影しながらゆっくり進む。なんせ、ずーーっと続く草原、遠望写真が撮れないとすることがない。

出発から2時間あまり、形のまとまった高い山が見えてきた。望遠でとらえると山頂には三角点が見える。おそらくあれが雞公嶺の最高点だろう。
ところで、この雞公嶺、嶺がたくさんあるものの、ネットで調べても名前がよくわからない。
一つにはこの山全体を雞公嶺としてその最高点を圭角山(585m)、2つめの三角点のある嶺を雞公山(374m)としていたりする。雞公山というのは別のところにもあるのでこれまたややこしい。
つづく



第一の三角点へ - 圭角山

ここから出発
rinson091010_2-4_500.jpg

rinson091010_2-4a_250.jpg

お墓と雞公嶺
rinson091010_2-5_500.jpg

お墓が終わって続くトレール
rinson091010_2-6_500.jpg

そして林村公園の東側の山、大刀屶
rinson091010_2-7_640.jpg

この日の一番の危険な急坂。 rinson091010_2-8_500.jpg

急坂を超えてなお上へ。 トレールを示すリボンは気まぐれに現れました
rinson091010_2-9_500.jpg

ふり返って深圳梧桐山方向を眺めますが全く視界きかず
rinson091010_2-10_500.jpg

秋色の草原から大帽山
rinson091010_2-11_500.jpg

rinson091010_2-11a_250.jpg

rinson091010_2-12_500.jpg

やっぱり深圳は見えません
rinson091010_2-13_500.jpg

大帽山と大刀屶
rinson091010_2-14_500.jpg

rinson091010_2-14a_250.jpg

めざす第一の三角点、圭角山585m
rinson091010_2-15_500.jpg

ふり返って
rinson091010_2-16_500.jpg

圭角山まであと少し
rinson091010_2-17_500.jpg

つづく

2009.10.15 カテゴリ:香港の山と公園 >  林村郊野公園/大刀屶/雞公嶺 

   香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (3) 2つの三角点と下山

香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺(圭角山) (3)

第2の三角点へ



【香港の山歩き日記】 もう一つの林村郊野公園 - 雞公嶺 (2)
(2009.10.10)


三角点と大刀屶、大帽山
第一の三角点
ま、ともかく最初の三角点に立った。視界がよければおそらく大感激と思われる風景。 大帽山、大刀屶はもちろん、前回の青山、乾山から圓頭山、そして深圳湾を越えて深圳・南山から梧桐山に至る風景が見えているはず。でもよく見えない・・・残念。
山頂も秋風景。茅と白花栴檀草の原。

第二の三角点へ - やっと人と遭遇
第一の三角点から歩き出すと、どこからか風鈴のような金属音が聞こえる。誰かいるのだろうかと見渡すが誰もいない。遠く下界の音だろうか。
と、遠く彼方に初めてハイカーの一群が見えた。
彼らは日焼け対策万全のスタイルで無防備なこちらとは大違い。すれ違う時にいつもの挨拶・・今日は「Hallo」
少し行くとまたまたグループと遭遇、さらに行くと少し下の方でなにやら建設工事をしていた。聞こえていた金属音はここからだった。

第一の三角点から薬1時間、小高い嶺に三角点を確認、到達。
深圳南山方面がよく見える。そして香港側を観察。あのあたりに乾山、圓頭山が見えるはず、と思ってみるとかすかに見えているような気になる。次回に期待。

下山
山頂から景色を調べてみる。高速道路は見えるがバスが通っているのは・・
高速道路のとなりの道路にバスが見えた。あの方向を目安にする。

さて下山。この山頂まで踏み跡は比較的はっきり確認できたが、先を見るとちょっとみすぼらしい。また少しずつ確認しながら降りていくしかないか・・
でも途中からは木が階段のように打ち付けられていてこれに導かれて下山。
少しずつ青山、乾山、圓頭山がはっきり見えてきた。

どこに降り着くか楽しみにしていると・・・最後は崩れた階段に出てきた。全くどこかわからないが、バスの通る道は近いはず。
街路の花々を撮影しながらゆっくり歩いていくと後からミニバスが追い抜いていった。みすぼらしい登山口の前の道にミニバスが通っていたのか。ミニバスに元朗の文字が見えた。

高速道路近くに「逢吉郷」という石碑があった。この村の名前らしい。
高速道路脇の道路を見ているとよく見慣れた景色、福田口岸から元朗へ行くミニバス75番の通り道だった。レモンユーカリの木立が続いていた。

しばらくバス停で待っていると懐かしい76Kのバスがやってきた。元朗へ。


もう一つの林村郊野公園 おわり


香港北区/元朗区 雞公嶺(圭角山)

今回の所要時間
圭角山(585m)へ
打石湖 → 登山口   5分
登山口 → 第一の三角点(圭角山)  2時間30分
圭角山から第二の三角点へ
圭角山 → 第二の三角点   1時間
下山
第二の三角点 → 下山地点   40分

アクセス
行き
元朗、粉嶺、上水などからバス 77K →  77K 
帰り
「逢吉郷」からバス76Kで元朗、落馬洲(皇崗イミグレ)、上水、粉嶺へ
  →  76K 
またはミニバス603で元朗へ

林村郊野公園とバス路線図



一つめの三角点へ - 圭角山(585m)

第一の三角点、圭角山へ。大刀屶、大帽山、そして深圳をバックに
rinson091010_3-6_640.jpg

三角点が見えています
rinson091010_3-7_500.jpg

圭角山(585m)
rinson091010_3-8_500.jpg

秋色の山頂から大帽山
rinson091010_3-9_500.jpg


二つめの三角点へ

途中ですれ違ったパーティー。彼らは圭角山へ
rinson091010_3-10_500.jpg

私は正面に見える第二の三角点へ
rinson091010_3-11_500.jpg

rinson091010_3-12_500.jpg

深圳方向を。ほとんど見えない・・
rinson091010_3-13_640.jpg

そして
rinson091010_3-14_500.jpg

もう一つの三角点
rinson091010_3-15_500.jpg



下山

rinson091010_3-16_500.jpg

rinson091010_3-17_500.jpg

かすかに青山、乾山、圓頭山が見えます
rinson091010_3-18_500.jpg

突然現れた道路標識。自転車・バイク通行禁止!
rinson091010_3-19_500.jpg

そして出てきた登山口
rinson091010_3-20_500.jpg

レモンユーカリの木立の道。ここから「逢吉郷」に入ります
rinson091010_3-21_500.jpg


もう一つの林村郊野公園

2009.10.17 カテゴリ: 深圳案内 

   深圳案内 【6】 「深セン通」 - 香港オクトパスのような深センの非接触式プリペイドカード

深圳案内 【6】 深圳通 - 深圳の非接触プリペイドカード
sz-annai_6-0_200.jpg
以前使われていた深圳公交IC卡


右は深圳通用、左が公交カード用
「10月8日で撤去する」のワーニング
深圳の地下鉄が2004年の12月に開通しましたがこれをきっかけにイコカ、スイカのような非接触式のプリペイドカード「深圳通」が一般的になりました。
それ以前にもスイス製の非接触式プリペイドカード、「深圳公交IC卡」が一部の大型バスで使用されていたのですが、そのうち別タイプのカードがミニバスの一部に装備され始めました。これが「深圳通」でした。そして地下鉄開業に伴い地下鉄にも使用できるようになりました。

将来の香港の非接触式プリペイドカード・オクトパスとの相互利用を念頭に2006年5月1日深圳通に統一、しばらくは公交カードのリーダーもバスに設置されていましたが、2006年10月8日公交カード読み取り機が撤去されて深圳公交IC卡は廃止、オクトパスと方式を同じにした「深圳通」で統一されました。


「1枚のカード、1つの標準、1会社運営」の原則に基づき2004年12月13日、深圳通有限公司が発足しました。
 →  深圳通HP 


深圳通
使用範囲

深圳通
デザインは豊富です。これは2004年12月中国銀行で購入したもの
  1. 地下鉄
  2. ほとんどのバス
  3. スーパー/コンビニ
    • JUSCO
    • 華潤万家(华润万家)
    • 新一佳
    • 百里匯(百里汇)
    • VANGO便利店
    • 万店通
    • 美宜佳
    • 易站便利店
    • (セブンイレブン)
  4. 薬屋
    • 海王星辰薬店(海王星辰药店)
    • 中聯大薬店(中联大药店)

割引

地下鉄
5%割引

バス
20% - 35%の割引。運賃が高くなる程割引率が大きくなります。基本的には
  • 3元以下 20%割引
  • 3元を超え6元以下 25%割引
  • 6元超え 35%割引

乗り継ぎ
カード読み取り5分後90分以内にバスの乗り継ぎ、地下鉄とバス相互の乗り継ぎの場合、規定の割引のほか、さらに0.4元割引があります。

バスでの使用方法
深圳路線バスの運賃には固定運賃のバスと距離によって運賃の変わる「分段収費」の2種類があります。

固定運賃のバス (一票制)
固定運賃の場合はバスの前ドアから乗車すると運転席の横に料金箱と深圳通の読み取り機がありますのでここで「ピッ」。

分段収費バス (分段票制)
分段収費の場合はバスに車掌がいて携帯型の深圳通の読み取り機を持っています。
乗車すると切符を売りにやってきますので行き先を告げて深圳通を出すと車掌が読み取り機に金額をセットして「ピッ」としてくれます。
このときに読み取り機には割り引いたあとの金額が表示されますので確認できます。


バスの読み取り機

車掌と携帯型読み取り機
腕にぶら下げてます



使用状況と残高の確認
地下鉄駅にあるリーダーでカードの残高、使用状況を確認できます。
まず、1回ピッとすると残高表示、さらに続けてピッとすると新しい順に使った金額と日付が表示されます。

カードの裏にカードのID番号がありますので、ID番号で残高をネットでも確認できます。
  →  深圳通網上査詢 

購入
カードはレンタルタイプ、買い取りタイプ、記念カードなどあるのですが、普通に買うのはレンタルタイプです。
購入には30元のデポジット(保証金)が必要で、さらに月0.5元の使用料が必要です。

販売所
  1. 地下鉄駅
  2. 銀行
  3. スーパー / コンビニ
  4. 深圳郵政局 →  発売所 
  5. 客務中心
    • 深圳通客服中心 深圳市深南中路電子大厦首層101室
    • 桃源村客服分部 南山区龍珠七路桃源本26路公交総站
    • 東昌客服分部 東昌路8号23路公交総站
    • 深圳通横崗客服分部 龍崗区横崗鎮湛宝路12号中心広場東側、交行横崗支行2楼)

充値(残高補充)
基本的に深圳通を使用できるところでは充値ができるわけで、最高1000元まで補充することができます。

充値所
  1. 地下鉄駅
  2. 客務中心
    • 深圳通電子大厦客服中心,桃源村
    • 東昌公交総站
    • 龍崗区横崗客服分部
  3. 銀行
    • 深圳発展銀行(深圳发展銀行)
    • 農村商業銀行(农村商业銀行)
  4. 深圳郵政局支局
  5. スーパー JUSCO、華潤万家、新一佳、
  6. コンビニ 万店通便利店、百里匯便利店、百里臣便利店、VANGO便利店、易站便利店
  7. 薬店 海王星辰薬店、中聯大薬店
  8. 充値自動端末機
    • 中国銀行自動充値端末機 → 充値点
    • 交通銀行自動充値端末機 → 充値点

返却
レンタルタイプのカードは不要になったら返却することができます。
カード外観がよく使用できる状態のものは手数料を差し引いて、デポジットとカード内残高が返却されます。カード外観が破損している場合、手数料と25元が差し引かれます。

良カードの返却
カード残高が50元以内と50元以上で取り扱う場所が異なります。 →  好卡退卡 

不良カードの返却
  1. 深圳通客服中心
  2. 東昌客服網点
  3. 桃源村客服網点
  4. 深圳通横崗客服分部

参考
バス運賃基準
深圳市により2007年12月1日から施行された基準です。

全行程28km以下の路線は固定運賃(一票制)、28kmを超える路線は分段運賃(分段票)とする。

固定運賃路線の運賃基準
  1. 11km以下の路線  空調バス・2元、非空調バス・1元
  2. 11kmを超え18km以下 空調バス・2.5元 非空調バス・1.5元
  3. 18kmを超え28km以下 空調バス・3元 非空調バス・2元

分段運賃基準
  1. 非空調バス 初乗り1元・8km 以遠3.5kmごとに0.5元増し
  2. 空調バス 初乗り2元・11km 以遠2.5kmごとに0.5元増し
  3. 運賃の上限は 非空調バス7元、空調バス10元

携帯する荷物は20kg、または体積0.125立方メートルまで無料、超過する場合は乗客同様の運賃。
身長1.1-1.4mの子供は半額、1.1m以下の子供は無料。

地下鉄運賃基準
地下鉄は距離制ではなく駅数で決まります。
最初の4駅(乗車駅を含む)まで2元、以遠4駅ごとに1元増し。

新料金体系
地下鉄拡張に伴い料金体系が変更されました。新料金体制は
初乗り  4km 2元
4 - 12kmまで   4kmごとに1元追加
12 - 24kmまで  6kmごとに1元追加
24km越えは   8kmごとに1元追加


香港のオクトパスと深圳通とSONY・Felicaシステム
「深圳通」、それに香港の「オクトパス」はイコカやスイカと同じくSonyのフェリカ(Felica)システムを利用しています。
Felicaシステムを最初に使用したのが香港オクトパスで1997年に使用が始まりました。
香港では地下鉄、バス、コンビニ、スーパー、自動販売機などでの使用できるほか、カードには固有のID番号があるのでこれを利用してマンションのエントランスのドアロックを解除するのにも利用されています。香港で生活するのには必需品。

このオクトパスと相互利用も目的にして作られたのが深圳通です。地下鉄開通時は1年後に相互利用を可能にすると言われていたのですが、2009年10月現在まだ実現していません。

2009.10.19 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

   深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (1) 絵日記

深圳南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (1) 絵日記

福田区・梅林水庫の夕暮れ



山散歩 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2009.10.18)

2週間ほど、風邪でのどの痛みが続いている。ちょっと心配で最近はなるべく安静にしているがなかなか治らない。

10月27日の私の登山記念日の梧桐山登山も近いので少しはトレーニングをしておかないとということで軽めのトレーニングに塘朗山(430m)に出かけた。
3時間程度のつもりで早めの昼食をとり昼に出発。
バスで桃源村へ。ここは来るたびに新しいマンションができてきれいになっている。緑化もよく進んでいて気持ちがいい。


展望スペースから桃源村を

塘朗山頂へ

登山口
今日は2つの登山口のうち、石門から遠い方の荔雲登山道。傾斜が45度近くありそうな石段で始まる。
10分ほどで一つめの休憩地点、そしてここから展望できるところがある。
僕にとってはいい展望スペースなのだが、公園側としては展望台とするつもりがないのか、草木が生い茂って隠れてしまっている。草木を分けて展望スペースへ。
建設中で覆いがかかっていたマンション群も覆いがとれて全貌が見える。引き渡しも間近いだろう。さらに続いて新しいマンションが建設されている。二期工事?
ほんとにきれいな街になったと思う。

ランタナ、ブーゲンビリア、白花栴檀草などの咲き乱れる径を写真を撮りながら進む。本線からはずれてちょっと懐かしいところを(おそらく古道)行ってみた。ブッシュをかき分けていくので手が少しスリ傷。日焼け止めがしみてひりひりする。


レモンユーカリ
遠く南山が望めるのですが
出発前は能見度はまあまあかと思っていたらけっこう悪くなってきた。山頂手前の長城風道路からの展望はだめ。南山がかすかに見えるだけ。
カラカラ、ブーンと言う人工の音が聞こえてきた。何かと思っていると街灯に取り付けられたミニ風車の回る音・・偏芯しているのではないかい。作りが悪い。太陽電池パネルもあるとことを見るとミニ風力発電?

三ヶ月ぶりの塘朗山頂へ。ここから見る地下鉄工事はよく進んでいる。駅舎らしいのも見え始めた。


塘朗山頂から北側を。 山は羊台山脈


梅林水庫へ

分岐点を見上げる


とんでもないルート・・
そしていつものように梅林山公園への径をとり1時間程進んだところで、いつも気になっていた分岐点にでた。今日はこの分岐する方に行くつもりなのだ。
と、久々にこのトレールを掃除している人と出会う。仕事なのか趣味なのか知らないがこのトレールで以前に3回、彼と出会っている。で、けっこう気安い。「ニーハオ」
尋ねてみた。
「ここから・・・」
すかさず
「梅林水庫に行けるよ」
と言うことで心配することなくこの径を。

梅林水庫の北側を巡るルートだがとんでもないルートだった。急坂の地道。砂がかかっているので滑りやすい上、木が少ない。おそるおそる次の木に向かって少しずつ下りる。やっぱりステッキを持ってくるべきだったか・・
前にカップル発見、彼らもまたおそるおそる下りている。まあ、香港よりはましだけど・・・

傾斜の緩やかなところに出て安心したかと思えばまた・・・と言う気の抜けないルート。
20分ほど進むと別のカップルが休憩中。さすがに気候もよくなってきたので人が多い。彼はこちらを見て「一人か?」「そうだ」
彼はよく来るみたいで、ここから梅林水庫までは1時間半から2時間で行ける、と言う。時刻を見ると15時50分、2時間だと午後6時で明るさのギリギリ。でもまあ、めどはついた。
そして気の抜けない径を20分ほど行くと、突然、石畳の整備された径が出現、ちょっとびっくりだった。でもこれで暗くなっても安心だと思った。

梅林山公園



お辞儀草
道の両側は花盛り、ハイビスカス、アメリカ浜車。と、アメリカ浜車に混じってピンクのアザミのような花が・・近づいて写真を。思わず咳をしたら、息が勢いよく葉にかかって葉が閉じた・・・もしかしてお辞儀草?手で葉に触れるとどんどん葉を閉じていく。多分そうだ。帰って調べるのが楽しみ。他の所にもあったのかも知れないが気が付いたのは今日が初めて。

ところどころで空のペットボトルを持った人たちが水を汲んでいた。飲めるのだそうだ。どんな味なのか試してみたかったが、あまりにたくさんの人が並んでいるので遠慮する。

新しく整備されたと思われる展望所や街灯、美しい。梅林山公園もこのあたりはよく整備されているようだ。僕のマンション裏山の梅林山公園が整備されるのはいつだろう・・


整備されていた梅林山公園
整備された径を1時間あまり歩いてやっと梅林水庫に着く。あの彼が1時間半かかると言ったのはぴったり。
帰りのバスに乗る時はすでに日が落ちて黄昏時だった。
軽めのつもりだったが撮影時間の長かったこともあって4時間半の歩きだった。撮影枚数は280枚。

塘朗山から梅林水庫


写真へつづく

2009.10.21 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

   深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2) 塘朗山郊野公園

深圳南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2) 塘朗山公園

塘朗山登山道 レモンユーカリと遥か南山・・







塘朗山へ



塘朗山登山道




登山道から 鳳凰木と桃源村
nikki091018_2-3_500.jpg

塘朗山頂から 香港が見えません
nikki091018_2-4_500.jpg

北側では地下鉄工事が進んでいました
nikki091018_2-5_500.jpg

梅林山公園方面へ下ります。気候がよくなって人が多い
nikki091018_2-6_500.jpg

やっぱり夏、植物の成長が早い
nikki091018_2-7_500.jpg

塘朗山をふり返ります
nikki091018_2-8_500.jpg


梅林山公園へ

メインルートからはずれて梅林山公園へ
nikki091018_2-9_500.jpg

nikki091018_2-10_500.jpg

とんでもないルート・・
nikki091018_2-11_500.jpg

nikki091018_2-11a_250.jpg


彼らの犬は元気。ちょっとかわいかった

久々にHatと短パンの自画像
nikki091018_2-12_500.jpg

nikki091018_2-13_500.jpg

梅林水庫と梅林の街と
nikki091018_2-14_500.jpg

どうやらここが塘朗山郊野公園と梅林山公園の境界のようです
nikki091018_2-15_500.jpg

つづく

2009.10.22 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

   深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (3) 梅林山公園

深圳南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (3) 梅林山公園

整備されていた梅林山公園 - 公園道で

WEBには「梅林山公園を整備中」とあるのに動きがないと思っていたのですが・・ここからやっていたのでした。私の裏山の梅林山公園も早く整備してくれないかなあ。

もう一つの水庫。北側にある長嶺皮水庫のようです
nikki091018_3-1_500.jpg


nikki091018_3-10a_350.jpg




梅林山公園
真っ黄色のランタナが咲いていました


梅林山公園へ
nikki091018_3-2_500.jpg

滑り道を抜けると・・
nikki091018_3-3_500.jpg

石畳の道に出ました
nikki091018_3-4_500.jpg

アメリカ浜車の中に初めて気がついたおじぎ草。中国名は含羞草
nikki091018_3-5_500.jpg

さらに歩きます
nikki091018_3-6_500.jpg

nikki091018_3-6a_250.jpg

左の方に天然水を汲む人々が
nikki091018_3-8_500.jpg

梅林水庫
nikki091018_3-9_500.jpg

有明葛(ありあけかずら)の道
nikki091018_3-10_500.jpg

夕暮れの梅林山公園
nikki091018_3-11_500.jpg

梅林水庫を下る
nikki091018_3-13_500.jpg

nikki091018_3-14_500.jpg

灯が入った梅林の街
nikki091018_3-15_500.jpg

塘朗山から梅林水庫へ

2009.10.23 カテゴリ: 深圳案内 

   深圳案内 【7】 深圳市天気予報の注意報マーク

《深圳案内》 【7】 深圳市天気予報の注意報マーク

深圳市の天気注意報マーク

深圳国家基本気象站  ( HPより )
気象でも中国では各自治体で設定できる部分があるようで、深圳市で定められている各種注意報です。

ロゴマークはネット(深圳市気象局など)とテレビで表示されます。ネットとテレビでマークが少し違いますが基本的には同じです。

→  深圳市気象局 天気予報 



出典:深圳市気象局
台風注意報

48時間以内に台風到来
  • 台風情報に注意




風力6級以上
現在、もしくは24時間以内に到来
  • 災害防止準備
  • 大風に影響されやすい室外物品の措置






風力8級以上
現在、もしくは24時間以内に到来 
  • 幼稚園、小中学校の授業停止、関係者は児童生徒の保護責任を持つ
  • 高空、水上など戸外作業の停止、船舶は安全場所へ避難
  • 露天での集団行動停止
  • 臨時避難場所の開放


風力10級以上
現在、もしくは12時間以内に到来 
  • 市民は室内や安全な場所へ避難




風力12級以上
現在、もしくは6時間以内に到来
  • 全市で操業停止を勧める。医療、基本的交通、などは除外
  • 関係部門は緊急対策を考慮



大雨注意報

現在、もしくは6時間以内に大雨
  • 戸外作業員に通知
  • 冠水、山崩れなどの災害に注意




雨量50mm以上
現在、もしくは3時間以内に大雨
  • 浸水しやすい場所に注意
  • 影響を受けやすい戸外作業の一時停止を勧める




100mm以上
現在、もしくは3時間以内に大雨
  • 幼稚園、小中学校の授業停止、関係者は児童生徒の保護責任を持つ
  • 臨時避難場所開放



高温注意報

気温35度以上
現在、もしくは24時間以内に
  • 長時間の戸外作業、または高温下での作業をひかえる


気温37度以上
現在、もしくは24時間以内に
  • 長時間の戸外作業、または高温下での作業を時間短縮


気温40度以上
現在、もしくは24時間以内に
  • 戸外作業、または高温下での作業を停止


寒冷注意報



気温10度以下
現在、もしくは24時間以内に
  • 気象情報に注意
  • 臨時避寒場所開放


気温5度以下
現在、もしくは24時間以内に
  • 戸外作業員に防寒服を着用することを通知


気温0度以下
現在、もしくは24時間以内に


濃霧注意報

能見度
大気の透明度を示す指標で航空界で定義されているとのことで目標物の輪郭がはっきり見える最大距離で示されます。
深圳では季節によって大きく変動しますが普通は8kmから25km程度
→ 能見度の記事



能見度500m以内
現在、もしくは12時間以内に
  • 運転に注意
  • 空港、高速道路、フェリーなど、安全対策をとる


能見度200m以内
現在、もしくは6時間以内に

能見度50m以内
現在、もしくは2時間以内に
  • 空港での離着陸を見合わせ、高速道路の一時閉鎖を勧める



大風注意報



風力6級以上
現在、もしくは6時間以内に
  • 防風準備をして気象情報に注意
  • 大風の影響を受けやすい室外物品の措置




風力8級以上
現在、もしくは6時間以内に
  • 高空、水上作業の停止、危険地帯から退去
  • 船舶は安全場所に移動




風力10級以上
現在、もしくは2時間以内に
  • 空港や港湾でしかるべき措置をとる
  • 市民は安全場所へ避難




風力12級以上
現在、もしくは2時間以内に
  • 必要部分を除き授業停止、操業停止を勧める
  • 関連部門は応急対策



その他の注意報

土煙注意報
現在、もしくは12時間以内
  • 車の運転に注意


ひょう注意報
現在、もしくは2時間以内

雷注意報
現在、あるいは2時間以内

乾燥注意報


3ヶ月の雨量が平年よりも少なく(増水期30%、非増水期50%)持続
  • 節水する
  • 関連部門は干ばつ措置を講じる
  • 気象部門は適時、人工降雨を行なう


火災注意報
以後24時間空気が乾燥(相対湿度50%以下)して火災が発生しやすい
  • 民家の防火に努める
  • 山林火災の注意を厳格に



2009.10.25 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  (旧)深圳香港の植物図鑑 

   深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《6》

  1. 名前は 和名漢字もしくは日本での名称(読み) 中国名简体字繁體字 (ピンイン)
    和名のなかったもの (調べきれなかったもの)は [ ]でくくって中国名で代用しているものもあります。
  2. 画像をクリックすると大きい写真になります。
  3. 花果期は目安です。

園山風景区2009.7.8
仙人草(せんにんそう)

学 名
科属名キンポウゲ科センニンソウ属

仙人草は間違いないようなのですが種類が特定できません・・・



深南大道市民中心付近
2008.3.29
花暦
(においばんまつり)
鸳鸯茉莉鴛鴦茉莉 (yuān yāng mò lì)

学 名Brunfelsia latifolia
科属名ナス科バンマツリ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

咲いた時は紫色でだんだん白くなります



香港元朗乾山2009.10.2

香港元朗乾山2009.10.2
縷紅草(るこうそう)
羽叶茑萝羽葉蔦蘿 (yǔ yè niǎo luó)
五角星花 (wǔ jiǎo xīng huā)

学 名Ipomoea quamoclit
科属名ヒルガオ科ルコウソウ属

種に毒。食べると下痢、腹痛


花暦
徳利木綿 (とっくりきわた)
美人树美人樹 (měi rén shù)
美丽异木棉美麗異木棉 (měi lì yì mù mián)

学 名Chorisia speciosa
科属名パンヤ科トックリキワタ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

幹にトゲ。美人にトゲ?



蓮花山公園2008.12.20

筆架山公園2009.11.7

筆架山公園2010.1.3



羊台山 2011.9.11

香港元朗乾山2009.10.2
花暦
段菊(だんぎく)
兰香草蘭香草 (lán xiāng cǎo)

学 名Caryopteris incana
科属名クマツヅラ科カリガネソウ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



マンションで2009.4.30

マンションで2009.7.3
花暦
プルメリア
白花印度素馨 (しろばなインドそけい)
鸡蛋花鶏蛋花 (jī dàn huā)

学 名Plumeria rubra
科属名キョウチクトウ科インドソケイ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

インド素馨のインドは西インド諸島のことです
鶏蛋はたまご。黄身を白身が包んでいるような花です



按托山九路2009.9.27

按托山九路2009.9.27
プルメリア(ピンク)
紅花印度素馨(べにばなインドそけい)
红鸡蛋花紅鶏蛋花 (hóng jī dàn huā)

学 名Plumeria rubra
科属名キョウチクトウ科インドソケイ属 開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


花暦
お辞儀草(おじぎそう)
眠り草 (ねむりぐさ)
含羞草 (hán xiū cǎo)

学 名Mimosa pudica
科属名ネムノキ科オジギソウ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

葉に触れると葉が閉じます



僑香路2010.5.5

安托山九路2010.4.11

梅林山公園2009.10.18
閉じた葉


花暦
提琴桜(ていきんざくら)
南洋桜(なんようざくら)
琴叶珊瑚琴葉珊瑚 (qín yè shān hú)
琴叶樱琴葉桜 (qín yè yīng)
日日樱日日樱 (rì rì yīng)
南洋樱南洋樱 (nán yáng yīng)

学 名Jatropha integerrima
科属名トウダイグサ科タイワンアブラギリ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



塘朗山郊野公園2008.6.12

香港・西貢2009.11.1

園博園2010.12.12
花と実

園博園2010.12.12


2009.10.26 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

   深圳 登山記念日2009 《梧桐山・三大主峰縦走3万5000歩コース》 2009.10.25

深圳 登山記念日2009 《梧桐山・三大主峰縦走》

梧桐山三大主峰
aokirisan091025-0_640.jpg
(左)大梧桐山944m (中)中梧桐山706m (右、テレビ塔)小梧桐山692m

登山記念日2009 大・中・小梧桐山縦走  (2009.10.25)

今年も10月最後の日曜日、自分の登山記念日として去年と同じ梧桐山三大主峰縦走コースに出ました。コースは

梧桐山大門 → 泰山澗 → 葫芦口 → 公路 → 好漢坡登山道 → 大梧桐山(944m) → 泰山澗/鳳鳴径 → 好漢坡サービスエリア → 十里杜鵑長廊 → 中梧桐山(豆腐頭706m) → 小梧桐山(692m) → 登雲道 → 仙湖登山道 → 仙湖・弘法寺 → 仙湖植物園大門

およそ3万5000歩コース。
ao091025_map.jpg

aokirisan091025-17_500.jpg

出発
空気の透明感が悪い・・確認すると能見度2.5km、今の時期は悪いがそれでも10km程度はあるのでかなり悪い。
いつもはすいている梧桐山村へ行く211路のバスは超満員。定額運賃(2元)のバスなので深圳通の読み取り機は運転席の横、後のドアから乗った乗客の深圳通カードが乗客リレーで頭の上を飛び交う。

梧桐山村は一大観光地のような人。年々盛んになる。見ると「深圳路橋杯 第7回梧桐山登高節」のかんばん。
2003年から始められているようだが詳しいことは不明。こういうこともあってのこの人出か。

泰山澗(登山道)へ。まあすごい人、登山道は順番待ち状態。次回からは土曜日の方がいいかも。普通は上へ登る程人が減ってくるのだが・・・

自分のペースで進めないまま、第一の分岐点、葫芦口へ。そして公路を15分程歩くと好漢坡登山道。ここも順番待ち状態。


梧桐山大門の前の大勢の人


「第7回梧桐山登高節」って?


登山道も順番待ち 泰山澗登山道


泰山澗を葫芦口で抜けて公路へ


公路にはマウンテンバイクも


好漢坡サービスエリアでも登高節の催し


マジックをやってました。男性がマジック師、女性は助手。もちろん彼女にピントを合わせてます



大梧桐山頂
泰山澗登山口から2時間45分で山頂。ちょっと遅い・・
山頂も人がいっぱい。やっぱりこれまでで一番の人の数。
用意してきたおにぎりで昼食。そこそこに退散。


登山最終段も順番待ち。 好漢坡登山道


そして大梧桐山頂944m。 うんざりするような人人人。



十里杜鵑長廊で中梧桐山、小梧桐山へ

好漢坡サービスエリアにある十里杜鵑長廊の登山口。まず展望台へ、そして十里杜鵑長廊に合流。ここでやっとラッシュから解放された。それでも普段ならあまり人も通らないのに今日はけっこう人と出会う。
残念だったのは・ この径も整備対象になっているようですでにほかと同じように石段に変わっていたのと、建設用の資材が積み上げられていた。

この径を初めて通った時は全行程地道コースで急坂があったり、ガレ場があったりと難儀したところだが、ほかの登山道とは違い、個性があって面白かった。
ここが整備されてほかと同じような石段になってしまっては梧桐山登山道の変化がなくなってしまうではないか・・・かなりショック

これが最後になるかも知れない整備前の径を登って中梧桐山(豆腐頭)へ、そして小梧桐山へ。
この山は遠望するといい感じなのだが山頂へ登るとなんかしらける。でもここからは能見度がよければ大梧桐山と香港八仙嶺、船湾が沙頭角海をはさんで雄大に見渡せるところだ。


ラッシュから解放される ただ、人の声は相変わらず遠くからにぎやかに聞こえてくる
背後には大梧桐山。2条の好漢坡登山道


中梧桐山から小梧桐山を展望







赤や黄色の花が目立つ深圳で初めて見るような鮮やかな青い花、つゆくさ(露草)。中国名は鴨跖草。
(十里杜鵑長廊で)

牛ものんびり 小梧桐山近くで


小梧桐山へ


小梧桐山では運動会? 綱引き、加油、加油の声




小梧桐山から登雲道、仙湖登山道経由で下山

小梧桐山からは登雲道、仙湖登山道を通って仙湖植物園へ。いつものように入園券不要・・
弘法寺から30分ほど歩き仙湖植物園大門へ、ゴール!!


仙湖植物園の弘法寺。 仙湖登山道から。 左下に展望台


そしてフィニッシュ、仙湖植物園大門でゴール


梧桐山村の梧桐山大門から仙湖植物園大門まで全行程6時間40分、2008年に比べて30分遅れ。
2008年は梧桐山大門から大梧桐山頂まで2時間20分、今回は2時間45分。この遅れがそのまま持ち越した感じ。
まあ、順番待ちの登山道で自分のペースで進めなかったという理由も成り立ちますが、感覚としてはトレーニング不足ということ。またノーエレベータ訓練を始めるかな・・・

登山記念日2009
おわり

2009.10.27 カテゴリ: 深圳案内 

   深圳案内 【8】 深センの山

深圳案内 【8】 深圳の山

深圳には1000mを越える山がありません。最高峰は梧桐山944mです。大和葛城山960mとほぼ同じ。

主な山脈
深圳の山は大きく広東蓮花山脈に属する。
深圳の主要な山脈は梧桐山脈、七娘山脈、羊台山脈、鶏公山脈。

梧桐山脈 (羅湖区/塩田区/龍崗区)
深圳水庫東側から三洲田の梅沙尖、南は香港北部の山地に広がる。主要山嶺は深圳特区内。大部分の斜度は40度。主峰は大梧桐山944m。

テレビ塔が小梧桐山、次のピークが中梧桐山、右の最高峰が大梧桐山 遠く梅沙尖(753m)

撮影地の紅花嶺も梧桐山脈に入るはず・・

七娘山脈 (龍崗区・大鵬半島)
龍崗区・大鵬半島にあり葵涌から南へ向かい大鵬半島南端まで続く。斜度は32-40度。主峰は七娘山869m。

七娘山脈 最高峰が七娘山(869m)

羊台山脈 (宝安区)
宝安区。龍華から西へ西郷までと福永山地。斜度25-34度。主峰は羊台山587m。

羊台山脈 最高峰が羊台山(587m)

鶏公山脈 (龍崗区/羅湖区/南山区/福田区)
龍崗区布吉から西へ南山区蛇口に至る。斜度25-34度。主峰は鶏公嶺445m。

鶏公山脈 右の最高峰が塘朗山(430m)、背後には香港最高峰大帽山
sz-annai_8-4a_500.jpg


深圳十大独立山峰
  1. 梧桐山944m (微波站696m、犁頭尖550m、小梧桐510m・・おそらくこの山の分類方法は古い)
  2. 七娘山869m (大雁頂796m、磨朗鈎791m、老虎山703m、三角山658m)
  3. 梅沙尖753m (鵝公髻619m、園山599m、大王頂553m)
  4. 筆架山717m (火焼天665m、十二棟578m、石頭崗540m)
  5. 排牙山707m (禾木嶺547m、釣神山478m)
  6. 田心山689m (東門寨585m、石橋坑529m)
  7. 羊台山587m (東羊台465m、赤董438m)
  8. 打鼓嶺526m [三洲田水庫西北]
  9. 小西天頂492m [三洲田水庫東南](下窩進龍481m、馬鞍山465m)
  10. 鶏公頭445m [銀湖旅游中心北](大窩頂338m)

詳しい山の地図は 深圳の山 

ガスに包まれた梧桐山・碧桐登山道 (2008.8.24)

リンクの☆はこのブログの記事、▲は山写真集ブログへのリンクです。 深圳の山リスト
山名 標高 地区/公園名 リンク
簡体字 日本字 拼音(ピンイン)
大梧桐山   dà wú tóng shān 944m 梧桐山国家森林公園
七娘山   qī niáng shān 869m 龍崗区七娘山郊野公園  
大燕顶 大燕頂 dà yàn d ĭng 796m 龍崗区七娘山郊野公園  
梅沙尖   méi shā jiān 753m 塩田区三洲田森林公園
笔架山 筆架山 bĭ jià shān 717m 龍崗区大鵬半島  
排牙山   pái yá shān 707m 龍崗区  
豆腐头(中梧桐山) 豆腐頭 dòu fǔ tóu 706m 梧桐山国家森林公園
小梧桐山   xiǎo wú tóng shān 692m 梧桐山国家森林公園
田心山(田头山) (田頭山) tián xīn shān 683m 龍崗区田頭山森林公园  
火烧天 火焼天 huǒ shāo tiān 665m 龍崗区  
观音石 観音石 guān yīn shí 633m 龍崗区田頭山森林公园  
鹅公髻 鵝公髻 é gōng jì 618m 龍崗区園山風景区
园山 園山 yuán shān 598m 龍崗区園山風景区  
马峦山 馬巒山 mǎ luán shān 590m 龍崗区馬巒山郊野公園
羊台山   yáng tái shān 587m 宝安区羊台山森林公園
犁头尖 犁頭尖 lí tóu jiān 550m 梧桐山国家森林公園  
求水岭 求水嶺 qiú shuĭ lĭng 549m 龍崗区大鹏  
石橋坑   shí qiáo kēng 529m 龍崗区  
打鼓嶂   dǎ gǔ zhàng 527m 三洲田森林公園?  
小西天顶 小西天頂 xiǎo xī tiān dĭng 492m 三洲田森林公園?  
钓神山 釣神山 diào shén shān 478m 龍崗区  
鸡公头 鶏公頭 jī gōng tóu 445m 龍崗区  
犁壁山   lí bì shān 442m 龍崗区  
玉岭岽 玉嶺崬 yù lĭng dōng 438m 龍崗区  
亚公岭 亜公嶺 yà gōng lĭng 435m 龍崗区  
塘朗山   táng lǎng shān 430m 南山区塘朗山郊野公園
抛狗岭 抛狗嶺 pāo gǒu lĭng 429m 龍崗区七娘山郊野公園  
大岭古 大嶺古 dà lĭng gǔ 405m 龍崗区  
卦神山   guà shén shān 400m 龍崗区  
大脑壳 大脳殻 dà nǎo ké 386m 福田区梅林山公園  
尖峰顶 尖峰頂 jiān fēng dĭng 382m 龍崗区  
大茅山(鳳凰山)   dà máo shān 376m 宝安区鳳凰山森林公園
圣人大座 聖人大座 shèng rén dà zuò 363m 福田区梅林山公園
红花岭 紅花嶺 hóng huā lĭng 358m 龍崗区  
菠箩山 菠籮山 bō luó shān 356m 塩田区  
狮子山 獅子山 shī zĭ shān 344m 龍崗区  
南山   nán shān 336m 南山区南山公園
花山顶 花山頂 huā shān dĭng 328m 龍崗区七娘山郊野公園  
求雨坛 求雨壇 qiú yǔ tán 325m 宝安区  
十二岽 十二崬 shí èr dōng 321m 龍崗区  
红花顶 紅花頂 hóng huā dĭng 314m 龍崗区  
吊神山   diào shén shān 288m 宝安区  
小南山   xiǎo nán shān 288m 南山区小南山公園
黄竹嶂   huáng zhú zhàng 285m 龍崗区  
长布岭 長布嶺 cháng bù lĭng 283m 龍崗区  
洞其寨径   dòng qí zhài jìng 267m 龍崗区  
求水山   qiú shuĭ shān 253m  
笔架山 筆架山 bĭ jià shān 177m 福田区筆架山公園
莲花山 蓮花山 lián huā shān 106m 福田区蓮花山公園

2009.10.30 カテゴリ: 深圳・香港 移動方法 

   【深圳/香港 移動方法比較】 (3) 深圳から香港国際空港へ

【深圳から香港へ 移動方法比較】 (3) 深圳から香港国際空港へ
2009.10.30

深圳から香港国際空港へ

前回の  ランタオ島  への方法で空港に行きますと非常に安価ですが、大きな荷物を持っていると追加料金を取られたり(イエローバス)、乗り換えなどで重い荷物を持って移動しなければならなかったりと知らず知らずに体力を消耗します。
今回は重い荷物を持っての移動を想定しての移動方法です。

羅湖口岸から
MTRと空港バス併用

上水駅前
①MTR 羅湖→上水(東鉄線) (20/18.8ドル)
②空港バスA43 (29.2ドル)   A43 
合計20+29.2=49.2ドル

上水の次は「青馬收費広場」に停車するだけで空港へ行きますので早いです。上水から30分ちょっとで着きます。
羅湖口岸での通関、そしてMTR上水からバス停までと階段の多いところを荷物を引いていくので荷物の多い時はしんどい。


皇崗口岸から

皇崗口岸
皇崗口岸は唯一の24時間オープンのイミグレなので夜間便もあります。

空港バスで
100元。皇崗口岸からは乗ったことがないですがたぶん80元に値切れる?
香港側から乗る時はよく80ドルに値切りました。時間帯によるのかも知れませんが・・・

中国側、香港側のイミグレ共に普通に通関する必要あり。ただし荷物はバスに乗せたままでOK。とにかくバスに乗ったらバスのナンバーは覚えておきます。

 中旅旅運  など


早朝深夜のワゴン車

皇崗口岸前のバスターミナル
シャトルバスが運行していない早朝深夜は6-7人乗りのワゴン車があります。皇崗口岸に行くと口岸前のバスターミナル(連絡橋のところ)で呼び込みをやっています。
特徴はバスターミナルで荷物を車に運び込むとあとは空港まで荷物から解放されることと、香港側のイミグレは車に乗ったまま通関できます。問題点は客が集まらないと出発しないことです。
料金は150元ですが130元ぐらいまで値切ることが可能。まずは挑戦してみてください。

ワゴン車での通関方法
  1. 連絡橋のバスターミナルでワゴン車に乗り込みます。入出国カードを書いておきます。
  2. 中国側イミグレ前で下車、通関します。再乗り込みのためワゴン車のナンバーをよく覚えておくこと。
  3. 中国側イミグレで通関をすませてふたたびワゴン車へ。もちろん全員そろわないと出発しませんのでほかの乗客のためにも要領よく通関手続きを済ませましょう。
  4. 運転手に香港の入国カードとパスポート、または香港IDカードをわたして車に乗ったまま香港側イミグレを通関します。
  5. 香港国際空港着

香港側からタクシー
通関を普通に終えたあと香港落馬洲からタクシーだと300-400ドル。値切り交渉もOKだと思います。

福田口岸から
MTRと空港バス併用 (羅湖口岸からと同様です)


香港側から見た福田口岸の橋
下の灯りの部分がバスターミナル
①MTR 落馬洲→上水(東鉄線落馬洲支線) (20/18.8ドル)
②空港バスA43 (29.2ドル)   A43 
合計20+29.2=49.2ドル

羅湖口岸との違いは通関での歩行が少し楽。越境の橋を渡る時にムービングウォークあり。


深圳湾口岸から

深圳湾口岸
空港バス利用
100人民元/香港ドル
→  深セン湾口岸・香港空港 
→  東莞市通宝バス 


蛇口口岸
香港空港から香港のイミグレを経由することなく蛇口でのみ入国審査を受けるコースです。まだ利用したことがないのでよくわかりません。

蛇口 → 香港空港  260人民元
香港空港 → 蛇口  220香港ドル

→  船時刻表・料金表 (蛇口・福永港・東莞虎門・中山・珠海) 

2009.10.31 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  (旧)深圳香港の植物図鑑 

   深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《7》

  1. 名前は 和名漢字もしくは日本での名称(読み) 中国名简体字繁體字 (ピンイン)
    和名のなかったもの (調べきれなかったもの)は [ ]でくくって中国名で代用しているものもあります。
  2. 画像をクリックすると大きい写真になります。
  3. 花果期は目安です。

東湖公園2009.6.4

香港湿地公園2010.11.26
花暦
花丁字 (はなちょうじ)
ルッセリア
炮仗竹 (pào zhàng zhú)

学 名Russelia juncea (Russelia equisetiformis)
科属名ゴマノハグサ科ハナチョウジ属 (ラッセリア属)
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



hana_taiwantubaki_400s.jpg
香港柏架山2008.11.29
台湾椿 (たいわんつばき)
大头茶大頭茶 (dà tóu chá)

学 名Polyspora axillaris
科属名ツバキ科タイワンツバキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



梧桐山2009.10.25
露草 (つゆくさ)
鸭跖草鴨跖草 (yā zhí cǎo)

学 名Commelina communis
科属名ツユクサ科ツユクサ属

赤や黄の派手な色合いの花が目立つ深圳で梧桐山十里杜鵑長廊の目立たぬ所でひっそりと咲いていた鮮やかな青い花でした。



香港湿地公園 2011.6.3

香港湿地公園 2011.6.3
花暦
[和名不明; 水石榕 (すいせきよう)]
水石榕 (shuǐ shí róng)

学 名Elaeocarpus hainanensis
科属名ホルトノキ科ホルトノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ホルトの木という名は「ポルトガルの木」がなまったものだとか・・
中国のサイトで水石榕を調べると学名がElaeocarpus hainanensisとなっているのですが和名はないようです。 → 中日英・花木専門辞典 学名検索



筆架山公園 2011.5.9

筆架山公園 2011.5.9
[和名不明]
尖叶杜英尖葉杜英 (jiān yè dù yīng)

学 名Elaeocarpus apiculatus
科属名ホルトノキ科ホルトノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




仙湖植物園2009.10.25

仙湖植物園2009.10.25
花暦
紅源平葛 (べに げんぺいかずら)
红萼龙吐珠紅萼龍吐珠 (hóng è lóng tǔ zhū)

学 名Clerodendrum ×speciosum
科属名クマツヅラ科クサギ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

茎に近い赤い花のような部分は萼で源平葛のこの部分は白色



筆架山公園2009.11.7

園博園2010.6.6
花暦
源平葛 (げんぺいかずら)
源平臭木 (げんぺいくさぎ)
龙吐珠龍吐珠 (lóng tǔ zhū)

学 名Clerodendrum thomsoniae
科属名クマツヅラ科クサギ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ありました、源平葛
龍が吐く珠とはうまいというか見たままのネーミング



筆架山公園2009.11.7

筆架山公園2009.11.7
花暦
海紅豆 (かいこうず)
アメリカデイゴ (亜米利加梯姑)
鸡冠刺桐鶏冠刺桐 (jī guān cì tóng)

学 名Erythrina crista-galli
科属名マメ科デイコ属

鹿児島県の県木



香港青山2010.1.17

深圳鳳凰山2010.2.26
花暦
梯梧 (デイゴ)
刺桐 (cì tóng) 象牙花

学 名Erythrina variegata
科属名マメ科デイゴ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

沖縄県の県花



2009.10.03  
香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (1) (2009.10.2)
2009.10.03  
香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (2) 乾山へ
2009.10.04  
香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (3) 乾山から圓頭山へ
2009.10.05  
香港の山 元朗・乾山から圓頭山 -  深セン展望コース (4) 圓頭山頂と下山 (終)
2009.10.06  
深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《5》
2009.10.11  
深圳新マンション建設物語【37】 意外な結末 マンション建設と汚職
2009.10.12  
香港の山 新界北区/元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (1) プロローグ
2009.10.14  
香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (2) 第1の三角点へ
2009.10.15  
香港の山 新界北区-元朗区 もう一つの林村郊野公園-雞公嶺(圭角山) (3) 2つの三角点と下山
2009.10.17  
深圳案内 【6】 「深セン通」 - 香港オクトパスのような深センの非接触式プリペイドカード
2009.10.19  
深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (1) 絵日記
2009.10.21  
深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2) 塘朗山郊野公園
2009.10.22  
深セン 南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (3) 梅林山公園
2009.10.23  
深圳案内 【7】 深圳市天気予報の注意報マーク
2009.10.25  
深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《6》
2009.10.26  
深圳 登山記念日2009 《梧桐山・三大主峰縦走3万5000歩コース》 2009.10.25
2009.10.27  
深圳案内 【8】 深センの山
2009.10.30  
【深圳/香港 移動方法比較】 (3) 深圳から香港国際空港へ
2009.10.31  
深圳・香港で見かけた花と木 深圳・香港の花木図鑑 《7》

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by