FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2009.07.09 カテゴリ:深圳の山と公園 >  園山風景区-鵝公髻/園山 

《深圳の山》龍崗区横崗 ふたたび園山風景区へ (1) 《 園山と鵝公髻 》

深圳の山・龍崗区横崗 ふたたび園山風景区へ 《 園山と鵝公髻 》 (1)

園山風景区・鵝公髻(618m) 麓にはなぜか戦闘機が・・
戦闘機には《 軍事設備 登るな 》のワーニング



ふたたび園山風景区へ 《園山と鵝公髻》 (2009.7.8)

 前回  は鵝公髻だったので園山にも上れないかと出かけました。ただ、ゲートでもらった案内図には園山への登山道が書いてないので登れないかも知れないのですが・・・
朝、出かけるときにマンションから香港の大帽山が見えるかどうかチェック。少し雲でかすんでいますが見えました。今日の視界は良好。

新しいバスルートで
これまで357のバスを使ってきたのですが、今回は布吉検査站まで行って366に乗り換えて横岡へ行くルートを探りました。3元+3元、そして横崗からは2元のミニバス907。計30kmあまりで8元の交通費。
366路のバス、ネットでは目的地の横崗大厦に停車するはずなのですが現地のバス案内板には横崗には停車しないようになっていたので少し不安はありながらもどうにかなるさで366に乗車。

途中で幾度か乗客の「降ります!」の声にバスがストップ。これはどこでもおろしてくれるかな・・と期待。横崗大厦でも誰かが「降ります!」と叫び、無事目的地で下車。
実はこのあたりの景色をはっきり覚えておらず自分で「降ります!」と言えなかったので助かりました。何しろ357は横崗行き、横崗集落の中に入っていきますが366にとっては通過点で集落に入っていかないので勝手が違うのです。
ミニバス907の停車位置まで歩きめでたく乗車、園山風景区に到着。

園山登頂を断念

立ち入り禁止のワーニングだらけ・・・
前回行っていなかった関帝廟と客家古圍を巡るルートで登りました。関帝廟といっても小さなもの、客家古圍といっても史跡だけで案内板はあるものの跡形もなくちょっとがっかり。
さらにねらいをつけてあちこち歩いて行くのですが、径はあるのですが金網で通せんぼ。通るなのワーニングだらけ。おそらく建設当初は行けたのだろうが、現在は壊れる危険性があるのではないだろうか(あちこちの登山道のコンクリートがひび割れしている)と判断、他に人が通って来ないので安全のため園山への登頂は断念して再び鵝公髻の頂上をめざしました。

視界の悪かった前回に比べて遠景がよく見えます。香港の山々、そして深圳市街・・さらに・・・

園山風景区ふたたび



この日のあれこれ

生物
前回感じたのですがこのあたりは初めて見る生物がけっこういました。蝶や花なのですが・・
これも初めての蝶。羽を閉じていると保護色で葉っぱと同じ色をしていてわからないのですが、羽を開くと派手な色。


おにぎり
この日はたけのこご飯のおにぎりを作って来ました。ためしに中に梅干しを入れて。いけました。ちょっと癖になりそうないい味。

店屋のおばさん
下山して園内のある店屋に入って飲み物を物色。このあたりのコカコーラは偽物っぽくて買う気がしないので無難な「王老吉」を選びました。
「ストローある?」 「ごめんなさい、ないの」
でいろいろお話の中、おばさんは僕の出身地を尋ねました。なんか広東人ではなさそうだからということでした。
日本人と答えるとうれしそうで親切になりました。おそらく珍しいからでしょう。おまけにひとりだし。

散髪

園山風景区ゲート前の坂道で
思わぬ早く終了したので横崗で散髪をして・・まあこの辺はそんなに都会ではないのですが、以前の散髪屋とは違います。きれいし丁寧。時代の流れですね。マッサージ付き30元。
韓国式洗髪とあり、台に仰向けに寝ころんで洗髪と軽くマッサージ。途中で超ミニスカートのお嬢さんが僕の隣の台で寝ころんで洗髪を始めました。うれしはずかし・・・





横崗大厦近くの地下鉄駅工事
地下鉄駅工事
横崗大厦近くでは地下鉄駅工事。地下鉄といってもこのあたりは高架部分。
将来は地下鉄で・・


そして18時前にマンションに帰還。香港の大帽山がこれまでになくはっきり見えました。


写真へつづく


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by