FC2ブログ
26 記事  2 ページ
2008.09.01 《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)2008.09.02 《深圳地下鉄建設》2号東延線から(8) 景田駅2008.09.03 深圳新マンション建設物語【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み2008.09.04 深圳新生活日記【84】 阿彪 (2006.1.3) / 深圳暫住証から居住証へ2008.09.05 深圳新生活日記【85】 電動歯ブラシ (2006.1.5)2008.09.07 《深圳生活》  深圳で浅漬け作りに挑戦2008.09.08 深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |2008.09.08 深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |2008.09.09 深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |2008.09.11 深圳新生活日記【86】 電動ディスペンサー (2006.1.14)/マイカー族になった中国人2008.09.12 深圳新生活日記【87】 Nと香港へ (2006.1.15)2008.09.14 香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺2008.09.15 香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(2) 心経簡林と鳳凰山2008.09.16 《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 天后廟へ2008.09.17 《深圳地下鉄建設》2号東延線から(9) 福田駅-各地下鉄駅と新幹線駅、バスの集まる地下総合駅2008.09.18 深圳新生活日記【88】 山姆会員店の会員更新をためらう・・ (2006.1.25)2008.09.19 深圳新生活日記【89】 深圳の寒い冬 (2006.1.26)2008.09.21 香港第二峰鳳凰山ランタオピーク934mを行く (3) 一つの嶺へ2008.09.22 香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(4) 鳳凰山頂へ2008.09.23 深圳の展望台2008 【6】 宝安区石岩 羊台山 (1) | 2008.09 |
► 次のページへ

2008.09.01 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

   《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)


深圳 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)
2008年 09月 01日


左炮台














砲台がにらんでいた海も今は石油基地


アヘン戦争の雄、林則徐の像


入り口にあった「愛国主義教育基地」はこの林則徐のことを指しているので しょう。









まだ他にもあるかと少し行ってみましたが何もなく・・・


左炮台路を通って次の目的地に向かいます




小南山


2008.09.02 カテゴリ:記録・日記 >  深圳地下鉄建設第二期 2008-2011 

   《深圳地下鉄建設》2号東延線から(8) 景田駅


深圳地下鉄建設記 - 地下鉄2号東延線から  景田駅(景田站)
2008年 09月 02日


景田駅
当初の名称「景田北」が「景田」に変更されました。
将来地下鉄9号線の乗換駅となり、上り下りのホームが分かれます。総建築面積16900㎡。

蓮花山公園の西端近く、少しずつ市中心部に近づいてきました。


全路線図  地下鉄2号線 



蓮花路 景新花園付近 きれいな街路樹だったのですがここも撤去






新築マンションもできています


ここも街路樹撤去




後に蓮花山公園の木々が美しく・・


ここから蓮花山公園につづきます


ショベルカーはKATO。ショベルカーは日本製以外見たことありません。


こんな中でも結婚式はあります


2008年9月撮影

2008.09.03 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み


深圳新マンション建設物語 【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み

2008年は2月7日がお正月。で、順調だった建設工事も2月は建設現場に人がいませんでした。出稼ぎの人たちも全部故郷 に帰ったのでしょう。
ふと思うのは出稼ぎの人たち、いい生活を夢見て立派なマンションを造る彼らにはこういうマンションを手に入れることができるのでしょうか・・・



建設現場付近を歩いてみました。(2008.3.24撮影)



本道は高架上、これは側道と言うことになるのでしょうか・・


歩道も作られ、街路樹植えられて


まだ工事の名残りが


一足お先にできたご近所の新築マンション


振り返れば建設中の僑香村マンション




ここもまだ時間がかかるかな・・


街路樹と共に植えられた草木も花が咲きました


木にはスズメたち


2008.09.04 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【84】 阿彪 (2006.1.3) / 深圳暫住証から居住証へ


深圳新生活日記 【84】 2006年1月3日 阿彪

今日も空気は蒙蒙、透明感がない。
今日は中国人・阿彪が家族でこちらを訪問するとのこと。
阿彪から午後3時半頃、電話がかかる。4時にこちらに着くと。
大幅に遅れて5時過ぎにやってきた。子供はかわいい。もう3才とのこと。物おじすることもない。鉄観音をおみやげにもらう。

深南路の南側へ彼らと食事に行く。通天閣、招商銀行大厦は深南大道の北側だが、南側に行くと町も古く庶民的な店屋が非常に多くて便利。東北料理を選ぶ。
彼は今の仕事の先が見えてきて心配している。彼は南山に新築マンションを買っているが、そのときのローンはすでに返却したと言うので問題なかろう。万一のことがあったら今ほどの給料は無理にしてもそこそこの給料なら再就職先はあるだろう。

食事はおとな3人子供一人で120元程度。阿彪が支払うと言ってきかなかった。


阿彪は東北出身、すでに深圳の戸籍を持っています。私たち外人にはぴんと来ないのですが、深圳の戸籍があるのとないのとではけっこうな違いがあるようです。
深圳の人口は1400万人を突破したらしいのですが戸籍を持っている人は200万人あまりしかいないという中国随一の特殊性があります。深圳に戸籍を持たない人は暫住証というものを持って働いています。
外人で言えばワーキングビザというところでしょうか。ただ戸籍がないと子供の学校の授業料など2倍ほど必要らしいのです。ちょっと驚きです。
以前には深圳戸籍を取るために本人と会社で必要なお金(数万元)を分担したという話も聞きました。

そして・・・
2008年8月1日から深圳市が居住証制度になりました。

詳しいことはわかりませんが、これは暫住証より「戸籍」に近づいたことのようです。少しずつ改善されていくのでしょうか。


世界之窗と深圳湾大橋 (2008.9.撮影)


2008.09.05 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【85】 電動歯ブラシ (2006.1.5)


深圳新生活日記 【85】 2006年1月5日 電動歯ブラシ

香港へ。
BRAUNの充電電動歯ブラシを買う。249HKD。他にうどん、ひげそりの歯などを買って帰る。
ネットで電動歯ブラシを調べてみると香港より日本の方が安い。ショック。ブラウンは日本でも製造しているのかな・・・

以前、試しに電池式のブラウン電動歯ブラシを香港で買ってみたのですが (99香港ドル)、半信半疑で使用してみると歯がツルツルのピッカピカになってその効果にびっくりしました。しばらく使ってみて電池式は面倒なので充電式のものを購入しました。

SAM'S CLUBなど中国の店でもあったのですが、輸入品だと値段が非常に高い上、種類が少ないと感じて香港に買いに行きました。




宝安区石岩・羊台山登山道で 鶏も登山? (2008.9.撮影)


2008.09.07 カテゴリ: 生活 

   《深圳生活》  深圳で浅漬け作りに挑戦

【食】深圳で浅漬け作りに挑戦

深圳生活 浅漬け


4月の帰省の時、日本のスーパーで「浅漬けの素」というタレを見つけ、ふと深圳で作ってみようと思って買いました。500cc入りで250円程度だったと思います。

そして深圳、「浅漬けの素」の説明書きのように材料を揃えます。困ったのがファスナー付きのポリ袋。
深圳のJUSCOへ行きゴミ袋、サランラップなどが並ぶコーナーでじっくり見てみます。なかなか見つからないでいると、そばにいた店員の小姐が



「何を探してますか?」
さあどう説明すればいいものか・・・
「・・・」
「これでしょう?」
と言って見せてくれたのがまさしくファスナー付きのポリ袋。
「!!」

全く絶句です。どうしてわかったのかなあ。

ほんとうにこちらの店員にはびっくりすることが多いのです。
以前同じJUSCOでタマゴを買う時に店員の小姐、おそらくキャンペーンで薦めるタマゴがあったのでしょう、あるメーカーのタマゴを薦めてきました。ところが製造日が古かったのでダメと断りました。
そしてある時タマゴを買おうとすると店員がよってきて「新しいタマゴがある」と指さしました。製造日は昨日の日付、すぐに買いました。
この時の小姐の顔、私は覚えていませんでしたがおそらく彼女は私のことを覚えていたのでしょうね。

まあ、こういう類の話はいくらでもあります。ちゃんと仕事をしているという感じですね。


試作と試食


と言うわけでなすびとキュウリを買い、材料をそろえてまず試作。
ただこちらのなすびとキュウリ、日本のに比べるとめちゃでかいのです。

お値段はキュウリが高い! 500g4元(60円)ぐらいしました。キャベツの2倍以上の値段。なすびはキュウリの比べるとめちゃ安。キュウリの1/3程度。

なすびとキュウリを斜め切りにして1本ずつファスナー付きポリ袋に入れて「浅漬けの素」に沈め、空気をよく抜いてファスナーを締めて冷蔵庫へ。
そして数時間後、ちょっとつまみ食い。
「・・・」
「うまっ!」
めちゃおいしい。どんどん食が進みます。野沢菜を食べた時みたいに、時々冷蔵庫を開けてはつまみ食い。
こんなおいしくできるものとは思いませんでした。あっという間に500ccの「浅漬けの素」はなくなってしまいました。



「浅漬けの素」を自分で作る

すぐに「浅漬けの素」のタレがなくなってしまいましたが深圳や香港のJUSCOにもこのタレを売っています。で、さっそくJUSCOへ。
「!」
うーん、高い、25元(400円)
と言うわけで小気(けち)な私は自分で作れないものかと、ネットで調べてみるとたくさんたくさんヒットしました。
そして結論として「何を入れてもいいのか・・」と思い、自分で適当にタレを調合してみることに。


塩、醤油(ヒガシマル薄口)、酢(中国の一般的な醤油色をした酢)、唐辛子、だしの素などを適当に調合、水を加えてほとんど無料に近いお値段で300ccほどの特製「浅漬けの素」ができあがりました。
これになすびとキュウリ1個ずつを1つのポリ袋に入れしっかり空気を抜いて冷蔵庫で一晩漬けておきました。

そして翌日試食・・・
「・・・」
「うまっ!」

いくつかバリエーションを換えてタレを作ってみましたがどれもうまい。最悪でもちゃんと食べられる味でした。
実に簡単にうまいタレができるものだと感激でした。

キュウリは高いものの安く簡単に試作できますので、外国にいて漬け物が恋しくなる時、作ってみてくださいね。
超おすすめです。

 

2008.09.08 カテゴリ:深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |

塘朗山第一の展望スペースから桃源村

(2008.9.)



塘朗山


(2008.3.18)
福田区との区境に近いところにある塘朗山は標高430m、近年住宅建設が盛んで人口の急増に合わせて最近登山道が整備されたようです。
私が最初に登った2008年3月時点では登山道の整備中でした。おそらくもとあった登山道を整備しただけだと思いますが。

私が最初に桃源村を訪れたのは2004年5月。この頃は古い小さな団地が少しあるだけで、路線バスもまばら。ところがそれからしばらくして大規模なマンション建設が休みなく行われて現在は大きな街となり路線バスもひっきりなしに通るようになりました。現在も大型マンション建設は続いています。マンションの各部屋は小さめで庶民の町作りというところ。


2004.9
桃源村





この写真は2004年9月の桃源村。塘朗山はこの山の裏側にそびえます。
この頃の写真を拡大してみるとこの山の山頂に向かう道路が見えますので山頂への車道はこの頃からあったようです。


塘朗山
塘朗山公園は塘朗山を中心としていて、小さな嶺をいくつか越えると福田区の梅林山公園につながります。






地図 →  地図塘朗山 
アクセスは バス・桃源村下車 →  バス桃源村 

塘朗山公園龍珠門から荔雲登山道で10分あまりで第一の展望スペース、さらに40分ほどで山頂へ
山頂近くまで車で行くことも可能。下車後5分ちょっと登ると山頂



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。4200ピクセル)



塘朗山頂のアンテナ


深圳・秋の雲



地王大厦と賽格広場


おなじみ香港大帽山と紅樹林(マングローブ)


南山区桃源のまだまだ続くマンション建設と深圳湾と香港


変貌した桃源 右上に世界之窗のエッフェル塔が見えます


深圳湾大橋と世界之窗と香港の山々


大南山と小南山


そろそろ夕餉


2008年9月撮影
つづく

2008.09.08 カテゴリ:深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区桃源 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |

夕日に映える南山・前海とトンボ (2008.9.)



塘朗山の夕景です。いろいろな日の夕景


(2008.8.-1)
















(2008.8.-2)


(2008.9.)












2008年9月撮影
「塘朗山」 おわり

2008.09.09 カテゴリ:深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |

塘朗山頂北面 パラボラアンテナの残骸?




塘朗山は360度近い展望があります。南面は一般的な深圳の展望、北面は経済特区外に続く北の展望。そして深圳北西部の高峰、宝安区と南山区の区境にある 羊台山587mを近くに望めます。



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。1200ピクセル)



北側でも建設工事は盛ん 地下鉄5号線の建設




地下鉄5号線工事


道路と地下鉄工事


一番高い山が羊台山(587m) 
羊台山をバックに西麗湖(西麗水庫、貯水湖)、野生動物園、西麗ゴルフ場と続きます


平湖と南山を結ぶ平南鉄路


平南鉄路を走る


はるか東を見ると梧桐山(かすれてます)


北西には西麗湖(西麗水庫)


(2008.6.撮影)


西麗湖に続いて鉄崗水庫が続きます。鉄崗水庫奥には鳳凰山最高峰の大茅山(376m)


塘朗山登山道


登山道付近から桃源を


2008年9月撮影
さらにつづきます

2008.09.11 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【86】 電動ディスペンサー (2006.1.14)/マイカー族になった中国人


深圳新生活日記 【86】 2006年1月14日 電動ディスペンサー

近くの内装材料店「好又美」へ。電動ディスペンサー、風呂用の鏡、それに台所の整理のため、鍋をつり下げるように金具を買う。
久しぶりに順電を覗く。鍋を買おうとしたがいいのがなく買わなかった。JUSCOでも見てみよう。
運動のため、好又美、順電へ歩く。
明日はNと香港へ。

7,900歩

風呂場も少しずつ充実

電動ディスペンサー。手を下にかざすと1階分の手洗い石けんが出てきま す。



マイカー族になった中国人

2008年9月の今日、かつての同僚、中国人と日本人と食事を共にしました。
中国人の彼は今年1月にマイカー族に仲間入りしたというので食事のあと車を駐車場へ見に行きました。
中国製で保険やら税金やらを含めて全部で8万5000元かかった模様。まあ、まだ若いし少し無理してでも車を運転したいのでしょうね。

ナビも持っていました。私をマンションまで送ると言いナビを実演。音声付きでちゃんとマンションに着きました。立派なもんでした。
ナビは700元(1万円)で買ったそうです。


2008.09.12 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【87】 Nと香港へ (2006.1.15)


深圳新生活日記 【87】 2006年1月15日 Nと香港へ

今日はNと香港コースウエイベイで待ち合わせ。
9時起き、10時に香港へ出発。今日は皇崗から上水、さらにコースウェイベイのルートをとる。
皇崗は人でいっぱい。外人用のイミグレがあるものの1レーンしかなくさんざんだった。約束の12時に30分遅れてしまった。
そごうで落ち合う。まず昼飯、最近できたというラーメン横町へ。昔懐かしい広告なども貼ってありレトルトな気分を出している。ラーメンと餃子を食べる。40HKD。
そごうで彼は鞄を買った。僕はお好み焼き粉、うどんスープ、珈琲を買う。
三越も寄ってみたが買うべきものもなく、尖沙咀へ。
ミラマーの北方の「おみやげ街」で靴、鞄などを見て歩くがやっぱりいいものがなくモンコックへ出る。電脳中心などをぶらぶらするが結局何も買うこともなく、KCRで中国へ戻る。
JUSCOで夕食を食べ少し食料を買いそれぞれの家路に。10時帰宅。

23,000歩

Nは日本人。英語とポルトガル語を話しますが中国語は全くできません。けっこう話し好き。深圳で仕事をしていますが、ずっと中国にいるとストレスがたまってくるようで、時々香港に出て思い切り英語を話して発散させているようです。
で、時々付き合って香港に出かけます。したがってこの日もそんなに目的があるわけでなくただ香港をぶらぶらすればよいわけで・・・


今は高層マンションを建設中のお隣さんもこの頃はまだ何もありません


2008.09.14 カテゴリ:香港の山と公園 >  南大嶼山郊野公園-鳳凰山 

   香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺


香港第二峰鳳凰山934mを行く (1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺へ
2008年 09月 14日

宝蓮寺 天壇大仏



香港の空港とディズニーランドのある島、大嶼山(ランタオ島)で一番高い山が鳳凰山(ランタオピーク)です。ふもとには巨大な露座の大仏、天壇大仏の鎮座する宝蓮寺があります。
宝蓮寺に香港・鳳凰山の登山口がありますのでここから登頂します。もっとも登山口が400m以上の標高を持っていますので500m程度を登るだけですが。

香港・鳳凰山
大帽山(957m)に続き香港第2の高峰で934m。
→  香港・鳳凰山  (禁)


宝蓮寺
→  宝蓮寺  (禁)
天壇大仏
標高482mの台座にあり身高23m(台座と共に34m)、202トン →  宝蓮寺 





山登り日記 香港鳳凰山
- 香港大嶼山(ランタオ島)昴坪・宝蓮寺へ -


香港大帽山に続いて目的としている山はランタオ島・鳳凰山、ランタオピーク。香港では大帽山に続き2番目に高い山。2番目といっても大帽山が957mで鳳凰山が934mなのでだいたい同じ。

どう行くか考えていたところ、ネットの記事で深圳からも簡単に日帰りで登れることを知り予備学習をせずに下見のつもりで出かけた。まあ、状況が許せば少し登ってみようかと。
東涌経由でランタオ島の大仏、宝蓮寺から行けることをネットで確認して深圳のマンションを9時過ぎに出る。

僕の定番、福田口岸から75番のミニバスで元朗へ。元朗から東涌へ行けるバスがあったような気がして探してみたが見つからず、荃湾か青衣行きのバスを選択することにした。荃湾行きのバス68Mは知っているので、まだ知らない264の青衣行きのバスを待つことにした。
待っている間にE34の空港行きのバスを見る。AでなくEなので普通の路線バス。もしかしてあれで行けるのでは・・と思いながらもまだ知らない青衣コースの魅力の方が大きく青衣行きのバスを待つ。

264はなかなか来ない。E34が2台通り過ぎていったし、荃湾行きの68Mも2台・・・
やっと来た264に乗り込む。9.6ドル。
途中、島を巡る橋の景色のなんと美しく雄大なこと、島の海岸線には新しそうな高層マンションが建ち並ぶ。ここが香港かと思ってしまう。空港行きのバスで何度も見ているはずだが何度でも見てみたい風景だ。

青衣のMTR駅に着き、東涌行き、もしくは大仏(宝蓮寺)行きのバスがないか探してみるが見つけることができず、MTRで東涌に行くことにした。
このMTR路線も空港列車は開通時に乗ったのだが、ローカル電車に乗るのは初めて。
車両は普通の地下鉄の新しい車両という感じ。東涌までは2駅、でも一駅の間隔が長かった。改札をオクトパスで抜ける時、料金を確認してびっくり。11ドルいくら徴収されている。駅で調べるとふつうで12.5ドル。福田口岸から東涌までは28ドルほどかかった勘定。深圳の安い交通料金に慣れきってしまった僕にはびっくりのプライス。

東涌は初めて訪れる街だがとってもきれい。整備された美しさでそれぞれの店舗も広い。
これからめざす宝蓮寺は過去に3、4回来ているがいずれもフェリーで梅窩へ来て梅窩からバスだったので東涌からは初めてのアクセス。
東涌からは2006年11月に正式開業したロープウエイ、昂坪360があるのだが、開業前のごたごたと、開業後の事故のことがあって多少印象が悪くて今回は敬遠。
で、東涌から宝蓮寺までは平日17ドル、休日27ドルの23番のバスに乗る。23番のバスはエンジン音を響かせて山を上り下りしながら宝蓮寺へ。

奈良の大仏さんより大きいという露座の天壇大佛とまたお目にかかる(1993年開光礼)。ただすでに1時近い時刻、今日は目的が山なのでお参りはせずに鳳凰山の登山口を探す。

つづく

東涌から宝蓮寺(昴平)へのバス  大嶼山巴士 

ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布 



バス264で元朗から出発 まずは大帽山を見て




新界を縦断する大欖隧道(TAILAM Tunnel)を抜けます


「島めぐり」の大橋群を抜けて青衣へ




着きました、宝蓮寺


「やあ!」と言ってるみたいな・・・


宝蓮寺の門と鳳凰山


鳳凰山


つづく

2008.09.15 カテゴリ:香港の山と公園 >  南大嶼山郊野公園-鳳凰山 

   香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(2) 心経簡林と鳳凰山


香港第二峰鳳凰山934を行く (2) 心経簡林と鳳凰山
2008年 09月 15日

無限大∞の字に並べられた般若心経と鳳凰山




山登り日記 香港鳳凰山
- 心経簡林から登山道 -


どうやら心経簡林という方向のようだ。しばらく進むとやっと道標に「鳳凰山」の文字が増えた。書くならもっと早く書いとけよ、と思ってしまう。
それにしてもこの道ですれ違う人々、僕を含めて外人ばかり。まあ香港人はこんな暑い時間に山登りしないか・・・

10分ほど歩くと巨大な木簡のような木に書かれた「般若心経」の群れがあった。この木簡群、∞という字に並べられているそうだ。心経簡林とは般若心経だったのか、とやっと気付いた。

そして鳳凰山の登山口があった。さっきすれ違った人たちは雰囲気的にどうやらこの心経簡林を見に来た人のようだ。登山口を行く人はいない。
登るかどうしようかと一瞬考えたが、現在1時半、この登山口はけっこう高いところにあり、鳳凰山頂までの高度差は500mあまりということで、時間的に問題ないだろうと登山開始。

このゲートからの登山道は石を階段にして登っていく。コンクリートを使っていないのが自然を感じさせて気持ちがいい。ちょっと日本の古道を連想させた。
ただ谷側が切り立つような感じのところでは少し怖い感じもする。高所恐怖症ならちょっと難しいかも・・


それにしても山には木が少ない。夏の暑い日差しから避けようがない。
少し登ると、お-っ、さっきの心経簡林の山から大仏が頭を見せた。へえここから大仏が見えるようになっているのか。大仏を作る時に考えられていたのかどうかはわからないが妙を感じてちょっと感激。心経簡林の嶺に巨石が二つあるにのに気づいた。何かに似ている・・・飛鳥の石舞台を連想してしまった。


ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布 







すれ違うのは外人ばかり


般若心経と鳳凰山






鳳凰山と登山口


出発 鳳凰山から伯公坳へ4.5km


登山道


無限大∞の字に並んだ般若心経 飛鳥の石舞台のような岩が見えます


宝蓮寺天壇大仏が見えた!


つづく

2008.09.16 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

   《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 天后廟へ


深圳 南山区赤湾探訪 天后廟へ
2008年 09月 16日


天后廟




天后宮
媽祖と呼ばれ海の女神を祀ったお廟だとのこと。創建年代不詳。
毎年陰暦3月23日は天后の誕生日天后誕で、陰暦18日から23日まで法事が執り行われる。

入場料15元
バス 天后宮 →  天后宮 



天后廟へ

さて今回の赤湾史跡めぐり、次は天后宮です。左炮台をあとにして左炮台路を小南山を見ながら歩きます。
暑い中、20分ほど歩くと天后宮が見えてきました。



小南山を見ながら赤湾の集落に近づきます


天后宮へ


































2008.09.17 カテゴリ:記録・日記 >  深圳地下鉄建設第二期 2008-2011 

   《深圳地下鉄建設》2号東延線から(9) 福田駅-各地下鉄駅と新幹線駅、バスの集まる地下総合駅


深圳地下鉄建設記 - 地下鉄2号東延線から  福田駅(福田站)
2008年 09月 17日
福田駅 - 地下総合駅
さて新市庁舎に近く、地鉄一号線の「購物公園」一帯の地下には地下鉄1、2、3、4、11、14号の各線、それに香港から広州への鉄道新線、広深港客運専線(广深港客运专线)の福田駅が集まり、相互に乗り換えるスペースができる予定です。広深港客運専線では中国最大の地下駅となるとのこと。総建築面積22万平方メートル、70億元の投資金額。

広深港客運専線は、香港、深圳、広州を結び、駅間隔を長くして300km運転をめざした新線で、深圳内は地下を走ることになるようです。
広州まで40分、香港西九龍まで20分で接続します。ただ香港側の工事は遅れているとのこと。

そしてこれらは地下鉄11、14号線をのぞいて2011年6月に完成予定となっています。


市庁舎付近の地下




交通網の集まる福田駅付近


計画路線図


現在このあたりの深南大道は広大な部分を工事用に使用していて雑然としています。あの美しい広大な緑の空間がよみがえるまで数年の辛抱です。


























地下に5路線の地下鉄駅と新幹線駅が集まるこの地区では大規模に工事が始まっています。完成後はかつての雄大な道路と緑地 が復活するのでしょう。

深南大道特集で深南大道25kmを歩いた時はこのあたりは豊かな緑に包まれていました。あの雄大な道と緑が帰ってくるまでちょっと我慢。


これはまだ工事の始まっていない2008年3月29日の写真です




















2008年9月撮影

2008.09.18 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【88】 山姆会員店の会員更新をためらう・・ (2006.1.25)


深圳新生活日記 【88】 2006年1月25日 山姆会員店の会員更新をためらう・・

久しぶりにマンションにあるスーパー、華潤百貨で買い物。
前回、ある店員から「入居して間もないだろう?」と言われてちょっとショックだった。もう新築すぐに入って半年になるというのに・・あまり存在感がないのかな。まあ、山姆会員店(ウォルマートの会員店)やJUSCOで買うことが多いから。

そういえば山姆会員店(ウォルマートの会員店)が引っ越しして交通(バス)が不便になったことと、店の体制が変わり、少量で買えなくなってきた。ジャガイモ、ネギなどの野菜の量り売りが少なくなって1パックに1kgとかたくさん収められたものを買わなければならなくなった。一人生活では量が多すぎる。それに製品も単価が高いものに徐々に移行してきて一般庶民の僕には買いづらくなったのでJUSCOを利用することが増えた。
で、年会費150元が高く感じられるようになってきた。半年先の更新をするかしないか難しいところ。
最近、山姆へ行かなくなったせいかどうかわからないが、このごろ山姆から携帯メールが多くなってきた。
引っ越ししてきた当初、家財道具、電器製品など、他店より安くたくさん買ったので半年ぐらいで35,000元ほど消費しているはずだ。

ウォルマートはHPを見ると中国内では深圳に一番多くの店舗数があるようです。

ウォルマートの会員店、SANS CLUB、山姆会員店は店がひっこしする前はけっこう庶民的な値段のものを安くそろえていたのでスーパー代わりによく買いに行ったのですが、場所が広く大きな所に引っ越してからは徐々に買いにくくなってきました。

この後一度更新をしたもののその後は更新をしませんでした。会員費は必要ないからとこっそり言われたと思うのですが、魅力がなくなってきたので更新はやめました。
この前友人が来た時に久しぶりの中を見て歩いたのですが、以前よりさらに単価の高いものを扱っているようでしたので、やっぱり更新する必要はないかと思えて・・・


おなじみ、新しい山姆会員店


2008.09.19 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【89】 深圳の寒い冬 (2006.1.26)


深圳新生活日記 【89】 2006年1月26日 深圳の寒い冬

今年は1月29日が正月、あと3日。
飲料水が切れる。電話で配達手配を。

少し暖かくなってきた。日本ではまた春のような暖かさになってきたらしい。この冬はほんとにどうなってるのだろう。電気こたつの出番も多い。今までの冬はこんなに寒かったかなあ。
来季は220V仕様の新しいこたつを買うかなあ。

香 港にいた頃、冬になるともちろん寒い日もありましたが、電気こたつが必要なのはほんの2、3日。ところが前年あたりから冬になるとすごく寒い日が増えてきました。明け方の気温が5、6度という日もありました。もともと亜熱帯のこの地方、暖房設備などないのでこの気温は日本でなら零下という感じだと思います。何しろ外出して寒くて適当な店に入っても暖かくないのですから。

深圳に引っ越す前、中国の工場にいた時、この寒さに遭い、夜はジャンパーを着たまま、靴下をはいたまま上布団に簀巻き状態で寝て寒さをしのいだこともあります。この時は香港人が「寒いから『ナベ』を食べに行こう」と誘いに来て一緒にでかけました。
レストランでももちろん暖房はなく全員白い息を吐きながらジャンパーにくるまってナベをつついていました。



通天閣、招商銀行大厦と月


2008.09.21 カテゴリ:香港の山と公園 >  南大嶼山郊野公園-鳳凰山 

   香港第二峰鳳凰山ランタオピーク934mを行く (3) 一つの嶺へ


香港第二峰鳳凰山934mを行く (3) 一つの嶺へ
2008年 09月 21日

宝蓮寺 露座の天壇大仏




一つの嶺へ

それにしても気持ちがいい。今日登ってよかったと思う。
上から下山してくるグループのいくつかとすれ違う。いずれも外人ばかり。かけられる言葉は「Hi!」「Hello!」。やっぱり香港人は夕方、涼しくなってから? でも・・
深圳最高峰の梧桐山にはいつ行っても大勢の人が山頂をめざして登っているし、他の山もびっくりするほどよく登っている。まあ、夏は夕方に登る人が圧倒的だが。
大帽山に登った時、登山者が少ないなと感じたが、他の日はどうなのだろうと思っていたのだが、香港第二の高峰、鳳凰山もこんな調子ならこれが香港なのかな・・・

登っていくと大仏がロープウエイと並んで全容を見せてきた。でも視界があまりよくない。始めからそんなによくなかったが登るにつれて曇り空になりどんどん視界が悪くなってくる。
そして登山口から50分、一つの小さな嶺に着いた。頂上まではあと少しだろうが道しるべには頂上までの距離が書いていない。「伯公坳経鳳凰山 3.5km」


ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布 



登山道を


あいにく視界は悪くて






天壇大仏とロープウエイ


景色は雄大


すれ違うのは外人ばかり


心経簡林




大仏がどんどん遠くに・・


遠くに・・・




一つの嶺に


さらに頂上をめざします


つづく

2008.09.22 カテゴリ:香港の山と公園 >  南大嶼山郊野公園-鳳凰山 

   香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(4) 鳳凰山頂へ


香港第二峰鳳凰山934を行く (4) 鳳凰山頂へ
2008年 09月 22日

香港・鳳凰山頂へ




鳳凰山頂へ

嶺を過ぎて山頂までの径は足場が小さく油断をするとずり落ちそう。20分ほど進む。登山口から1時間10分で標高934mの山頂へ。時刻は2時40分。

小さな小さな山頂。山頂の標識、三角点、ゴミ箱、それに「臨時避風站」と書かれた防風壕。入ってみようと思ったが蜂が飛び交っていたのでやめる。それにしても山頂でトンボの大群、それに混じって蜂が飛び交っているとは思わなかった。しかもでかい蜂。

ガスはないが視界は最悪で期待していた展望は望めない。でも雄大さは感じる。木がないので大帽山の時と同じように高原のように見えなくもない。

標識に昴坪(NGONG PING)1.5km 3/4時間、伯公坳(PAK KUNGAU)3km、1.5時間と書かれている。どうやら所要時間は時速2kmとして計算されているようだ。
3/4時間コースは来た道を引き返すだけで面白くないので伯公坳コースを選ぶ。(「坳」とは辞書によると「山間の平地」となっている。)

さて下山。石を並べた段が続く。でもこの段が高すぎて下りるのがしんどい。1段下りる毎に足に衝撃が伝わる。


ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布 



小さな嶺をあとにして・・


油断できない登山道を歩きます


そして嶺から20分、登山口から1時間10分で山頂へ 2:40


三角点


防風小屋


蜂が多くて緊張


山頂から・・ 視界がよくない。山の向こうの宝蓮寺がかすんでます


ズームを使って・画像処理をして・・・


伯公坳へ行くか(3km)、戻るか(1.5km)





伯公坳方面から登ってくるカップルがありました




伯公坳へ下山します






つづく

2008.09.23 カテゴリ:深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【6】 宝安区石岩 羊台山 (1) | 2008.09 |


深圳の展望台 【6】 宝安区石岩 羊台山 (1) | 2008.09 |

羊台山頂から




羊台山


羊台山は深圳八景に選ばれている宝安区と南山区の区境にある山で標高587m。
森林公園の整備、造成地に指定されています。

この山は6度山頂に立ちましたが未だ視界のいい日に恵まれず、写真があまりよくありません。





アクセスは
石岩・羅祖村(罗祖村)、石岩汽車站などで下車、ミニバス769(石岩湖-羊台山)に乗り換え。
 →  羅祖村 
(769路のバスは[龙眼山村-石岩湖]になっていますがバスの表示は[羊台山-石岩湖])

車道の登山道はありません。登山口は標高62m、標高差525mを足で登ります。



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。3000ピクセル)



登山道



山頂より


梧桐山と鶏公頭


山の間に地王大厦と賽格広場が見えるのですが・・ 一番右は長嶺皮水庫(貯水湖)


連山の右端に塘朗山 西麗湖


塘朗山 西麗湖 野生動物園など








2008年9月20日撮影

つづく

2008.09.01  
《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)
2008.09.02  
《深圳地下鉄建設》2号東延線から(8) 景田駅
2008.09.03  
深圳新マンション建設物語【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み
2008.09.04  
深圳新生活日記【84】 阿彪 (2006.1.3) / 深圳暫住証から居住証へ
2008.09.05  
深圳新生活日記【85】 電動歯ブラシ (2006.1.5)
2008.09.07  
《深圳生活》  深圳で浅漬け作りに挑戦
2008.09.08  
深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |
2008.09.08  
深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |
2008.09.09  
深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |
2008.09.11  
深圳新生活日記【86】 電動ディスペンサー (2006.1.14)/マイカー族になった中国人
2008.09.12  
深圳新生活日記【87】 Nと香港へ (2006.1.15)
2008.09.14  
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺
2008.09.15  
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(2) 心経簡林と鳳凰山
2008.09.16  
《深圳スポット》 南山区赤湾探訪 天后廟へ
2008.09.17  
《深圳地下鉄建設》2号東延線から(9) 福田駅-各地下鉄駅と新幹線駅、バスの集まる地下総合駅
2008.09.18  
深圳新生活日記【88】 山姆会員店の会員更新をためらう・・ (2006.1.25)
2008.09.19  
深圳新生活日記【89】 深圳の寒い冬 (2006.1.26)
2008.09.21  
香港第二峰鳳凰山ランタオピーク934mを行く (3) 一つの嶺へ
2008.09.22  
香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(4) 鳳凰山頂へ
2008.09.23  
深圳の展望台2008 【6】 宝安区石岩 羊台山 (1) | 2008.09 |
 ► 次のページへ

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by