FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2008.07.04 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【67】 ディスペンサー (2005.11.19)


深圳新生活日記 【67】 2005年11月19日 ディスペンサー

「好又美」へ行く。マンションから歩いて10分ぐらいの所に新しくできた内装材料センター。
内容が充実してきたのと有名ブランドのようなものも入ってきている。
畳を取り扱っているところが2カ所になっていて少しびっくり。需要があるのだろうか...日本料理屋?でも日本料理屋で畳のあるところを見かけないけどなあ・・

前に台所用にタオル掛けを買った所で、シャンプー入れ(ディスペンサー) のあることがわかる。3連のもので60元と68元のもの。
68元のものを注文する。どうやら明日になるらしい。電話番号を告げておく。


ミニバス411と434を乗り継いで楽安居へ。座椅子を探すが見つから ず。大バス103Bで崗厦の内装材料センター「世紀中心」へ。ここの畳を売っているところで座椅子を見るが280元といわれてパス。6掛け値切れたとしても170元、JUSCOの198元の方がいい。ここでもシャンプー入れを見つけた。ある時はあるものだ。でも好又美の一番高いものがおいていなかった。でも好又美で60元と言われたものが55元。明日ちょっと言ってみようかな。

ここで手洗いに使用する石けん入れ、手をかざすと自動で石けん液の出るや つ、Soap Dispenserを買う。80元。「SVAVO」ブランド。手動のと同じブランドだった。インターネットでも簡単に検索(百度)できたところを見るとまあまあのブランドなのか...
スーパー「新一佳」に寄って下着と靴下を買って帰る。338のバスのなんとゆっくり走ることか...途中あきらめて104に乗り換え。

12,300歩


前日に撮影したマンション前の夜景



「好又美」はその後間もなく消失(なくなりました)、そのあとに別の名前で内装材料センターができましたが営業するかしないかのうちにこれまた消失。ちょっと訳が分からず・・・
そして崗厦の内装材料センター「世紀中心」は福田区新都心の建設のため立ち退き、引っ越しと、あれからわずかの間にもどんどん姿を変えていく深圳。

ディスペンサーカタログ




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by