FC2ブログ
30 記事  2 ページ
2008.06.01 深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (8) 車公廟へ (2008.3.29)2008.06.02 深圳新マンション建設物語【20】 2007年5月2008.06.03 香港初在住日記(181) 自分の送別会 - 中国東莞工場で (1998.2.18)2008.06.04 香港初在住日記(182) 退職 - 最後の給料は差し止めか・・? (1998.2.20)2008.06.05 深圳新生活日記【58】 香港へ 太古城JUSCO (2005.10.29)2008.06.06 深圳新生活日記【59】 深圳ぶらぶらショッピング (2005.10.30)2008.06.07 深圳新マンション建設物語【21】 2007年6月2008.06.08 福田区 筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感2008.06.09 香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景 (2008.6.9)2008.06.09 《深圳生活》  レジ袋と買い物バッグ2008.06.11 香港初在住日記(183) 退職後数日 - のんびり (1998.2.25)2008.06.12 香港初在住日記(184) 香港の離れ島へ - 梅窟 (1998.2.26)2008.06.13 深圳新生活日記【60】 留学志望だった中国人女性が大阪に (2005.11.1)2008.06.14 深圳新生活日記【61】 JUSCOにパスポートの入った鞄を忘れた(2005.11.3)2008.06.15 Intermissiom 深圳・蓮花山公園の休日2008.06.16 深圳新マンション建設物語【22】 2007年7月  (コラム : 内装設計)2008.06.17 香港初在住日記(185) 香港の離れ島 長州島へ行く (1998.2.27)2008.06.18 香港初在住日記(186) 香港人・クリスの結婚式 - 教会で (1998.2.28)2008.06.19 深圳新生活日記【62】 11月、夏の終わりの小梅沙 (2005.11.5)2008.06.20 深圳新生活日記【63】 別荘建設地その後 (2005.11.10)
► 次のページへ

2008.06.01 カテゴリ: 深圳深南大道25km 

深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (8) 車公廟へ (2008.3.29)


深圳八景 深南溢彩散歩(8)  車公廟へ


招商銀行大厦 (深南大道6km地点、起点から12.8km)




第一のクライマックス、新市政府・市民センターを過ぎてさらに西へ。
目指すは西の高層ビル、50階建ての招商銀行大厦です。大阪の通天閣に似たデザインで善し悪しはそれぞれの判断に任せて、とにかく印象に残るビルではないでしょうか。地下鉄車公廟駅があります。

深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
今回の行程は市民センターから招商銀行大厦まで3kmあまり。

 深南大道 地図 



西へ


東を振り返ると・・・




招商銀行の夕日


香蜜湖休暇村




Uターン用の路線もあります


地下鉄車公廟駅のバス停 路線が多いのでホームが二つ。


歩道橋はどこでも商売繁盛




道ばたの花








2008.06.02 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【20】 2007年5月


深圳新マンション建設物語 【20】 2007年5月

地下駐車場ができて地上の建物の基礎工事・・


















2008.06.03 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(181) 自分の送別会 - 中国東莞工場で (1998.2.18)

【181】  1998年2月18日(水)  自分の送別会-東莞工場で
東莞工場の花に囲まれて

開発部の技術者と
中国東莞工場へ。張に段取りを頼んでいた。今日は僕の送別会。退職日はあさっての20日。
香港人、中国人、日本人併せて30人程度だろうか、集まってくれた。

中国での送別会ってもちろん初めて。普通のパーティーのような感じ。
数人が記念品をくれた。工芸の額とかVCD、ネクタイなど。
テーブルを一つ一つ巡り写真を撮ったりけっこう盛り上がって楽しかった。
費用は2000元だった。


終了後、香港人が二次会にカラオケを手配してくれていたので香港人と日本人、それに中国人2人が参加する。
香港人に誘われてよく行ったカラオケ屋だった。中国式のカラオケ屋。ナイトクラブみたいに女性が付いて一緒にカラオケを楽しむスタイル。
で、前に前行った時と同じ小姐にした。でも人それぞれ家庭の事情もあったりいろいろ。
ある香港人はいつもの小姐が休みと言うことで一人で歌っていた。寂しそう。


この頃、私が聞いていたのは送別会をする時は参加者でなく送別される方が送別会を手配して費用を負担すると言うことでした。つまり出て行く人が残るみんなを招待すると言うことでしょうか・・・
お金は別として手配はちょっとできそうにないので日本語の流暢な中国人に頼みました。

2008.06.04 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(182) 退職 - 最後の給料は差し止めか・・? (1998.2.20)

【182】  1998年2月20日(金)  辞職

今日は退職日。
会社に出て税金や給料などの精算をする。
いろんな人に挨拶。そしていろんな情報が入ってきた。
日本時代の会社で関わりのあった香港人も来週辞めるとのこと。

日本時代の同僚に電話、今日会う約束をする。
7時に約束して向かったが、待ち合わせ場所のホテルがどこにあるかを忘れ大いに迷った。大方向音痴のせいなのか・・・
韓国料理屋へ行く。うまかった。200ドルずつ、割り勘。


香港では外人が税金を払わずに本国に帰ると就業ビザの保証人である会社が香港政府に対してその税金を支払わなければならないので、会社は最後の給料の支払いを差し止め、退職者が税務署へ行って税金を払い、その証明が会社に提出されると最後の給料を支払う、と言うシステムが多いのです。少し心配していたのですが給料を差し止められることなく支払ってもらえました。


私は語学がさっぱりでしたので香港での求職活動もあまり自信がないので辞職したあと日本へ帰ろうか、と思っていた時期がありました。

でも香港人から香港にいる方がいいと言って求人広告を持ってきてくれたりしてちょっと情にほだされたのがきっかけで言葉のわからないまま、求職活動に挑戦したのです。
(写真は当時持ってきてくれた求人資料の一部分)

→  雑感香港人(1) - 香港人気質 

次回からは求職活動、休暇、就職という話題で少し日記を続けます。
2008年6月4日の深圳

雨模様からやっと夕方になって太陽が。深南大道から園博園の塔を遠望<


2008.06.05 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【58】 香港へ 太古城JUSCO (2005.10.29)


深圳新生活日記 【58】 2005年10月29日 香港へ 太古城JUSCO

昨日、Nから電話があり、今日午後3時に香港・太古城のJUSCOで会うことになっている。

午後12時半深圳の家を出る。皇崗から香港に入る。KCRの大学駅あたりでNから電話、すでに太古のJUSCOにいるとのこと。太古にぴったり3時に着く。彼の取引先の小姐と一緒だった。
お好み焼き粉を探すがなかった。うどんスープ、ホットケーキなど、日本食材を買う。

深水埗の電脳街へ。新しく買ったカメラのケースを買う。彼はDVDを買った。
モンコックへ。ここにはNikonのロゴの入ったカメラケースがあったのでこれも買う。模造品かも知れないが。
近くの「DVDビル」で彼がDVDをシェアで買おうと言う。8枚いくらのDVD、4枚ずつを。

帰ってDVDを見るとジャケットと内容が異なっている。こんなことは初めて。
電話でNは、深水埗のもモンコックのも両方だまされていると言ってきた。
何があったのだろう。店を構えて商いをしているところがどうしてこういうことをするのだろう...しかも雰囲気的に全域かもしれない。

12,600歩




2008年6月深圳


2008.06.06 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【59】 深圳ぶらぶらショッピング (2005.10.30)


深圳新生活日記 【59】 2005年10月30日 深圳ぶらぶらショッピング

昼頃、Nから電話。2時頃華強路へ行くので3時頃上海賓館近くにある時計ビルで落ち合うことになった。

時計ビル(深圳表城)はどんどん衰退しているような感じ。
懐中時計とLEDの灯りと方角磁石のついた時計を買う。
電気街の華強路へ。深南路から入る。
僕がSDカードを買ったところから見学。彼はあの隣の店でPS2のソフトを何枚か買い求め、別の店で別のゲームソフトを買った。これは子供へのおみやげだとか。あと、携帯ストラップなどを見る。彼は携帯電話に関わらず、こういうアクセサリー物が好きだな。

さらに北へ進み、万商電器城へ。ここで僕は中国語のXPソフトを、彼は再びゲームソフトを買った。彼はSkypeのマイクの調子が悪いのを気にしているのか、Skypeの携帯型電話をしきりに探していたが、値段が高くてあきらめた。

回転寿司屋で食事。その後近くの万佳百貨で靴を買う。182元。
僕は411のミニバスで帰途。彼はまず地下鉄。

夜、彼から電話。マイクの調子がよくなったと。いじくっているうち、直ったらしい。よく聞こえる。
夜はかなり温度が下がるようになった。

12,500歩



2008年6月 深圳筆架山公園で

2008.06.07 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【21】 2007年6月


深圳新マンション建設物語 【21】 2007年6月


僑香村マンションと北環大道の拡幅工事


採掘で極端に小さくなった安托山 背後のマンションが見えてきました。


クレーンを使って生コンミキサー車から生コンを流し込みます




左奥に会員制ウォルマートに併設されるショッピングセンターを建設中


向こうでも新マンションの建設中

2008.06.08 カテゴリ:深圳の山と公園 >  筆架山公園 

福田区 筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感


筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感
2008年 06月 08日

最近は天気が悪くてちょっと運動不足気味。
昨日の強い雨もおさまり、今日は雨が上がったので久しぶりに福田区の筆架山に登ってきました。
冬の間は肉眼でうっすらとしか見えていなかった梧桐山が筆架山頂上から曇り空ながらもはっきりくっきり見えていました。
そろそろ空気の透明感が出て山からのながめが美しくなるシーズンを感じさせました。

さすがアウト・ドア派の多い深圳、雨がとぎれると人の出が多くなりますね。



筆架山公園


公園の池 昨日の豪雨で水の色が黄色く・・




筆架山山頂からの梧桐山には雲が 雨かな






どこでもマンゴ


2008.06.09 カテゴリ:香港の山と公園 >  大帽山郊野公園-大帽山 

香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景 (2008.6.9)


| 2008.6.9 | 香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景



端午節の振り替え休日となった9日の月曜日、ビザ調整の意味もあって香港へでかけました。
最近の自分のブームとなっている福田口岸からミニバスで元朗へ(6香港ドル)。元朗では買い物をするつもりだったのですがいいのがなく買わず。
そのあと、二階バス68Mに乗り荃湾へ(8.8ドル)。福田口岸からは合計14.8ドルとはけっこう安く、両方ともほとんど直通バス状態で時間的にも速い のです。
皇崗から直通バスだと30ドル以上したはずです。ミニバスと二階バスのこのコースが気に入りました。


さて香港に大帽山という山があります。この山は香港最高峰、957mの高さを持っています。そしてネットで荃湾から登山口へ行くバスが出ているという情報を得ましたのでちょっと調査するつもりで荃湾に来たのです。
大帽山の957mというと奈良・大阪の葛城山960mとほとんど同じでちょっと親近感。

まず大帽山の一つのルート、川龍村からのコースを見てみようと、80番のミニバスを探しますが、なかなか見つからず、あきらめかけたところでやっと発見。店屋さんをいろいろ見ながらですので時間もすでに5時近くになっていました。
迷わず80番のミニバスに乗り込みます。5ドルというバス代からするとそんなに遠くでもなさそう。

ミニバスはどんどん坂道を登っていきます。登る楽しみがなくなるのであまり登らない方がいいけど。大帽山とは関係ない坂道を登っていくのだと言い聞かせながら15分ほどで終点の川龍村へ。残念ながらバスでかなりの高さまで登ってきたような感じ。




時間を気にしながら少し歩いてみます。それにしても荃湾の雑踏から少しの距離で信じられないくらいのどかなところに出てきたものです。
あちこち歩いてみましたが、時間的に制約もあって登山口らしいところは発見できず。
でも目の前のこの山が大帽山だろうかと思いながら歩きます。おばさんが来たのでちょっと聞いてみました。
でも・・
情けないことに香港の永住権を持ちながら広東語はほとんどだめな私、広東語混じりの北京語で聞きました。
私の大帽山というつもりの「タイモーサン」というのは通じました。でも彼女はどれが大帽山なのか詳しくないとのことで「ムゴイサイ」と言って別れます。

少し写真を撮っているとリュックを担いだおじいちゃんが。
ちょっと聞いてみました。
こちらは広東語混じりの北京語、おじいちゃんは広東語で返してくれます。
それによると・・・
大帽山は私の思っていた山で間違いないとのこと。登山口は左右に2つあるようで、左は車道の様子、僕が探していた右方面は手でたたくようなポーズをして「コッコッ△□○・・」とよくわかりません。おじいちゃんも根気よく話してくれますし、私も根気よく考えるのですが・・くそ、残念、自分が情けないですね。

時間的にも暗くなりかけ、今日は引き上げることにしました。
もとのミニバスのりばへ行ってみると、さっきのおばさんが並んでいました。私に気づくとにっこり笑顔をくれました。
並んでいる人を見るとリュックを背負った人が意外に多く、登山帰りを感じさせます。登山道を知らなくても朝早くに来たら登山をする人もたくさんいて大丈夫かも知れないと思えました。

まあ、この次は荃湾から51番のバスに乗って大帽山郊野公園の方に行ってみるかな・・そろそろ空気の透明感が出て来る季節だし、早く登頂したいものです。



荃湾へ


荃湾


荃湾 荃湾は元朗よりずっと都会でした


やっと見つけた80番 お、レジ袋。そうか、香港はレジ袋OK


川龍村


川の流れはすごく速い




これが大帽山でした


2008.06.09 カテゴリ: 生活 

《深圳生活》  レジ袋と買い物バッグ


【深圳生活】 レジ袋と買い物バッグ
2008年 06月 09日

深圳生活 レジ袋と買い物バッグ

今月6月1日(2008年)から「限塑令」が施行されてレジ袋の有料化が始まりました。目的は環境保全ですので協力しなければなりません。

この前JUSCOに行った時。
「レジ袋は必要ですか?」
とレジの小姐。
「?」
と思いながら6月1日であることに感づきました。そして前方にレジ袋の大きさと値段の書かれたポスター。
「今日から始まったの?」
「はい」
というわけで全く準備をしていませんでしたのでこの日は0.3元の大きいレジ袋を購入。レジ袋の厚みが少し増したような肌ざわりでした。


さあどうしようか。ほとんど忘れていたのでアイデアを準備していません。
台所を片づけていると引き出しから以前SAM’SCLUB(ウォルマートの会員店)でアイスクリームを買った時にもらった簡単な保冷付き(裏側にアルミを張っただけの物)のバッグが出てきました。
私はけっこう冷凍物を買います。餃子とかカトキチのたこ焼き、うどん、ラーメンなど。保冷付きだとJUSCOで氷をもらってバッグに入れておけば家に着くまで精神的に安心かも・・
バッグは折りたたむと結構小さくなるので試しにこれを使ってみる気になりました。なにしろ無料、ただです。

 

使ってみました。使ってみると意外に使い心地は上々。レジ袋だと冷凍物を入れていた場合、袋に水滴が付いて気持ちが悪かったのですが、バッグにするとバスの中でひざに置いても爽快です。もっと早くに気が付いていたらなあと思ったほどでした。

まあそれでも持ち物としてはカサをとるので大きな鞄に換えないとだめかなあ・・
それにしてもレジ袋有料化の効果は絶大、バッグ持参の人の多いこと・・

2008.06.11 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(183) 退職後数日 - のんびり (1998.2.25)

【183】  1998年2月25日(水)  退職後数日 - のんびり

長州島に行ってみようかと思いバスで出る。
尖沙咀のフェリー乗り場へ行くバス215Xがなかなか来ないため適当なバスに乗る。ホンハム埠頭行きとなっている。
空港トンネルを通らずひたすら曲がりくねりを繰り返しながら進む。これでは時間がかかってしようがない。
でもまあそのお陰で香港のまだ知らないところをたくさん見ることができた。ホンハム埠頭方面はやっぱり以前Hが住んでいたところだった。前とはかなり変わっているが妙に懐かしかった。

フェリーに乗って中環へ。長州行きのりばが発見できずぶらぶら歩く。
市電に乗る。適当に降りるとコースウェイベイ。
ここもぶらぶら歩いてMTRで尖沙咀へ。
久しぶりに日本料理屋「大関」で夕食を食べる。頭がずきずきしてきたため、食後バスで帰宅。
(この頃大関は尖沙咀のニューワールド内にありました。)


香港に出てきて1年半で退職。再び香港で職探しをすることに決めましたが、今までとちがい自由な時間はたっぷりあります。考えてみると香港観光をすることもなく中国東莞工場に行ったので香港のことをほとんどわかっていません。この機会にいろいろ一人で行ってみようかと思っていました。でもこの日の日記、何してるのでしょうね。のんびりしすぎ。

就職活動はこの頃ですと、香港のPASONAあたりに人材登録しながら、求人広告を集めるということでした。まあ、今とはちがい、香港での日本人求職者は比較的少なかったと思いますので条件は恵まれていたかも知れません。
まあ、今とは違ってインターネットもまだ一般的ではありませんでしたのでネットで求人広告を集めることはできませんでした。何より、プライベートにPCを持っていませんでした。

PCはWindowsが主流になり始めた頃です。UNIX系のPCではソフトなんかも自分で作っていたのですが、Windowsに初めてふれた時の感想がおもちゃみたいだったのでちょっと出遅れてしまいました。今でもその感覚は続いていて、なんか、木造の外観をいじって鉄筋に見せようとしているように感じてしまいます。最近のはそれがひどいような気も・・

この少し後でPCを買い、WIN95を導入したのですが、CPUは400M。今の10分の1のスピード。そして今とは違って日本語環境で中国語、韓国語のページを開くのに新たにソフトが必要でした。しかも完全ではありません・・
まあなんやかんやありながらPCも着実に進歩していますね。

2008.06.12 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(184) 香港の離れ島へ - 梅窟 (1998.2.26)

【184】  1998年2月26日(木)  香港の離れ島へ - 梅窟

昼から215Xのバスで尖沙咀へ。長州島に行くつもり。
まずスターフェリーで中環へ。でも長州島へのフェリーはあと45分待たなければならないようだ。
したがって行き先変更。梅窟と書かれたフェリーがすぐ出航のようなのでこれに乗る。梅窟ってどこか知らないが料金が17香港ドルと長州島と同じなのでそんなに時間はかからないだろう。

出航してから30分が過ぎてもまだ着かない。料金からして何時間も乗れるはずがないと思う。
1時間ぐらいしてやっと着いた。でも大きい島なのか小さい島なのかよくわからない。

でも下船して何かほっとする。雑踏ではなくのんびりした時間が過ぎるようだ。フェリー乗り場付近はきれいに整備されている。
少し歩いていくと意味がわかった。海水浴場らしい。したがって今はシーズンオフで閑散としている。ホテルもある。泊まろうと思えば泊まれるはずだ。
フェリーにも街にも白人を多く見受ける。白人が多く住む地域なのかも知れない。

1時間ぶらぶらしてマクドでハンバーガーを食べ帰りのフェリーを待つ。
来てよかったと思う。旅行気分を味わえた。
こういうところも香港の一つの面であろうが白人の多いのには少し閉口。

船で中環に戻り地下鉄港島線まわりで藍田に帰宅。





梅窟





2008.06.13 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【60】 留学志望だった中国人女性が大阪に (2005.11.1)


深圳新生活日記 【60】 2005年11月1日 留学志望の中国人、大阪に - メッセンジャー で

今日はかなり温度が下がっている。だんだん半ズボンが苦しい季節になってきた。
林小姐をメッセンジャーで見かけてコンタクトをとる。
彼女は大阪産業大学の女子寮にいるらしい。2月に別の学校の試験を受けるとのこと。いろいろ相談してきた。
それにしても行動力に感心する。マンションを売っても値打ちがある。
春節はまだ大阪にいるとのことで会えるかもしれない。


彼女は以前中国人の同僚を通じて知り合った日本語通訳の中国人女性。朝鮮族で英語も堪能。彼女の希望で時々メールをしていましたが、日本語と英語の両方でした。中国人が日本語をメールする時、ひらかなの使い方がおかしいことが多いのですが、彼女はしっかりしていましてその能力を感じさせました。

私がまだ香港に住んでいた頃、2004年末、「深圳通」(非接触式プリペイドカード)を買うため香蜜湖の中国銀行に行くと彼女と偶然再会、この時に彼女は日 本への留学希望を言っていました。彼女は特区のボーダー付近にマンションを買っていたのですがこれを売るのだとも言いました。そして彼女が今働いているところは、なんと私が利用していた内装会社事務所の近く。
(写真 彼女が働いていたビル)


通常はSkypeを利用するのでメッセンジャーは滅多に使わないのですが、この時久しぶりにメッセ ンジャーを開いてみると彼女がオンラインになっていました。コンタクトして話しをしてみるとすでに留学しているなんて何と素早い行動力。
留学といっても東京ではなく大阪。以前彼女が私にそう言っていた時、「大阪は大阪弁だけど、勉強に差し障りないか?」と言っていたのですが彼女はかまわないと言っていました。結局大阪に決めたようです。

2008.06.14 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【61】 JUSCOにパスポートの入った鞄を忘れた(2005.11.3)


深圳新生活日記 【61】 2005年11月3日 大失態 - 深圳JUSCOに鞄を忘れた!

JUSCOへ買い物。たくあんはあるが朝食のうどんに使う味付けあげがない。今日来た目的が一つ消えた。
代用できそうなものがあった。試しに買ってみる。

焼きそばも安いのがあった。目方売りでかなり安い。これの味が問題なければ願ったりかなったり。これも試しに買う。日本風の焼きそばにはアルミ袋に入ったソースが付いている。でもまずいので使ったことがないので目方売りで安ければそうの方がよい。

買い物を終え、帰りの411路のミニバスに乗ってしばらくすると電話が入る。JUSCOからだった。まさかJUCSOとは思わないので始め少しちぐはぐになる。
鞄を忘れていないかと言っている。あああ...忘れてる。カートの下にかけていたので買った袋だけ持って鞄を忘れてしまった。初めての大失態。香港へ行く時とかのお出かけセットの入った鞄で、中にはデジカメ、パスポートなど、細かいところでは入出国カードとか筆記用具など必要なものがおおむねそろっている。めちゃあわててミニバスを降り小走りにJUSCOに戻る。

目の前に自分の鞄をみてほっとした。あとは香港IDカードで自分を証明して引き渡してもらう。
どうやら鞄に入っていた僕のローン銀行である永亨銀行の手紙で僕の名前を知ったようだ。あとは、デリバリリストに登録してある電話番号でも見たのだろう。奇跡的だ。思わず感謝。

5,500歩


ほんとうにびっくりしました。これ以後、鞄はカートに掛けずに自分の肩に掛けるようになりました。
JUSCOは平日150元以上、休日300元以上買うと無料配達サービスをしてくれます。それで私の名前、住所、電話番号が登録してあったのです。おそらくそれで私の電話を知ってくれたにちがいありません。ほぼ奇跡でした。感謝感謝です。


2008年6月深圳
空気の透明感のよい季節がやってきました。
塘朗山はあいにくの天気でしたが、それでも今まで見えていなかった海と香港、それに深圳湾大橋が見えるようになりました。


2008.06.15 カテゴリ:深圳の山と公園 >  蓮花山公園 

Intermissiom 深圳・蓮花山公園の休日


Intermissiom 深圳・蓮花山公園の休日
2008年 06月 15日

毎日うっとうしい天気が続きますが雨が降らなければ人出はほんとに多いです。
深圳蓮花山公園の休日。

蓮花山頂上から
蓮花山は100mあまりの低い山。頂上からの展望は頂上よりも高いビルがわんさか見えます。


蓮花山公園の休日




家族でトランプ


子供はサッカー




シャボン玉にはしゃぐ


はしゃぎすぎて・・・


こちらでも


たこあげ


 

 

2008.06.16 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【22】 2007年7月  (コラム : 内装設計)


深圳新マンション建設物語 【22】 2007年7月

内装設計

深圳でのマンション購入は多くの場合、内装なしのスケルトン渡しがふつうです。したがって自分で内装工事を手配する必要があります。
内装会社に頼んで内装設計を行ない内装工事まで委託するか、大工さんグループを雇って大まかな内装仕様を打ち合わせして内装工事を始めるか、を選ぶのが一 般的です。前者は資金的に高額、後者はかなり安く抑えることも可能です。
内装会社は平面図を無料で描いてくれますので複数の会社に頼んで平面図を描いてもらい、その中から最終的に選ぶことができます。


内装会社が描いた平面図。数社からこのような図面を描いてもらって打ち合わせながら一社を選びます。









階ができてきました






クレーンを高くする準備


北環大道の拡幅工事も進んでいます



2008.06.17 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(185) 香港の離れ島 長州島へ行く (1998.2.27)

【185】  1998年2月27日(金)  香港の離れ島 長州島へ行く

朝、Ms.Oに電話をして明日の香港人Mr.Cの結婚式の問い合わせ。

12時外出。長州島へ。鰂魚涌から中環(セントラル)へ行き、フェリーで長州島へ。
昨日、下調べしたみたいになったので今日はすいすいと事が運ぶ。

フェリーから長州島が見えてくる。昨日の梅窟とは全く違う雰囲気。湾には多くの漁船が浮かぶ。
上陸すると狭い中、ぎっしり住居や店が建ち並ぶ。生活の街という感じだが観光客も多い。カメラを持ったグループがたくさん歩いている。

町中を歩く。車は1台も見ない。島自体そんなに広くないし坂道だらけで道も路地というものがほとんど。自転車を数多く見かける。
老人がまとまって麻雀をしている。よく見ると種類の違うものもある。しばらく観戦するがルールがよくわからず立ち去る。

小高い丘の公園から見ると湾の様子がよくわかる。湾の外海へつながる開口部分は狭く天然の防波堤のようになっている上、湾の中も広いしいい港のように思える。
水上生活者もいた。以前は漁をする人の水上生活者の街があったのかも知れない。香港政府が陸上に住宅を建てて海上生活者をそこに移住させているのではないかと想像してみる。
こういう海上生活も香港の顔なのだろうが、東南アジアの顔なのかも知れない。TVで東南アジアの水上生活者の様子をよく見た。香港人とはいえ、イギリスの侵略時代にはほかの東南アジアからもたくさん移住はしていたようだから。
東海岸には少し砂浜がある。香港には岩盤が固いのか、砂浜にお目にかかることは少ないのでめずらしい。

狭いところなのでジグザグに街を歩いてみる。住宅も古いものがないせいか、ふつうの香港の街のように見える。それとも少し違う場所へ行けば昔風の香港があるのだろうか。なければそれはそれで時代の流れなのだろうが。

マクドで少し腹に入れて帰りのフェリーの時間を待つ。
切符を買い50ドル払うと40.3ドルのおつりが来た。17ドルとばかり思っていたのにおかしい。よく切符を見ると17ドルはDELUXEとなっている。失敗だ。今までずっと間違えていた。
船に乗り約55分でセントラルに帰ってきた。セントラルからMTRで旺角に出てVCDを買い帰宅。
団地の街市のいつもの肉屋で肉を買う。
今日はカレー。
明日はMr.Cの結婚式。

梅靴は北側に空港のあるランタオ島の南東の港でした。長州島は梅窟から南10km足らずの海に浮かぶ小さな島でした。


















2008.06.18 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(186) 香港人・クリスの結婚式 - 教会で (1998.2.28)

【186】  1998年2月28日(土)  香港人・クリスの結婚式 - 教会で

今日は辞職した会社の香港人技術者クリスの結婚式。

僕は披露宴だけでなく教会での結婚式も行くことにしていたので葵芳駅で参加者と待ち合わせ。1時45分。
葵芳駅は地下鉄荃湾線の終点荃湾から4つめの駅。ここまで乗るのは初めて。途中きれいな駅があったがあれは建設中の新空港の鉄道の乗換駅だと言うことだ。
少しすると、香港人数人がやってきた。日本人は来ない。日本人はみんな披露宴からの参加のようだ。僕だけ好奇心旺盛。
(写真 招待状)


香港人たちと連れだって教会へ。教会では当人のクリスがうろうろしていた。写真を撮って席に着く。
香港での結婚式への参加はKに続き二度目だが教会ばかり。前回は新婦がフィリピン人だったので英語だったが今回は広東語。全く言葉がわからない。雰囲気を楽しむ。
3時半には終了。数人は披露宴までクリスと一緒にいるとのこと。幾人かの香港人と僕は一旦帰る。
帰ると言っても僕は自分のマンションまで帰ると時間がかかりすぎるので一人商店街を散歩。

夜のパーティーは日本人Hと一緒に。まず尖沙咀の東急で日本ののし袋を買う。日本人の一般の祝い金1000ドルを。
久しぶりにたくさんの元同僚と会う。写真を撮りあったりしながら過ごす。
何やかやで11時前、Hと共に滙景花園へ帰宅。







香港人の結婚儀式は日本とは違うので興味深いものです。
当日の披露宴の前に結婚当人と当人たちに選ばれた友人たちだけでゲームみたいな儀式をやったり、結婚登記所へ行って登記式みたいなのをやったりしながら最後に披露宴となります。当人にとっては当日は朝から深夜までかなりハードです。

後年、機会があって当人に友人として選ばれて早朝から深夜まで参加したことでその大変さを実感しました。

→ 写真  ある香港人の結婚式 

2008.06.19 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【62】 11月、夏の終わりの小梅沙 (2005.11.5)


深圳新生活日記 【62】 2005年11月5日 11月、夏の終わりの小梅沙

午後久しぶりに沙頭角へ。 車公廟から202路のバスに乗っってみた。202路は初めて乗ったバスだったが大失敗。めたらやたらと寄り道、遠回りをする。なんと塩田区の沙頭角に2時間ほどかかる。6元。

103路のバスに乗り換えて小梅沙へ行く。5元。
小梅沙ももう11月、夏もほぼ終わりなので海水浴客はまばらで少し寂しい感じもする。でもまだ水着で砂浜を遊ぶ人も、ジェットスキーに乗ってる人もいる。
時間も遅いので少し写真を撮影して大梅沙方面へ移動。以前建設中だった住宅はすでにできている。入居中だったところは1年余りが経ってちょっと汚くなってきたような感じがする。あの7,000元/㎡のところ。

時間も遅くなってきたので帰ることにした。364路のバスが..見ると車公廟まで行きそうなので乗車。8元。
大鵬というところが起点になっている。どこにあるか知らないがたぶん特区外。そのせいかバスの雰囲気が少し違う。失礼ながらあまりよくない。
このバスは回り道はしたがそんなにはずすこともなくまあまあか。

車公廟に戻って久しぶりに東海坊の日本料理屋へ。改装してから初めてだ。メニューも新しくなってつき出し代もいらない。50元の幕の内弁当を。天ぷら、サバ、肉じゃがなど相変わらすボリュームがある。おなかいっぱい。

7,800歩



夏の終わりの小梅沙 2005.11.05.






沙頭角は陸路で香港から深圳に入る最東端にある街。かつての香港と中国の国境街である中英街のあるところ。ふつうに行けば車公廟(香蜜湖の西方)1時間足らずで行けるはずなので2時間とはびっくりでした。
364路のバス、今では大鵬へ行く時の定番ですが、この頃は大鵬も知りませんでしたね。
それにしても値下げされてごまかしがなくなったような気がする今のバス料金を思うと、この頃のバス代はけっこう高いですね。ちょっとびっくりです。

2008.06.20 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【63】 別荘建設地その後 (2005.11.10)


深圳新生活日記 【63】 2005年11月10日 別荘建設地その後

西麗湖へ行ってみる。去年マンション探しの時に初めて知ったあの別荘地を見る。
かなりできてきているが引き渡しはまだだとか。去年の5月に見た時はほとんど引き渡しを待つ状態だと思っていたのに1年半以上経っていてまだできていないというのは??
ちゃんと売れているのだろうか。純別荘と言っても休暇村と動物園があるだけでそんなに環境がいいとも思えず特徴がないと思えるところの総床面積300㎡で800万元、1億円以上だったし。

201路で上梅林へ向かう。途中やっぱりマンション探しで見た龍珠大道を通る。ここはかなりよくなってきているように思う。
あの假日花園付近の変化が著しい。新しい道ができてきているのでそのせいかな。この様子ではもう5000元/㎡以下では難しいかもしれない。

上梅林の喫茶店でお茶飲み、あんまをする。

10,700歩


まだ引き渡されていない物件 2008.11.10




1年半前、2004年5月の頃




この日はその1年半前、マンション探しをしていた頃の地方を巡りました。西麗湖はマンション探しで一番目に見学したところです。実際破格の値段だったのですがそのせいで売れていないのだろうか、と思ってしまいました。

それとは対照的に庶民的価格だった龍珠大道沿いはその変化が激しくどんどん新しいマンションが建設されていました。

2008.06.01  
深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (8) 車公廟へ (2008.3.29)
2008.06.02  
深圳新マンション建設物語【20】 2007年5月
2008.06.03  
香港初在住日記(181) 自分の送別会 - 中国東莞工場で (1998.2.18)
2008.06.04  
香港初在住日記(182) 退職 - 最後の給料は差し止めか・・? (1998.2.20)
2008.06.05  
深圳新生活日記【58】 香港へ 太古城JUSCO (2005.10.29)
2008.06.06  
深圳新生活日記【59】 深圳ぶらぶらショッピング (2005.10.30)
2008.06.07  
深圳新マンション建設物語【21】 2007年6月
2008.06.08  
福田区 筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感
2008.06.09  
香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景 (2008.6.9)
2008.06.09  
《深圳生活》  レジ袋と買い物バッグ
2008.06.11  
香港初在住日記(183) 退職後数日 - のんびり (1998.2.25)
2008.06.12  
香港初在住日記(184) 香港の離れ島へ - 梅窟 (1998.2.26)
2008.06.13  
深圳新生活日記【60】 留学志望だった中国人女性が大阪に (2005.11.1)
2008.06.14  
深圳新生活日記【61】 JUSCOにパスポートの入った鞄を忘れた(2005.11.3)
2008.06.15  
Intermissiom 深圳・蓮花山公園の休日
2008.06.16  
深圳新マンション建設物語【22】 2007年7月  (コラム : 内装設計)
2008.06.17  
香港初在住日記(185) 香港の離れ島 長州島へ行く (1998.2.27)
2008.06.18  
香港初在住日記(186) 香港人・クリスの結婚式 - 教会で (1998.2.28)
2008.06.19  
深圳新生活日記【62】 11月、夏の終わりの小梅沙 (2005.11.5)
2008.06.20  
深圳新生活日記【63】 別荘建設地その後 (2005.11.10)
 ► 次のページへ

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by