FC2ブログ
31 記事  2 ページ
2008.03.01 宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)2008.03.02 宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)2008.03.03 《深圳散歩》 龍崗区 大鵬半島 - 南澳の休日2008.03.04 香港初在住日記(165) ふたたび職工食堂へ - 深圳羅湖で (1997.12.15)2008.03.05 香港初在住日記(166) みたび職工食堂へ (1997.12.22)2008.03.06 深圳新生活日記【39】 照明スイッチ (2005.9.15)2008.03.07 深圳新生活日記【40】 人民元のレート (2005.9.16)2008.03.08 【梧桐山Ⅳ 四季折々】  花の梧桐山2008.03.09 深圳新マンション建設物語【14】 2007年2月 (1) (コラム : モデルルーム)2008.03.10 壁紙Gallery 【11】 中国・深圳2008.03.11 香港初在住日記(167) 結婚したら女性は仕事を辞める!! (1997.12.26)2008.03.12 香港初在住日記(168) 大晦日前夜の中国工場 (1997.12.30)2008.03.13 深圳新生活日記【41】 食器棚の改造 (2005.9.18)2008.03.14 深圳新生活日記【42】 食器棚とスイッチ (2005.9.19)2008.03.15 《深圳タウン》 羅湖区 深圳古玩城 - 骨董品市場2008.03.16 深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (1) (2008.3.16)2008.03.17 深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (2) 黄貝嶺村 (2008.3.16)2008.03.18 香港初在住日記(169) 家族が香港へ (1997.12.31)2008.03.19 香港初在住日記(170) 家族で海鮮料理 - 香港 (1998.1.2)2008.03.20 深圳新生活日記【43】 アジアNo.1の日本料理屋?中森名菜 (2005.9.20)
► 次のページへ

2008.03.01 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)


宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)
2008年 03月 01日

鳳凰山






鳳凰山中腹のお廟にはおみくじもあります。後ろのピンクの紙がおみくじ。20元



おみくじの箱をを持って礼拝、箱を振って中から1本飛び出させて番号を決めます。





中腹のお廟をあとにして上を。
石段には手すりが付けられ、あちこちに金網で危険なところへ立ち入りが規制されていました。以前は地肌道を行けたのにシャットアウト。
石段を登って一つめに頂上へ。

















最高峰を目指すために進みます。「この先危険地帯多し」の表示とともに金網で仕切られていました。 前回は無視していったのですが今回は引き返そうとすると一人の男性が・・
金網が不完全でした。端の方があいていたので彼とともにここから進みます。
そして最高峰は以前と変わらずゴミの山。あきらめて下山。



金網で仕切られてしまいましたが横の隙間からさらに先へ進みます








最高点はやっぱりゴミの山


2008.03.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)


宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)
2008年 03月 02日


沿渓歩道






渓谷沿いに沿渓歩道が整備されていました。きれい。
できたばかりでまだあまり人が通っていないのか、ゴミはなくてほっとしました。



















車道の森林公園入口にでます






帰途に 道路も整備されました







おわり

2008.03.03 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳散歩》 龍崗区 大鵬半島 - 南澳の休日


龍崗区 大鵬半島 - 南澳の休日
2008年 03月 03日


大鵬湾



深圳市東南端に近い大鵬湾の南澳へ昨年の7月以来、久しぶりに訪れました。やっぱりここは夏が旬、ちょっと早いのですが漁村の雰囲気をすこーし味わってきました。
逆光がきれいでした
















生活の渡し船


おっ ウニ






浜辺の公園








2008.03.04 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(165) ふたたび職工食堂へ - 深圳羅湖で (1997.12.15)

【165】  1997年12月15日(月)  ふたたび職工食堂へ - 深圳・羅湖で

8時に起床。10時に香港のマンションを出て直接中国東莞工場へ。

羅湖で少し食べていくことにした。再び前回行った職工食堂へ。
今日は中国人と思われる男性のテーブルに同席する。彼はむっつりした顔をしていたが目が合うとにっこりした。
笑顔が思い切り印象的だった。はにかむ感じと純粋そうな笑顔がすばらしい。
前回同様サンドイッチとコーヒーですませる。彼は注文の時に僕を外国人と気がついたようだった。
食べ終えて彼にさよならの笑顔をするとさっきの笑顔で返してくれた。気分がよくなる笑顔。
もっと中国語ができれば食事中もいろいろ話せるだろうに。

直通バスに乗っていつもの「太平」へのコース。午後一番に工場に入る。
夕方、香港人たちがやってきた。とすると朝の送迎車は誰も乗らなかったのか・・
23時半、仕事を終える。


中国(深圳)で一見ぶっきらぼうに見えてもそうでないことが多いです。

私はマッサージが好きでよく行くのですが、マッサージ屋で店にはいるとぶっきらぼうな顔をした小姐がたくさんいましたがマッサージ部屋に入りマッサージを始めるととたんに愛想よく話し出す小姐を多く見ました。こんなに愛想がいいのにどうして始めはぶっきらぼうなのかとよく思ったものです。
深圳の土地柄を反映して深圳のあんま小姐は様々な地方の出身者がいます。マッサージの時の話題はまず「あなた、どこの人?」と出身を聞いたり聞かれたりすることが多いのです。次にこちらからの質問は「あなた、いつからここで働いてる?」

マッサージ小姐の出身地で一番多いのは湖南省。四川省も多かったと思いますが出身地によってもけっこう雰囲気が変わります。
そして「いつから・・」という質問にはだいたい3ヶ月というあたりが多いようでした。1年と答える人はほとんどありません。より大きい収入を求めて出入りが激しいということでしょうか。

湖南省といえばタクシーの運転手も圧倒的に湖南省出身者が多いですね。
ちなみに毛沢東は湖南省出身、以前、タクシーで毛沢東の写真をぶら下げているのを見たことがあります。


散髪屋のマッサージ室とマッサージ小姐

2008.03.05 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(166) みたび職工食堂へ (1997.12.22)

【166】  1997年12月22日(月)  みたび職工食堂へ

月曜日。香港へ出勤。
11時過ぎいつものように中国東莞工場に向け出発。また深圳で昼食をとることになる。こういうの定着してしまったかな。

深圳羅湖のいつもの職工食堂ではもう馴染みとなったのかドア前に立つ客引きの小姐は僕を見て微笑みかける。
今日は烏冬面を食べた。それにしても今の時間、食堂はいつもいっぱい、今日も相席。これまで2回、いい感じの人が続いていたが今日ははずれ。楽しみは一つ消える。

バスターミナルには東莞太平行きの直行ミニバスが何台か停車していた。「あと一人いますか~」といういつもの声。あと一つ席が空いているようだがどっちみち補助席だ。
満員にならないと発車することはないがあとにバスが控えているため補助席でもよいと思う人はいない。やっと発車して控えていたバスがやってくる。乗り込む。

「太平」に着くとこれまた馴染みになったいつものタクシー運転手が僕を見て手を振っている。お互いにっこりして乗車。何も言わなくてももう値段と行き先がわかっている。気楽だ。発車。

工場に着くと香港人の相方がいた。久しぶりだ。盲腸は良好だという。切ってしまった方がいいのではと思うが・・・
B小姐に頼まれていた日本のドラマのVCDを渡す。いつも通訳で世話になる阿梅には「星の金貨」のセットをプレゼントする。
○小姐が髪を切っている。中国人同僚から酒井法子の髪型だと指摘されている。顔をのぞき込むと顔を真っ赤にして恥ずかしがる。可愛い。でもある男性が「それはだめ」と僕を叱る。悪かったかな・・・
2008年3月5日

香港の元朗から福田口岸行きのミニバスに乗ろうとバスターミナルへ。
これだけの人が並んでました。おまけにバスは待てど来ず。バスは16人乗り、何台バスが来れば乗れるでしょうか・・・
バスが来た時は行列は倍の長さに・・・



2008.03.06 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【39】 照明スイッチ (2005.9.15)


深圳新生活日記 【39】 2005年9月15日 照明スイッチ

招商銀行で5,000HKDを預金する。さらに預金のうち2万HKDを人民元に交換する。現金の両替でなく口座内での両替。Transfer。
両替率が元切り上げ以上に悪くなったような気がする。工商銀行の方がレートがよかったように思うのでこちらにも口座を開くか...

内装材料センター百安居へ。Panasonicの単控三位スイッチ(3個入りのスイッチ)を買う。ノブのみ付け替えるため。
あと、壊れた射灯を交換してもらう。

楽安居へ行く。内装工事の時、洗面台を買った店で呼び止められ、懐かしく少し話をする。お茶代わりの水でもてなしてくれる。
家具部門へ行ってみる。ベランダにテーブルといすを置きたくてあちこち見ているがいまだに思わしいのがない。見ているうちに少しアイデアが出た。

山姆会員店(SAM'S CLUB)へ行く。しばらくぶりでまた買い溜めた。230元。


照明のスイッチですが3路スイッチと言って階段の上下で階段灯を入れたり切ったりできるスイッチには「入」の時の赤いめじるしがありません。
我が家でもこういうスイッチを混在して使っているのでON/OFFだけのものには赤いめじるしのあるノブに交換しました。
(写真 左2個のノブを交換しています。上の方に赤いマークが入っています)

照明スイッチに関してはいろいろ問題がありました。一応自分で解決できると判断したため工事屋さんにはOKしたのですが、自分でやるには数が多くて結構大変でした。日本の100Vと違って220Vですから、ちょっとビビります。


2008年3月
深圳東門でこんなのを見つけました。
「八百伴」
かつてアジアを席巻した日本生まれのスーパー、ヤオハンの香港名。




八百伴 髪の社
国際髪型機構
深圳電視台指定髪型賛助機構 世界名模髪型賛助

だそうです。なんのこっちゃ。

2008.03.07 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【40】 人民元のレート (2005.9.16)


深圳新生活日記 【40】 2005年9月16日 人民元のレート

永亨銀行へローン用に8,000HKDを入れる。
近くの工商銀行で香港ドルから人民元への両替レートを調べる。招商銀行とほぼ同じ。羅湖の駅前ではいくらで換えているのだろうか、調べる必要がある。香港の両替屋のレートも。

上海賓館の近くの時計城へ行く。前に香港で買った安物の腕時計の皮風バンドが壊れたのでバンドを取り替えるため。
いろいろな店で聞いてみたが、サイズが合わないとのこと。香港でないと無理か・・・あきらめて電気街・華強路へ。
TVをPCのモニターに使ってみるため接続線を買う。S端子接続線も買う。

吉野家で牛丼を食べたあと411路のミニバスで帰る。渋滞していて時間が長くかかる。おまけにミニバスの空調が壊れているとのことで暑くてたまらん。

帰ってノートパソコンとTVを接続してみる。成功。42型TVで見るパソコン画面はさすがにでかい。

招商銀行で香港ドルを人民元に換えていたのですが人民元切り上げのかなり前から交換率が悪くなったことを感じていました。まるで銀行が切り上げ情報を知っていたみたいに・・・ちょっと不思議でした。
この当時、工商銀行の方が少しレートがよかったように思いますし、工商銀行は香港の小切手も扱うと言っていましたので工商銀行の方が魅力があったのですが・・・
香港ドルから人民元への両替は香港でも深圳でもほとんど同じです。優劣はありません。


TVに接続したパソコン画面



1ヶ月ほど前のニュースによると政府高官は今年も10%程度人民元が上がるだろう、と発言していました。すぐにそれまでの香港ドル→人民元の交換率が0.945から0.925程度に下がりました。高官の発言というのはどこでも重みがありますね。
今も人民元は高くなり続けています。

2008.03.08 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

【梧桐山Ⅳ 四季折々】  花の梧桐山

深圳 花の梧桐山

2008年 03月 08日


1月19日の登山以来40日ぶり、8度目の梧桐山に登ってきました。
実はその間2度、野道コースを探索に出たのですが2度とも失敗。

今日は初めて同伴者がありました。大阪時代の同僚の日本人。彼もよく山登りをするそうで梧桐山はこれが初挑戦。
まずは第1回目と同じく泰山澗から車道に出て好漢坡の雄大な最終コースで大梧桐山へ。
異常気象もやっと終わったようで今日は暑い!やっと本来の気象に。そのせいか、今日は一段と登山者が多くて自分のペースでは進めませんでした。
そんな中、彼はめちゃタフで問題なさそうなのでここから十里杜鵑長廊の野面道で中梧桐山山頂を経由して小梧桐山へ。
そのあとは仙湖植物園に入り(今回も入場券は買わず・・・)、弘法寺を経て植物園の大門へ到達してフィニッシュ、と思いきや、バスがない!
バスがここまで入ってこれなくなって下のバス停まで歩けとのこと。10分ほど歩いてやっとバスを発見、やれやれ。途中吉野家で牛丼を食べ、それぞれ帰宅。

久しぶりに充実した一日でした。


すっかり干上がった貯水湖


いつになく満員の登山道 異常気象が終わって殺到したのでしょうか




天池には少し水が回復、頂上はいつものように人でいっぱい




今日はツツジがきれいに咲いて気持ちがすっきり
では
「花と梧桐山と小姐」のギャラリーへ













2008.03.09 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【14】 2007年2月 (1) (コラム : モデルルーム)


深圳新マンション建設物語 【14】 2007年2月 (1)

モデルルーム

新マンション建設が終盤になってくるとモデルルームを造りますが日本とは違って建設中のマンション内のいくつかの部屋を先だって内装してモデルルームとし ます。したがってのこれらのモデルルームも最終的には売却されます。
深圳では一般的にマンション購入時は内装されていませんがモデルルームを購入した時は内装されていることになります。

普通2ヶ月から3ヶ月かけて内装工事を行いますがモデルルームは1ヶ月ぐらいで作り上げるそうです。と言うことはあまり質がよくない・・・
ですのでモデルルームを購入する場合は賃貸にするとか、投資目的とか使用目的をはっきり設定する必要がありそうです。

モデルルーム、中国語では样板房(様板房;ヤンバンファン)と言います。様板はサンプルのことです。
深圳でモデルルームの撮影は普通断られるのですが、写真のモデルルームのマンションはほとんど売却されたためか、担当の人がいませんでしたので勝手に撮影 を・・・


ある建設中のマンション内に造られたモデルルーム
写真の一番下の層が内装されモデルルームになっています (2007年1月撮影)



あるマンションのモデルルーム (2005年11月撮影)






和室もありました





で、奈良に帰省した時に近所のモデルルームを見学しました
日本のモデルルーム 天井の高さが少し違いました (2007年9月撮影)






【マンション僑香村建設 14】 2007年2月 (1)


2007年2月2日









2008.03.10 カテゴリ: 壁紙 

壁紙Gallery 【11】 中国・深圳

壁紙Gallery 【11】 深圳
いろいろなものを集めてみました。
画像をクリックしてください。1280ピクセルの壁紙画像が出てきます。
 写真の縮小ソフトについて 
 壁紙セットアップソフトについて 

夕日の空




宝安 都之都酒店付近




深南大道 車公廟付近




大梅沙海浜公園




大鵬所城




北環大道




羊台山から



2008.03.11 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(167) 結婚したら女性は仕事を辞める!! (1997.12.26)

【167】  1997年12月26日(金)  結婚したら女性は仕事を辞める!!

香港では昨日、今日とクリスマス休日。
僕はいつものように中国工場で休日出勤。いつになったらちゃんと休日が休めるのだろう。
Mr.Hは理由がついたので夜、香港へ帰った。

夜、仕事を終えて中国人小張と「太平」の町へでかける。VCDを買うためと食事。
タクシーは会社の前に止まっていた。小張が値段を聞くと20元。いつも僕が払っているのと同じ値段を言った。ちょっと高いのではないかと疑っていたのだがやはりこんなものだったのか・・・

タクシー内で小張が日本の女性は結婚すると働くのをやめるのかと僕に聞く。一般的にはそうだと答えると、今度はタクシーの運ちゃんがびっくりしてほんとうかと聞き返して鼻で笑ったように思えた。そう言われると日本にいた時、アメリカドラマなんかでも共稼ぎだったし、専業主婦というのは珍しい習慣のように思えてきた。

「龍泉」ホテルの近くでVCD2枚入り15元というのを物色したがたいしたものはなかった。しかし深圳・羅湖駅近くでは25元で売っているやつだ。
好きな曲「日光機場」があった。台湾人が歌っている曲で静かでいい曲。香港テレビのビデオクリップでやっていて一度聞いてすぐ気に入った。
カラオケだけで歌手は別人かも知れないがとりあえず買う。その他いろいろ買った。

小張も知らない間にたくさん買っていた。
値切ってもなかなか安くならない。ぎりぎりの値段で売っているような気がする。中国の原価は日本円で50円程度だと聞いたから2枚で100円、200円程度で売っているのならこんなものなのかも知れない。

帰りは面的を使った。タクシーみたいなものだけど廉価で荷物などいっぱい積める庶民的な乗り物。これもやはり20元。


共稼ぎの問題ですが、いろいろな中国人女性に聞いてみると出身地によっては専業主婦が多いと言う人もいましたので中国一般としては論じられないようですね。ただ香港では専業主婦はほとんどお目にかかりませんでした。


「日光機場」、僕の好きな曲です。許茹芸という台湾女性が歌っているものです。彼女のVCDやDVDを買いましたが、日本でロケをしたみたいで日本とわかる風景がたくさん入っています。
現在、この曲は私のカラオケレパートリーに入っています。

クリックすると動画へ飛びます


まず最初のタクシーは日本の・・・

2008.03.12 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(168) 大晦日前夜の中国工場 (1997.12.30)

【168】  1997年12月30日(火)  大晦日前夜の中国工場

その日その日で統一性のないいろいろ仕事の指令が来る。
開き直る前に僕がボスだったらどうするかを考えてみよう。その方が勉強になる。

問題を検討して残業時間に仕上げる。
明日は僕の家族が香港にやってくる。正月を香港で過ごすと言っている。
部下に当たる中国人・小張は明日僕の家族が来るのを知っているので僕を帰らせようと一生懸命やってくれているのがよくわかる。

プリント基板のパターンの書き方はいろいろ問題はあったが、彼の仕事に対する実際知識は結構あるかも知れない。
9時15分残業を終える。
小張はすぐ帰れると言ってくれる。

荷物を持って外に出るとタクシーが止まっていた。深圳のイミグレまで250元という。10時半までに深圳に着くかと聞くと大丈夫と言う。
深圳羅湖には10時半に着いた。タクシー運転手はいつものイミグレ近くの駐車場ではなく少し離れたタクシ-乗り場につけた。おかげでたくさん歩く。
でもイミグレは十分セーフ。
12時半香港に帰宅。
深圳2008年3月 バス停の屋根の延長工事をしていました。乗客が増えて狭くなったかな・・・







2008.03.13 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【41】 食器棚の改造 (2005.9.18)


深圳新生活日記 【41】 2005年9月18日 食器棚の改造

「郵便が届いているので取りに来てください」という案内が郵便受けに入っていたので受け取りに行く。
案内書に書いてあった場所はすぐわかった。小さな郵便配送所のようなところ。郵便物はHSBC(ホンコンバンク)からの郵便物だった。
このあたりはまだ来たことがないので少し付近を散歩してみた。

ダイニングの食器棚が大きいので2層にして収容を多くするため仕切り板を作ることにした。内装終了時からの懸案。
ガラス板で仕切り板を作ることにして、寸法をとる。20cmX80cmが2枚、その半分の大きさが1枚。近くのガラス屋に注文する。ガラスの切り口は全部面取り(切り口を削ります)をして3枚合計で35元。気が抜ける安さ。明日の午後取りに来いとのこと。

久しぶりに323路のバスで宝安へ。あちこち歩いたあとDVDを買いためる。
今日は日本料理屋「大江戸」へ。宝安の大江戸は初めて来店。定食がないとのことでやっぱり高い。次回からは避けよう。

バスがマンションに着く寸前、いきなり大雨が降り出した。ぞっとする。傘を持っていないのでバスを降りるとずぶ濡れ。しばらくバス停で雨宿りするがおさまりそうにないので心を決して中央分離帯を飛び越え一目散に会所へ。管理所の傘を借りて自分の棟へ。傘を借りたとたん雨は上がった。おちょくられてるようだ。

部屋にはいると着ているものを脱ぎ捨てて着替え、やっとさっぱりした。
買ったDVDを大まかに見る。不作。おまけに日本語のないものもある。これは返品しよう。


香港で、大きなものや書留のような郵便物は案内書が入っていて指定されたところへ取りに行かなければなりません。深圳でも同じようなのが入っていて同じ手順でした。

ガラスを特注するのは初めてでしたがおそらくできるだろうと思ってでかけました。スモークのが欲しかったのですが、8mm厚のスモークがないとのことで透明にしました。

中央分離帯のコンクリートブロックは車用と言うより歩行者が横断しないように仕切られていると思います。まあ飛び越えないとけっこう大回りをすることになるので普通飛び越えてます。ちょっとした運動です。


中央分離帯のブロックを飛び越えて・・・・

2008.03.14 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【42】 食器棚とスイッチ (2005.9.19)


深圳新生活日記 【42】 2005年9月19日 食器棚とスイッチ

昨日注文した棚板用のガラスを取りに行く。まあまあの仕上がり。
持ち帰って洗う。洗っていて1枚の隅がかけてしまった。材質の問題か、加工の問題か、それとも洗い方が乱暴だったのか原因は推定できず。

323路のバスで内装材料店の集まっている宝安北路(羅湖区)へ行く。楽安居、百安居などを巡りベランダのテーブルを探す。今のところ、上沙の楽安居にあったのが一番いい。明日、世紀中心へ行っていいのがなければ上沙の楽安居で決めるか...
額をかける金具のアイデアが固まってきた。
百安居で玄関スイッチ用に表示灯付きのスイッチ、トイレのコンセント用に防水カバーも買った。
一番ラーメンでラーメンと餃子を食べる。

帰ってから、スイッチと防水カバーを取り付ける。苦労した。
玄関にある3連スイッチはON/OFF位置関係がバラバラ、統一性がなかった。蛍ランプ付きのスイッチに変更し、配線を変えてON/OFF位置を統一する。3路スイッチもあるので少々ややこしい。少しずつ気分がよくなってくる。
ただ、スイッチの設置位置は失敗だったと実感する。今となってはどうしようもないが。

棚板のガラスは縁が欠けた上、取り付けてみるとちょっと短かったのでもう一度注文しました。縁の少しかけたガラスは書斎の机でPCスピーカーとディスプレイの下に敷きました。
備え付け食器棚の側面にボスを打ってガラスを置くとけっこう見栄えするようになりました。




コンセントの防水カバーの取り付けはまず配線をはずさないと取り付けられないことがわかってけっこうどきどきでした。なんせ日本とは違って220V、びりびりはいやですからね。


2008.03.15 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳タウン》 羅湖区 深圳古玩城 - 骨董品市場


深圳めぐり 羅湖区 深圳古玩城

2008年3月15日
深圳古玩城



古玩は骨董品のことです。
深南東路の東はずれにある「深圳古玩城」へ行ってみました。
たまにバスで通っていたのですが中にはいるのはこれが初めて。
駐車場には露店が並びます。
その後の建物に店が入っています。
建物の中は深圳の新しい建築物に見慣れた私にとっては、ブラックマーケットみたいに見えて少々ぶぎみでした。

→  深圳古玩城HP 







入り口を入ると露店








建物の中は・・・








深南東路を



古玩城 地図

大きな地図で見る

2008.03.16 カテゴリ: 深圳深南大道25km 

深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (1) (2008.3.16)


深圳八景・深南溢彩散歩(1) プロローグ

深南大道と地王大厦



深南大道は深圳経済特別区を東西に30km近く走る深圳の主幹線です。そして深南溢彩として 深圳八景に選ばれています。
東西に30km近く走る深南大道、距離も長いので道をたどるとその風景は大きく顔を変えていきます。で、いろいろに顔を変えていく深南大道に沿って寄り道しながら散歩してみることにしました。

深南大道は市中心区の東で深南中路、深南東路と名前を変えていきますがこれらも深南大道として歩いていきます。
深南大道の東の起点として深南東路はずれの古玩城を選びました。ここを出発して南頭検査站を目指します。
目的は周りの雰囲気を感じて楽しみながら散歩することです。

今日は試しに古玩城から10km足らず、崗厦までを歩いてみました。大阪ならば御堂筋をミナミからキタへ心斎橋などへ寄り道しながら歩く感じで。
いろいろと自分なりに発見があったと感じてます。



出発点 古玩城






上海賓館をすぎたあたり。あちこち道草をしてここまで3時間あまり


2008.03.17 カテゴリ: 深圳深南大道25km 

深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (2) 黄貝嶺村 (2008.3.16)


深圳八景 深南溢彩散歩(2) 黄貝嶺村

黄貝嶺村




古玩城を出ると羅湖の繁華街、東門から2km程度だというのにまだ少し古い深圳の街並みでした。


そしてこんなものが・・
深圳にしてはこんなに近くに歴史的に見える建築が残っていようとは思いもよりませんでした。


で、早速道草をして付近に行ってみました。




ここは黄貝嶺村でした。



外の通りは少し距離を置いて見慣れた羅湖のビルが・・


そしてLED掲示板で道案内


掲示板の内容が変わって・・・




「市区内でクラクションを鳴らせば150元の罰金」

たぶんこの罰金制度ができたのは10年以上前です。
1992年に初めて深圳を訪れた時、それはもうクラクションの音がうるさくてたまりませんでした。ところが数度後に訪れた深圳は嘘みたいに静かになっていて面食らってしまいました。
そんなあほな・・・

「喇叭」は文字通りラッパです。ここではクラクションですがスピーカーも喇叭です。
「挙報電話110」挙報は告発、110は日本と同じく警察への緊急電話番号。ついでながら消防署も日本と同じ119。



さらに歩きます。この金ぴかのビル群はさすが中国か。でもきらいではありません




地図 深南東路
クリックすると捜狗地図ページへ


2008.03.18 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(169) 家族が香港へ (1997.12.31)

【169】  1997年12月31日(水)  家族が香港へ

10時頃起床。今日は家族が香港へやってくる。新年を香港で一緒に過ごすことになる。
掃除。けっこうきれいになったが不十分。でもこのままにする。

1時、母たちを迎えに空港へ。タクシー10分ほどで空港に着く。1時40分着まで時間があるので空港の食堂でサンドイッチを食べる。コーヒーも入れて60ドル。
1時40分の定刻になってもC503は来ない。2時15分頃やっと到着のサインに変わる。3時近くになってやっとみんな顔を見せた。
さっき見た時タクシー乗り場はすいていたのに今はいっぱい。したがって2階へ行ってズルを。

滙景花園の家に案内、「いいところだ」と言ってくれた。
夜景を見たいというので夕食を大関ですませRegentでコーヒーを飲む。Regentの夜景はきれいだ、と喜んでくれる。
帰りはバス。母が2階に行きたいと言って上り始めたところ発車、思わず落ちそうになったところを辺りの香港人がとんできて助けてくれた。やはり香港人というのはこういう人たちだった。

9時帰宅。
中国のテレビが新年に向けての番組として充実していそうなので見る。Asia in One というキャッチフレーズとなっていた。

ホテルRegentの喫茶コーナーは海側に面した全面が巨大なガラス張り。海と香港島がよく見えます。香港島のビルは新年に向けたデコレーションで豪華。


九龍から香港島を望む 2000年4、5月撮影

2008.03.19 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(170) 家族で海鮮料理 - 香港 (1998.1.2)

【170】  1998年1月2日(金)  家族で海鮮料理 - 香港

朝御飯は昨日仕込んだ粥を食べる。
昼飯は下の飲茶。妹の希望。初めての店だったが勝手はだいたいわかる。妹が非常に喜んで食べてくれたのがうれしい。
地下鉄で旺角へ。女人街をうろついたあとVCDの信和中心へ。妹がBeach Boysを買う。

バスで尖沙咀の公園へ向かう予定がつもりのコースを外れてしまった。(ジョーダン埠頭だった)
タクシーでつもりの所へ。みやげ物を見たあと再び歩く。歩きながら少しずつ買っていく。
ホテルでコーヒーを飲みタクシーでマンションへ帰る。

マンションで30分ほどゆっくりして近くにある海鮮料理を食べに出る。
もう三度目になった。店の女将は顔を見て寄ってきた。適当に頼んで中に入る。伊勢エビからカニまで1300香港ドル。これも妹は喜ぶ。

9時半帰宅。明日は彼女らが帰国するので荷物をまとめる。

海鮮料理は香港でも有名な鯉魚門(Lei Yue Mun)です。この頃はそんなに有名だとは知りませんでした。マンションからタクシーワンメーターで行けるので友人が来た時に連れて行くコースでした。

私はほんとうに香港の観光コースを知りません。観光コースとかに興味がないのです。友人が来た時にと思い、自分では無理をしてやっと覚えておいたのがこことビクトリアピーク、それに女人街など。ちょっと情けないのですが私にはこういう「才能」がないようなのです。ですので友人などが香港に遊びに来て案内する時が苦痛です。困ったもんだ。


以前友人が来た時に連れて行った時の鯉魚門

2008.03.20 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【43】 アジアNo.1の日本料理屋?中森名菜 (2005.9.20)


深圳新生活日記 【43】 2005年9月20日 アジアNo.1の日本料理屋? 中森名菜

今日は夜に香港人Lと日本人Nとともに食事をする約束がある。

まず、世紀中心でベランダ用のテーブル類を探しに行く。325路で福田新村のバス停から歩いて崗厦の世紀中心へ行く。結構距離があった。
ベランダ用テーブルなどは特注などもできるようだがこれといって心にとまらない。楽安居にするか...
久しぶりにスイッチを買った店に入る。久しぶりの小姐はいつも通りだったが、僕を見て少し懐かしさの感情はあるようだった。蛍ランプ付きの3連スイッチなどを買ったが値段は始めから安く言ってくれた。

夕方Lからメールが入る。中森名菜で部屋を予約したとのこと。

Dear N San, F San,
the room booking is done , Room 101 .
Japanese Food 日本料理 铁板燒
中森名菜 http://www.nakamori-akina.com
深圳市深南東路4003号世界金融中心 2, 3樓.
I hope you will enjoy the Japanese restaurant .
B. Regards


中森名菜日本料理屋へ行く。以前掲示板(BBS)で話題になっていたので場所はよく知っているが中へはいるのは初めて。
中は雰囲気作りとともに広々としている。Lが何度か来ているようだ。
予約されている部屋はカウンターになった鉄板焼スタイル。十分な広さの部屋。
Lが連絡を取ったというマネージャーの小姐がいる。彼女は広東語、普通語、多少の英語を話すようだがなぜか日本語が話せない。
焼き肉、魚などを食べる。全部で843元。

あと、Nの希望で日本カラオケ「蘇州」へ。
帰りは3人相乗りタクシーとして帰る。

香港のKからメールが来ていた。金曜日か土曜日に沙井の工場に来て欲しいとのこと。土曜日はNとマカオへ行く予定なので金曜日にと返事をする。

21,200歩

中森名菜、中森明菜を思わせるネーミングの日本料理屋。ホームページのアドレスはそのままnakamori- akina.com。ファンなのでしょうかね。場所は深圳一ののっぽビル地王大厦に近い世界金融中心ビルにあります。ホームページにはアジアNo.1の日本料理屋となっています。大きい大きいと聞いていなければびっくりしただろう広さを持っています。大きなビルの1フロアがいくつかに区切られてそれぞれ村の様になっています。大部屋中部屋小部屋・・・
この後も数度行きましたがお味はまあまあ、料金は高め。まあこれだけの広さだと経費も莫大でしょうね。
→  中森名菜HP 

2008年3月
マンションの前の道で地下鉄2号延伸線の工事が始まりました。きれいだった歩道脇のグリーン地帯は植木が取り払われて・・・

駅になるところ




傍らには深圳の市の花、ブーゲンビリアが咲いていました


2008.03.01  
宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)
2008.03.02  
宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)
2008.03.03  
《深圳散歩》 龍崗区 大鵬半島 - 南澳の休日
2008.03.04  
香港初在住日記(165) ふたたび職工食堂へ - 深圳羅湖で (1997.12.15)
2008.03.05  
香港初在住日記(166) みたび職工食堂へ (1997.12.22)
2008.03.06  
深圳新生活日記【39】 照明スイッチ (2005.9.15)
2008.03.07  
深圳新生活日記【40】 人民元のレート (2005.9.16)
2008.03.08  
【梧桐山Ⅳ 四季折々】  花の梧桐山
2008.03.09  
深圳新マンション建設物語【14】 2007年2月 (1) (コラム : モデルルーム)
2008.03.10  
壁紙Gallery 【11】 中国・深圳
2008.03.11  
香港初在住日記(167) 結婚したら女性は仕事を辞める!! (1997.12.26)
2008.03.12  
香港初在住日記(168) 大晦日前夜の中国工場 (1997.12.30)
2008.03.13  
深圳新生活日記【41】 食器棚の改造 (2005.9.18)
2008.03.14  
深圳新生活日記【42】 食器棚とスイッチ (2005.9.19)
2008.03.15  
《深圳タウン》 羅湖区 深圳古玩城 - 骨董品市場
2008.03.16  
深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (1) (2008.3.16)
2008.03.17  
深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (2) 黄貝嶺村 (2008.3.16)
2008.03.18  
香港初在住日記(169) 家族が香港へ (1997.12.31)
2008.03.19  
香港初在住日記(170) 家族で海鮮料理 - 香港 (1998.1.2)
2008.03.20  
深圳新生活日記【43】 アジアNo.1の日本料理屋?中森名菜 (2005.9.20)
 ► 次のページへ

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by