FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2007.10.25 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【3】 香港ブロードバンド、携帯電話の解約手続き (2005.6.15)


深圳新生活日記 【3】 2005年6月15日 香港ブロードバンド、香港携帯電話の解約手続き

104路のバスで地王ビルへ。まず中国工商銀行の自動振り込み用口座へ2000元の預け入れ、永亨銀行ではローン返済と香港から深圳への住所変更。

インターネット屋から電話。開設依頼をしているが、自動振り込みのお金は銀行に入れたかの問い合わせ。既に入っていると答える。確認してから連絡するとのこと。・・自動振り込みの場合、銀行の残高まで分かるのだろうか?ちょっと不安が。この口座の使い方を考えないと。

3時、食事を済ませて香港へ。香港に着くとまた雨。
友人の事務所でブロードバンドHKNet解約のFaxをする。電話で確認が来た。メールアドレスは永久に使えるように希望する。1ヶ月10香港ドルでメールアドレスを維持することができるらしい。HKnetは支払いにインターネットや電話振り込みが使えないのでちょっと面倒。当面、1年分の金額の小切手を郵送しておくかな。

携帯電話「Orange」の解約を頼む。終了。あと香港の税金の申告書を手伝ってもらって作成終了。
今日も大雨が降ってきた。傘を借りて事務所を出る。

一平庵でラーメンを食べる。途中「Orange」から確認電話。聞いてみると現状の電話番号をプリペイドに変更できる模様。のちほどOrangeの事務所へ出向くことにする。
食事が終わってもまだ雨が降り続いていた。夕立と思っていたが...

9,500歩

ブロードバンドの解約にはモデムも返却する必要があります。後日指定されたところへ持参しなければなりません。デポジット(保証金)を返してもらうため。何でもそうですが契約の場合は至れり尽くせりやってくれますが、解約となると自分ですべて段取りしなければならないので面倒ですね。

「Orange」は現在「3」という名に変わりましたが、携帯電話をプリペイドにする場合100香港ドルのプリペイドで半年間有効とのこと。いわば半年ごとに100ドル支払えば番号を維持できることになります。電話番号を変更するといろいろ面倒なので番号を維持できるのは魅力があります。
で、しばらくは番号をプリペイドにして維持していましたが、深圳に生活の基盤ができるとそれでなくても通話の少ない私(メールやSkypeなどインターネット依存が強いのです。安いから・・・)、香港の電話は使うことがなくなりやめてしまいました。やめたら香港での待ち合わせなど、不便なこともあるのですが、まあ何とかなっています。


深圳筆架山公園の夕景






Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by