FC2ブログ
32 記事  2 ページ
2007.10.03 【奈良帰省日記2007.9】(3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |2007.10.03 【ハプニング】 深圳 臨時停電騒ぎ2007.10.04 【奈良帰省日記2007.9】(4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |2007.10.04 【奈良帰省日記2007.9】(5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |2007.10.05 中国深圳初内装日記(125) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費2007.10.06 中国深圳初内装日記(126) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費2007.10.07 《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (1)2007.10.08 《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (2)2007.10.09 《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (3)2007.10.10 香港初在住日記(125) 今日も香港勤務 中国工場が懐かしい? (1997.8.13-14)2007.10.11 深圳最高峰梧桐山 登山道を探る (2007.10.11)2007.10.11 香港初在住日記(126) 日本人とフィリピン人の結婚式 - 教会で (1997.8.16)2007.10.12 中国深圳初内装日記(127) エピローグ2007.10.14 深圳新マンション建設物語【5】 2006年3月、4月 古い団地の解体 (コラム : 契税)2007.10.15 深圳新マンション建設物語【6】 2006年6月25日 (コラム : 釘子戸)2007.10.16 深圳新生活日記 目次2007.10.16 香港初在住日記(127) 3週間ぶりの中国東莞工場 (1997.8.19)2007.10.17 香港初在住日記(128) 香港の休日 香港カラオケへ (1997.8.23)2007.10.18 深圳新生活日記【1】 プロローグ2007.10.19 深圳新生活日記【2】 内装会社へ最後の支払い(2005.6.13)
► 次のページへ

2007.10.03 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

【奈良帰省日記2007.9】(3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |

奈良帰省日記2007.9 (3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |


大和民俗公園

クリックしてください。壁紙です


前回の帰省で大和民俗公園がよく整備されて気持ちがよかったので今回夕方の散歩によく出かけました。
民俗公園は家から2kmほど、歩いて公園へ行き園内を散歩して帰ればほぼ1万歩、ほどよい運動です。
きれいに整備されているので散歩している人をけっこう見かけました。ほんとによい田舎になりました。

大和民俗公園は広さ26.6ha。自然の森を取り入れて整備されて1周の散歩は約2km。
































家に戻ってくると日は暮れています。この日は中秋の名月


家の近くの名古屋系スーパー


2007.10.03 カテゴリ: ハプニング 

【ハプニング】 深圳 臨時停電騒ぎ


10月1日深圳へ 翌日臨時停電騒ぎ ネットハプニング続きの帰省と帰還

2007年10月3日

お久しぶりでございます。
10月1日夜半に深圳の自宅に無事戻って参りました。今回の帰省と帰還はひどいネット状況となりました。

9月17日に奈良に帰省してまもなく持ち帰ったノートパソコンのウィルス騒ぎ。
私は普段デスクトップを愛用しておりましてノートPCは移動用のみでかなり年季が入っております。速度が遅いのでなんとかといじくっているうちにノートンのウィルス警報が・・・
ところがいくらやってもウィルス退治ができず。すったもんだでようやく退治できたら今度はネットに接続できず。あれやこれや手を尽くしましたがギブアップ。

で深圳に戻って10月2日、このノートパソコンに再びウィルス警報、リカバリーしてようやくまともになったと思うといきなり電気が・・・・

停電!! 聞いてない!

蛇口をひねると水の勢いがだんだん弱くなって最後に停止。
外へ出るとエレベーターは電光表示が消えていてこれまた停止状態。


マンションの張り紙
過去にも2度ほど停電はありましたが、すべて電話メールで理由と時間が知らされました。ところが今回は高圧電線の故障で臨時停電となっているとの張り紙。復旧時間も書いてなくて 心細い状況。
世の中は国慶節のゴールデンウィーク、おめでたい真っ最中なのに。

しばらくしてマンションの自家発電が作動した模様でエレベータや水道などマンションの施設は復活しましたが各戸は停電のまま。

マンション管理所から電話メールが
尊敬的业户:现小区公共设施用电及供水已恢复正常,请务必检查您的水龙头是否关好?以免因此造成不必要的损失,特此提示![香蜜山管理处]
2007.10.02 12:36
団地内の公共施設用電気と給水はすでに回復しました。どうか必要でない損失をもたらさないため、あなたの水道の蛇口が閉まっているかどうか確認してください。




なので香港へ行く用事があったので福田口岸から香港元朗へ。

福田口岸



元朗





夕方香港に戻っても電気はまだ・・・
トイレへ・・・
今の電化の世の中に機械的構造のトイレの水流しなんて古くさいと思っていたのが停電には力を発揮します。ただウォシュレットが使えず携帯用のウォシュレットを利用。

JUSCOへ食事と買い物に出かけました。吉牛を食べて今日からの食料の買い出し。


マンションには照明がない・・
日が暮れて再びマンションに戻っても各棟に灯りは見えず。
まず長いエスカレーターを歩いて会所へ。会所にも電気はなく4階まで階段で上ります。階段の要所には・・ろうそく! 
懐かしい。

そしてマンションの入り口。なじみのガードマンが「まだ電気は来てないよ、これをどうぞ」とろうそくを3本くれました。

自分の部屋に向かう途中、気がつきました。たばこをやめたので火がない・・ろうそくをどうしよう。
部屋に戻って暗がりの中、この前の網友が来たときのホテルのマッチを発見、ほっと一息。


ろうそくで水シャワー
ろうそくの灯りの中、汗の噴き出している体に冷たい水のシャワーをおそるおそるかけてみます。なんせ、デジタル式の給湯器、電気がないとガスに火がつきません。
まず足に、始めは冷たいのですが慣れてくると大丈夫、プールのシャワーのつもりで体を洗います。

もう何もできないので寝ることにします。
そして3日の未明、照明の夢をみて目が覚めました。寝る前に電源を入れておいた枕元の電気スタンドが灯っていました。やっと電気が復活、これからやっと普段の生活に戻れそうです。


携帯電話には管理所からメールが入っていました。
刚与供电局现场抢修人员确认,小区停电是由于香莲立交拐弯处修路将高压电缆挖断造成,预计2:00左右恢复供电,不便之处敬请谅解[香蜜山管理处]
2007.10.02 18:40
供電局の応急修理人に確認しました。停電は立体交差の付近で高圧線が切れたためです。深夜2時ぐらいに回復するでしょう。


深圳のこのマンションに入居して2年あまり、初めてちょっとだけろうそく生活を体験。電気がないとこれだけ苦労するものだと思いました。とにかくすることが何もなくなってしまいますから。

実のところ、ある目的があって9月からエレベータを使わず階段を上り下りする訓練をしています。私の部屋は12階、あと会所の4階とエスカレーターほぼ2階分で合計18階を階段で上り下り するのです。
なのでエレベータがストップしても普通と変わらないわけですが・・・

2007.10.04 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

【奈良帰省日記2007.9】(4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |

奈良帰省日記2007.9 (4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |

法起寺



奈良の私の家は北東へ5km行けば奈良公園、南東へ5km行けば法隆寺の斑鳩と散歩の条件に恵まれています。
とくに田んぼの中にある法隆寺、斑鳩の里は田んぼが黄色くなる秋が一番いいと思っていますので出かけてみました。

斑鳩には法隆寺のほか、聖徳太子にゆかりのある塔のあるお寺が三つ、法起寺、法輪寺そして法隆寺です。この三つの塔を斑鳩三塔といいます。法隆寺が五重 塔、法起寺と法輪寺は三重塔ですべて国宝に指定されていましたが、法輪寺は昭和19年雷火で炎上してしまい、今は昭和50年に再建された塔です。
そして斑鳩は日本で一番最初の世界遺産となった地。

法隆寺へは時々行くのですが斑鳩を歩き回るのは随分久しぶりです。久しぶりに訪れた斑鳩はこれまた美しく変貌していました。なんか日本もいろいろありながら着実に美しくなっているのでしょうか・・・ほんとに嬉しいですね。
もし今奈良に戻って生活を始めたらしょっちゅう歩き回ることでしょう。

天気にも恵まれて(暑いけど・・)あちこちに咲いているコスモスの花が斑鳩に溶け込んでいました。


法起寺

現存する最古の三重塔。バス停には英語、中国語、韓国語で表記しています。今回の帰省で町にはこれらの文字が氾濫していました。実際外国人の姿をよく見かけましたし、日本人かと思えば中国語だったりしてちょっと楽しい・・











法起寺を出て法輪寺へ




法輪寺







お地蔵さん





法起寺、法輪寺を経て法隆寺にさしかかると今までの静けさが一変、観光客であふれていました。



法隆寺














そして法隆寺東院堂近くには中宮寺。
ここのご本尊、弥勒菩薩、半跏思惟像。中学のとき見た入江泰吉の写真の美しさがずっと頭にあり時々ここへやってきます。
今回見る像は何か少し違っているような・・・どうしてだろう。年と共に印象が変わるのか・・





帰り道で - 民家





子供のときから塔が好きで日本中を一人旅していましたがそのときに感じたのは、ほかの地域の塔は構造がほぼ一定なのに比べて大和の塔はそれぞれで意匠が大 きく異なることでした。法隆寺の骨太いどっしりした印象、薬師寺のほっそりとリズムを奏でるような軽快な軽やかさ、室生寺の檜皮葺の塔、談山神社の十三重 塔など・・・
各地の塔をめぐるたびに大和の塔の興味深さを知りました。ほんとに奈良に生まれてよかったと思います。

2007.10.04 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

【奈良帰省日記2007.9】(5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |

奈良帰省日記2007.9 (5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |


深圳航空


一応日本滞在目的を果たしてふたたび深圳航空の帰りの飛行機へ。

関空では普通通りの手続きで飛行機に搭乗しますが、往路と同じように福州で入国手続きをしますので福州で降りなければなりません。
福州で飛行機を降りると案内にしたがって入国手続きに向かいますが、福州で降りる人とは入国手続き場所が違うので要注意です。
案内人の指示に従っていくのですが思わず間違いそうになりました。

入国手続きを済ませてふたたび機内に乗り込めばあとは1時間の空の旅で深圳ですので福州の入国手続きはちょうどよい息抜きかも知れません。

さて深圳です。
福州はボーディングブリッジがあるので楽なのですが、深圳ではボーディングブリッジがなく飛行機を降りるとバスに乗ります。
このバスも福州から国内便で来た人と大阪から乗ってきている人とは別のバス。
福州では預けた荷物の検査を受けていませんので深圳で検査するのだろうなと見当が付きました。

バスを降りると荷物の受け取り所、すぐに荷物が出てきました。これは非常に速い。
そして荷物のX線検査を受けて無事に終了。


深圳航空を利用した感想としては、慣れないとけっこうややこしいのでどうなのかなと。やっぱり直行便がいいのかなあ。
個人的には金額的な面と経路のバリエーションを考えてずっと続いて欲しいと思うのですが・・
価格次第ですが使い続けたいと思っているのです。
関空


関空


関空





2007.10.05 カテゴリ:記録・日記 >  深圳内装日記2004-2005 

中国深圳初内装日記(125) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費


【125】  マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費

内装費 ( 内装会社への支払い + 内装材料費 )
内装費は内装会社への支払いと内装材料費の合計としますと合計22.1万元、300万円。

内装会社は内装設計と内装工事を行なってくれますが、その材料費はほとんどこちらが負担します。内装会社に支払うお金には内装設計費と内装施工費(人件費込み)、備え付け家具の木材費などが含まれます。それ以外の内装材料はこちらで用意します。

内装材料 (人民元) 当方で買う材料です

当時の為替レートは (HKD---香港ドル、RMB--人民元、JPY--日本円)
100 HKD = 106 RMB、 1 RMB = 13.55 JPY

  • フローリング ・・・・・・・・・・24,700元 33.5万円
  • バス・トイレ(タイルを除く) ・・22,000元 29.8万円
  • システムキッチン ・・・・・・・・13,000元 17.6万円
  • タイル ・・・・・・・・・・・・・ 8,800元 11.9万円
  • 台所(タイルを除く) ・・・・・・ 7,800元 10.6万円
  • 壁紙 ・・・・・・・・・・・・・・ 6,700元  9.1万円
  • 大理石 ・・・・・・・・・・・・・ 6,200元  8.4万円
  • 照明器具、ランプ ・・・・・・・・ 3,600元  4.9万円
  • コンセント、スイッチ ・・・・・・ 2,100元  2.9万円
  • ドアノブ、取っ手 ・・・・・・・・ 1,200元  1.6万円
  • その他 ・・・・・・・・・・・・・ 6,900元  9.3万円



明細

フローリング (工事費込み)


バス・トイレ 2室分


タイル


キッチン


壁紙


大理石・砂岩


照明


コンセント・スイッチ


ドアノブ・取っ手


その他

2007.10.06 カテゴリ:記録・日記 >  深圳内装日記2004-2005 

中国深圳初内装日記(126) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費


【126】  マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費
家具・家庭用品


家具・家庭用品 (人民元)

当時の為替レートは (HKD---香港ドル、RMB--人民元、JPY--日本円)
100 HKD = 106 RMB、 1 RMB = 13.55 JPY
  • テレビ、DVD 各2 ・・・・・・26,100元 35.4万円
  • 空調4台 ・・・・・・・・・・・・16,200元 22.0万円
  • その他の白物家電 ・・・・・・・・15,800元 21.4万円
  • 家具 ・・・・・・・・・・・・・・20,700元 28.0万円
  • カーテン ・・・・・・・・・・・・ 3,800元  5.1万円
  • その他 ・・・・・・・・・・・・・ 2,800元  3.8万円



明細

テレビ DVD


空調


その他白物家電


家具


カーテン


その他


2007.10.07 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (1)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (1)
2007年10月7日

石岩湖

クリックしてください 大きくなります






深圳にも温泉があります。石岩湖は深圳の中心部から北西に約40km、羊台山から少し行ったところでここに温泉があります。石岩湖温泉度假村、門票15元。

1000年の歴史があるとのことですが、この温泉は炭酸型温泉で水温67度、リチウム、ヨード、ホウ素などの元素に硫化物を含んでいるとのことで皮膚病リューマチに効果があり 疲れを取るといいます。
→  深圳石岩湖温泉度假村 


閉鎖されている会所
どのWEBを見ても大型度假村で多様な遊戯施設、会議室などが豊富と書いてあるのですが、実際行ってみるとちょっとゴーストタウン気味で閉鎖された施設など多く見かけます。まるで遺跡を散歩しているような感じ。
ただ個人的にはとてもすてきで全部の施設が生きていれば定期的に休暇に訪れたい感じではあります。盛んだった頃を想像しながら歩きます。



温泉施設は利用者が盛んなようです。入り口にはエスコート役の女性が二人待機しています。

今回入浴は見送りましたがここの温泉は水着をつけて混浴らしいのです。入り口には水着を売っています。



石岩湖温泉度假村の会堂。残念ながらこれも閉鎖中


湖の島にある会堂をつなぐ情人橋(恋人橋)







この温泉を通り過ぎると弘源寺という表示。まあちょっと見てみることにしました。石門をくぐり右へ、びっくりでした。
どうしてこんなところにこんな立派なお寺が、と思うような表現力のある景色が迫ってきました。
小山を背景にして小山の岩には仏様を描いています。





石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)に続きます

2007.10.08 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (2)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)
2007年10月7日

弘源寺

クリックしてください 大きくなります



それにしても仙湖植物園内にある弘法寺といい、この石岩寺温泉度假村にある弘源寺といい、入園料を払って入るところに建設するのがこちらの感覚なんでしょうか。信者さんは常に入園料を支払ってお寺に参らなければならないのか、それともほかにこちらの習慣があるのか・・

(写真は2007年9月と10月7日撮影のものです)





























動画 9月の法要のものです





そしてこの「裏山」には頂上を周回する石段が建設されていました。このお寺の完成図を見るとこの山に塔が建設されるようになっていますが未着工のようです。


石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)に続く

2007.10.09 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (3)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)
2007年10月7日

石岩湖



回廊のように弘源寺の裏山を周回する石段を歩きます。標高338mと書いていますが、麓が高いので標高差はあまりないと思います。疲れ始めたところで頂上になってあとは下ります。「回廊」は全長988m、1038段の石段です。
それにしても近くの羊台山といい石岩湖といい、このあたりは石岩という地名が示すように岩ばかり。



「回廊」へ






石門を


岩と石岩湖















「回廊」を巡ったあとふたたび度假村の「遺跡めぐり」をしてみました。別荘のようになった会議室なども休眠中、テニスクラブがあるというので少し歩いて行ってみましたがクラブハウスも遺跡状態でテニスコートには洗濯物が・・・
せっかくの環境がかなり残念です。



コテージ風の会議室 残念ながら休眠中










湖の島に渡って弘源寺を








石岩湖は貯水湖として作られた湖。生活水源として守られています。したがって周囲は近づけないよう管理されているのです。こっそり産業廃棄物なんかを捨てられたらたまらないですからね。道路沿いには近づけないよう余裕を十分とって塀がありました。




で、この度假村にもこんな立て札が・・・
貯水管理人がモーターボートで来るのを湖水近くで写真を撮っていたら「湖面には近づかないように!」と注意されてしまいました。







石岩湖温泉度假村・弘源寺 おわり


2007.10.10 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(125) 今日も香港勤務 中国工場が懐かしい? (1997.8.13-14)

【125】  1997年8月13日(水)-14日(木)  今日も香港勤務 中国工場が懐かしい?
今日も香港。これでもう半月以上、中国・東莞工場に行っていない。中国のメンバーもなぜか懐かしい。
たばこも香港の一箱28ドル(450円)のものばかり吸っている。

朝から新VCD基板のマイコン・ソフト開発でミーティング。
いろいろ事情が読めてきた。マイコンのバグ(ソフトの不具合)とりを急ぐ必要がありそうだ。
結局今日午後ぐらいから中国・東莞工場に行く予定がおじゃん。明日もマイコンのバグとりに専念することになる。

新VCDシステムマイコンのバグ出し。けっこう出るものだ。少しずつ、小さいものが多く出てくる。全体的には現行のマイコンよりは良好。しかしサーボに問題がある。
上海から出張してきた日本人技術者は明日帰ることになった。

そして土曜日は同僚の結婚式が香港であるので東莞工場に戻るのは来週になる。

まあ、香港にいればいたらでいろいろ香港での仕事があるものです。半月以上も香港で勤務が続くとは思ってもいませんでした。

そして土曜日は同僚日本人とフィリピン人との結婚式。どんな結婚式なのかちょっとわくわく・・

2007.10.11 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

深圳最高峰梧桐山 登山道を探る (2007.10.11)

深圳八景・梧桐山への道を探る (1) 羅湖区梧桐山村 「泰山道」

2007.10.11


クリックしてください 大きくなります




梧桐山が深圳最高峰だと知っていつか登ってみたいと思い、訓練と並行して登山道を調べ始めました。
まずとっかかりはホームページです。
梧桐山管理所のホームページ に登山道概要を説明してあったのを頼りに一つ一つ確認に出かけました。
一人ですので最終的にどのコースを通るかを決めるためと、まあ探す楽しみと言ったところです。


深圳八景 の梧桐山(wύtóngshān)は深圳最高峰の944mで特区内唯一の省級風景名勝区。
三大主峰があり大梧桐山(944m)、小梧桐山、豆腐頭の嶺があります。
気にして見れば、どこからでも見えるぐらいによく見える山で、とくに小梧桐山にはテレビ塔があるのですぐにそれと分かります。羅湖のイミグレを出たバスターミナルからも見えます。

羅湖のバスターミナルから見える小梧桐山(テレビ塔が見えます)


211路のバスに乗り梧桐山村へ行って、梧桐山の方に少し歩いてみました。
梧桐山登山口は4つ、そのうちの一つがこの梧桐山村。登山口として整備されていました。



梧桐山村




梧桐山石門


登山口












吊り橋を


どこに行っても裸足で歩く人をよく見かけます


2007.10.11 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(126) 日本人とフィリピン人の結婚式 - 教会で (1997.8.16)

【126】  1997年8月16日(土)  日本人とフィリピン人の結婚式 教会で

今日は同僚の日本人の結婚式。相手はフィリピン人で教会で式を挙げたあとホテルで披露宴の予定だ。

日系アメリカ人のKK氏と待ち合わせて結婚式場の教会へ。
中環のタクシーのりばは人ばかりでタクシーは来そうになく教会まで歩いていくことにした。2時5分前教会に到着。

予定より30分ほど遅れて2時半ごろから式が始まる。英語ばかりなので僕には何のことかさっぱりわからない。でも流れとしては何となくわかる。ただクリスチャンでない僕にはどう反応すればよいかわからない。

結局言葉は何一つ分からないまま、1時間少しで式は終了。車で出て行く2人を見送ってからタクシー、フェリーを乗り継いで尖沙咀へ。
(右の写真は式次第を書いた教会の本)

本にはせりふも書いています


尖沙咀で買い物をしたあと6時からのホテルでの披露宴へ。
Hotelには5時45分到着。15階から階段で披露宴会場へ。披露宴は多国籍。
ここもやはり30分遅れて6時半の開始となった。香港は常にこんなだろうか。
ビュッフェスタイルで進行。
司会は日本語とタガログ語がメインで英語も入る。非常に好奇心をかき立てる。
中国工場勤務の数人が遅れて工場から直接やってきた。

ダンスが始まった。ダンスは始め新郎新婦がやっていたがそのうち来客が順番に新郎新婦の相手をしながら踊る。
来客は新郎新婦と踊る時、おおむね100ドル紙幣を彼らのドレスにピンで留める。
社長は新婦と最後に踊り彼は1000ドル紙幣をピンで留めた。なかなかこういうのも面白い。
9時過ぎお開き。














ドレスに貼られたお札


2007.10.12 カテゴリ:記録・日記 >  深圳内装日記2004-2005 

中国深圳初内装日記(127) エピローグ


中国・深圳初内装日記 【127】  エピローグ  
2004年5月22日に宝安区で新マンション販売のパンフレットをもらったことが引き金になって、100平方メートル以上、50万元程度のマンションという目安を持って、5月25日から6月6日まで路線バスに乗り特区内を中心にほぼ特区内全域を見て回り、現在のマンション購入を決定、手付け金を払ったのが2004年6月7日。(すでに特区内では目標の値段で買うのは難しい状況でしたが・・)

そして内装工事を終えて引っ越ししたのが2005年6月5日とほぼ1年を費やした長ーいマンション購入・内装工事課程はこの第127話をもってやっと終わりました。

マンション探しや内装工事手配など日本でも経験したことのないことばかりでしたし、言葉の問題を抱えながらも手配や交渉など1人で取り仕切ると決心して結果的に多くの知識や経験が身に付くことになりました。

だまされたり、いやなめにあったりあわせたり、といろいろありましたが、この地で生きていく経験が豊かになって自信もある程度できたと思います。まあ、だまされたこといやなことなどは要点だけを頭にインプットして前向きに生きていきましょう。苦しいながらも結果的には充実した内装工事でした。

ただ、始めは何も分からないのでちょっと不満足な内装になったところも多々あるのでもう一度やり直してみたいような気もしているこのごろです。
この前奈良に帰省した時にモデルルームをいくつか見ました。ヒントがありました。右の写真の正方形畳の使い方がミソですね。

 







中国・深圳初内装日記

( 完 )

2007.10.14 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【5】 2006年3月、4月 古い団地の解体 (コラム : 契税)


深圳新マンション建設物語 【5】 2006年3月、4月 古い団地の解体

契税

契税はマンションを購入した時に支払う税金などの中で一番金額の大きなものです。1997年に施行され、現在の深圳ではマンションの広さが145平方メートル以下の 場合マンション購入総額の1.5%、 それ以上の広さだと3%を徴収されます。

ただ日本の固定資産税に当たるものがないので使用年限である70年分の税金を前払いで契税として払っているようなものなのでしょうか・・・
 → 契税 

2006年3月の記事とちょっと古いですが興味深い記事がありました。1月2月の2ヶ月間で契税が2億5245万元、前年比25%上昇。
契税は1.5%と3%がありますが1.5%としてみると2ヶ月で170億元(2700億円)の取引があったことになります。年間だと日本円にして3兆円程度になる勘定です。
まあ契税はマンションのほか、オフィス、店舗などの売買や転売なども含まれていますので何とも判りませんが・・・
 → 深圳契税征收额1-2月大幅长 



古い団地を残して更地にされた建設予定地ですが、古い団地の立ち退きがおわり、団地を取り壊してここも整地されました。


2006.3.11



団地が取り壊されて整地されましたが、まだ基礎準備のすんだ土地とは段差があります。
左側の建設中のマンションも外観完成寸前。
背後の山の左肩も1ヶ月あまりで随分小さくなりました。

2006.4.23
クリックしてください 大きくなります。

2007.10.15 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新マンション建設記2005-2009 

深圳新マンション建設物語【6】 2006年6月25日 (コラム : 釘子戸)


深圳新マンション建設物語 【6】 2006年6月25日

釘子戸

釘子戸(钉子户)とは再開発地などで立ち退き要求を拒否して住み続ける家です。

2007年3月、重慶で釘子戸のニュースがネットを駆けめぐりました。


→ 腾讯网
何ともすさまじい光景、釘子戸を残して掘り下げられています。
成田空港内で反対派の家がぽつんと残った状態が長く続いていましたが、重慶のニュースを知った時、ふと成田空港を思い出していました。
でもまあ重慶のは強烈ですけどね。

そしてこの釘子戸は4月2日(2007年)、和解が成立し、持ち主は移転地と90万元の営業損失費を獲得したとなっています。
→  深圳之窗 


そして深圳でもありました。
蔡屋围という地王ビルの近く、深圳の一等地にある6階建てのアパートで総面積780平方メートル。

土地開発商は1平方メートル6500元の立ち退き料を支払うとのことですが、持ち主は現在の相場1平方メートル1万8000元、総額1400万元(2億円あまり)を要求。

そして決着は持ち主が1000万元以上を獲得して和解した模様。

→  深圳蔡屋围钉子户获超千万补偿同意拆迁 

このアパートは1997年に100万元で建設されたということで深圳の不動産の急騰ぶりを象徴しているようです。
それにしても10年で10倍以上とはうらやましい話です。



全体の基礎準備のできた用地
左隅で建設中のマンション「香格里苑」は覆いがとれて全貌が見えてきました。
2007.6.25
クリックしてください 大きくなります

2007.10.16 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記 目次

深圳新生活日記


蓮花山公園
初めての深圳生活の記録です。
2005年6月に深圳・福田区に引っ越しました。

ウィークデイを深圳に住んで週末に香港へ、という生活を何度も経験していて生活時間の多くを占めていた深圳ですが、この日からは香港のアパートを引き払い、深圳を本拠地として生活することになりました。
新しいマンションですので電気、ガス、水道、有線テレビ、電話などのインフラ整備から開始です。

2006年5月からブログを開始する頃までの日記から抜粋してExblogで2007年10月から2009年3月1日まで計134回連載しました。
FC2ブログにコピーするにあたり10記事をまとめて1記事とし、全14記事に編集しました。
2005年 6月 5日 深圳へ引越
2005年 6月12日 香港のアパートをオーナーに引き渡し
2005年 6月13日 内装会社へ最後の支払い
2005年10月16日 新しいデジカメ購入
2006年 3月12日-29 奈良へ帰省
2006年 4月 6日 深圳のローン完済手続き開始
2006年 4月10日 ブログ立ち上げ準備開始
2006年 5月19日 Exciteブログ開設

【 1】 プロローグ 【 2】 2005.06.13 内装会社へ最後の支払い 【 3】 2005.06.15 香港ブロードバンド、香港携帯電話の解約手続き 【 4】 2005.06.17 家具の買い物とカーテン設置再開 【 5】 2005.06.18 さっそくマンションのトラブル 配水管の水漏れ 【 6】 2005.06.19 内装会社のまじめな水電工 【 7】 2005.06.20 ソファー用のセンター/サイドテーブルが配達される 【 8】 2005.06.21 中国電信ADSL 【 9】 2005.06.23,24 空調、インターネットなど不良対策-問題ばかり 【10】 2005.06.25 ケーブルTV会社へADSL申請とNHK
【11】 2005.06.27 なかなか来ないサービス - サービス産業の未熟 【12】 2005.06.28 香港のときのADSLモデム返却に香港へ 【13】 2005.07.01 保険屋の勧誘 【14】 2005.07.03 香港人の訪問客 【15】 2005.07.04 -0 5 体調不良 【16】 2005.07.06 空調の不具合その後 【17】 2005.07.09 香港のプリペイド携帯電話 【18】 2005.07.13 マンションの停電・芸展中心 【19】 2005.07.16 カップを使った吸玉治療 【20】 2005.07.19 暑い! 夜も気温が下がらない
【21】 2005.07.22 もう一つのJUSCO東湖店 【22】 2005.07.24 訪問客 足の裏のマッサージ 【23】 2005.08.04 カーテンの追加 【24】 2005.08.05 深圳の油絵村・布吉大芬油画村へ行く 【25】 2005.08.06 大型薄型テレビ 【26】 2005.08.08 Skypeで中国語チャット 【27】 2005.08.12 初めてミニバスで香港落馬洲から上水へ 【28】 2005.08.18 降り続く雨 【29】 2005.08.21 宝安へ - 印尼炒飯 【30】 2005.08.25 中国ノービザ
【31】 2005.08.26 プラズマテレビを購入 【32】 2005.08.27 プラズマテレビ設置のトラブル 【33】 2005.08.28 照明の不具合発生 【34】 2005.09.03 買い物 【35】 2005.09.04 深圳吉野家の牛丼 【36】 2005.09.06 魚の調理 【37】 2005.09.09 上水でスーパーなど見つける 【38】 2005.09.11 ペンダント時計と懐中時計 【39】 2005.09.15 照明スイッチ 【40】 2005.09.16 人民元のレート
【41】 2005.09.18 食器棚の改造 【42】 2005.09.19 食器棚とスイッチ 【43】 2005.09.20 アジアNo.1の日本料理屋? 中森名菜 【44】 2005.09.22 香薫灯 - アロマセラピー 【45】 2005.09.24 台風のマカオから珠海へ - 週末旅行(1) 【46】 2005.09.25 台風のマカオから珠海へ - 週末旅行(2) 【47】 2005.09.29 振動ドリルとレンジブラケット 【48】 2005.10.01 国慶節とイミグレ地獄 【49】 2005.10.09 ケーブルテレビのデジタル化モデム設置 【50】 2005.10.12 有線電視 NHKの受信手続き
【51】 2005.10.15 IP電話の売り込み 【52】 2005.10.16 新しいデジカメ購入 【53】 2005.10.17 デジカメ用SDメモリーカードを買うが・・ 【54】 2005.10.19 SDメモリーカードを交換に行く 【55】 2005.10.20 花卉世界 【56】 2005.10.24 ニコンデジカメ 海外からのカスタマー登録ができない 【57】 2005.10.27 香港でデジカメ用スペア電池を買う 【58】 2005.10.29 香港へ 太古城JUSCO 【59】 2005.10.30 深圳ぶらぶらショッピング 【60】 2005.11.01 留学志望だった中国人女性が大阪に-メッセンジャーで
【61】 2005.11.03 大失態 - 深圳JUSCOにパスポートの入った鞄を忘れた 【62】 2005.11.05 11月、夏の終わりの小梅沙 【63】 2005.11.10 別荘建設地その後 【64】 2005.11.12 心情不好 【65】 2005.11.17 お隣の新建マンション見学 【66】 2005.11.18 香港の携帯電話の充値/香港と中国両用の携帯電話カード 【67】 2005.11.19 ディスペンサー 【68】 2005.11.20 畳の部屋のモデルルーム 【69】 2005.11.26 花卉世界、中心公園の夕日 【70】 2005.11.30 東莞・長安のタクシー
【71】 2005.12.04 散歩と買い物 【72】 2005.12.06 中国ビザ切れ寸前セーフ 【73】 2005.12.08 モデルルーム見学 【74】 2005.12.11 バスでぶらぶら - 思いがけずきれいになった布吉 【75】 2005.12.16 元同僚との忘年会 【76】 2005.12.19 大根ジュースを試作 【77】 2005.12.20 怖かった日 - 賭博バス 【78】 2005.12.22 大理石を特注 - オーディオ音質改善とDVD画質改善 【79】 2005.12.26 中国との相性、日本との相性 【80】 2005.12.28 SAM'S CLUB 山姆会員店のひっこし
【81】 2005.12.29 香港ドルと人民元の交換率 【82】 2005.12.30-31 年末大掃除 - 深圳 【83】 2006.01.01 2006年1月1日 【84】 2006.01.03 阿彪/深圳暫住証から居住証へ 【85】 2006.01.05 電動歯ブラシ 【86】 2006.01.14 電動ディスペンサー/マイカー族になった中国人 【87】 2006.01.15 Nと香港へ 【88】 2006.01.25 山姆会員店の会員更新をためらう・・ 【89】 2006.01.26 深圳の寒い冬 【90】 2006.01.28 陰暦大晦日
【91】 2006.01.29 陰暦正月 【92】 2006.01.30 ホリエモン事件その後の真実? 【93】 2006.02.02 広州番禺・宝墨園へ-火筆画 【94】 2006.02.07 2万元かけずに内装をした中国人が我が家を見学 【95】 2006.02.10 深圳福田区から東莞長安へ、路線バスで 【96】 2006.02.12 東門へ-厨安居 【97】 2006.02.19 新しいラーメン屋を見つける-香港・上水で 【98】 2006.02.25 芸展中心へ買い物 【99】 2006.02.26 西麗の田舎で中国再発見 【100】 2006.03.05 日本人経営の美容院
【101】 2006.03.06 またまた大理石屋へ (2006.3.6)/世界之窗、夜のショー 【102】 2006.03.08 中国ビザが切れて2日のオーバーステイ 【103】 2006.03.09 住宅ローンの全返済準備 【104】 2006.03.10 NHK視聴料が3倍に値上げされていた 【105】 2006.03.11 再び広州番禺の宝墨園へ 【106】 2006.03.12 奈良帰省(1) 早朝の深圳・香港越境ワゴン車 【107】 2006.03.14 奈良帰省(2) 何はともあれ病院へ 【108】 2006.03.15 奈良帰省(3) 久しぶりに奈良の街を散歩 【109】 2006.03.17 奈良帰省(4) 大阪日本橋と道具屋筋へ 【110】 2006.03.21 奈良帰省(5) 大学の頃の友人たちと
【111】 2006.03.25 奈良帰省(6) 大阪日本橋、道具屋筋、吉本笑店街へ 【112】 2006.03.27 奈良帰省(7) 久しぶりに京都へ 【113】 2006.03.29 深圳へ戻る 香港空港-落馬洲-深圳 【114】 2006.03.31 深圳でたこ焼き初挑戦 【115】 2006.04.02 羅湖・イミグレ前の新築マンションを見学 【116】 2006.04.03 マルチビザ取得のため香港へ 皇崗への直通バス初利用 【117】 2006.04.06 ローン一括返済手続き 【118】 2006.04.07 たこのタイムサービス-深圳JUSCO 【119】 2006.04.08 香港へ・・頭痛 【120】 2006.04.10 ブログ立ち上げ検討に入る
【121】 2006.04.14 日本国駐広州総領事館へ在留届 (2006.4.14)/領事館からの緊急メール 【122】 2006.04.16 4月半ばの寒波? 【123】 2006.04.17 エキサイトブログ作成開始 まずスキン作りから 【124】 2006.04.18 深圳の運び屋さん 【125】 2006.04.22 久しぶりの宝安 - どんどんきれいになる街並み 【126】 2006.04.25 深圳住宅ローン完済の処理 【127】 2006.04.27 お腹の出が気になって 【128】 2006.04.30 芸展中心 【129】 2006.05.06 ブログ準備も大詰めに 【130】 2006.05.07 深圳の店のサービス
【131】 2006.05.09 激しく変化する深圳 【132】 2006.05.12 ブログの草稿ができあがる 【133】 2006.05.06 ついにブログ仮公開 【134】 2006.05.19 ブログ正式開設
               おわり

2007.10.16 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(127) 3週間ぶりの中国東莞工場 (1997.8.19)

【127】  1997年8月19日(火)  3週間ぶりの中国東莞工場

3週間ぶりに今日からまた中国東莞工場へ勤務する。

朝9時、香港メンバーを羅湖の駐車場に迎えに来てくれている工場のマイクロバスは香港人一人と僕の二人だけ。
でも工場にはすでに二人の香港人が昨日から来ていた。
3週間ぶりの東莞工場でいろんな人が僕を見つけて好久不見と声をかけてくれる。

早速VCDの件で上海と連絡。
香港へ何人にも電話をして打ち合わせ。何か香港にいる方が仕事の能率が上がるような気がする。
3週間の長ーい「香港出張」で勘がなかなか戻ってこない。頭も堂々めぐり。
何かどうだか分からない。少し考えをまとめないと。

結局3週間、香港で仕事をしました。東莞工場へ行っても勘が狂っています。まあこの日だけでおさまったのですが・・・
香港の休日など思いきり堪能しましたから反動でしょうか・・・
2007年10月16日

ここ2、3日の深圳は気温がかなり下がってきました。肌寒く感じることもあります。
いつもは11月までは半ズボンなのですが・・また暑くなるのだろうか・・

梧桐山のある村、蓮塘からの小梧桐山


2007.10.17 カテゴリ:記録・日記 >  香港在住日記1996-1998 

香港初在住日記(128) 香港の休日 香港カラオケへ (1997.8.23)

【128】  1997年8月23日(土)  香港の休日 香港カラオケへ

中国東莞工場での不具合は香港に持ち帰り来週検討することにした。
夕方4時半のフェリーで香港に帰る。
6時半、香港に着く。バスで家へ。


フェリーのチケット


簡単に夕食をとりくつろいでいるところへ電話。先日の結婚式で知り合った新婦の友人、Ms.Lからだった。
カラオケにいるので来ないかという。もう9時だし、いったん断るが結局1時間後に行くことを約束。
地図を調べてバスで出る。雨が降ってきた。

10時過ぎカラオケに着く。結婚式以来初めて見る。彼女は少し印象が変わっているが可愛い。
席に着くといろいろ質問攻め。個人調査をされているようだ。しばらくすると新郎もやってきた。結婚式以来のK氏も。
話しているうちに思い出したのは大阪での会社の人の話。思いがけず話し込んでしまった。

電話をしてきたMs.Lは明日昼食を一緒にしようと言う。11時にS Hotelのロビーで落ち合うことにした。
12時半、もう限界。タクシーで帰る。

カラオケボックスのようなカラオケは香港でもそんなに値段が高くないのですが、小姐のつくカラオケは中国に比べて香港は非常に高く付きます。
カラオケをそんなに好きでない私は高い香港のカラオケに経験的に数度行ったことがありますが、自らはまず行くことはありません。
でも結婚式以来ちょっと関わりができてしまいました。この日も少し行きましたが、やっぱりあまり面白くありませんでした。したがってカラオケの値段は僕にとっては値打ちの全くない出費になるわけです。
顔が青くなり頭がずきずき、耐え難い苦痛が続く酒も同じでなのです。
ただ、私のようなタイプは少ないようでこれらの苦痛をなかなか信じてもらえず・・これが一番の苦悩かも知れません。

2007.10.18 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【1】 プロローグ


深圳新生活日記 【1】 プロローグ

深圳のマンションの内装を終えて香港から深圳へ引っ越したわけですが、まだまだたくさんの手配や手続き、それに生活必需品の購入など、安定して生活できるようになるにはまだまだ時間がかかります。
とくに1ヶ月間トラブルで悩んだ三菱のエアコンは自由にならない言葉で電話をしたりメールしたりとたいへんでした。中国語で電話する度胸はできましたが・・・

この深圳新生活日記は深圳初内装日記を受けついで深圳生活が安定していく過程をつづっていきたいと思っています。

2004年6月



2007年6月 これから出発 向かいで新しいマンションも建設中
(7枚つなぎ合わせで色が合っていません・・・)

クリックすると大きくなります


2007.10.19 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

深圳新生活日記【2】 内装会社へ最後の支払い(2005.6.13)


深圳新生活日記 【2】 2005年6月13日 内装会社へ最後の支払い

昼過ぎに銀行へ両替と引き出し。1万7000元。

内装会社・名雕へ行って支払いをする。
工程部の人と項目経理で項目別に確認をしたあと、後期が大きく遅れたことについて話。契約書には後期3ヶ月となっているが1ヶ月近く遅れている。
結局はこちらが折れたが、やっぱり最初の契約の段階で遅れた時の補償について取り決めしておいた方がスマートだったと思う。なんか後味が悪い。名雕の印象が悪いまま僕の頭の中に残るだろうし。

近くの快餐店(ファーストフード店)でご飯を食べてとりあえずマンションにとって返す。
香港人Mr.Sから電話。7時ぐらいに会社を出るそうな。今日は香港の彼の家にあずかってもらっている絵画とパソコン用のレーザープリンターを受け取りにいく。
こちらも7時に出るがバスがなかなか来ない。8時過ぎに香港古巣の牽晴間へ。彼と夕食を共にする。

プリンターと絵を持って深圳へ。皇崗のイミグレでつかまった。プリンターの税金を400元徴収される。
今までパソコンやらなにやら運んだが全部目をつぶってくれた。それらは引っ越し業者のダンボール箱に詰め込んでいたのだが今回はプリンターのオリジナルの梱包箱に入れて通関したがこのせいだろうか・・やっぱりオリジナルの梱包で通られたら無視しにくいとか・・


書斎の巻きカーテン



2007.10.03  
【奈良帰省日記2007.9】(3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |
2007.10.03  
【ハプニング】 深圳 臨時停電騒ぎ
2007.10.04  
【奈良帰省日記2007.9】(4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |
2007.10.04  
【奈良帰省日記2007.9】(5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |
2007.10.05  
中国深圳初内装日記(125) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費
2007.10.06  
中国深圳初内装日記(126) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費
2007.10.07  
《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (1)
2007.10.08  
《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (2)
2007.10.09  
《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (3)
2007.10.10  
香港初在住日記(125) 今日も香港勤務 中国工場が懐かしい? (1997.8.13-14)
2007.10.11  
深圳最高峰梧桐山 登山道を探る (2007.10.11)
2007.10.11  
香港初在住日記(126) 日本人とフィリピン人の結婚式 - 教会で (1997.8.16)
2007.10.12  
中国深圳初内装日記(127) エピローグ
2007.10.14  
深圳新マンション建設物語【5】 2006年3月、4月 古い団地の解体 (コラム : 契税)
2007.10.15  
深圳新マンション建設物語【6】 2006年6月25日 (コラム : 釘子戸)
2007.10.16  
深圳新生活日記 目次
2007.10.16  
香港初在住日記(127) 3週間ぶりの中国東莞工場 (1997.8.19)
2007.10.17  
香港初在住日記(128) 香港の休日 香港カラオケへ (1997.8.23)
2007.10.18  
深圳新生活日記【1】 プロローグ
2007.10.19  
深圳新生活日記【2】 内装会社へ最後の支払い(2005.6.13)
 ► 次のページへ

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by