FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2006.11.19 カテゴリ: 生活 

深圳・システムキッチン考


【住】 深圳システムキッチン考

2006年 11月 19日

マンションを購入して内装設計に入りましたが、システムキッチンは別に設計しなければならないことが分かり、2004年末から2005年始めにかけてあちこち見て回りました。
以前はどうだったのかわかりませんが深圳の建設ラッシュに伴ってシステムキッチンメーカーも乱立していました。
中国語でキッチンは「厨房」(chu fang)、システムキッチンは「橱柜」(chu gui)。

システムキッチン会社のホームページ例
 A   B   C   D   E   F 


外資系や地元資本が乱立、競争しています。したがって超高級から安物まで豊富で、どれくらいの値段が中級になるのかもわかりません。
3つの部分に分けて見積もりをしてくれます。
 キッチンの上の部分の収納棚、キッチンカウンター、下の収納箱部分など、の3つ。そしてオプションを選んで見積もりがでます。見積もりは長さで計算されます。
ガスコンロ、レンジフード、シンク、蛇口などなどは別に自分で購入しなければなりませんのでこれらは見積もりに含まれません。


当方で仕上がったシステムキッチン、見ていくとキッチンカウンター(台の部分)は大理石かと思っていたら、中国では天然より高価な人工大理石のような感じ...ちょっとショックでした。
おそらくシステムキッチンの多くのメーカーは人工大理石かも知れません。これは自分にとって注意事項です。弱いと加工しにくいとかいうのもあるかも知れませんが、やっぱり本物の大理石の方が好きです。
見てみるとおそらく、キッチンカウンターだけ取り替えることができそうなので、何年かして気が向いたら大理石に替えてみようかなと考えてます。


できあがった我が家のシステムキッチン。入居したばかりのころ
 

計量米びつも内蔵してます


収納箱などバラで売っているところも多く、これらと大理石を自分で組み合わせてやってみるのも楽しそうなので、次期、システムキッチンを作り直す時はこういうチャレンジをしてみようかと考えてます。あまりいいできではなかったもので..


5月19日のブログ立ち上げから半年が経ちました。
記事数210、累積ユニークユーザー数5,000となりました。
これから1年を目指して頑張りたいと思います。


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by