FC2ブログ
カテゴリー 《 羊台山 》  21 記事  2 ページ
► 次のページへ

2007.08.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   宝安区 羊台山 (1)


宝安区 羊台山 (1)
2007年 08月 02日








深圳八景を調べていて羊台山を知りました。地図を見ると特区内の西麗からも行けるような感じなのですが交通機関などを調べてもよく分からず。
石岩湖へいった時、羊台山行きのミニバスがあったような気がしたのでこれを手がかりに下調べに行ってみました。


ミニバス769路
325路のバスで「石岩湖路口」で降り、適当な所でしばらく待つと「石岩湖 - 羊台山」というミニバスがやってきたので乗り込みます。769路、2元。
乗客は数人。






石岩
325路のバスでも通った「石岩」の街に出ました。とすると325路で「石岩湖路口」まで行かなくても石岩で降りてこのミニバスに乗り換えればいいのですね。
ここで私以外、全員が下車、私ひとり残りました。運転手が何も言わないところを見ると終点でないようなので乗り続けます。途中で何人か乗ってきては降りていきます。



羊台山石門
そうこうするうち、「羊台山」と書かれた石門をくぐりおなじ769路のミニバスがたむろす所にやってきました。どうやら終点のようです。
降りると登山口がありました。

意外とあっさり見つかったので時間があるので試しに少し登ってみることにしました。
整備途中なのか特区内の公園に比べて美しいとは言えません。赤肌の土にコンクリートで階段を作っただけのシンプルさです。



階段には100級、200級とか書かれているところがありましたが、どうやら階段の段数のようです。
調べてみると最終は2592級ということのようです。頂上は海抜587mなので2592段であれば1段20cmということになるのでしょうか。





今回は900段、第二站、海抜246m登ったところで時間切れで引き返しました。続きはまた後日。第二站からあと1858mあるようです。
ペースが速かったか、体力が落ちているのか、下りは膝が笑いそうになっていました。





羊台山から石岩湖を





















2007.08.30 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   宝安区 羊台山 (2) 587mの頂上へ


宝安区 羊台山 (2) 587mの頂上へ
2007年 08月 30日


クリックしてください 大きくなります



8月2日に羊台山の下調べを掲載してからほぼ1ヶ月が過ぎやっと羊台山の頂上を目指します。


登山口
マンションからは325路のバス(4元)で1時間ほどで石岩へ、769路のミニバス(2元)に乗り換えてあの「羊台山」と書かれた大きな石門をくぐり10分ほどで登山口に到着。
登山口はきれいではありません。ちょっと小汚い・・・
ほかに正門があるのではと思ってしまうほどあっさりした登山口。

羊台山は587mで石段には100段ずつ段数が書かれて最終は2592段というのが判っていますのでそれを目安に写真も撮りペースを調整しながら登っていきます。

下見で来た第二站、246m地点へ。家で作ってきた特製の麦茶で少し休憩・・


それにしてもこの山は岩石でできているのかと思うほど岩ばかり








雰囲気の良さそうな100mの竹林小道、と思いきや「毒蛇注意」の立て札。遠慮しました。
そう言えば一度蛇を見ましたがあれは毒蛇だったのか・・・まさか・・







頂上です。2592段。





頂上では高校生グループと思われるグループが・・
彼らが去ったあとで掃除をしてまわるおばさん。
先生、ゴミは出さないようにちゃんと教えてよ。


頂上付近からつかず離れずのサングラスの兄ちゃん、無表情のまま私に近づき
「写真を撮って何に使う?」
「僕のブログに使う」
「・・・」
彼は無表情(?? サングラスをしているもので)のまま何も言わずに。何だろう、ちょっと気味悪い。

下山でもいろんな登山者とすれ違いました。2000段付近でちょっとハイソサエティ風の男性一人
「あとどれくらいある?」
「もうちょっと」
第二站、まだ246mのところですでに肌脱ぎになって汗たらたらの男性、
「頂上まであとどれくらいかかる?」
「一時間ぐらいかな・・」
「うーん・・」
まあ様々でした。

歩きました。山道1万8000歩

2007.09.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   宝安区 羊台山 (3)


宝安区 羊台山 (3)
2007年 09月 02日

羊台山山頂から
クリックしてください。壁紙です





羊台山山頂へ

羊台山石門


登山口




200段目








ほんとに岩が多いです


岩に放り込まれた羊台山の文字










頂上へ 2592段



羊台山(となりの嶺から撮影)

360°パノラマです クリックしてください





羊台山山頂から

クリックしてください。大きくなります。












山頂の売店 うしろで麻雀をしています。





ふもとで









2008.08.11 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   宝安区 羊台山 (4) 久しぶりの羊台山


久しぶりに羊台山(587m)へ - 羊台山人物図
2008年 08月 11日

羊台山登山道



今年は暑い日はあったものの夏らしい天気が続かないままに立秋を迎えてしまいました。今日も雨で気温は上がらず。



羊台山頂から
土曜日、半年ぶりに4度目の羊台山に登りました。天候は悪く見通しも冬並みに悪い。登山客はまあまああったものの、少なめです。
登りでは風が全くなくじとーっと汗が流れました。コンディションはかなり悪い日でした。






それでも1時間あまりで2592段の頂上へ。






森林公園に指定されてとっくに整備が始まっているはずなのですが・・ほとんど変化している様子はありません。土砂崩れのありそうな危険なところが仕切りされて立ち入らないようになっているだけ。



ふもとで 廃屋


新婚なのでしょうか? でも廃屋の前・・・


犬も登山


頂上では


頂上ではしゃぐ


登山道の陽気な「ボク」


登山道でなかよし


のんびり


登山道を走る!


ふもとを走る


参道を自転車で



保安員はあちこちに配備されていました

2008.12.07 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   宝安区 羊台山 (5) 羊台山の休日


羊台山の休日
2008年 12月 07日

バスに揺られて石岩・羊台山へ行きました。朝は天気も快晴で今日はいい写真が・・という期待も淡く、今日もよくありません。
ほんとにこことは相性が悪いです。今日で6回目の登頂だというのに天候、視界に恵まれたことがありません。
で、今日も風景以外のものに焦点を絞って・・

羊台山は標高587m、登山口が62mなので標高差525mを2,592段の石段で登ります。
最初の時は用心しながらゆっくり1時間50分かけて登ったのに翌日から足が大変でしたが、それ以後は1時間10分のコンスタントなタイムで登っています。今日も1時間10分の標準タイムでした。

羊台山は山容がそれほど美しいわけでもなく視界が悪いとただ2592段を上るという訓練にしかならないような気もするのですが、今日はこれまでになくたくさんの人でにぎわっていました。季候がよくなったからでしょうか。
登山口の火気預かり所(火災予防のため、たばこ、ライターなどを預けます)ではいつになく厳しくチェックをしていました(口頭で)。
と中でたばこを持っていたのが見つかって厳重注意をされている人もいました。




火気預かり所 後のステンレスの小さなロッカーに火気を預けていきます






今日は子供連れも非常に多くいました








となりの山頂


山頂の大岩
岩に羊台山と書かれていたのが変わっていました。個人的には羊台山の方がよかった。
それにしてもどうしてあの上に登ったのだろう・・おお怖


山頂でゲーム このルールはどうなっているのかな・・
しばらく見ていましたがルールがさっぱりわかりませんでした
それにしてもこの靴で登山とは・・・・


こんな所で・・


ぶりっこして記念撮影






羊台山麓を帰ります バスに乗らずに歩いて帰る人も多いですね


2010.02.01 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   深セン 羊台山へ - 羊台山の思い出

深圳 羊台山へ

羊台山山頂で


羊台山(587m) (2010.1.31)

朝、体調がよくないと感じたので香港の山へ行くのをやめて少し寝る。
9時過ぎに起き出すと最近にないよい天気で視界もよい。マンションからはかすかに香港大帽山が見える。香港へ行かずになんかもったいないことをした感じ。


石段をひたすら登る

2592段の山頂

新しくなったミニバス
体調を整えるため午後から手頃な羊台山(587m)へ行く。
羊台山は僕が山歩きをするきっかけとなった山。深圳八景に入っていることから知ったこの山、下調べのあと2007年8月に初登頂。登山道は石段がほとんどで2592段の石段をひたすら登る。石段がこたえたのか初登頂の後、3日ほど階段を上ることができてもまともに下ることができなかった。バスを降りるときは、てすりをつかんで飛び降りた。

で、マンションの12階の自分の部屋までエレベータを使わずに階段を歩く訓練を2ヶ月実行してから再び羊台山を登ると初の時は登り1時間50分かかったところを1時間10分と大幅に短縮、足の疲れもなく訓練の成果を感じたものだった。そして次の週の深圳最高峰梧桐山(944m)に挑戦へと続く。


今回で9回目となる羊台山。登りは1時間10分。体力はまあまあか。
ただこの季節にぽかぽか陽気。登ると暑い。半袖でも十分な感じ。帰りのミニバス車内の気温と湿度の表示が「27℃66%」!!

2009年は1度しか登っていない羊台山。久しぶりのふもとの石岩の町はまた少しきれいになっていた。
石岩から羊台山へ行くミニバスは以前2元の運賃だったが、深圳のバスの系統の統一で支線バスとなり1元になっていた。さらに深圳通の設置で乗り換え割引もあり深圳通を使ってなんと0.4元の運賃!!

新しい深圳バスの系統 →  1元バス 
ほかの羊台山の記事 →  羊台山 



山頂で

羊台山頂の岩。このあたりは岩石の山が多い。

















下山



石岩の町は正月(春節、今年は2月14日)準備


2010.07.17 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深センの山と公園》 羊台山(587m) - 能見度(透明度)30kmの深センから

羊台山頂から香港最高峰・大帽山

《深圳の山と公園》 羊台山 (2010.7.17)

深圳能見度30km、羊台山(587m)へ

雨上がりの午後に出発
昨日と今日の朝、雨が断続的に続きました。今日は香港に出るつもりをしていたのですが朝の雨で中止、羊台山に登ろうと決めました。
香港だと雨でぬかるんで足場が悪いかも知れないのですが、南山区から北へ、宝安区に入ったばかりの羊台山は2592段の石段をひたすら登るだけ。石段なのでぬかるむ要素はありません。雷以外は大丈夫。

今日の深圳の能見度(透明度)は30km。透明度のよい夏も普通は25km程度なので30kmは絶好のコンディション。
アルバム写真によれば羊台山に登るのはこれで10度目。これまで空気の透明度がよいと思って登ってみても羊台山頂に立つといつも霞がかかったように見通しが悪いのです。どうもこの山と私は相性がよくないらしい。で、足慣らしのつもりで雨の上がった午後に出かけました。

まず325路のバスで石岩へ。ここから支線バス769路(1元のミニバス)に乗り換えて羊台山登山口へ。
石岩へ行くまでの道路も整備の工事中。国道107の整備が終わったと思ったら今度はこちら、めまぐるしく変わってその勢いを感じます。

羊台山は土曜日とあってたくさんの人々が山頂を目指していました。体力に気を遣いながら少しずつ登って行きます。3年前の初登頂のあと3日ほど階段をまともに下りられなかったことを懐かしく思い出しながら。
たくさんの人がいますので抜きつ抜かれつのバトルのような感じになる人も数人。
その一人に一眼レフカメラを持った人がいました。正直言って福田区の山に登るのと違い、この山でいいカメラを持っている人を見ることはなかったのですが時代は激しく変化しているようです。登っている人たちの表情も実に明るいし。 楽しいです。

羊台山頂は
もう少しで山頂と言うところになって展望が開けてきました。と・・・・
あれ、えっ、あれは・・・ 香港馬鞍山でした。羊台山から初めて見えた香港の山。大感激でした。ほんとうに足が軽くなって小走りに山頂を目指していました。バトルをしていた人たちをどんどん追い抜いて・・・
全然疲れていないのに驚きました。これだけの体力が残っていたなんて。

そして2592段を登って山頂から見えたのは・・今まで全く見えなかった香港の山々がはっきりと確認できました。これまで山頂に立って透明度がよければ絶景だろうに・・と思っていたその風景が目の前に!
感激のシャッターを切りまくりました。ほんとに今日来てよかった。

石岩の町
ここもほんとに変化の激しいところです。とは言っても元特区外という印象は強いのですが・・
バス停近くの夜店のような屋台がさらに増えていて活況を呈しています。ゴミが多いのですが見ていて楽しい。バスを待つ間の暇つぶしに。
マクドで腹ごしらえ。

マンションに着くと20時近くになっていました。来ているものを全部脱いで洗濯かごに入れてシャワーを。

1万5500歩
羊台山頂から 深圳最高峰梧桐山はあいにく雲の中ですがはっきり見えます


香港・青山と圓頭山、それにランタオ島の山々もはっきり そして大南山と小南山、深圳湾大橋


右端に香港大帽山、そして馬鞍山、八仙嶺へ続きます


深圳地王大厦と香港八仙嶺。左へ行くとシャープピークも








可憐な野牡丹


2010.10.12 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深センの山と公園》 連休最後の羊台山

羊台山の山頂で それにしても女性が多いですね

《深圳の山と公園》 連休最後の羊台山 (2010.10.10)

連休最後の羊台山587m (2010.10.10)

連休最後の日曜日、天気がよくなくて気温もさほど上がらないものの短パン姿で久しぶりに羊台山に出かけました。
バスで石岩へ、そして支線バスに乗り換えて羊台山登山口へ。
カメラを出してと・・カメラを間違えた。新しいニコンのP100は設定をいろいろ変えて使ってみましたがどうしても自然な色を出すことができなくて最近では古いP80しか使っていません。まあしゃーないか。


ここにもあった屁糞葛
それにしても天気がよくない上、目新しい植物もなくあまり撮影に気が入りません。2592段の石段をひたすら登って山頂に着くまでに撮った写真はたった30枚ほど。おかげでいつもは1時間10分かかるのがちょうど1時間で587mの山頂に到着。
山頂は強い風で吹き飛ばされそう。景色は全く見えない。

このまま温度が下がってくれればいいのですが、まだ10月上旬、そううまくはいかないでしょうね。
そしてここにもあった屁糞葛。やっぱりどこにでもある野草だったのですね。

下山後は石岩の町の快餐店で軽く食事をとって帰りました。生菜牛肉飯(レタス牛肉飯)10元。結構うまかった・・

 


山頂へ


ちょっと一休み



山頂で
ほとんど展望がありません
風が強くなって岩場の斜面に座っていた人たちが避難




双峰の羊台山、もう一つの峰から羊台山を
時々ミニスカ姿の女性が山登りをしていてどきっとします



下山



植物は・・・







2011.09.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)

石岩湖温泉休暇村・弘源寺

羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)

羊台山 (587m)
羊台山へ。2592段の石段の登山道です。
羊台山も鳳凰山などとともに整備対象になっていたのですがいっこうに整備される様子もなく4年が経過しています。深圳八景にもなっているのですが・・・


2000段目です
それにしても鳥のさえずりの多いこと。今はこういう季節なんでしょうかね。ただ姿は見えず。
石段には100段ごとに石に数字が書き込まれているのですがだいぶ前に書かれたので数字が消えかけ。山頂の「2592級」は完全に消えてます。

山頂手前で後ろに気配を感じて振り向くとピンクの服装のかわいい小姐がハアハア息を切らしながら私に「どうしてそんなに歩くのが速い・・」と。
《走得好快》が聞き取れました。競争していたのかな。ちょっと嬉しくてにっこり愛想笑い。

石岩湖温泉假渡村と弘源寺

休暇村内のプール
羊台山から下山。ちょっと足を伸ばして石岩湖温泉假渡村へ行くつもり。ここは深圳で唯一温泉の出る休暇村ですが人気がないのか現在はほとんどの施設が閉鎖状態。村内の施設で活動しているのは温泉マッサージの施設と弘源寺というお寺、それにスイミングプール。この日もスイミングプールは大にぎわい。

弘源寺は大きなお寺で裏山には山頂を越えて一巡りする1000段ほどの石段があるので久しぶりに散歩してみようというつもりなのです。 そしてこの山道からは羊台山がきれいに見えます。夕日の羊台山でもみれれば、と思っていたのですが・・・


更に堂宇を建立中の弘源寺
休暇村内をあちこち散歩したあと弘源寺へ。そして山頂への道へ出ようとすると・・
新しい堂宇を建立中で立ち入り禁止。 入り口さえ何とか抜ければ巡回道はあるはずなのであちこち入れる場所を探したのですが全て工事で近寄れずに断念。

心残りの中帰宅。

2万歩


 

交通 → 石岩湖温泉度假村 羊台山

羊台山
岩場の登山道 これが2592段続きます


羊台山頂から



石岩湖温泉假渡村


あちこちしていると少しだけ羊台山の見えるところがありました。


2012.02.27 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深圳の山》 羊台山へ

ここまで高層住宅が進出してきました - 羊台山登山道から

《深圳の山》 羊台山へ

深圳・羊台山 2012
今年初の羊台山です。
羊台山は南山区と宝安区の接点にある587mの山で登山口は宝安区側の石岩にあります。ほとんど石段で構成され段数は2592段。ひたすら階段を登るだけのけっこうきつい山登りです。
ただ現地の人らしい若い女性はハイヒールででもミニスカートででも登りますから驚きです。まあ、階段だからということでしょうけど2592段です!女性は強い。

まずバスで石岩へ。バス道中の風景がいつもと違う。道や街道沿いは一段と美しくなっているし、新しい高層の建築物も建ってきています。もうどれくらいご無沙汰してるんでしょうね。と思って調べてみると去年の9月11日から来ていませんので5ヶ月ぶりということになります。それにしても変化がすごい。

石岩で下りて1元バスに乗り換えて羊台山へ。今にも雨が降りそうな天気ですがなじみ深い風景に足も軽やか。
それにしてもここは2007年に深圳の森林公園整備の一番頭に指定されていたのにまだ整備されそうな雰囲気はありません。周辺の方がどんどん開発されてきています。登山口までの「参道」に大きいゴルフ練習場ができたり、運動公園が整備されたり、高層マンションが建設中とか・・

で登山開始。この日もおそらく地元の人でしょう、多くの登山者。いつものようにハイヒールの女性もミニスカートの女性もいました。登り口付近では鳥のにぎやかなさえずり。聞き慣れた声ばかりなのでおそらく紅羅雲(こうらうん)や白頭(しろがしら)といったところかな。

少しさぼっていたのでしょうか、山頂までの時間が意外にかかってしまいました。標準にしている1時間10分を7分オーバーしてしまいました。ちょっと心を入れ替えてまじめに訓練をしないと。
でも下りで四十雀(しじゅうから)が数羽、登山道に下りてきて地上で楽しく遊んでいるのが目に入って思わずにっこり、安らぎの一こま。ちょっと気を遣って離れたところからこっそりみていたのですが他に人の気配を感じて飛び上がってしまいました。

帰ろうとすると普段ならバスが数台とまっているところにバスが1台もない。おかしいな、と思いましたがまあこれをきっかけに歩いてみるかと歩き出しました。一度ここから石岩まで歩いたことがありますがおそらく40分ぐらいで行けたと思う・・

で、歩いていると羊台山へ向かう1元バスがありました。しかも2台続けて。そして羊台山から折り返したバスは私を追い抜いていきました。
でも少し行くとなぜか渋滞、原因はわかりませんがさっきのバスも止まっています。私は追い抜いて石岩まで歩きましたがついにバスは私を追い越すことなく、ちょっといい気持ち。それにしてもこの道はまだ埃っぽい道でしたが沿線の整備はどんどん進んでいるようです。
早く美しくなってくれることを期待します。

 




写真を撮っていると通りすがりのお子様がチャチャを入れに来ました。おもしろいのでUP・・・






こんな小さい子もたくさん。 もっと小さい子もお父さんに助けられながら自分の足で登っていました。


山頂からは展望がなく・・



羊台山への「参道」の建設中の高層マンション。30階建てぐらい


2012.07.06 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深圳の山と公園》 視界抜群の羊台山へ 見事な展望 新幹線・深圳北駅も

能見度抜群の羊台山から (クリックすると2000ピクセルの大画像に)
左端には梧桐山、中央付近は大帽山、右へ行くと香港・青山はもちろんのことランタオ島の山々が見えます。一番右には南山(大南山と小南山)。

《深圳の山と公園》 羊台山 (2012.7.4)

JUSCOへ行くと新しょうがが出ていました。またこの季節がやってきたのですね。早速500gほど買って甘酢漬けを作りました。きれいなピンクに仕上がりました。今日はばら寿司でも作るかな。

視界抜群の羊台山頂

7月1日の香港・大帽山の天気は悪いながらも視界はよく、深圳・羊台山がはっきり見えていてびっくりしました。あまりに間近に見えていたので香港の山ではないかと一瞬考えたくらい。
で、羊台山はどうかとやってきました。羊台山は標高587m、2592段の石段をひたすら登ります。これまで十数回登っていますがいずれも展望は悪く最上の時でもかすかに梧桐山が確認できる程度であまり期待はしていませんでしたが・・


羊台山では整備工事がおこなわれている様子。正規の登山口を封鎖して工事をやっていました。脇に臨時らしい登山口が用意してありました。おかげでバスは登山口まで行くことができず、途中で降りて少し歩きます。

2592段の石段を登り切って山頂に立つとなんと視界は抜群、これまでの羊台山頂で見たことのない広大な風景が見えました。梧桐山も大帽山はおろか、塩田区の梅沙尖まではっきり見えていて、そのためかすごく近くに感じます。喜び勇んで、浮かれて写真を撮りまくりました。


この日の最高気温は34度、最低気温が26度ぐらいで日本でいうと真夏日に熱帯夜。夜は寝る前でも28度ぐらいありました。ま、羊台山も木々に包まれているのであまり日は当たりません。

 

登山道



山頂の展望
深圳最高峰・梧桐山


塩田区最高峰・梅沙尖


香港最高峰・大帽山


香港・馬鞍山と深圳・地王大厦と98階の京基100


西麗水庫の彼方には香港・青山を経てランタオ島の高山群


青山、圓頭山、ランタオ島


香港・八仙嶺と新幹線・深圳北駅



下山
整備中なのでしょうね、資材を運ぶ馬・・

すごく重そうでした。このあと石段を登っていきました。




視界抜群・羊台山からの展望
終わり

2013.09.12 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深圳の山》 新生・羊台山 (2013.9.11)

新生・羊台山 新しくなった登山口

新生・羊台山 (2013.9.11)

2007年、5年以内に深圳市の面積(大阪府とほぼ同じ、1953km2)の約半分を森林にするため10ヶ所の森林公園を建設する計画がたてられました。羊台山は最初に整備される予定でしたがなかなか工事が始まる様子がなくあきらめていたのですがようやく整備されてきました。
前回、去年7月に来た時は塀で囲われて整備工事中、そして今回、大きく変貌していました。

今年初めての羊台山へ
羊台山(587m)は16回目の登頂。いつものバスが羊台山のかなり手前で終了になったので不思議に思っていたのですが登山口についてびっくり、それまでのゴミ山のような登山口付近は全くきれいに整備されていました。気分がいいですね。しばらく写真を。

登山口もきれいになって長城風の石段が少しだけ。ほんとに長城風が好きなのでしょうね、こういう時はたいがい長城風に作ります。
山頂も新しくなっていましたがまだ未完成。雰囲気的にちゃんと完成するかどうか不安がありますが・・・

新しい登山道
羊台山の登山道はこれまで1本だけ、登りも下りも同じコースを行くしかなかったのですが、ほかにいくつか新しいルートを建設中でした。山頂から反対側に下る道もできているようでしたがこれは次の機会として今回は隣の嶺から下る新しい登山道に挑戦しました。
山頂付近はサンシャインコース、木陰が鳴く太陽にさらされるコースで暑い時は辛いかも。途中からは現在建設中、というかひとりの作業員が細々と工事をしていました・・いつできる?・・・


羊台山へのアクセス
羊台山は南山区と宝安区の境目にある山です。
石岩汽車站から支線バス(ミニバス)769路で終点まで。

 

2009年と今年の変化




新生・羊台山




登山口です。ここから少しだけ長城風の石段があります。




山頂にできた展望台 隣の嶺から


山頂です




隣の嶺の山腹に白い筋、新しい登山道ができている様子、ここを下ります


途中まで整備できていた新しい登山道



下山すると夕方。整備された広場は子供たちの遊び場でした。おかあさんも。


2013.09.27 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   新生羊台山ふたたび - 新設登山道を下山・思わぬ展開 (2013.9.26)

羊台山森林公園のエントランス まだ整備中のようですね。

新生羊台山再び (2013.9.25)

前回羊台山へ行った時、新しい登山道がいくつかできていたので新しい登山道を試すためにふたたびやってきました。
いつものように石岩から羊台山登山口へ。
登りは基準時間の1時間10分を少しオーバー、最近ちょっとさぼっているからかな・・

山頂は数人が工事をしていました。少しずつ完成に近づくのでしょうかね。
新しい見晴台ができて今までとは違う角度から撮影ができるのでありがたいのですが、ただこの部分は白花の段菊(だんぎく)が見られる数少ない場所でした。
前回に引き続き見晴台の足場など探してみたのですが残念ながら段菊を見つけることができず・・・ちょっと残念です。

新しい登山道を下る
さて今回の目的である新しい登山道を下ります。どこに行くのか分からないのですがまずはチャレンジ。前回、地元の若い人が話していたのはこのルートはかなり長くて時間がかかると。

ともかく行ってみます。ただ今午後3時45分、2時間かかるとそろそろ暗くなり始めるので少し冒険かも。一応LEDライトを準備してはいますが。

途中、人がこちらにやってきました。とにかく聞いておきます。
「この道はどこへ行きますか?」
「〇×◇」
聞き取れません。たぶん知らない地方。
「時間はどれくらいかかりますか?」
「まあ2時間ぐらいかな」
ぎりぎりかも。まあ戻る気もなく前へ前へ。

始め道は順調に下っていたのですがそのうち上がります。それもたくさん。そして下ります。これを繰り返しながら少しずつ下ってきました。登山道と言うより山歩き道のような感じ。
羊台山から30分ほど進むとどこかの登山道とドッキングするみたいにつながりました。建設されたのは比較的新しそうな道(石段)ですができてから数年は経ってそう。とすると今回羊台山から新しく建設された道はこちらの登山道と接続するための道かな?


広東緑道  近畿自然歩道みたいなもの?
ただ整備はこちらの方が進んでいるみたい。最近よく目にする「広東緑道」の標識も整備。

三叉路、さて。羊台山森林公園の案内板がありました。ただし回遊コースのようなイラストはあるものの羊台山も書かれていないのでどこが下山先なのかさっぱり分からず。
うまい具合に人の声が聞こえて中年のカップルが。
たずねてみるとこの道だとあと40分ぐらいかな、と。どうにか明るい内に下山できそう。あたりを撮影。

途中で会った中年カップルと下山
撮影が終わると二人は待っていてくれていっしょに下りましょうと誘ってくれた。
彼女が江西省、彼が福建省の出身と言うことで二人とも深圳には20年住んでいるとのこと。したがって深圳戸籍。香港へは年間100元でマルチビザがもらえるとか。

途中分岐点がいくつもあってなかなかややこしい、それだけ整備が進んでいると言うことでしょうかね。私が羊台山と言っている山は大羊台山でこのあたりは小羊台山だとのことでした。初めて知った小羊台山、ちょっとうきうきしますね。

結局あの三叉路からはほぼ1時間で羊台山森林公園のエントランスに到着。彼らは車で来ている様子で地下鉄の駅まで送りましょうと言ってくださったのですが、ここはどこなのか、この場所のロケーションが全く分からない。まあ帰ってから調べるにしてもヒントの情報を調べておかなければなりません。せっかくなのに申し訳なかったのですが辞退しました。

龍華!!
バス停がありましたがバス路線表を見てもよく分からない地域、まあ適当に地下鉄の駅へ行くものに乗りました。しばらく進むと明らかに地下鉄の高架部分に出ました。どこか分からないですがとにかくここで下車、地下鉄駅を探すと龍華駅でした。
おー龍華か。石岩から羊台山に登ったのでまさかの龍華、という感じ。でも一応帰りのめどが立ったので食事を。
港式叉焼飯を注文すると広東語が返ってきました。香港人と思ったのでしょうかね。地下鉄龍華線は香港MTRの経営ですからこのあたりは香港人が多い?
セットメニューにして19元。

帰ってから
お得意のネットと手持ちの等高線の入った深圳の地図などで調べまくりほぼ概要が把握できました。羊台山森林公園は面積が28.5km2あるので大羊台山エリアだけではなくほかにもあるはず・・と思っていたので小羊台山部分との出会いは目からうろこ。実にわくわくする日でした。
これからしばらく羊台山に凝ってみようと思います。

写真は次回・・・

 


南の塘朗山頂から見た羊台山脈です。最高峰が羊台山(大羊台山587m)、右へ行くと小羊台山(たぶん462m)、さらに右へ行ってふもとには龍華の街です。
大羊台山部と小羊台山部に分かれてそれぞれの区分で整備が進んでいるようです。以前整備が始まっていないと思っていたのですが小羊台山の方が先行して整備されていたので分からなかったのでしょうね。
これまでは最高峰の向こう側から登り始め山頂へ、そして下山はもと来た道を下るだけでしたので小羊台山エリアは知るよしもありませんでした。

新しく整備されたのは大羊台山と小羊台山エリアをつなぐ登山道で今回行った道でした。まあ登山道というか上り下りの多い山歩き道ですかね。

小羊台山エリア(案内板の写真から作成)


2013.09.29 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   新生羊台山ふたたび - 新設登山道を下山・思わぬ展開 写真編(2013.9.26)

新生羊台山経過時間(2013.9.25)
大羊台山登山口 大羊台山頂 1時間15分
大羊台山頂 小羊台山エリアの合流点 25分
小羊台山エリアの合流点 小羊台山エリア登山口 1時間20分

小羊台山エリアへのアクセス
バス 羊台山(大浪路口) 下車 → 羊台山(大浪路口)

大羊台山の山頂です


山頂からの新しい登山道。ここを下ります


石段が続きます。


小羊台山エリアとの合流点。 標識が何もないのでちょっと不安



小羊台山エリア
大羊台山より先行して整備が行われたようです。かなり公園らしくなっていました。
途中渓流があったり飲める水の採取場があったりまあまあハイキング気分で。
水の味はちょっと癖があるものの梧桐山のより柔らかくておいしい感じでした。
けっこう整備ができていました




渓流もありました




ふもとの登山口付近です。一番公園らしくなっていました。


羊台山森林公園入口のエントランス


2013.10.05 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

   《深圳八景・羊台叠翠》 羊台山森林公園・小羊台山へ (1)

小羊台山 山頂

小羊台山へ (2013.10.5)

またまたやってきました、羊台山森林公園。
今回は前回の情報に基づき小羊台山エリアを散策債ました。

写真の黄色い道、右上部分が公園入口で登山口です。今日はここから右回りに回って元に戻るルートを歩いてみました。

このルートの途中に小羊台山の山頂(462m)がありました。したがってこの道は高低差のあるルート。
小羊台山まではほぼ1時間、国慶節休暇のせいか、けっこうな人気、人であふれています。今まで大羊台山がメインだと思っていたのですがこちらの方が羊台山森林公園としては中心があるようですね。登山道も大羊台山と同じぐらいに整備されたように見えます。

小羊台山の山頂を越えても上り下りの変化を繰り返しながら少しずつ登っていきますのでけっこうハードなルートでした。1周時間は約3時間半、私の裏山フルコースと同程度のいいコースでした。

詳細は次回に。

 

小羊台山頂からはるか大羊台山を。 前回はあそこから小羊台山系にやってきました。けっこう遠い・・


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by