FC2ブログ
カテゴリー 《 カレンダー 》  6 記事  1 ページ

2014.01.30 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2014年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2014年



クリックしてください。原寸になります。


2015年 (休日未定)






陰暦(旧暦)について
陰暦(旧暦)  - (★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日は常に満月になります。
  2. 太陽の運行で「月」の名を定めます。
  3. 基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月を交互に繰り返します。(月の満ち欠けの周期が29.53日のため)
  4. 陰暦での1年はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年ほどすると8月が冬になってしまいますのでおよそ3年に一度、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します。
    2014年は13ヶ月の年にあたり太陽暦10月24日から2回目の陰暦9月(閏9月)が始まります。
「立春」とか「大寒」などは1年365日を24等分したもので二十四節気と言い太陽暦になりますが西暦(グレゴリオ暦)とは少しずれることがあります。
農業はこの太陽暦部分を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春を起算日としています。
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。

二十四節気 2014年 (カレンダーに緑字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を太陽の運行に合わせて24等分したもので12の節気と12の中気を含みます。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    今年(2014年)の10月24日からの閏9月は中気が含まれていないので閏月になっています。
節気 中気
小寒 1月5日 大寒 1月20日 (陰暦)12月
立春 2月4日 雨水 2月19日 1月
啓蟄 (★惊蛰) 3月6日 春分 3月21日 2月
清明 4月5日 穀雨 (★谷雨) 4月20日 3月
立夏 5月5日 小満 5月21日 4月
芒種 (★芒种) 6月6日 夏至 6月21日 5月
小暑 7月7日 大暑 7月23日 6月
立秋 8月7日 処暑 8月23日 7月
白露 9月8日 秋分 9月23日 8月
寒露 10月8日 霜降 10月23日 9月
立冬 11月7日 小雪 11月22日 10月
大雪 12月7日 冬至 12月22日 11月


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

農暦による休日は、春節の他、端午節、中秋節の計三つです。太陽暦である二十四節気の清明節は、 西暦で運用されています。

2014.12.25 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2015年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2015年



クリックしてください。原寸になります。
左のブログメニューの「2015年全年」をクリックしても原寸がでます。




陰暦(旧暦)について
陰暦(旧暦)  - (★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日は満月になります。
  2. 太陽の運行で何月かを定めます。
  3. 月の満ち欠け周期が29.53日なので基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月を交互に繰り返します。
  4. したがって陰暦での1年はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年たつと170日ほどずれていきますので8月ごろが冬になってしまいます。で、およそ3年に一度、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します。
    2015年は閏月がありませんので1年12ヶ月です。
「立春」とか「大寒」などは1年365日を24等分したもので二十四節気と言い太陽の運行を測定したものです。したがって二十四節気は太陽暦となります。
農業はこの太陽暦部分を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春(2月4日ごろ)を起算日としています。
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。


二十四節気 2015年 (カレンダーに緑字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を太陽の運行に合わせて24等分したもので12の節気と12の中気を含みます。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    たとえば大寒のある月は12月、春分のある月は2月とか・・・
  3. 2015年の「小雪」は中国では11月22日ですが日本では1時間の時差のため23日になります。
節気 中気
小寒 1月6日 大寒(陰暦12月) 1月20日
立春 2月4日 雨水(陰暦1月) 2月19日
啓蟄 (★惊蛰) 3月6日 春分(陰暦2月) 3月21日
清明 4月5日 穀雨 (★谷雨)(陰暦3月) 4月20日
立夏 5月6日 小満(陰暦4月) 5月21日
芒種 (★芒种) 6月6日 夏至(陰暦5月) 6月22日
小暑 7月7日 大暑(陰暦6月) 7月23日
立秋 8月8日 処暑(陰暦7月) 8月23日
白露 9月8日 秋分(陰暦8月) 9月23日
寒露 10月8日 霜降(陰暦9月) 10月24日
立冬 11月8日 小雪(陰暦10月) 11月22日
大雪 12月7日 冬至(陰暦11月) 12月22日


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

農暦による休日は、春節の他、端午節、中秋節の計三つです。太陽暦である二十四節気の清明節は、 西暦で運用されています。

2015.12.16 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2016年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2016年



クリックしてください。原寸になります。
左のブログメニューのカレンダーをクリックすると表示年の全年がポップアップします。




陰暦(旧暦)について
陰暦(旧暦)  - (★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日は満月になります。
  2. 月の満ち欠け周期が29.53日なので基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月がほぼ交互に繰り返されます。
  3. したがって陰暦での1年12ヶ月はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年たつと半年ほどずれて8月ごろが冬になってしまいます(純太陰暦)。で、およそ3年に一度、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します(太陰太陽暦)。
    陰暦の場合、閏月のある年を閏年と言います。
  4. 2016年は閏月がありませんので1年12ヶ月です。
「立春」とか「大寒」などは1年365日を何時何分の単位で正確に24等分(*)した時刻を含む日で二十四節気と言い太陽の運行を測定したもので太陽暦に属します。  ( 24等分には定気法と平気法があります)
農業はこの太陽暦部分を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春(2月4日ごろ)を起算日としています。
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。


二十四節気 2016年 (カレンダーに緑字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を24等分した分割点を含む日で12の節気と12の中気を含みます。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    たとえば大寒のある月は12月、春分のある月は2月とか・・・
  3. 日本と中国では時差のため日がずれることがあります。2016年は2つ、大寒:中国北京時間1月20日23時27分、日本標準時(明石)1月21日0時27分、そして穀雨:中国4月19日23時29分、日本4月20日0時29分。
  4. 二十四節気は太陽暦ですが天体観測で日を決めていますので西暦よりも正確な日だと言えるでしょう。
は日本名 / こよみ
節気 黄経 中気 黄経
小寒 1月6日
285°
大寒(太陰太陽暦12月) 1月20日(21日)
300°
立春 2月4日
315°
雨水(太陰太陽暦1月) 2月19日
330°
惊蛰 (啓蟄) 3月5日
345°
春分(太陰太陽暦2月) 3月20日
清明 4月4日
15°
谷雨 (穀雨)(太陰太陽暦3月) 4月19日(20日)
30°
立夏 5月5日
45°
小満(太陰太陽暦4月) 5月20日
60°
芒种 (芒種) 6月5日
75°
夏至(太陰太陽暦5月) 6月21日
90°
小暑 7月7日
105°
大暑(太陰太陽暦6月) 7月22日
120°
立秋 8月7日
135°
処暑(太陰太陽暦7月) 8月23日
150°
白露 9月7日
165°
秋分(太陰太陽暦8月) 9月22日
180°
寒露 10月8日
195°
霜降(太陰太陽暦9月) 10月23日
210°
立冬 11月7日
225°
小雪(太陰太陽暦10月) 11月22日
240°
大雪 12月7日
255°
冬至(太陰太陽暦11月) 12月21日
270°

春節の日の変動
毎年日が変わる春節ですがどれくらい日がずれるのかと言うことですが・・
春節は太陰太陽暦の一月一日ですが一月となるためにはその月に二十四節気の雨水が含まれていなければなりません。雨水はグレゴリオ歴(西暦)で2月19日ごろ、仮に2月19日とすると一番遅い春節はグ歴2月19日となります。2月19日が太陰太陽暦の一月末、一月三十日だとすると一月一日はグ歴の1月21日となります。
したがって春節の日は グ歴1月21日から2月19日の間を変動することになります。


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

農暦による休日は、春節の他、端午節、中秋節の計三つです。太陽暦である二十四節気の清明節は、 西暦で運用されています。


西暦(グレゴリオ暦)について
現在一般に使われている西暦(グレゴリオ暦)は太陽暦で一月一日のみ正確に設定するもので、陰暦から発生して紀元前45年に定められたユリウス暦に閏年の調整を正確にして16世紀に定められたものです。
ユリウス暦は4年毎に閏年を設けていましたが1年は365.24日あまりなので4年に1回の閏年では微妙に多いのでさらに正確にして400年に97回の閏年としたのがグレゴリオ暦です。調整により400年の長さ14万6096.88日に対してグレゴリオ暦では14万6097日になります。(ユリウスはユリウス・カエサル、英文名ジュリアス・シ-ザー)

もともと1年は 3月から始まり2月が年の最後でした。ユリウス暦はこれを1月から始まるように変更、奇数月を31日、偶数月を30日としましたが調整月を2月にして2月は29日(閏年は30日)としました。
ユリウスは7月に自分の名前を付けました。さらにシーザーの実質後継者のアウグストゥスは8月に自分の名前つけて大の月(31日)とし、以後の偶数月を大の月、奇数月を小の月としました。このため2月はさらに短くなり28日(閏年は29日)となりました。

3月から始まっていた名残は名前に残っています。9月September、ラテン語では7をseptemと言うそうです。10月Octoberのoctoは8。さらに11月Novemberのnovemは9、12月Decemberのdecemは10。
ちなみに
1月 January ラテン語Januarius Janus神の月
2月 February ラテン語Februarius 厄払いの儀式の月
3月 March ラテン語Martius 軍神 Marsの月
4月 April ラテン語Aprilis アフロディテの月
5月 May ラテン語Maius Maia (繁殖・成長の女神の名)の月
6月 June ラテン語Junius Junoの月

2016.12.14 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2017年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2017年



クリックしてください。原寸になります。
左のブログメニューのカレンダーをクリックすると表示年の全年がポップアップします。




陰暦(旧暦)について
陰暦(旧暦)  - (★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日は満月になります。
  2. 月の満ち欠け周期が29.53日なので基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月がほぼ交互に繰り返されます。
  3. したがって陰暦での1年12ヶ月はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年たつと半年ほどずれて8月ごろが冬になってしまいます(純太陰暦)。で、およそ3年に一度、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します(太陰太陽暦)。
    陰暦の場合、閏月のある年を閏年と言います。
  4. 2017年は6月と7月のあいだに閏6月があり1年13ヶ月です。
「立春」とか「大寒」などは1年365日を何時何分の単位で正確に24等分(*)した時刻を含む日で二十四節気と言い太陽の運行を測定したもので太陽暦に属します。  ( 24等分には定気法と平気法があります)
農業はこの太陽暦部分を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春(2月4日ごろ)を起算日としています。
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。


二十四節気 2017年 (カレンダーに緑字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を24等分した分割点を含む日で12の節気と12の中気を含みます。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    たとえば大寒のある月は12月、春分のある月は2月とか・・・
  3. 日本と中国では時差のため日がずれることがあります。2017年は2つ、立春:中国北京時間2月3日23時34分、日本標準時(明石)2月4日0時34分、そして大暑:中国7月22日23時15分、日本7月23日0時15分。
  4. 二十四節気は太陽暦ですが天体観測で日を決めていますので西暦よりも正確な日.。
は日本名 / こよみ
節気 黄経 中気 黄経
小寒 1月5日
285°
大寒(太陰太陽暦12月) 1月20日
300°
立春 2月3日(2月4日)
315°
雨水(太陰太陽暦1月) 2月18日
330°
惊蛰 (啓蟄) 3月5日
345°
春分(太陰太陽暦2月) 3月20日
清明 4月4日
15°
谷雨 (穀雨)(太陰太陽暦3月) 4月20日
30°
立夏 5月5日
45°
小満(太陰太陽暦4月) 5月21日
60°
芒种 (芒種) 6月5日
75°
夏至(太陰太陽暦5月) 6月21日
90°
小暑 7月7日
105°
大暑(太陰太陽暦6月) 7月22日(7月23日)
120°
立秋 8月7日
135°
処暑(太陰太陽暦7月) 8月23日
150°
白露 9月7日
165°
秋分(太陰太陽暦8月) 9月23日
180°
寒露 10月8日
195°
霜降(太陰太陽暦9月) 10月23日
210°
立冬 11月7日
225°
小雪(太陰太陽暦10月) 11月22日
240°
大雪 12月7日
255°
冬至(太陰太陽暦11月) 12月22日
270°

春節の日の変動
毎年日が変わる春節ですがどれくらい日がずれるのかと言うことですが・・
春節は太陰太陽暦の一月一日ですが一月となるためにはその月に二十四節気の雨水が含まれていなければなりません。雨水はグレゴリオ歴(西暦)で2月19日ごろ、仮に2月19日とすると一番遅い春節はグ歴2月19日となります。2月19日が太陰太陽暦の一月末、一月三十日だとすると一月一日はグ歴の1月21日となります。
したがって春節の日は グ歴1月21日ごろから2月19日ごろの間を変動することになります。


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

農暦による休日は、春節の他、端午節、中秋節の計三つです。太陽暦である二十四節気の清明節は、 西暦で運用されています。


西暦(グレゴリオ暦)について
現在一般に使われている西暦(グレゴリオ暦)は太陽暦で一月一日のみ正確に設定するもので、陰暦から発生して紀元前45年に定められたユリウス暦に閏年の調整を正確にして16世紀に定められたものです。
ユリウス暦は4年毎に閏年を設けていましたが1年は365.24日あまりなので4年に1回の閏年では微妙に多いのでさらに正確にして400年に97回の閏年としたのがグレゴリオ暦です。調整により400年の長さ14万6096.88日に対してグレゴリオ暦では14万6097日になります。(ユリウスはユリウス・カエサル、英文名ジュリアス・シ-ザー)

もともと1年は 3月から始まり2月が年の最後でした。ユリウス暦はこれを1月から始まるように変更、奇数月を31日、偶数月を30日としましたが調整月を2月にして2月は29日(閏年は30日)としました。
ユリウスは7月に自分の名前を付けました。さらにシーザーの実質後継者のアウグストゥスは8月に自分の名前つけて大の月(31日)とし、以後の偶数月を大の月、奇数月を小の月としました。このため2月はさらに短くなり28日(閏年は29日)となりました。

3月から始まっていた名残は名前に残っています。9月September、ラテン語では7をseptemと言うそうです。10月Octoberのoctoは8。さらに11月Novemberのnovemは9、12月Decemberのdecemは10。
ちなみに
1月 January ラテン語Januarius Janus神の月
2月 February ラテン語Februarius 厄払いの儀式の月
3月 March ラテン語Martius 軍神 Marsの月
4月 April ラテン語Aprilis アフロディテの月
5月 May ラテン語Maius Maia (繁殖・成長の女神の名)の月
6月 June ラテン語Junius Junoの月

2017.12.03 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2018年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2018年



クリックしてください。原寸になります。
左のブログメニューのカレンダーをクリックすると表示年の全年がポップアップします。

太陰太陽暦(陰暦、旧暦)について
太陰太陽暦 ★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日は満月になります。
  2. 月の満ち欠け周期が29.53日なので基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月がほぼ交互に繰り返されます。
  3. したがって陰暦での1年12ヶ月はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年たつと半年ほどずれて8月ごろが冬になってしまいます(純太陰暦)。で、およそ3年に一度(19年に7度)、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します(太陰太陽暦)。
    陰暦の場合、閏月のある年を閏年と言います。
  4. 2018年は閏月がありません。1年12ヶ月です。
「立春」とか「大寒」などは1年365日を何時何分の単位で正確に24等分(*)した時刻を含む日で二十四節気と言い太陽の運行を測定したもので太陽暦に属します。  ( 24等分には定気法と平気法があり定気法が使われています)
農業はこの太陽暦部分を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春(2月4日ごろ)を起算日としています。
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。


二十四節気 2018年 (カレンダーに緑字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を24等分した分割点を含む日で12の節気と12の中気を含みます。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    たとえば大寒のある月は12月、春分のある月は2月とか・・・
  3. 日本と中国では時差のため日がずれることがあります。2018年は
     《惊蛰 ( 啓蟄)》 中国 : 3月5日23時28分  日本 : 3月6日0時28分
  4. 二十四節気は太陽暦ですが天体観測で日を決めていますので西暦よりも正確な日.。
は日本での節気名と日
節気   (節気名 | 日 | 黄経) 中気   (節気名 | 日 | 黄経)
小寒 1月5日
285°
大寒(12月) 1月20日
300°
立春 2月4日
315°
雨水(1月) 2月19日
330°
惊蛰 / 啓蟄 3月5日 / 3月6日
345°
春分(2月) 3月21日
清明 4月5日
15°
谷雨 / 穀雨(3月) 4月20日
30°
立夏 5月5日
45°
小満(4月) 5月21日
60°
芒种 / 芒種 6月6日
75°
夏至(5月) 6月21日
90°
小暑 7月7日
105°
大暑(6月) 7月23日
120°
立秋 8月7日
135°
処暑(7月) 8月23日
150°
白露 9月8日
165°
秋分(8月) 9月23日
180°
寒露 10月8日
195°
霜降(9月) 10月23日
210°
立冬 11月7日
225°
小雪(10月) 11月22日
240°
大雪 12月7日
255°
冬至(11月) 12月22日
270°


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

農暦による休日は、春節の他、端午節、中秋節の計三つです。太陽暦である二十四節気の清明節は、 西暦で運用されています。

春節の日の変動
毎年日が変わる春節ですがおよそ西暦1月21日から2月19日の間を変動します。

春節は太陰太陽暦の一月一日ですが一月となるためにはその月に二十四節気の雨水が含まれていなければなりません。雨水はグレゴリオ歴(西暦)で2月19日ごろ、仮に2月19日とすると一番遅い春節はグ歴2月19日となります。2月19日が太陰太陽暦の一月末、一月三十日だとすると一月一日はグ歴の1月21日となります。
したがって春節の日は グ歴1月21日ごろから2月19日ごろの間を変動することになります。

定気法
地球は太陽の周りを純円軌道ではなくほんの少し楕円軌道をとっています。ですので太陽に近い部分では早く遠い部分では遅く動きます。このため北半球では夏は長く冬は短くなります。たとえば春分から秋分までのおよそ186日に対して秋分から春分まではおよそ179日しかありません。
平気法では365日の時間で24等分しますが定気法では太陽の視黄経を角度で24等分します。で、上記の春分・秋分になります。
二十四節気は定気法が使用されています。


西暦(グレゴリオ暦、Gregorian calendar)について
現在一般に使われている西暦(グレゴリオ暦)は太陽暦で一月一日のみ正確に設定します。陰暦から発生して紀元前45年にユリウス暦が定められましたが、ユリウス歴の閏年の調整を正確にして16世紀にグレゴリオ暦が定められました。

ユリウス暦は4年毎に閏年を設けていましたが1年は365.24日あまりなので4年に1回の閏年では微妙に多いのでさらに正確にして400年に97回の閏年としたのがグレゴリオ暦です。調整により400年の長さ14万6096.88日に対してグレゴリオ暦では14万6097日になります。(ユリウスはユリウス・カエサル、英文名ジュリアス・シ-ザー)

もともと1年は 3月から始まり2月が年の最後でした。ユリウス暦はこれを1月から始まるように変更、奇数月を31日、偶数月を30日とし、調整月を2月にして2月は29日(閏年は30日)としました。
ユリウスは7月に自分の名前を付けました。さらにシーザーの実質後継者のアウグストゥスは8月に自分の名前つけて大の月(31日)とし、以後の偶数月を大の月、奇数月を小の月としました。このため2月はさらに短くなり28日(閏年は29日)となりました。

3月から始まっていた名残は名前に残っています。9月September、ラテン語では7をseptemと言うそうです。10月Octoberのoctoは8。さらに11月Novemberのnovemは9、12月Decemberのdecemは10。
ちなみに
1月 January ラテン語Januarius Janus神の月
2月 February ラテン語Februarius 厄払いの儀式の月
3月 March ラテン語Martius 軍神 Marsの月
4月 April ラテン語Aprilis アフロディテの月
5月 May ラテン語Maius Maia (繁殖・成長の女神の名)の月
6月 June ラテン語Junius Junoの月


*********
暦の決め方は長い年月で変更されていますので諸説たくさんあるようです。ネットで色々探しまして自分が納得できるような説を選びました。したがってここに書いたことが全く正しいということではありません。

2018.12.01 カテゴリ:定期記事 >  カレンダー 

中国・香港カレンダー 2019年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き + 陰暦と西暦の説明

中国・香港カレンダー2019年 陰暦(旧暦)、二十四節気付き



クリックしてください。原寸になります。
左のブログメニューのカレンダーをクリックすると表示年の全年がポップアップします。



太陰太陽暦(陰暦、旧暦)について
太陰太陽暦 ★农历・農暦、 Lunisolar Calendar
陰暦(旧暦)は正確には太陰太陽暦と言い、太陰暦と太陽暦を組み合わせたものです。(太陰=月)
  1. 月(太陰)の満ち欠けで「日」を定めます。月の見えない新月の日を1日(ついたち)としますので15日ごろは満月になります。
  2. 月の満ち欠け周期が29.53日なので基本的に1ヶ月30日の大の月と1ヶ月29日の小の月がほぼ交互に繰り返されます。
  3. したがって陰暦での1年12ヶ月はおよそ354日、太陽暦よりも10日あまり短いので何も調整しないと17年たつと半年ほどずれて8月ごろが冬になってしまいます。で、およそ3年に一度(19年に7度)、閏月を挿入して1年13ヶ月として季節を調整します(太陰太陽暦)。
    陰暦の場合、閏月のある年を閏年と言います。
  4. 2019年は閏月がありません。1年12ヶ月です。2020年が次の閏年になります。

二十四節気 2019年 (カレンダーに緑地ぬき文字表示)
  1. 「立春」とか「大寒」などでおなじみの二十四節気は太陽暦の1年365日を24等分した分割点を含む日で12の節気と12の中気を含みます。 ( 24等分には定気法と平気法があり定気法が使われています)
    陰暦の日は季節感が少しずれますので農業にはこの二十四節気を使います。二百十日とか八十八夜とかは二十四節気の立春(2月4日ごろ)を起算日としています。
  2. 陰暦の1ヶ月の中に含まれる中気で月名が決まります。中気を含まない月は閏月になります。
    たとえば大寒のある月は12月、春分のある月は2月とか・・・
  3. 日本と中国では時差のため日がずれることがあります。
    2019年は
    小寒 : 中国1月5日23時39分 日本1月6日0時39分
    夏至 : 中国6月21日23時54分 日本6月22日0時54分
  4. 二十四節気は太陽暦ですが天体観測で日を決めていますので西暦よりも正確な日.。
は日本での節気名と日
2019年 節気   (節気名 / 日 / 黄経) 2019年 中気   (節気名 / 日 / 黄経)
小寒 1月5日( 1月6日)
285°
大寒(12月) 1月20日
300°
立春 2月4日
315°
雨水(1月) 2月19日
330°
惊蛰( 啓蟄) 3月6日
345°
春分(2月) 3月21日
清明 4月5日
15°
谷雨( 穀雨)(3月) 4月20日
30°
立夏 5月6日
45°
小満(4月) 5月21日
60°
芒种( 芒種) 6月6日
75°
夏至(5月) 6月21日 ( 6月22日)
90°
小暑 7月7日
105°
大暑(6月) 7月23日
120°
立秋 8月8日
135°
処暑(7月) 8月23日
150°
白露 9月8日
165°
秋分(8月) 9月23日
180°
寒露 10月8日
195°
霜降(9月) 10月24日
210°
立冬 11月8日
225°
小雪(10月) 11月22日
240°
大雪 12月7日
255°
冬至(11月) 12月22日
270°


中国の農暦(★农历)について
1911年(辛亥年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1912年から、公用暦は太陽暦となりました。このため、それ以前の太陰太陽暦を総称するものとして「農暦」という言葉が作られました。
一般的には、直近の清の時代(1645年)に制定された「時憲暦」を指しますが、現在の農暦は 休日である春節を決定するため、現代天文学に基づいて、時憲暦のルールで国家管理されています。

春節の日の変動幅
中国も香港もこの太陰太陽暦の1月1日の正月(春節)を祝いますので毎年日が変わります。
およそ西暦1月21日から2月19日の間を変動します。

春節は太陰太陽暦の一月一日ですが一月となるためにはその月に二十四節気の雨水が含まれていなければなりません。雨水はグレゴリオ歴(西暦)2月19日ごろ。
太陰太陽暦一月一日がグレゴリオ暦2月19日とすると春節はグレゴリオ歴2月19日となります。
2月19日が太陰太陽暦の一月末、一月三十日だとすると一月一日の春節はグレゴリオ歴の1月21日となります。
したがって春節の日はグレゴリオ歴1月21日ごろから2月19日ごろの間を変動することになります。

定気法
地球は太陽の周りを純円軌道ではなくほんの少し楕円軌道をとっています。ですので太陽に近い部分では早く遠い部分では遅く動きます。このため北半球では夏は長く冬は短くなります。たとえば春分から秋分までのおよそ186日に対して秋分から春分まではおよそ179日しかありません。
平気法では365日の時間で24等分しますが定気法では太陽の視黄経を角度で24等分します。で、上記の春分・秋分になります。
二十四節気は定気法が使用されています。


西暦(グレゴリオ暦、Gregorian calendar)について
現在一般に使われている西暦(グレゴリオ暦)は太陽暦で一月一日のみ正確に設定します。陰暦から発生して紀元前45年にユリウス暦が定められましたが、ユリウス歴の閏年の調整を正確にして16世紀にグレゴリオ暦が定められました。

ユリウス暦は4年毎に閏年を設けていましたが1年は365.24日あまりなので4年に1回の閏年では微妙に多いのでさらに正確にして400年に97回の閏年としたのがグレゴリオ暦です。調整により400年の長さ14万6096.88日に対してグレゴリオ暦では14万6097日になります。
ユリウスはユリウス・カエサル、英文名ジュリアス・シ-ザー
400年に97回の閏年とするために100年の倍数の年を閏年としません。ただし400年の倍数の年は閏年とします。

もともと1年は 3月から始まり2月が年の最後でした。ユリウス暦はこれを1月から始まるように変更、奇数月を31日、偶数月を30日とし、調整月を2月にして2月は29日(閏年は30日)としました。
ユリウスは7月に自分の名前を付けました。さらにシーザーの実質後継者のアウグストゥスは8月に自分の名前つけて大の月(31日)とし、以後の偶数月を大の月、奇数月を小の月としました。このため2月はさらに短くなり28日(閏年は29日)となりました。

3月から始まっていた名残は名前に残っています。9月September、ラテン語では7をseptemと言うそうです。10月Octoberのoctoは8。さらに11月Novemberのnovemは9、12月Decemberのdecemは10。
ちなみに
1月 January ラテン語Januarius Janus神の月
2月 February ラテン語Februarius 厄払いの儀式の月
3月 March ラテン語Martius 軍神 Marsの月
4月 April ラテン語Aprilis アフロディテの月
5月 May ラテン語Maius Maia (繁殖・成長の女神の名)の月
6月 June ラテン語Junius Junoの月


*********
暦の決め方は長い年月で変更されていますので諸説たくさんあるようです。ネットで色々探しまして自分が納得できるような説を選びました。



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by