FC2ブログ
カテゴリー 《 珠海 》  5 記事  1 ページ

2015.06.18 カテゴリ: 珠海 

珠海地下街のたこ焼き 大阪町?太阪町?

珠海地下街のたこ焼き 大阪町?太阪町? (2015.6.17)

さてマカオへ。
連日の内装工事準備で少し疲れを感じているのでマカオへ出てイミグレ前のスーパーで買い物をするとすぐにリターン、珠海へ戻りました。
スマホの地図アプリを見ると珠海にもイギリス系のホームセンター百安居(B&Q)があるようなので地図アプリの手順に従ってバスに乗って行きました。
「!!」更地になって新しい建設工事をやっていました・・どうやらなくなったみたい。
で、すごすごと珠海のイミグレ前まで引き返してバスターミナルへ。途中、眼鏡屋があったので老眼鏡の換えのため買い増しを。なかなかいい眼鏡屋でした。安いめがねでしたがちゃんと超音波清浄機でめがねを洗ってからわたしてくれました。


地下街を通ってバスターミナルへ向かいます。またまた寄り道。たこ焼き屋がありました。
中山でもいくつかたこ焼き屋があるのでそんなにめずらしくはないのですが店の名前が・・・大阪町?それとも太阪町? そして流ちょうな日本語で「たこ焼き」。なんかちょっと楽しいですね。

買いました。4個5元。たこらしきものも入っていましたよ。





少し歩くとまた同じ名前の店が。チェーン店のようですね。もう買いませんでしたが・・
それにしてもたくさんの人が買っていました。


2015.09.08 カテゴリ: 珠海 

ちょっと珠海へ スナップ

ちょっと珠海へ (2015.9.8)

マカオへ。知らず知らず内装が気になるのか、マカオへ行ってもイミグレ前のスパーで買い物をしてとんぼ返りするこのごろです。

今日は珠海に戻って少し散歩。珠海は今日、夏にしては能見度(●視程)が良くないですね。見たところ10kmちょっとと言うところでしょうか。



珠海・イミグレ前。天気はまあまあ、でも能見度は・・


イミグレに近い市場で。こういうのは割合好きですね。


地下街のたこ焼き屋、大阪屋ならぬ太阪屋。いつ行ってもここだけにぎやかです。


2018.01.11 カテゴリ: 珠海 

《珠海》 立派な普陀寺と珠海鳳凰山

普陀寺と珠海鳳凰山 (2018.1.11)

地図アプリでちょっとしたお寺を見つけました。地図アプリの写真を見ると立派なお寺、ちょっと見に行くか、と言うことで出かけました。珠海の普陀寺。

普陀寺へ

K16の快速バスで孫中山故居を過ぎて珠海特区のボーダー近くまで行き珠海のバス66路に乗り換えさらに70路に乗り換えて普陀寺へ。
マンション探し以来の珠海の周辺部探訪です。すごく新鮮。知らない町を訪れるのはわくわくしますね。

最初の乗り換え地ではまだマンションの建設とインフラ整備中でバス停の目印がまだありません・・・
反対側に折り返さねばなりませんが反対側のバス停がどこか・・・ ちょうど人がいたので助かりました。
それからは順調に。

K16で出発してから1時間40分で到着。
地図アプリの見積もり時間は2時間50分となっていましたので「ほんまかいな」と思っていたのですがやっぱりでした。どういうシステムなのか地図アプリの見積もり時間はいつも長すぎる。


地図アプリの写真通りの立派なお寺、ちょっとびっくり。
こんな場所にたくさんの真新しい堂宇が建ち並びます。

さて写真を。
んん・・なんと「カードが入っていません」のワーニング。しまった、PCに入れたままだった!!
と言うわけで仕方なしにタブレットで写真を。
普陀寺










珠海鳳凰山

実は今回の目的は普陀寺ではありませんでした・・・
珠海の山を検索中、珠海にも鳳凰山があることを知り登ってみようと思ってウェブで登山口を探しているうちに出会ったお寺が普陀寺でした。立派そうなお寺だったのでまずこちらを、ということで見学をしたわけで。

で、このあと登山道を調査に行きました。簡単に見つかりましたが・・・道がテープでふさがれて通行止めになっているような・・人が出てきました。公安のような雰囲気。
通れませんとのこと。鳳凰山につながる道はどこからもだめだと・・・
台風の余波で鳳凰山がすごいことになっているのかなあ?まあしょうがないですね。いつぐらいに回復するのかな・・
かなりショックです。せっかく新しくレパートリーが増えると思っていたのに。普陀寺から美麗湾(★美丽湾)へ抜けるコースを模索していたのですが・・・しゃーないか。

そういえば、マカオのイミグレ前の地下バスターミナル、台風で浸水して使用できなくなっています。お金のあるマカオのこと、すぐさま改良工事に入っていますが完成は来年のようです。それまで辛抱ですかね。


帰途



バスの車窓から
さて帰ります。来た道を戻りますがのりかえ駅を変えてK16の終点駅まで行きました。ここでは建設されたばかりの住居が内装工事を待っているようです。
緑の林に囲まれてとてもいい感じ。できているのはほとんどが別荘(★别墅)タイプ、タウンハウスの戸建ての家。とても素敵な町並み。
住んでみたいなと思います。でも付近にはまだ買い物とか交通などの手段がない。その前にお金もないので無理ですが。

やっぱり家は生活用と休暇用の2つがほしいですね。週末や長期休暇の時に気軽に訪れられるセカンドハウス。
日本にいる頃からの夢でした。
奈良だと吉野あたりの廃屋なんかを転用できないかとかいろいろ考えたこともありました。
いろいろ希望がありますがもっと若ければの話ですね。

では帰宅です。

2018.01.23 カテゴリ: 珠海 

《珠海》 珠海鳳凰山の大火 山歩きは絶対禁煙、たばこ不携行で・・

珠海鳳凰山の大火

先日珠海鳳凰山の登山口を探すため珠海へ行って見つけたのですが登山止めで肩を落として帰ったのですがあきらめきれずにしつこくネット検索していたのですがとんでもない事実が・・・

私が行ったほんの2、3週間前に珠海鳳凰山で大火があったのです! 2017年12月21日。
ああ、写真を見るとほんとに大火です。通行止めもかなりショックでしたが比較にならない大きなショック。何で・・
→ 珠海鳳凰山大火 図片




先日訪れたとき、バスの車窓から見えた鳳凰山らしい山は山上がはげ山でなんかちょっとみすぼらしいな、と思っていたのですが山火事のあとだったのですね。

香港の山もけっこう山火事があるようで時々やめ焦げたあとを見ることがありましたがこんなのは初めてな感じです。これでは道しるべやなんやら全部すっからかんになってしまったのかもしれません。
犠牲者もいらっしゃったのでしょうか・・・

原因は調査中のようですがもしたばこの火なら・・・腹立たしいと同時にもし自分がこの中にいたらと思うと恐ろしくてしょうがないです。確実に死にます。
深圳の山では登山口に小さなロッカーがあってたばこやライターを預けておくスタイルになったところも多いですが・・
山歩きは絶対禁煙、たばこの携行もしないで!!

2018.06.11 カテゴリ: 珠海 

《珠海》淇澳島 紅樹林と抗英事件

淇澳島 紅樹林と抗英事件 (2018.6.10)

珠海に湿地公園がありマングローブの公園もあると知って台風一過、出かけました。これらは今工事中で閉鎖されていると言うことでしたが位置確認と環境確認で見学と言うことで。


ラハイナヌーン
台風で見られませんでしたが島へ向かう途中のバス停でハイナヌーンの影響をを確認してみました。
ここらあたりは6月4日がラハイナヌーンですね。それでもほぼ影は真下になっていました。太陽は真上。
 

珠海・淇澳島へ

淇澳島は五桂山に登ったときに見えていた橋の架かった島です。

マンションからは乗り換え2回。2本の珠海バス路線を使います。
珠海にもバスのICカードがありますので検討したのですが10%引きのみでそんなにメリットはないかな、と。最近はやりの支付宝なんかでの支払いが割引はないですが便利かも。ただ私はスマホ代わりにタブレットを使っていますので画面が大きすぎて読めないかも・・・

博覧中心でバスに乗ってから2時間足らずで到着。


紅樹林の入り口
バスを降りるといろんなレンタサイクルがあります。ま、歩くのが基本なので歩きます。
30分ほど歩くと紅樹林生態公園、マングローブ林の入り口。情報通り閉ざされています。

バス停からここらあたりまで相当な部分で工事中。最終的にどうなるか楽しみではあります。見張り役がいましたのでいつオープンできるのか聞いてみるとよく知らないとのこと。
入り口からはきれいな並木の道が続いて気持ちよさそうですが・・




淇澳抗英神炮手と書かれています
あとは近くを散歩してみます。
抗英事件と書かれた紀念公園みたいなのがありました。抗英ですからイギリス。アヘン戦争から20年ほど前の出来事のようです。


ここからバス停まで古民家の路地が続いて土産物、海産物などを売る小店が並びます。けっこう観光地なのでしょうか。海苔を買いました。


紅樹林への並木




さすがにマングローブへの並木、準マングローブに分類されているミフクラギの並木が続いていました。
大きなきれいな果実がなりますが毒があるので食べられません。

目脹ら木 (みふくらぎ)
海芒果 (hǎi máng guǒ)

学 名Cerbera manghas L.
科属名キョウチクトウ科ミフクラギ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by