FC2ブログ
カテゴリー 《 思うままに 》  18 記事  2 ページ
► 次のページへ

2006.09.21 カテゴリ: 思うままに 

パソコンとScenewayの名前

パソコンとScenewayの名前
今日の夜、深圳の電気街、華強路へ行き飛行船を発見。何の目的かはわからないのですが...


私の日本時代から仕事でPCとは大きく関わってきて簡単なソフトを作ったりもしました。ただOSはWindowsでありませんでした。Windowsと言うと失礼ながら多少おもちゃ的な感じがしていたのです。

香港に来て2年近く経った1998年、初めてプライベートにPCを買いました。それまではPCを何に使うかの構想ができていなかったのですが、電子メールの便利さを感じてからPCを導入する気になったのです。

ノートはあまり好きではないのでデスクトップを香港の有名なモンコックの電脳中心で買いました。香港では、デスクトップを買うと言えば基本パーツを集めて作るカスタムオーダーとなります。


でも香港のこと、日本語のWindows95をインストールすると販売店が約束してくれたにもかかわらず、英語版でした。文句を言いましたが、日本語がわからないからと言われたらそんなに期待もできず、結局は初めてのWindowsなので勉強をかねて自分でインストールしてみることにしました。以後、フォーマットとWindowsのインストールを十数回繰り返しWindowsの概要を把握しました。

で肝心のEメール。
日系の会社の方がわかりやすいと言うことで当時のNTTdataを使うことにしてアドレス申請。接続はもちろんダイヤルアップ。5kB/秒というのろさです。

希望アドレスを第3希望まで書くようになっていまして、当時ちょうど竹野内豊の「With Love」がブレイクしてましたので、それにあやかって2つまでは自分の名前をあれやこれやもじったものにしましたが、3つめは面倒になって当時住んでいたアパートの名前、Scenewayにしておいたのです。
で、結果は....一生懸命考えた第2希望までは受け入れられず、適当につけた名前に決定されてしまいました....
そのときはそれが第2の自分の名前になってしまうとは思わずに....

2007.02.02 カテゴリ: 思うままに 

トミーズ事件について

漫才コンビ「トミーズ」海南島事件
漫才コンビ「トミーズ」謝罪 中国での尻出しは法律違反―海南省三亜市

ぱーたいさんのブログに掲載され初めて知りました。ちょっと激怒。(言い方がおかしい・・)
ABCのトミーズのホームページにメールを送りました。

内容は
私は奈良生まれ。インターネットのおかげで中国深センにいながら近畿の言葉を思う存分楽しんでおります。
貴番組も私の愛聴番組の一つ、毎週楽しませていただき感謝しております。
初めてお便りさせていただきます。

こちらの新聞にも大きく取り上げられています、1月27日海南島三亜での事件、複数のニュースでほぼ同じであることから真実だと思いますが、どうなのでしょうか?

香港、中国などでも日本製品の良さは群を抜いており、そして会社もそれなりの信用を持って迎えられております。これらは先陣の日本人が筆舌に尽くしがたい苦労をされて築き上げられてきたものと感謝しながらその恩恵を受け、これらの信用を落とすまいと日夜、一生懸命がんばっております。

信用というものはなかなかすぐには得られないものですが、そういう人々の努力苦労というものを一瞬にして無にしてしまうことは可能です。その大きな事件は珠海の買春事件、そしてそのあとの政府の対応がそれでした。あのとき私は香港に住んでいましたが、しばらくは香港人と顔を合わさないようにしなければなりませんでした。

そして今回の問題です。私には寺側が激怒するのは当然だと思えましたし、それは簡単に予想できたたぐいのものだと思います。
番組でもああいう癖のあることを言っていらっしゃいましたのでただのノリでやられたことだと思いますが、そんなことをして受けているのは身内だけではないのですか?
私なんかでもいいおっさんのものを見たら気持ちも悪いし、多くの人も同じ印象ではないのでしょうか。

どうか中国にも一生懸命働いて信用を作るために努力している日本人がいるということを察していただいて今回の事態、よくお考え下さり、責任を持って逃げずに誠実に事後対応していただけることを切に願っております。

おそらくこのような手紙は無視されることはわかっておりますが書かずにはいられない気持ちをお察し下さい。 では失礼いたします。

2009.09.17 カテゴリ: 思うままに 

日本 政党の血液型構成 - 自民党の特殊な血液型構成

日本 政党の血液型構成 - 自民党の特殊な血液型構成


政党の血液型構成

衆議院議員選挙2009で歴史的な政権交代を実現した民主党。
ちょっと気になって血液型を調べたところ、思わぬ結果が・・

血液型と性格関係研究の第一人者だった能見正比古氏(1925-1981)が1978年に発表した血液型政治学には自民党の血液型構成が書かれていました。

まず日本人全体の血液型分布は
O型 30.7%
A型 38.1%
B型 21.8%
AB型  9.4%
となっていますので普通ならば、政党の血液型構成もほぼこれに従うはず。が、当時の自民党の構成はO型の比率が高くA型を押さえてトップになっていました。
ところが最近の政治家の血液型構成が何となく違っているような気がしていたので今回の選挙をきっかけにちょっと調べてみました。


自民党と民主党の血液型構成
自民党の衆議院と参議院の血液型構成です。(不明は除いています)
参議院は
自民党 参議院
O型 A型 B型 AB型 不明
16 31 17 4 17
23.5% 45.6% 25.0% 5.9%  
そして2009年選挙後の衆議院は
自民党 衆議院
O型 A型 B型 AB型 不明
27 46 27 7 12
25.2% 43.0% 25.2% 6.5%  


そして民主党は
民主党 参議院
O型 A型 B型 AB型 不明
31 41 26 9 13
29.0% 38.3% 24.3% 8.4%  

民主党の衆議院議員に新人が多いためか型不明の議員が多くて統計がとれませんでした。


これを見てみると民主党はほぼ日本人の血液型分布と同じですが、自民党ははっきりと型構成が偏っています。
A型が半数近くを占め、O型が極端に少ないのです。
これだけ偏っているとおそらくこのデータの有意性、すなわち偶然に起こったのではないことを示す指標をとると偶然性は乏しいということになると思います。(残念ながら私は計算ができません)

もしかしてこれも自民党が民意を反映していない、と言われる一つの原因?
それでは日本人の分布とほぼあっている民主党は民意を反映した政治ができるでしょうか・・
今後に興味のあるところです。


新しく決まった内閣閣僚の血液型です。

総理大臣
副総理・国家戦略相
総務相
法相
外相
財務相
文部科学相
厚生労働相
農水相
経済産業相
国土交通相
環境相
防衛相
官房長官
国家公安委員長
郵政改革・金融相
消費者・少子化相
行政刷新担当相

衆議院議長
鳩山 由紀夫
菅 直人
原口 一博
千葉 景子
岡田 克也
藤井 裕久
川端 達夫
長妻 昭
赤松 広隆
直嶋 正行
前原 誠司
小沢 鋭仁
北澤 俊美
平野 博文
中井 洽
亀井 静香
福島 みずほ
仙谷 由人

横路 孝弘
O
O
A
O
O
B
A
AB
*
A
A
B
O
B
A
A
A
A

AB


2011.03.17 カテゴリ: 思うままに 

東日本大震災

大震災

東日本大震災、御見舞申しあげます。

地震
16年前の冬、奈良の買ってまもない家でふしぎに朝5時過ぎに目が覚めました。しばらくしてドスンドスンと縦揺れが続きました。かなり大きそうな地震で醒めていない頭の中で窓を開けた方がいいかな・・と考えながら家のローンも思いきり残っているのに・・といやに冷めている部分が・・
これが阪神・淡路大震災の始めでした。

そして1週間前の3月11日、13時58分(中国時間)に第一回目の地震速報メールが入り、数分間隔で速報メールが入ってくるに及んでこれはただごとではないのでは・・との不安、そして阪神淡路大震災の数十倍になるという最悪の事態になってしまいました。

被害にあわれた方々、心よりお見舞い申し上げます。
原発が何とかおさまってくれることを願って

 

2011.08.31 カテゴリ: 思うままに 

《深圳生活》 エスカレーターは右に立つそれとも左?

《右によって立ちましょう》  深圳地下鉄で

《深圳生活》 エスカレーターは右に立つそれとも左?

エスカレーターは右に立つそれとも左?
エスカレーターに立つ位置は右によって左をあける、またはその逆、というのはお国や地域の事情によって異なります。
香港の場合は車が左で人は右、という地域ですのでエスカレーターに乗る時は左をあけて右に立ちます。以前は地下鉄のエスカレーターには「右に立ちましょう」というワーニングが書かれていましたが、今はこのマナーがすっかり市民生活に馴染んでこのワーニングはなくなりました。

深圳で
深圳もエスカレーターが一般化しているにもかかわらず、これまで何のワーニングもなくどちらに立てばいいのか不明でした。中国の車は右側通行なので対面交通の道交法ならば人は左に立つのが正しいかな・・と思ってはみるものの人を見ればてんでにバラバラに並んでいるのでちょっとおろおろ。 どちらに立つかは雰囲気を見て人が追い越しやすいようにその場その場で適当に立っていました。

ただ 香港人の多い地域や香港人が多くいるイミグレなんかののエスカレーターでは右によってずらーっと並んでいる姿が圧巻です。この場合は立つ位置がはっきりするので楽でしたけどね。

と、最近深圳地下鉄のエスカレーターにこんなワーニングができていました。

《靠右排队》(右に並びましょう)

おっ、左ではないのか。では対面交通ではなく人も車も右側通行なのか・・と思ったのですが、まあ、車だけは決まっているけど人は適当に・・というのが慣例なんでしょうね。
で、香港人が右に並んでいる壮観な眺めを見て、「うん、じゃ右にしよう」と決めたんでしょうかね・・・わかりませんけど。
いずれにしてもはっきり決めてくれたのはありがたいので今後はこの方針で。
( 深圳のBBSを見つけました。写真付き → 深圳論壇 )


ところで日本では関東の場合、左に立つようですね。近畿では右に立ちます。ただし観光客が圧倒的に多い京都方面は複雑なようです。
もう数十年前、日本でエスカレーターの立ち方のマナーがなかった時にヨーロッパへ取材に行った新聞社の人が新聞のコラムで「エスカレーターでみんなが左によって立っているのを見て非常な驚きだった」と書いていたのを覚えています。
その後東京でエスカレータでは左によって立つというのを聞きました。
さらに大阪ではたしか阪急百貨店だったと思いますが「エスカレーターはお急ぎの方のために左をあけて右に立ちましょう」とアナウンスしていたのを覚えています。

 

2012.04.20 カテゴリ: 思うままに 

毎日のストレッチ 身体を柔軟に・・

毎日のストレッチ

かなり昔の話になりますが大相撲の海外巡業でのフランスでのことでした。
取り組み前のデモンストレーションで力士全員が登場、一斉に股割りを始め、その柔軟な身体に観客から「ウォー!!」というどよめきが起こりました。私も当然「ウォー」でした。だってあの身体で股割りができるなんてね。
でも考えてみればあんな大きな体で投げられるのですから身体が硬ければ常にけがをしている状態になるわけで受け身のために股割りは必要ですよね。

上半身のストレッチを開始
身体が日に日に固くなっていくのを感じていました。
重い腰を上げてネット検索。山歩きはよくしているので下半身よりもまず上半身からと「ストレッチ 上半身」のキーワードで検索するとたくさん出てきました。今の時代ですから動画を使用しての説明で非常にわかりやすい。
中から適当なものを選んでPCをやりながら1セットで10分ぐらいの上半身のストレッチを開始。

「ん・・えっ・・」
肩が突っ張るというか肩こりが倍加したというか、肩がいいようのない不快感に・・・マッサージに行ってほぐすか、とも考えたぐらいでした。
ともあれ2、3日続けると逆に肩が軽くなって肩こりがかなり和らいだようになってきました。
「おっ 効果あるやん」
と認識、以後は毎日数回欠かさずストレッチをするようになりました。それにしてもからだが異常なくらいに固くなってたのでしょうかね。
それまでは山歩きをする時にリュックを抱えていても肩が凝るような感じになっていたのがストレッチを始めてからウソみたいにさわやかになりました。

考えてみると私の好きなマッサージというのは自分でストレッチをやる代わりに人にやらせるという横柄なものだったのでしょうかね。


下半身も
整備された登山道を行く場合は石畳やら石段なので問題は少ないのですが整備されていないところでは急坂をよじ登ったり、丸太を飛び越えたりといろいろアクロバット的な格好をすることがあり身体が硬いと危険を感じることもあって下半身のストレッチも考えるようになりネットを検索。
いろいろ動画を提供してくれているサイトがありましたのでいろいろやってみて効果のありそうなものを選び、さらに一つ一つのメニューを検討して30分程度のエクササイズにまとめましてこれを1日2回程度やってみることにしました。
たとえば・・・ ストレッチ - 筋トレ前後 -
要点はそれぞれのメニューの目的を把握して基本姿勢に留意して目的部位への効果を意識してストレッチをおこなう、背筋は反り返るくらいピンとして、屈伸も腰から曲げるということ、無理をしない(少しずつ)ということのようです。

始めてみるとなんか最悪・・
足が開かない(開脚は微々たるもの、45度くらいしか開かない)、屈伸はしようとしても曲がらない、等々、身体の硬さを思い知りました。山歩き以前の問題であきれるというより情けない。

ストレッチのポーズが何となくヨガのような気がしたのですが、ストレッチはヨガが基本になっているという説もあるようです。エアロビクスがラジオ体操を連想させるみたいに・・・


そして1ヶ月
ストレッチを始めて1ヶ月経ちました。効果は驚くべきものがありました。
始めた頃の情けない状態は大きく改善されました。開脚も今は90度以上できるようになりましたし屈伸もまがりなりにもできるようになりました。
始めた頃は動画サンプルの格好にならなかった部分も多かったのですが(下半身は軒並み×)今はだいたい形がとれるようになりましたのでこれから始まりという感じではありますが。

効果の確認のために裏山回遊コースを行くので1週間に2度ほど裏山に登るようになりましたが、実際山を歩いていても以前よりも身体の動きがよくなっているのを感じます。付録的に便通もよくなりました。
鏡で確認しているわけではないですが、なにか背筋がぴんと張り猫背が改善されているような感じがします。
ほんの1ヶ月でこれだけ効果を感じることができれば続けていく張り合いがあります。これから一つ一つのメニューに対して効果を検証してメニューを変更、追加して2ヶ月目に入りたいと思います。

元々の身体がカタカタ(固固)でしたので今が普通の人の出発点かも知れませんが最終目標を股割りと決めました。まだまだゴールは遠いですがあわよくば半年で、長くても1年で達成したいというのが望みです。どこまでできるか分かりませんが、とにかく挑戦を。

 

雨の深圳 (2012.4.20)

昨日の夕方久しぶりに雲が切れて今日は晴れるか・・と思ったら今日も雨。しかも昨日に引き続き雷付き。
雨の北環大道と裏山・聖人大座 (2012.4.20)

2012.09.11 カテゴリ: 思うままに 

中国のお米の値段、物の値段って・・

中国のお米 東北大米

米はいつもJUSCOの新洲店で10kgの袋を買います。自炊が基本で頻繁に米を買いますので無料配達サービスを利用してマンションまで配達してもらいます。店によって違うようですが新洲店は確か平日で100元以上買えば無料配達してくれるのです。始めに電話番号とか住所を登録しておくとあとは電話番号を告げるだけでOK。洗濯の洗剤2.5kgとか、トイレットペーパーなども買って一緒に配達してもらうことが多いのです。

米はこちらでは粒の長いインディカ米が主流ですが日本で食べるジャポニカ米も売っています。ジャポニカ米は10kgで50元くらいから売っています。日本円にすると1kg60円ぐらいから。
昔は10kg40元ぐらいで買っていたのですが最近はちょっと贅沢になりまして前回は10kg100元ちょっとの米を買いました。ここ数回高い米を買っていますがお味はどうかというと・・・安いのとそんなに大きな変化はないように思えるのです。で、確認するために今回安い米を買ってみました。10kg68元の遼寧省の東港大米というものです。

昨日は家政婦さんが掃除にやってくる日だったのですが、彼女が米の袋を見て・・「最近米が高くなった。これはいくらで買ったのか?」と聞いてきました。毎年米の値段は上がっていますが最近特にというのは感じていなかったのですがね。
「68元は安い。どこで買った?」と。
彼女の住んでいるところはJUSCOの新洲店に近いのでまたJUSCOに出向くのでしょうか。

それにしても物価の値段ってそもそもどうして決まるのでしょうかね・・
中国のワイン市場というのはまだ成熟していないようですが、聞いた話にはたとえば100円で輸入したものを自分のブランドに変えて10倍の値段で売るとか。
これなんかは一般化していないワインをもったいぶって高い値段で売って金持ちがかっこよさで買う、というようなことなのでしょうかね。

野菜なんかも無農薬野菜として普通の野菜の数倍の値段で売られていますがこれなんかも似たような気がします。そもそも日本でも産地偽装とかもありますし、私は基本的に、見て分からないものは日本でも中国でも信用しないのです。売る方が適当に書いているだけかも知れないのにそんなものに高いお金を出すのはばかばかしいと。
酢にちょっと調味料を加えた寿司酢に普通の酢の何倍もの付加価値をつけて売り出すのですからね。ものによっては防腐剤、人工着色料も添加。
かつお節とかも細かく袋に分けて入れるだけで数倍の値段で売っていますが買う人は概算もしないのでしょうか、それともそれでも買う?

最近はお好み焼き子は小麦粉で代用、小麦粉とだし汁、山芋で作ります。けっこういい味。おまけに費用は数分の一。たこ焼きもこのごろは薄力粉とだし汁を使うとたこ焼き粉の数分の一ですみます。
そんなことを考えるとけっこう生活費を安く押さえることが可能ではないのかな・・と思うこのごろです。
まあそれほど窮乏しているわけではありませんが、なんかちょっとしたことで高い値のつくことがあほらしく感じてしまうのです。自分が少し手間をかければ快適な生活が待っています。

 


裏山登山道から見た北環大道と梧桐山 (2012.9.9)


2012.11.13 カテゴリ: 思うままに 

世界のGoogle ChromeブラウザのシェアがIEを追い越していた - ブラウザシェア2012

ブラウザのシェア (2012.11)

ブラウザシェア競争

現在の私のPC環境
私が現在使っているブラウザはFirefox16ですが最近ちょっと不具合が出るようになってきました。調べてみるとWindows7のノートでは問題なさそうなのですがデスクトップはまだXP。もしかしてそろそろXPはメンテ対象外になりつつあるのでしょうか。ちょっと寂しい・・
で、今サブとして使っているGoogle Chromeの環境を少し整えて出番を多くしようかと画策しています。ChromeはSafariと同じWebkitというレンダリングエンジン(ブラウザ動作の基本部分)を使っていますが、Safariはちょっと私とは相性が悪いようで見た目の感覚でなかなか使いこなせません。それに文字欠けのほかいくつかの細かい問題があって以前にギブアップしていますがChromeは第一印象としてそんなに悪くありませんでした。
ただし私にとって使い易さはFirefoxがとてもいい。原因のひとつはプラグイン。でプラグイン環境もFirefoxをめざしてみようかと奮闘中です。

ノートPCのOSはWindous7でメインのブラウザはFirefox。安物のノートですが始めはIE8を時々動作させていたのですがIE8を動作させるとPC全体の動きがいらいらするぐらい遅くなるので試しにIE8をアンインストールするとかなり早くなりました。以来IE8はノートPCからは削除したままです。ノートのメモリーの問題かと思いますが・・・
デスクトップPCには問題が少ないのでIE8も一応インストールはしています。IE9は事情があってインストールできませんので状況がよく分かりません・・


世界のブラウザシェア
ところで久しぶりに各ブラウザのシェアを調べてみました。おっ!世界のブラウザシェアトップはなんとChromeでした。IEは今年(2012年)の5月にすでにトップの座から滑り落ち、以後少しずつ差が開いています。Firefox状況も大きく変化していてIEとともにじり貧状態。



日本のブラウザシェア
アジアではさらに差が大きくChromeがIEをリードしています。そんなアジアの中にあって日本、中国の事情は大きく異なっています・・

日本でのIEは強いですね。月によって上下しながらもトータル的には1年前の状態をキープ、FirefoxとChromeが下の方で小さな戦いを繰り広げているような・・
それにしても同じエンジンを使いながらChromeとSafari、何がこれだけの差になっているのでしょうか・・

私のブログへのアクセス状況もこれに類似していますので新病制はありそうです。
so-netブログへの最近1週間のレンダリングエンジン別のアクセス状況は
InternetExplorer 58.8% (MSIE/9.0  MSIE/7.0  MSIE/8.0  MSIE/6.0  Lunascape  Sleipnir)
WebKit 22.7% (Chrome  Safari  Mobile Safari  Iron)
Gecko 12.9% (Firefox)
Opera 0.2% (Opera)





中国のブラウザシェア
で中国のシェアは・・
極端なIE偏重の世界です。何が原因かは邪推の域なので書きませんが・・
以前銀行のネットバンキングではIEしか使えませんでしたし、ほかのホームページなんかもIEで見ないとまともに見られないところが非常に多い。どうしてこういう状況になるのでしょうか。謎です。
今年6月から8月にかけて急成長して消えた”360 safe browser”、知らなかったので少し検索してみましたが複雑な事情がありそうで・・このグラフと何か因果関係は?


 

2012.12.04 カテゴリ: 思うままに 

記事のアクセスタイプと花暦ベスト30 + 園博園の睡蓮(2012.12.1)

記事のアクセスタイプと花暦ベスト

何気なくブログの管理ページを見ていたら思わぬ花にアクセスが多かったので少し調べてみるとアクセス順に
  1. ユーフォルビア・コティニフォリア ●ケツヨウボク ★紫锦木・紫錦木
  2. ●谷渡りの木(タニワタリノキ)  ★水团花
  3. ●南蛮煙管(ナンバンギセル) ★野菰
  4. なごりのチャイニーズ・ハット ★冬紅
  5. ●夾竹桃(キョウチクトウ) ★夹竹桃
  6. ●台湾連翹(たいわんれんぎょう・デュランタ ★假连翘
  7. ●黄花凌霄花(キバナノウゼン)? ★黄花风铃木 ..
  8. ●プルメリア(印度素馨インドそけい) ★鶏蛋花
  9. ●レモンユーカリの花 ★柠檬桉・檸檬桉
  10. ●赤葉千日紅(アカバセンニチコウ) ★红龙草・紅龍草
  11. ●火焔葛(カエンカズラ) ★炮杖花とマンゴー
  12. ●ウォーキング・アイリス ★巴西鸢尾(馬蝶花)
  13. ●大花百日紅(オオバナサルスベリ)の実 ★大叶紫薇・大葉紫薇
  14. ●紫万年青(むらさきおもと) ★紫背万年青
  15. ジンジャー・リリー  ●花縮砂(ハナシュクシャ) ★姜花
  16. ●桐擬き、ジャカランダ ★藍花楹
  17. ●西洋水蝋の木(せいよういぼたのき) ★山指甲
  18. ●木栴那(もくせんな) ★黄槐
  19. ●源平葛(ゲンペイカズラ) ★龙吐珠
  20. ●枝垂れブラシの木(シダレブラシノキ) ★串钱..
  21. ●栴檀(センダン) ★楝树・楝樹
  22. ジャスミンの香り ●匂蕃茉莉 (ニオイバンマツリ) ★鸳鸯茉莉
  23. ●蒲桃(フトモモ) ★蒲桃
  24. 香港の山に咲く花 ●天人花(てんにんか) ★桃金娘
  25. 綿になった●木棉の花 + ●黄斑月桃(キフゲットウ ★艳山姜
  26. ●木蓮(紫木蓮;シモクレン)★紫玉兰、●白木蓮..
  27. ●花丁字(はなちょうじ) ★爆竹花 - 香港湿..
  28. ●トベラの花
  29. ●蓬莱紫(ホウライムラサキ) ★杜虹花
  30. ●ハメリア・パテンス ★希茉莉

というような結果でした。

アクセスの傾向
アクセスというのは傾向が大きく3つあってUPしたらすぐにアクセスがあってそれ限りであとはアクセスのない新聞タイプ、それとすぐにはアクセスがないものの毎日平均的にアクセスのあるもの、言わばロングセラーの書籍タイプ、それと何か話題があった時にぐんとアクセスが増えてあとはそれきりのスクープタイプ。
新聞タイプは日常の面白いネタ、日記みたいなもの、スクープタイプは深圳のユニバーシアードがありました。
ロングセラータイプは地下鉄案内とか、口岸案内みたいな調査が必要で書くのに時間がかかるものですね。時間をかけるだけのことはあると思いますね。
深圳から香港国際空港への移動方法の記事はほかを大きく引き離してアクセストップになっています。
so-netの管理ページでは記事ごとにアクセス数が表示されているのでいろいろ感じるのです。

花暦カテゴリ
花暦カテゴリーは書籍タイプで187ある記事のどの記事も平均的にアクセスがあるのですが中でもユーフォルビア・コティニフォリア(ケツヨウボク)の多いのはちょっと意外感があります。まあ、ポインセチアとかブーゲンビリアとかハイビスカスとかいう一般的なものはほかにも多くのサイトがあるわけで、この未熟サイトに来ることもないのですけど。
あと谷渡りの木はどうしてアクセスが多いのかな、と首をかしげています。ま、自分が知らないだけで知りたいと思っている人が多いのでしょうか。
園博園の睡蓮 (2012.12.1)






2013.06.11 カテゴリ: 思うままに 

89歳で水泳を始めてクロールで25mを泳ぐ・・ - 探偵ナイトスクープ

89歳で水泳を始めてクロールで25mを泳ぐ・・ - 探偵ナイトスクープ

深圳の今年はまだまだ異常な天気が続きます。今日も雨。おかげで外へ出ると涼しい・・・明日の天気予報も雨模様で気温も23度~29度の予想で30度を超えません!!
さて今日は深圳香港関係の話題ではありません。懐かしい大阪のTVプログラムのお話・・・

探偵ナイトスクープ
1988年3月5日に関西ローカルで放送が開始され25年続く長寿番組です。上岡龍太郎が初代局長で2000年に引退したあと2001年に西田敏行が受け継いでいます。日本にいた頃は上岡龍太郎局長で私もよく見ていました。
深夜番組にもかかわらず視聴率が何回も30%を越えた関西では有名な番組です。その6月7日(2013年)の放送から。

深圳の動画サイトで最新の放送を見ていたら、「89歳から水泳を始めたおばあちゃんがクロールで25mを泳ぐのを目標にしているので達成を手伝ってください」と言う依頼が。うわーお。
これまでは20mあたりで挫折していると・・で、結果はあっさりと達成。さらに背泳でも25mを、と挑戦。結果は・・・

→ 90歳で水泳挑戦
→ 探偵ナイトスクープ

三浦裕一郎の80歳でエベレストもびっくりでしたが、あれは雲の上のすごいおじいちゃんですがこちらは身近なすごいおばあちゃん。

 

2014.02.05 カテゴリ: 思うままに 

ブラウザシェア 2014年1月 + スマホ OS別シェア

ブラウザシェア 2014年1月 + スマホ OS別シェア

ブラウザシェア
2012年の5月にGoogle Chromeの世界シェアがMicrosoftのInternet Explorerを追い抜いてからChromeは着実にシェアを広げていきましたが2014年1月のシェアを調べてみました。

Chromeは当初MacやiPhoneに使用されているSafariの「Webkit」と言うレンダリングエンジン(基本のソフト)を使っていましたがバージョン28からはGoogle開発による独自の「Blink」と言うレンダリングエンジンを使っています。

シェアも順調に拡大していてIEとの差が大きく開いていました。



世界シェア




日本でのシェア
日本はまだまだIEが強いですね。SafariはiPhoneのためかシェアが増えています。





中国のシェア
中国は100%近くIEの天国だったのですが急激にシェアを落としています。
IEを基本にした中国製のブラウザの「Sogou Explorer」が出現、シェアを拡大しています。
ということでIE系は49%のシェアになってほぼ日本と同じでしょうか。






香港でのシェア
香港もIEが強かったのですがChromeがシェアを大きく伸ばしています。
ほぼ世界シェアと同様の割合になっています。



スマホのOS別世界シェア
スマホは世界的にはAndroidが80%以上を占めて圧倒的となりましたが日本では世界で唯一iPhoneが圧倒的な強さを誇っています。
この事情は何によるものでしょうかね。もしかして日本での携帯電話の販売方法の特殊事情によるものなんでしょうか・・・

2013年9月から11月までの販売による・・ カンター・ジャパンより

 

2014.02.28 カテゴリ: 思うままに 

世界の生物区 世界の動物地理区 世界の植物区 - 深圳・香港・沖縄は日本本土とは違います

世界の生物区 世界の動物地理区 世界の植物区

花とか鳥とかの名前を調べている時におもしろそうな事を知った時の話題です。

こちらで花、鳥、蝶などの名前を調べるときに始め日本のサイトで調べていたのですがそのうちは調べきれないことが多くでてきました。気候が違うのだろうと思い、深圳香港と似た気候の沖縄のサイトを参考すると名前を見つけられることが多くなりました。

そんなある日世界の生物区というものを知りました。地球上の生物は地域ごとにそれぞれ特徴を持っていて世界を大まかに6つの地域に分類できるというのです。
この区分けは生物地理区と呼ばれ1858年にスクレーター(Sclater)が鳥の分布を研究して地域ごとにそれぞれ特徴があることに気がついたのがはじまりで、1876年頃にウォレスによって区分けされました。この区分けは鳥、昆虫に限らずいろいろな生物に関係しているとのことです。

考えてみると大陸移動説みたいに大陸が移動していけばそれぞれの大陸で違った進化をしても不思議ではないわけで・・・

下図を見るとインドから東南アジアにかけて区分が分かれています。まあ、インドは太古の時代には陸続きではなくてユーラシア大陸に衝突して地続きとなった地域ですからここで分かれても不思議ではないと言うことでしょうか・・
インドが衝突してきて海底だったところが隆起して世界最高峰のエベレストができたとかいうのを大昔に学習した記憶が・・・

世界の植物区

世界の動物地理区

いずれも出典は 環境庁自然保護局

他に
蝶のことを調べている時に出会った図です。世界の生物区を知った原点です。
出典 ぷてろんワールド



上記の図で見ると日本はきわどいですね。沖縄あたりや小笠原などは日本本土とは違うようですね。

いろいろな分類で諸説あるようですが沖縄や小笠原はすれすれ旧熱帯植物界、東洋区となるようで日本本土とは違うようです。



詳細

出典 : 生物多様性国家戦略小委員会の資料から転載

世界の植物区系

植物区系:世界各地のフロラを形成する植物種を比較し、それぞれの特徴をもったいくつかの地域に分類したもの。生態的な気候要件よりもその地域の地史に影響されることが大きい。例えば同じ熱帯雨林であってもマレーと南アメリカではフロラ構成要素が著しく異なるので別個の植物区系として扱われる。区系界の下位に区系区(あるいは単に区 例:日華植物区)、区系区の下に地方などを区別する。
各区の名称 各区の特徴 区を代表する植物 日本に生育する代表種
全北植物区系界 ユーラシア大陸と北アメリカ大陸を含み、周北極要素と呼ばれる植物群が分布している。 マツ科、ヤナギ科、クリ属、サクラ属、カエデ科、ユリ属など カラマツ、ケショウヤナギ、クリ、クルマユリ
旧熱帯植物区系界 アフリカ大陸、インド、東南アジア、ハワイ、インド洋・太平洋の諸島からなり、フタバガキやヤシ、バナナなどに代表される。 コショウ科、フタバガキ科、タコノキ科、バショウ科、ヤシ科など タコノキ(小笠原)、アダン(琉球)、ニッパヤシ(琉球)
新熱帯植物区系界 南端のパタゴニア地域を除いた南米大陸を中心とした地域で、メキシコを含む。サボテン、リュウゼツランなどに代表される。 サボテン科、オオオニバス属、パイナップル科、カンナ科、リュウゼツラン科など
オーストラリア植物区系界 オーストラリア大陸とタスマニア諸島を含めた地域で、ユーカリ、バンクシアなどに代表される。 アカシア属、ユーカリ属、バンクシア属など
ケープ植物区系界 フリカ大陸南端に位置し、植物相が極めて特異であり、独立した区系界とされる。 エリカ属、アロエ属、マツバギク属など
南極植物区系界 南米南端、南太平洋、南インド洋の島嶼、南極大陸を含む地域で、ナンキョクブナに代表される。種数が極めて少なく約170種に過ぎない。 ナンキョクブナ科など
注:ニュージーランドの帰属については、旧熱帯植物区系界とするかオーストラリア植物区系界とするか議論がある。上表では旧熱帯植物区系界に含めた。出典:J.F.Schouw(1823)が提唱し、その後H.G.A.エングラー(1986)のものを修正したL.Diels, R.Good (1947)のものが使用されている


世界の動物地理区

動物区系:地球上の大陸や島の中で、他と区別できる特徴ある生物相をもつ動物区系地理学上の区域。各動物地理区の動物相はプレートテクトニクスでいわれているような地質時代における陸地の接続や分離のため複雑化するのに加え、発祥の時期や場所、さらに生活系を事にする動植物によって分布のありさまが異なることなどのために、明確な線で画されるような動物地理区の設定は困難であり、推移帯も多く認められる。
各区の名称 各区の位置 区を代表する動物 日本に生息する代表種
旧北区 東南アジアを除くユーラシア大陸とサハラ砂漠以北のアフリカ大陸を含む。広大で環境の変化に富み、生物の多様な分化が見られる。ラクダ、ヒツジなどで特徴づけられる。 ラクダ、ヒツジ、ウマ、ノガンなど カヤネズミ、タヌキ、イイズナ、イノシシ、カケス、トキなど
新北区 北アメリカ大陸の大部分を含む。エダヅノカモシカ、ロッキービーバーなどで特徴づけられる。ウマとラクダは当区で発生したといわれる。鳥類爬虫類の2/3は固有種とされる。 エダヅノカモシカ、ロッキービーバー、ドクトカゲなど
エチオピア区 サハラ砂漠より南のアフリカ大陸を含む。チンパンジー、ダチョウなどで特徴づけられ、哺乳類の 2/3 、鳥類の 3/5 が固有種とされる。 キリン、カバ、ダチョウ、ヘビクイワシなど
東洋区 ヒマラヤ以南の南アジア、東南アジア、南中国、台湾、琉球を含む。ヒヨケザル科、クジャク、トビトカゲなどで特徴づけられる。セレベス地方はオーストラリア区との移行帯を示す。旧北区との境界は明瞭でないが、渡瀬線は北限として知られる。 ヒヨケザル、メガネザル、オランウータン、クジャクなど オオコウモリ、ハブ、キノボリトカゲなど。
新熱帯区 南アメリカ大陸を含む。オマキザル科、アリクイ科、ナマケモノ科、アルマジロ科、シギダチョウ科などにより特徴付けられる。カリブ地域は新北区との移行帯を示す。 オマキザル、ナマケモノ、アルマジロ、シギダチョウなど。
オ-ストラリア区 オーストラリア大陸とニューギニアを含む。カモノハシ、カンガルー、エミュー、コトドリなどによって特徴づけられる。ユーラシア大陸とは中生代後半から新生代第三期を通じて隔離されていたため、きわめて多くの固有種を持つ。 カモノハシ、カンガルー、エミュー、コトドリなど
出典:L.. Schmarda (1853)やP. L. .Sclater (1858)などによって先鞭をつけられ、A.R.ウォレス(1876)の“動物の地理的分布”により大成された。

2014.12.21 カテゴリ: 思うままに 

華南地域もしくは西安地区 日本人向け豪華内装賃貸マンション計画

華南 日本人向け 豪華内装賃貸マンション計画

香港の賃貸に住んでいた頃、お隣さんの玄関ドアが開いていて中の様子が丸見えになっていたことがありました。そこに見えていたのはすごく豪華な内装。こんな賃貸もあるんだ!と思ったのですが、たぶんあれは自分の持ち部屋で豪華内装にしてあったのでしょう。やっぱり賃貸ではしょうがないのでしょうかね。おまけに日本人には合わない部分もあって我慢することも多い。

特に中国ではマンションを買う時、内装なしのスケルトン渡しが一般的です。したがってマンションを買ったあと内装をしなければなりませんが投資で買って賃貸する場合は言わば最低の金額で内装して賃貸することが多くいい内装はまずありません。さらに家具、家電付き物件も多いのですが廉価なものを集めているような感じで修理が必要なものも・・


で思ったのはやっぱり自分のマンションが欲しいと。でも香港は高くて買えないので深圳に買ったのが10年前。一般的な内装なしの物件。内装会社へ行ってまず聞かれたのが「自分で住みますか、それとも賃貸用?」

当時、ある中国人が買った80m2のマンションを2万元で内装して賃貸にした、と言っていました。よくそんな値段で内装できたものだとびっくりしたものでした。
その中国人が言っていたのはまずローンを組んでマンションを買い賃貸費をローン返済に充てるというまあ普通の考え方ですね。

投資としてマンションを買ったにしても使ったお金の定期預金分ぐらいは儲けるつもりでないとね。
ちなみに中国の定期預金は6ヶ月もので年利3%。


日本人向け賃貸マンション構想
で今年深圳のマンションを売却して資金的に余裕が出てきたので一つのマンションを買って賃貸用にしようと思いつきました。
日本人向けに限定して内装を豪華にしてバス、トイレなども日本人好みに。もちろんウォシュレットも。
金額的にけっこう高くはなりますが慣れない土地で我慢しながら生活していくわけなので住む所だけでも落ち着く場所がいいのではないでしょうか。

場所をどこにするかはこれから選定しますが深圳、広州の全域、珠海香洲区は価格があまりにも高すぎるので除外して考えています。目下の対象地区は恵州市、東莞市、中山市など。まだ行ったことはありませんが佛山市や江門市なども可能でしょう。
それに全く地域は違いますが西安方面も可能だと考えています。

これから買って内装するので先に賃貸者(または賃貸する会社)が見つかれば場所やマンションの選定から内装内容までを一緒に進められるので理想的かと思い計画をアップしました。

興味ある方(会社)は
興味ある方は地域を書いてダイレクトメールをくだされば幸いです。 → メール

参考までに10年前に深圳で内装した写真です。→ 内装例 深圳マンション購入内装記

 

2015.06.25 カテゴリ: 思うままに 

四原色を見ることができる画家の絵

四原色

このところ内装工事のコストダウンで東奔西走していて更新をさぼっております。おかげでほぼめどがついて起工も間近となりました。で、少し息抜きを。

四原色
色も光も三原色と思っていたら最近、四原色と言うのを知りました。
人間は赤青緑の光の三原色の世界を見るのですがこれは三原色に反応する細胞(錐体)があるためとのことで、多くの哺乳動物は識別する細胞が2種類しかなく2原色の世界を見ているとのこと。

ただ中には4種類の錐体を持ち4原色の世界を見ている人もいるというのです。
赤青緑の三原色に加えてとあと一つ、紫外線を知覚できるとのことです。蛍光灯は蛍光塗料で紫外線を可視光線に変換していますが紫外線を知覚できるとなるとどういう風に見えるのでしょうか・・

この4色型色覚はX染色体上に発生し、女性にのみ発現すると考えられ研究によると全女性の2~3%が4色型色覚を持っていると言われるますが、実態はまだ解明されていないとのこと。

爬虫類や鳥類は四色型色覚を持つと考えられていてほ乳類も当初は4つの錐体を持っていたとのことですが、さてどうなのでしょうか。

この四原色についての研究はどの程度進んでいるのかわかりませんがすごく興味深い話しです。


四原色を知覚できる画家
サンディエゴに住む画家のConcetta Anticoさん。自らのスタジオでアートクラスを主催しているのきっかけで最近彼女が四つの錐体を持つことが判明したとのことです。たくさんの絵がWEB上に公開されているのでっその不思議な色遣いを見ることができます。実際には一体どう見えているのでしょうかね。

四原色を視ることのできる女性画家

 

2015.07.09 カテゴリ: 思うままに 

中国国内の時差

中国国内の時差

私が知っている中国は珠江デルタ地域、陝西・漢中のほかには仕事で上海に何度か出張したことがあり、旅行では西安、杭州、蘇州、海南島、それに昆明と数少なく時差というのを思い起こすことがありませんでしたが、考えてみると中国は日本の20倍以上ありますから時差もあるはず・・
と言うことで調べてみるとこんな図がありました。



中国は東西にも広く時差がありながらも北京時間のみの設定です。アメリカみたいに地方時刻は基本的に存在しません。図の中ではピンクの部分、中原標準時間が北京時間帯で英国グリニッジから+8時間、日本時間のUTC+9とは1時間遅れます。
黄色の長白時間は日本と同じUTC+9、緑の儱蜀時間はUTC+7、土色の新蔵時間はUTC+6、一番西の崑崙時間はUTC+5と実に5時間の時差があることになります。これを公式には全て同じピンク帯の時刻で統一するので西へ旅行するとかなり無理がありますね。
西に旅行した人から話しを聞くと当地では公式には北京時間を使うものの生活では現地時間を使っていると言うようなことを聞きましたが・・ちょっと面倒そうです。

陝西の漢中に行った時に時差は感じませんでしたが厳密に言うと西安、漢中は北京時間から1時間遅れた時間帯に入ります。とは言え中山もかなり漢中よりのUTC+8時間帯ですので経度から計算してみると中山と漢中の相対的な時差は25分程度。そんなに差があるわけではないのでまあ、同じようなもんですかね。
でも次に漢中へ行く時は頭に入れておきましょう。

 



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by