FC2ブログ
タグ 《 趣味 》  1 記事  1 ページ

2009.11.28 カテゴリ: 深圳日記 

《山の楽しさ - 草花の名前検索と撮影》

深圳の幹線、深南大道



草花と撮影

草花への興味
山を歩くようになってまず興味を持ったのが遠くに美しく目に飛び込んでくる山の名前でした。名前を知りたいと思い、あれこれ調べてめどがつくようになると今度はどこにでも同じように咲いている花の名前が気になり出しました。

まあ今のご時世、調べる手っ取り早い方法はネットですがどうして検索すればいいのか、面倒そうなので放っておいたのですが、ちょっと調べる気になった時、「赤い花」とか「星形の花」とかで検索をしてみました。
そのうちいろいろなサイトのあることがわかって調べられるだけ調べてみようとしつこくなってきて・・・
で、自分のまとめのつもりでアップしたのが  深圳と香港で見かけた花と木  のシリーズなのです。

過去に写した写真を整理したものはだいたい一段落したのでこれまでの記述の再検証と再構築をしているのですが、誤りやら思い違いなど、たくさん出てきました。
門外漢がこんなことをやるなということなのでしょうね、ちょっと頭を抱えています。
分類として始めは「人、猿」とか「男女」ぐらいの区分でいいと思っていたのが調べていく内にだんだん「美人・不美人」の分類までしなければならないみたいな感じになってきてどこまでやればいいかの限度がわからない・・
まあ、でもやり始めた以上、なるべく正確になるようにアップデートを続けていくしかないですね。「一人Wiki」みたいになってきました。

植物名の検索

マンションの花壇
植物名の調べ方ですが、花の色や形から検索するサイト、名前から検索するサイト、写真のサムネイルを見ながら検索するサイトなどいろいろありました。
マンションの植木には「名札」のあるものが多いので助かります。この場合は中国名を調べて学名を知り、学名から和名を知る、という手続きになるのですが、WEBサイトの記述が間違っていたり同じ学名のものがなかったりというケースが多発・・・
プロが見れば同じ意味だと分かるものもあるのでしょうがこちらは素人、それを知るのに莫大な時間がかかる、なかなかやっかいなものです。

写真をアップして名前を教えてもらうBBS(掲示板)も見つかりました。いまどき掲示板」と思うなかれ、ものすごい勢い、質問すれ時刻を移さず回答が寄せられます。
で、これも何度か利用させていただきました。

花の検索サイトの一例です

ただいずれの検索にしても日本語である以上、日本の植物中心、こちらで咲く花を調べようとすると無理なことも多いのですが。

撮影
草花の撮影はカメラの良し悪しがはっきりするように思いました。私の使っているのは18倍ズームという特徴があるのですが普通のコンパクト・デジカメのマニュアル操作のできるもので一眼レフではありません。一眼レフの場合、被写界深度が浅くできるので実に立体感のある撮影ができるので草花の撮影にはメリットが大きいように思いました。
あと、デジカメは明るいところを写せば暗い部分が黒くなり、暗いところを撮せば明るい部分はとんでしまいます。ダイナミックレンジが小さいのです。高級カメラではうまく処置をしてダイナミックレンジを広げているようなのですが。
おそらくこの問題なのでしょうが、私のカメラで薄紫色の花を撮影すると白く写ってしまうのです。これは露出を1目盛、2/3目盛程度落とすとけっこう忠実な色になりましたけど。
ああ、いいカメラが欲しい・・・

きれいな薄紫色が白くとんでしまいました

露出を2/3目盛絞るときれいな薄紫




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by