FC2ブログ
タグ 《 西貢部 》  8 記事  1 ページ

2006.07.06 カテゴリ:香港の山と公園 >  清水湾郊野公園 

《香港の山》香港アルバム 20世紀の終わりに - 清水湾へ


香港アルバム 20世紀の終わりに - 清水湾へ
1999年 12月 31日

香港時代に香港人に誘われて多くの場所を訪れました。ここも香港人の仲間達と仲間宅を訪れたあと近くの海で凧揚げや魚釣りを楽しみました。




















2008.10.21 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》馬鞍山郊野公園を歩く  郊野公園へ 麦理浩径との出会い (1)


馬鞍山郊野公園を歩く (1) 郊野公園へ 麦理浩径との出会い
2008年 10月 21日

麦理浩径 (MacLehose Trail) を行く




香港山登り日記 (2008.10.11) 馬鞍山郊野公園へ 麦理浩径との出会い

今日は二人行。
9時にKCR大学駅で待ち合わせ、タクシーを奮発して馬鞍山郊野公園まで行く。下見では歩いたのでそんな高くないだろうと思っていたら37ドル。意外に遠いのか。
ここでしばらく写真を撮ったりしてから出発。

なだらかな道を50分ほどで昴平まで行く。正面には大金鐘の山。
さらに5分進むと視野が開けて西貢の海が広がった。大帽山も見える。天気の良さも手伝っていい気分。「麦理浩径MacLehose Trail」と書かれた道を行く。

それにしてもほんとうに木がない。禿山というか、草山の強い日差しの中を行く。高度が高くなるにつれ、視界が開ける。木がないので暑いが眺望はすばらしい。
起伏が多くたくさんの嶺がある。ところどころ、急斜面を頂上に向かうように心細く続いている踏み分け道。一つの頂上に登ってみたい気になるが、今日は二人行、登山道通りに進む。

今までずっと二人だけだったがこのあたりに来るとやっと人がやってきた。我々とはすれ違いになる。僕たちは普通コースの逆を行っているのかも知れない。いくつものグループとすれ違う。白人も多い。
深圳の登山で全く白人を見ないのはやっぱり彼らが単に不安を感じているだけなのか・・・
かくいう僕も香港の山を登る時の気分は日本にいる時と全く同じ気分。深圳では多少警戒感を持っていることは否めない。

つづく

ホームページ    →  馬鞍山郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布図 



KCR大学駅から馬鞍山


タクシーでやって来た馬鞍山郊野公園


昴平に向かいます






昴平から大金鐘を


木のない暑い登山道を行くと


視野が広がって大帽山が見えるようになりました


西貢・白沙湾の海


白沙湾






馬鞍山






つづく

2009.05.18 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山(飛鵞山)-雲中のカオルーンピーク(602m)へ (1)

香港新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山-雲中のカオルーンピークへ (1)
まず雲中の東山へ


飛鵝山 (飛鵞山, Kowloon Peak)
九龍半島。馬鞍山郊野公園に属し標高602m。


香港新界西貢 馬鞍山郊野公園 雲中のカオルーンピークへ (1) (2009.5.10)

雲に隠れたカオルーンピークへ。
ダイヤモンドヒル、鑽石山からタクシーに分乗して出発。どんどん高みに登って行く。以前藍田に住んでいた頃バスの行き先でよく見ていた慈雲山方面へ向かい沙田坳で下車。
タクシーでかなりの高度に来たようだ。地図では300mの等高線がある。とすると602mのカオルーンピークへはあと300m。
香港に来てよく感じるのだが香港の山登りはけっこうな高さまでバスなどで登って行くので山頂までの標高差がかなり少なくなる。ランタオ島のランタオピークでも標高934mとそこそこなのに出発点からの標高差は500m程度。そしてその標高差を長い距離で時間をかけて登って行くようなところが多い。ほぼ0mの標高から出発して階段で最短コースで登ることの多い深圳の登山とはかなり違う。整備が進みふつうに娯楽登山のできる香港だからなのだろうか・・

ま、とにかく沙田坳から出発。ここから マクリホーストレール(麦理浩径)ウィルソントレール(衛奕信徑) の共用のトレールを進んでまず東山(542m)に登り、象山(585m)、飛鵝山(602m)へと北から南へ縦走する。

ふつうならばライオンロックがきれいなはずだけどあいにくの天候で飛鵝山の山頂も雲に隠れて見えなくて残念。また天気のいい時にひとりで来てみるかな。


獅子山-ライオンロック山頂から見た飛鵝山-カオルーンピーク (2009.1.10撮影)



出発




飛鵝山頂は雲の中


下界には陽光が


ライオンロックが見えた 少しわかりにくい角度


マクリホーストレールとウィルソントレールと共用するトレールを行く



マクリホース
M100標距柱


ウィルソン
W045標距柱



飛鵝山道




視界はどんどん悪くなる




まず東山(542m)へ




つづく

2009.05.19 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山(飛鵞山)-雲中のカオルーンピーク(602m)へ (2)

香港新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山-雲中のカオルーンピークへ (2)

雲中の飛鵝山を下る




香港新界西貢 馬鞍山郊野公園 雲中のカオルーンピーク (2) (2009.5.10)

たどり着いた飛鵝山頂はいつものように(?)アンテナと鉄条網・・・
やっぱり何となく・・



次は象山をめざして出発





東山を下る




香港で初めて見たケルン 象山(585m)




獅子山、ライオンロックがそれらしく見えました




すごい藪こぎでした あとで腕や足がかゆくて・・



夾竹桃


飛鵝山頂へ



飛鵝山へ最後のアタック


飛鵝山頂 (602m)



下山

下山


孫文のお母さんの墓とか 飛鵝山がいい位置に眺められます






そしてライオンロック


《雲の中のカオルーンピーク(602m)へ》
おわり
今回の大型写真集は →  写真集 

2009.11.03 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》西貢 馬鞍山郊野公園へ - 吊手岩(588m)-牛押山(677m)-馬鞍山(702m)コース (1)

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (2009.11.1)

牛押山から馬鞍山を展望 背後には西貢海


馬鞍山郊野公園へ (2009.11.1)

香港のグループに参加しての馬鞍山歩き。コースは、まずMTR大学駅からタクシーで馬鞍山村へ、ここから出発。

馬鞍山村 → 馬鞍山家楽径 (Family Walk) → 難行コース
 → 吊手岩(Tiu Shau Ngam; 588m)
 → 牛押山(The Hunch Backs; 677m)
 → 馬鞍山 (Ma On Shan; 702m)
 → 麦理浩径( MacLehose Trail )4段 → 公路 → 西貢



香港・西貢 馬鞍山へ (2009.11.1)


馬鞍山家楽徑
朝、まずWEBで天気チェック。乾燥注意報が出ている。視界が悪い、4km。マンションからの風景もかすんでいる。昨日は最近になく良好だった。見た感じ12kmはあったと思う。

日曜日のわりにイミグレはすいていた。福田口岸からMTRで大学駅へ。そしてタクシーで馬鞍山村のキャンプ場へ。ここから二つのコースにに分かれて馬鞍山頂をめざす。僕は初めてのコース、吊手岩、牛押山から馬鞍山へ。



ワーニングと径
馬鞍山家楽径を登ったところから出発。ここには「登るな」のワーニングがあり、去年、馬鞍山初登頂をめざして一人で下調べをしている時に見かけた径。あのころは香港の山の初心者だったので素直にこのワーニングに従ったのだ。今から考えるとこういうワーニングがあるということは馬鞍山へ行けるという証か。
今日はワーニングを無視して自己責任でこの径を。

いくつかロープを張ってあるところがあったので緊張したがそれほどのこともなくほっ。念のためのロープということだろうか。手すりみたいに張っているロープもあった。
一つ一つの山の名前を確認、または想像しながら進む。香港の山にしては比較的緑の多いコース、吹く風がさわやか。乾燥注意報が出ているだけあってのどがよく渇く。
大帽山がかすかに見える。朝よりも視界がよくなってきたような気がするが深圳は見えない。


馬鞍山の三角点
家楽径のワーニング地点から2時間半あまりで馬鞍山頂に到着。
急坂やルートのアップダウンが多くてなかなか疲れるコースだったがワーニングが必要とも思えなかった。

西貢に向けて下山。
麦理浩徑(MacLehose Trail)ち合流。やっぱり合流地点に馬鞍山への登り径に「登るな」のワーニングがあった。考えてみるとワーニングに従っていると馬鞍山頂にはたどり着くことができない・・・

あとは麦理浩徑をひたすら下り公路に出てまたまたひたすら歩いて西貢へ。
西貢の海鮮料理はうまかった。

馬鞍山へ - 吊手岩、牛押山コース


馬鞍山頂から牛押山、吊手岩、背後には企嶺下海
写真へつづく

2009.11.05 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》西貢 馬鞍山郊野公園へ - 吊手岩(588m)-牛押山(677m)-馬鞍山(702m)コース (2)

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (2) (2009.11.1)

出発

いつものように福田口岸へ 深圳地下鉄・福民駅


香港・大学駅前


馬鞍山公園 BBQ場




馬鞍山をめざして

この家楽径からスタート


競馬場が見えた




難行の径


いきなりロープ でもそんなに難しくない・・


八仙嶺の全貌が見える


最初の景勝地


奥仁馬鞍山 手前の高い山はたぶん吊手岩、奥に牛押山が隠れている・・・





ふり返って 大帽山がうっすらと


これがたぶん吊手岩






グランサム椿かと思っていたら台湾椿(大頭茶)とのこと


たぶん吊手岩


吊手岩から見る牛押山と馬鞍山



つづく

2009.11.06 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》西貢 馬鞍山郊野公園へ - 吊手岩(588m)-牛押山(677m)-馬鞍山(702m)コース (3)

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (3) (2009.11.1)

牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ

牛押山頂と馬鞍山


馬の鞍を歩く





別のルートで馬鞍山をめざす別働隊遠望


ススキの原を。馬鞍山頂は目の前


ふり返って牛押山





馬鞍山の三角点




下山

西貢に向かって下山 とがった山は大金鐘?


麦理浩径(MacLehose Trail)との交点


見返りの馬鞍山







麦理浩径の一里塚、標距柱







山寮へ到着。 ここから西貢の海鮮料理街へ


本当にいいコースでした。見る角度によって姿を変える馬鞍山。このルートで歩いてその「秘密」がわかりました。それぞれの山の名前も確認できてなかなか充実したハイキングでした。おおきにです。
もう少し視界がよかったら、と思うのはちょっと贅沢か・・


西貢で見た花



ハイビスカスの花が閉じている・・・ これ以上開きません。

頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう)
別名:スリーピング・ハイビスカス

中国名:南美朱槿




提琴桜(ていきんざくら)
別名:南洋桜

中国名は日日桜、南洋桜




花麒麟(はなきりん)

中国名:麒麟花



ニューギニア・インパチェンス

中国名:新幾内亜鳳仙


《馬鞍山へ 牛押山ルート》 おわり

2010.03.29 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》馬鞍山郊野公園 大金鐘(ピラミッド・ヒル 536m)とパラグライダー (滑翔傘)

【香港の山】 馬鞍山郊野公園 - 大金鐘とパラグライダー
大金鐘(左端、536m)とパラグライダー


香港・馬鞍山郊野公園・大金鐘(ピラミッドヒル)とパラグライダー (2010.3.28)

何とも気持ちのいい光景でした。晴れ渡った空にいろいろな色のパラグライダー。
季候のよい晴れた日に馬鞍山を見上げるとよく見かけるパラグライダー(中国語で滑翔傘。大陸中国も香港も同じ言い方のようです)、その「発進基地」が大金鐘のふもとでした。


途中で見かけたライダーたち
いつもの仲間と日曜日馬鞍山郊野公園にある大金鐘をめぐるハイキングでの出来事。
馬鞍山村に着いて山登りを始めたとき、車とバイクでやってきた一団、車から大きなバッグを取り出して登り始めました。あのバッグがパラグライダーでした。
そして私たちが大金鍾のピークから下りてくるとバックを開けて準備しているライダーたちと遭遇。

しかし目の前でパラグライダーで遊ぶ人たちを見るとすごくいいですね。本当に気持ちよさそうです。やってみたい気になりました。




どこにでもあるランタナ・・


大金鍾へ


馬鞍山村から40分ほど登ったところ。近くに大金鍾が
daikinshou100328-3a_500.jpg

天気はいいのですが視界はあまりよくない。香港最高峰の大帽山がかすかに確認できます


さて大鍾山頂へ こうしてみるとピラミッドヒルという名前がよくわかります


馬鞍山をバックに大金鍾を登ります





大金鍾の三角点
大金鍾山頂


山頂からの展望 右の前方の山が石芽山(540m)、そのうしろのとがったピークがカオルーンピーク、さらに右端にライオンロックとビーコンヒルが見えています


馬鞍山です 今回は行きません


そして登りと逆の方向に大金鍾を下ります




パラグライダー

大金鍾(中央)から下りてくるとパラグライダーをやってました。ただいま準備中


気持ちよさそうです


ん、何か煙り・・・


これ山火事?!


山火事かもしれませんでした。後でサイレンが聞こえていました・・



下山










馬鞍山公園 大金鐘
おわり



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by