FC2ブログ
タグ 《 相思樹 》  4 記事  1 ページ

2011.05.13 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 ●相思樹(ソウシジュ) ★台湾相思

●相思樹(そうしじゅ) ★台湾相思
077

《深圳花暦》 ●相思樹(そうしじゅ) ★台湾相思  (2011.5.9)


筆架山頂の相思樹の花が満開でした。そろそろ終わりかも。
銀合歓(ぎんねむ)とか大紅合歓(おおべにごうかん)の花を小さくしたような黄色い花が枝いっぱいに咲きます。
名前の由来が気になるところですがまさしく相思相愛の相思樹でした。

王の横恋慕で妻を王の側室とされた夫が自殺。これを知った妻も後を追って自殺。
怒った王は『夫と同じ墓に埋めてほしい』と言う妻の遺言を無視して二人の墓を向かい合わせに葬った。
そこに生えたのが地下では根を絡ませ地上では枝を絡ませたこの木だった、ということです。
 → 鴛鴦の契

相思樹(そうしじゅ)
台湾アカシア
台湾相思 (tái wān xiāng sī)

科属名マメ科アカシア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




鳥の激しいさえずりが聞こえていました。見ると四十雀(しじゅうから)が・・


2011.05.29 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 ●使君子(シクンシ) ★使君子  その他 - 筆架山公園で

相思樹(そうしじゅ)の黄色い花をバックに使君子(しくんし-★使君子)の赤い花
083

●使君子(しくんし) ★使君子  (2011.5.29)

筆架山を登っていると高い木にからみついて木のてっぺんに使君子の赤い花が見えました。
ああ、もうそんな季節か、と思い山頂を楽しみに登ります・・
というのは筆架山頂にも使君子があるのでもしかしたら花が咲いているかもという期待からです。

使君子の花期は非常に長く去年もいつまでも咲いていました。
ところが冬にやってきた大寒波、香港では零下になったという日、わずかに残っていた花が一夜にしてすべてなくなってしまったうえ、使君子自体が死んでしまったようなふうにも見えたので今年咲くのかどうか気にしていました。
山頂に着いてまずこの使君子を確認に・・見事咲いていました。さすがに強い。

使君子は蔓性の植物で、花の咲き始めは白色、午後になると赤く変わると書いてありますが残念ながらまだ確認できていません。いつも見るのは

午後ですから・・
漢方にも使われるようで、回虫駆除薬やニコチンの中和剤としても使われるそうな。

使君子(しくんし)
使君子 (shǐ jūn zǐ)

科属名シクンシ科シクンシ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






白と赤の鮮やかな源平葛(げんぺいかずら)が咲き始めました。


きのうは・・・

紅嶺中学通学路沿いのユーフォルビア・コティニフォリア(ケツヨウボク)には小さな小さな花が咲きました。

聖人大座・山頂付近の相思樹(そうしじゅ)の花

そして街路樹のマンゴーには実がなり始めました。

2012.04.16 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 台湾アカシア ●相思樹(ソウシジュ) ★台湾相思・臺灣相思 - 筆架山で

台湾アカシア・相思樹
(139)

●相思樹(ソウシジュ) ★台湾相思・臺灣相思 - 筆架山で(2012.4.15)

能見度(空気の透明度)のよい日が多くなってきました。完全に冬の能見度の悪い季節から解放されたようです。
最近は裏山に登ることが多くて筆架山にご無沙汰していましたので筆架山公園へ。
山頂にある大きな相思樹が今年も満開でした。相思相愛の相思樹、この大樹のそばにもう1本ほしいところです。(名前の由来は → 鴛鴦の契

山頂からの眺めも能見度がよくなってやっとクリーンに。

相思樹(そうしじゅ)
台湾アカシア
台湾相思 (tái wān xiāng sī)

学 名Acacia confusa Merr.
科属名マメ科アカシア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








山頂から山頂より2倍以上高い京基100を望みます。能見度がよく、香港の山もはっきりしてきました。


2013.05.06 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 裏山の台湾アカシア ●相思樹(ソウシジュ) ★台湾相思・臺灣相思 - 聖人大座

裏山の相思樹
(226)

相思樹 (そうしじゅ) 台湾相思臺灣相思 - 聖人大座で(2013.5.6)


登山道と相思樹
前回はちらほらでしたが今回の裏山には相思樹に黄色い花が満開でした。
歩いていると足下に小さな黄色の花が落ちています。見上げると相思樹の樹。広東油桐ほど数は多くないものの立派な大木もあって楽しいですね。

今日もあの楽ちんコースで裏山の山頂へ。楽ちんコースは比較的見通しがきくことと植物の種類も多いので最近はこのコースが中心になっています。相思樹もいくつかあるのですがこの樹は少し引いて撮影しないと花が見えにくいので見上げての撮影はつらいですね。

樹の名前の由来・相思樹
相思樹という名前、気になるところですが読んだまま、相思相愛の相思です。ちょっと悲しい由来が・・
横恋慕で妻を王に奪われた夫婦の墓に咲いていた花という・・
→ 鴛鴦の契

相思樹 (そうしじゅ)
台湾アカシア
台湾相思臺灣相思 (tái wān xiāng sī)

学 名Acacia confusa
科属名マメ科アカシア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)










Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by