FC2ブログ
タグ 《 番外 》  3 記事  1 ページ

2009.01.07 カテゴリ:記録・日記 >  深圳地下鉄建設第二期 2008-2011 

《深圳地下鉄建設》一号線続建部


深圳地下鉄建設記 【番外】 地下鉄1号線 続建部
2009年 01月 07日

現在「世界之窗」までの一号線を空港まで延長する行程です。始めの予定とは変化しているようです。
「世界之窗」駅から「西郷(西乡)」駅(宝安の西にあります)まで開通時期は2009年12月26日とあり、さらに空港までの全行程が開通するのは2011年6月30日となっています。

早くから工事が行われていた世界之窗に近い3駅では地下工事が終盤になったようで工事のため占拠されていた深南大道の中央分離帯やその他の部分が深南大道に戻ってきました。工事でつぎはぎだらけになっていた道路を整備しています。

そして地下への入り口らしきものも建設をしていました。


世界之窗から空港までの駅
世界之窗→白石洲→高新园(高新園)→深大→桃园(桃園)→大新→鲤鱼门(鯉魚門)→前海湾→新安→宝安中心→宝体→坪洲→西乡(西郷)→固戍→后瑞→机场东(機場東)


路線図  地下鉄一号線 



科技園と世界之窗間で撮影した画像です

深南大道に戻ってきた中央分離帯 再構築準備中


歩道付近


歩道


歩道脇の緑地帯も整備中


地下鉄入り口を建設中


続建中


スローガン


2009.04.30 カテゴリ:記録・日記 >  深圳地下鉄建設第二期 2008-2011 

《深圳地下鉄建設》4号線 龍華駅(★龙华站)


深圳地下鉄建設記 【番外】 地下鉄4号線 龍華駅 (龙华站)
2009.4.30

地下鉄4号線は香港MTR落馬洲駅から福田口岸を経て深圳に接続される地下鉄です。
現在福田口岸駅(もとの名は皇崗駅)から少年宮までの5駅で開業中で2011年に龍華の清湖まで延長される予定です。

さらに興味深いことは香港MTRが30年の経営権と沿線住宅の開発ができることです。
このほかにも香港MTRは北京地下鉄4号線(合弁会社・京港地鉄)、上海地下鉄9号線にも投資しています。
深圳地下鉄4号線、将来はMTRによって沿線が整備されて香港人が増えるのかも知れません。
で、4号線工事現場では香港MTRの「MTR港鉄」の文字が光ります。

地下鉄4号線

運行中
少年宫 → 市民中心 → 会展中心 → 福民 → 福田口岸

建設中
少年宮 → 蓮花北(莲花北) → 上梅林 → 民楽(民乐) → 白石龍(白石龙) → 深圳北 → 紅山(红山) → 上塘 → 龍勝(龙胜) → 龍華(龙华) → 清湖


tikatetu_11a-1_500.jpg

tikatetu_11a-2_500.jpg

tikatetu_11a-3_500.jpg

tikatetu_11a-4_500.jpg

tikatetu_11a-5_500.jpg

tikatetu_11a-6_500.jpg

2010.08.21 カテゴリ:記録・日記 >  深圳地下鉄建設第二期 2008-2011 

《深圳地下鉄建設》3号線(龍崗線)試運転 - 龍崗・双龍駅で

《深圳地下鉄建設記》 【番外】 龍崗線(★龙岗线;地下鉄3号線) 双龍駅(★双龙;站)
試運転の始まった龍崗線 - 龍城広場駅で

バス車内から撮影

《深圳地下鉄建設記》【番外3】龍崗線・双龍駅

深圳地鉄3号線 「龍崗線」(★龙岗线)
2011年ユニバーシアードのメインスタジアムは龍崗の「体育新城」駅。したがってこの線は2011年にとても重要な線です。したがってほかの線よりも早く2010年10月に開通予定。
で、8月10日のニュースでこの線の一期工事を貫通したことが伝えられました。「紅嶺中路」駅から老街を通って龍崗の「双龍」駅までが貫通したのです。
紅嶺中路から福田口岸に近い益田駅までの延伸線は2011年6月開通予定。


終着駅 双龍
で、この日、体育新城のメインスタジアム「水晶石」を見学したあと、バスで「双龍」駅に行ってみました。まあ地下鉄と言ってもこの辺はすべて地上線ですので。
バスが「龍城広場」駅にさしかかったところで試運転車両が走っているのが見えました。開通まで順調なようです。
→ 地下鉄3号線

線路ができあがったものの見た感じで、ほかのことはまだまだ整備ができていないのでユニバーシアードの開催される頃にはどうなっているのか、ちょっと楽しみ。



現在の駅前はバスとトラックがいっぱい


双龍駅と電車






駅前のショッピングビル。中はすでに整備されていてとてもきれいでした




ショッピングビル前の露店




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by