FC2ブログ
タグ 《 漢中 》  2 記事  1 ページ

2014.09.21 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

《陝西省・漢中》 深圳から初めての陕西省漢中へ 二日目 - 買房子

陕西省漢中 二日目 - 買房子 (2014.9.18)

昨日までの雨はぷっつりやみました。少し太陽が・・知人Aは私が深圳から太陽を持って来たと。
マンションを購入

目的のマンション
さて今回の漢中訪問の目的はマンションを購入することでした。実はすでに知人A(燕燕は阿姨-ayi おばさん-と呼びます)と燕燕たちが数ヶ月にわたってあちこち見学、私もネットで確認しながら情報交換して最終的には燕燕が気に入ったと言うマンションに決定し手付け金を支払っていますので最後に私が確認をして一次性、1回払いで支払いをする段取りとなっています。

で阿姨がホテルにやってきて二人で目的のマンションへ。今日は燕燕も星星も学校ですので二人だけです。
マンションでは阿姨にはなじみとなっている接待の小姐と内部を見学。あと付近も観察してから支払いです。
名義は燕燕と星星の学区の証明用もあってとりあえず阿姨と燕燕。金額が高額にもかかわらず普段は一日2万元までのキャッシュカードが使えます。セキュリティがどうなっているのかちょっと聞いてみたい気もするのですが・・・
安全のため私が出発する前に支払い分は阿姨の口座に振り込んでいますので阿姨のカードで引き落とします。

すでに引き渡し期日が過ぎている物件ですので鍵が受け取れるはずなのですが名義人が未成年と言うことで確認が必要とのことで次回鍵を受け取ることになりました。ちょっと面倒ですね。
ただ鍵を受けとると管理費の支払いが始まるということで阿姨としては内装工事を始めるときに鍵を受け取りたいようです。

部屋は33階建ての20階で四房二厅二、共用スペースを含めた面積が167m2で産権面積(所有する面積)が141m2



モデルルームです

後方にある漢江。公園になっています。

マンション前のバス停から


街の雰囲気を見るためにバスに乗ってみました。終点まで。何とか風景区と書いていました。
バスを降りると昔の繁栄時の町並みを再現したような通りがありました。
昔はなかったと阿姨が言いましたのでおそらく観光用かな。


ここから料金が必要なようです。一人80元。今日はここまで・・・


2014.09.26 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

《陝西省・漢中》 深圳から初めての陕西省漢中へ (4) 内装設計会社巡りと漢中の街

陝西省漢中へ (4) 内装設計会社巡りと漢中の街

内装設計施工会社
さて中国ではマンションを買うと言っても普通は内装をしていませんので内装を手配する必要があります。そのため街にはいろいろ内装設計施工する会社があります。他には会社組織ではなく大工さんグループに頼むという方法もあります。
マンションを購入した所で内装会社を紹介してもらおうと思ったら・・ご自分で・・と言うことだったのでPCで地図検索して目標を決めたあとスマホの地図アプリを利用しながら捜しました。
10年前と言えど一応私は内装を経験していますので雰囲気は良くわかります。10年前は中国語もままならない状態でしたので会話帳を常に持ち歩いていましたが今回は横に中国人がいますので非常に楽です。私が深圳に帰ったあとは彼女が中心になって内装をしなければなりませんので私が彼女を教育しておけばよいわけで・・

で、マンションの間取り図を持ちながら内装会社(装飾公司)を5、6社じっくり回りました。私の時は話しをしてあとで平面図のアイデア図を受け取り検討する、という方法でしたが今はコンピュータ時代ですね、ノートPCで実際に簡単に設計しながらその場で考えていきます。PCには設計のサンプルイメージもあってとてもわかりやすいです。
これに3日ほど費やしました。歩き回りました・・・ハードです。
そして私の時間切れであとは彼女に任せて深圳へ。以後はSkypeとかで連絡し合うことになります。


とある内装会社で設計士と。シャツがおしゃれな感じを出していますね。

漢中あれこれ

中国版さすべえ
大阪の人気もの、さすべえの中国版?
ただしこちらでは携帯用のような感じでなくがっちり固定されています。深圳でも最近よくお目にかかりますが漢中では大ヒットのようでした。至る所で・・

漢中点景






歴史の舞台を再現しているとのことのようですが・・・勉強します・・


これです。雰囲気は何となく想像できます


陝西省漢中へ
おわり


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by