FC2ブログ
タグ 《 深圳の山 》  25 記事  2 ページ
► 次のページへ

2006.07.09 カテゴリ:深圳の山と公園 >  蓮花山公園 

福田区 蓮花山公園 - 深圳市を見おろす展望台

  福田区 蓮花山公園

2006年 07月 09日
深圳の新市政府庁舎の北側に隣接する蓮花山公園へ初めて行ってみました。深圳の新都心部にある総面積1.66k㎡の奈良の平城宮跡より大きい公園です。


正門



昼間は暑いので夕方頃から出かけました。
マンションからはバスで10分、「有線電視台」で降り公園の北入口から入り頂上へ。
頂上と言っても海抜106mの低い山。大和三山の天香具山みたいで歩き始めて15分くらいで山頂に到着。4000㎡の頂上広場には小平の大きな像があります。

小平によって深圳が経済特区となり以後の発展を招いたわけですから、深圳人にとっては恩義のある人ですよね。

山頂からは深圳市内を眺めることができます。目の前に新市政府庁舎が見え、発展していく姿がよくわかります。

とにかくよく整備されきれいでした。新しい建造物もよく見られたところから、新市庁舎に合わせて整備が進んでいたのでしょう。朝夕の散歩などにはほどよい運動量。あちこし道草しながら歩いて6000歩ぐらいですから。




山頂広場にある小平像 市民センターに向いています



新市庁舎 市民センター


人造湖もあります。水深2.8m。貸しボートもやってます。
 

 

 




城市企画展室



パノラマにしてみました。左の赤いマンション群が30階建てぐらいですのでだいたいの規模が判りますね。後の山は香港です。クリックしてください、大きくなります(400k)


2007.08.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

宝安区 羊台山 (1)


宝安区 羊台山 (1)
2007年 08月 02日








深圳八景を調べていて羊台山を知りました。地図を見ると特区内の西麗からも行けるような感じなのですが交通機関などを調べてもよく分からず。
石岩湖へいった時、羊台山行きのミニバスがあったような気がしたのでこれを手がかりに下調べに行ってみました。


ミニバス769路
325路のバスで「石岩湖路口」で降り、適当な所でしばらく待つと「石岩湖 - 羊台山」というミニバスがやってきたので乗り込みます。769路、2元。
乗客は数人。






石岩
325路のバスでも通った「石岩」の街に出ました。とすると325路で「石岩湖路口」まで行かなくても石岩で降りてこのミニバスに乗り換えればいいのですね。
ここで私以外、全員が下車、私ひとり残りました。運転手が何も言わないところを見ると終点でないようなので乗り続けます。途中で何人か乗ってきては降りていきます。



羊台山石門
そうこうするうち、「羊台山」と書かれた石門をくぐりおなじ769路のミニバスがたむろす所にやってきました。どうやら終点のようです。
降りると登山口がありました。

意外とあっさり見つかったので時間があるので試しに少し登ってみることにしました。
整備途中なのか特区内の公園に比べて美しいとは言えません。赤肌の土にコンクリートで階段を作っただけのシンプルさです。



階段には100級、200級とか書かれているところがありましたが、どうやら階段の段数のようです。
調べてみると最終は2592級ということのようです。頂上は海抜587mなので2592段であれば1段20cmということになるのでしょうか。





今回は900段、第二站、海抜246m登ったところで時間切れで引き返しました。続きはまた後日。第二站からあと1858mあるようです。
ペースが速かったか、体力が落ちているのか、下りは膝が笑いそうになっていました。





羊台山から石岩湖を





















2007.08.05 カテゴリ:深圳の山と公園 >  筆架山公園 

福田区 筆架山公園 (1) 羅湖区を見渡す展望台


福田区 筆架山公園 (笔架山公园) (1)

2007年 08月 05日
筍崗路と筆架山

一番左の二山が筆架山。主峰(177m)と次峰


深圳の公園

深圳・福田区にも大きな公園がたくさんあります。福田区78.8平方キロ、人口99.6万(戸籍人口42.2万、暫住人口57.4万、2004年末。 福田政府在線 )という福田区、この中に53の公園があり、その中に1平方キロを超える公園が3つ。

  公園名称          級別    面積(k㎡) オープン
  莲花山公园(蓮花山公園)  市級公園  1.66   1997.6
  笔架山公园(筆架山公園)  市級公園  1.45   1997
  深圳中心公园(深圳中心公園)市級公園  1.24   1999.9
  深圳市管理局より。この中の「公頃」というのはヘクタールです。

深圳のいろいろな公園をめぐっていくと公園内がよく整備されていていると思いますし、緑も多く歩くのも楽しくなります。始めの頃は山道も多くセキュリティーのことがかなり気になったのですが、慣れてくるとセキュリティーのことを考えることもなくなりました。ほかの人もそれぞれ生活を楽しんでいるように見えます。


深圳の夏は暑いので、始めの頃はジーンズの長ズボンでしたが、汗がまとわりついて気持ち悪いので短パンに変えてみました。そしてつばの広い帽子。
この帽子、派手な色の服装をしても気にしていないように見える中国人の目を引くようで、時々彼らの視線を感じたり振り返られたりしますが、帽子着用の効果の大きさにはかえられません。


さらに短パンも香港で買ったジーンズもの。これも中国人が使用しているのを見たことがありません。で、今思えば深圳ではかなり奇抜な格好になっているのかも知れませんので、もしかしたら・・・・と思うとかなり恥ずかしいのですが・・
(写真は「自画像」。この服装とショルダーバッグ)

でもこの服装にしてからは山林の公園では風がよく吹いてなかなか心地よく、白昼をさければそんなに暑さを感じさせませんし、何より汗が服の中にこもるという感覚がなくなりさわやかさが急上昇しました。もう戻れません。




筆架山公園へ

今回は筆架山公園(笔架山公园)へ、筆架山に登ります。
羅湖区にほど近い福田区に筆架山公園があります。新しい市民センターを見おろす蓮花山公園からも遠くないところです。
総面積146ヘクタール、筆架山主峰の海抜は177mとかわいい山です。

筆架山は十数基の小さい山の峰のある起伏地で、その中の3基が競い立つ姿が筆立て(笔架)のようなのでこの名前がついたようです。 (笔架山公园)
でも見たところ2基しか見えないのですが・・・


二上山
近鉄沿線情報より
皇崗口岸からバスに乗りしばらくすると少しの間だけ、この山を見ることができます。それはちょうど私のふるさとの二上山(にじょうざん、雄岳517m)を小さくしたような感じに見え、私にとっては思い入れのある山なのです。


二上山は過去にはふたかみやま(二神山)とも呼ばれて雄岳には大津皇子のお墓があります。
日本にいた頃は雄岳から雌岳へと登りました。



筆架山 手前が次峰



クリックすると大きくなります。






 



なぜかギャラリーがありました


 

 

筆架山公園 (2) へ続きます。次峰の展望台、主峰の展望台へ

2007.11.19 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

宝安区福永 鳳凰山風景区 (1)


宝安区福永 鳳凰山風景区 (1)

2007年 11月 19日
廟から鳳凰山系



まず深圳市が市の48%を森林にするため、5年以内に森林公園を10ヶ所建設計画を立てたニュースです。
シンセンスクエアの原文は総額100億元となっていましたがほかで調べてみると10億元の間違いのようです。(下記は訂正済みです)

5年以内に森林公園を10箇所建設

深セン市民が休日にリラックスできる場所を増やそうと、深セン市が5年以内に森林公園を十ヶ所建設すると深セン日報が伝えている。
各公園の建設にはそれぞれ7千万元~1億元の予算が組まれ、全部で10億元が投資されると深セン市の緑化管理当局の職員が明らかにしたと昨日晶報が伝えた。公園が完成すれば同市の48パーセントが森林で占めることになり、一人あたりの森林面積は16平方メートルになる。

最初にに建設されるのは羊台山森林公園で年末から工事が開始する。宝安区観瀾森林公園、光明森林公園、龍崗区松子坑森林公園の実行計画は専門家による査定を通過している。

この他に建設予定の森林公園は以下の通り。
三洲田森林公園、排牙山森林公園、田頭山森林公園、清林徑森林公園、鳳凰山森林公園、鉄崗森林公園







梧桐山では翌日の筋肉痛を気にしていましたが普通の疲れだけでしたのでノーエレベータートレーニングの効果かと嬉しくなっています。で、マンションのノーエレベータトレーニングは継続中です。

山登りがやみつきになって11月17日に別コースで再び梧桐山登山を行いましたが、その間にも2つの登山をしました。
その一つが宝安区福永の鳳凰山です。1回目は出発時間が遅かったのでタイムオーバーで最高点まで行けず、仕切り直しで2回行って最高点へ到達しました。

鳳凰山は上記の森林公園計画に入っていてあちこちで道が掘り返されたり登山道を整備したりとすごいことになってました。
まず入り口から登山道で中腹のお廟へ向かいます。お廟にはたくさんの人で線香の香りと読経の声。


鳳凰山路口から鳳凰山


この石門はなくなりました


整備中




やっぱり人海戦術でした ご苦労さん








登山口から20分足らずで中腹のお廟に到着








鳳凰山遠望 (クリックすると大きくなります)

2007.12.01 カテゴリ:深圳の山と公園 >  南山公園 

南山区蛇口 南山公園


南山区蛇口 南山公園

2007年 12月 01日
南山公園 深圳湾大橋遠望




深圳では日本人、外人の多い地域である南山区蛇口半島にある都会の公園です。公園といっても深圳のこと、標高336mの大南山を中心に面積350ヘクタール、3.5平方キロの広さを持ちます。西の山麓には青青世界があります。


海上世界近くの日本食材専門店「一番」と「セブン・イレブン」を右に見て少し行ったところに一つの登山口、「別墅登山口」があります。
入り口からしばらく車道を歩くといつものように石段の登山口がありますので車道から離れてここから登ります。
入り口には「深圳大南山改革解放記念公園」となっています。どんな歴史があるのだろう・・・



公園入口




登山口










海に映る太陽


第一の展望台から







南山




第一の嶺の展望台から案内板にしたがって海関口の公園ゲートに行くことにします。
あと2つの嶺を越えます。

展望台からあるカップル、女性が男性をうながして海関口へ進もうとしますが男性が次の上りがあるのをいやがって行こうとしません。
山登りをしていて時々こういう女性が男性をうながして進む場面に出会います。梧桐山なんかでもけっこう女性ばかりのグループを見かけます。正直、女性が頼もしく 思えてしまうのですが・・・

いつものように無料モデルで女性の後姿を写真に・・
と、これを見ていた清掃員のおっちゃん
「わはははは・・・・・」
親しげな顔で大声で話しかけてきました。私は愛想笑い。
残念ながらあまり言葉が聞き取れなかったのですが、雰囲気から察してふつーのHなおっちゃんになったようです。がっくり。

1万3500歩





無料モデルを・・・ 清掃員のおっちゃんに見られてました


海関登山口をめざします




2つめの嶺の展望台。これが導航台かな?





クリックしてください。 大きくなります





3つめの嶺


アンテナ群


下山します








いろいろな企業がスポンサー?


海関口






おわり

2008.02.18 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (1)


宝安区福永 鳳凰山風景区 Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園
2008年 02月 18日

新生鳳凰山森林公園


昨年11月に訪れた鳳凰山。
「5年以内に森林公園を10カ所建設」の計画できれいに整備されていました。
案内板も作られていまして、地図がありました。

案内板によると「鳳凰山森林公園」は周辺30平方キロ、半月型に展開して遊覧勝地は7つの景区、鳳凰広場景区、松涛石澗景区、鳳岩古寺景区、雲頂参天景 区、幽谷逸香景区、夕風唱晩景区、龍王廟景区があるとのこと。




これは方々に設置されているスピーカー。私のマンションにもあちこちに設置されて小さな音で時折音 楽が流れているのですが・・・
興味のある音楽とか雰囲気の出る音楽であればいいのですが、そうでなければけっこううるさいものでお金をかけて設置するものかどうかは・・ま、それぞれの 判断ですね。



昨年(2007年)の11月
 




2008年2月にはこうなりました






化石の木も











2008.03.29 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

南山区桃源村 塘朗山郊野公園から - あるハプニング (1)


南山区桃源村 塘朗山郊野公園から - あるハプニング (1)
2008年 03月 29日

塘朗山郊野公園




山登り日記 2008年3月18日 塘朗山郊野公園から梅林山公園へ。


クリックしてください
南山区といっても福田区との境付近に位置する。
ネットで電子地図を見ていると桃源村の山に郊野公園の文字があった。山もそんなに高くなさそうだし1時間ぐらいで行けそうなので午後、雨の降りそうな曇り空ながら傘を持ってバスで出発。






桃源村には3時に到着。郊野公園の入り口はすぐわかった。大きな石門ができていた。塘朗山(tánlăngshān)公園・龍珠門となっている。
地図では車道が山頂付近まで通っていたが登山道もあるはず。






少し行くと新しい石段が心細く上っていたのでこれを行く。整備されたばかりなのだろう、新しい石段が続いている。周りもまだまだ整備中という感じ。石段には鎖の手すりがあるがまだ鎖のないところもある。

まばらながらも登山者がいる。ところどころ竹で編んだかごがある。ちょっと小道具代わりにして写真を写していく。そのうちこれがゴミ箱らしいことに気づく。
少し上ったところは桃源村の展望台みたいに全体を見渡すのに具合がよい。あいにくの天気で視界が聞かないが写真を撮る。


さらに登っていく。けっこう急な石段が続いて車道に出る。車道を少し行くと車道の終点。ちょっとした展望台風になっている。そしてここからは石段で。この石段は一段が高く短い足では登るのがしんどい。
登り詰めていくと「征服430公尺」と落書きみたいに無造作に石段に書かれた文字。続いて「山頂」の文字。おっ、そうか、山頂が標高430mなのか、と気づいた。430mならそこそこだ。300m以下のつもりをして登っていたので道理でこたえるはずだ。
1本高く立っているアンテナ、もう一方には廃墟のようなパラボラアンテナ。

塘朗山公園から - あるハプニング (2) へつづく



塘朗山公園 龍珠門




中腹から桃源村を見る


















塘朗山山頂のアンテナが見えてます






山頂へ


山頂の廃棄された(?)パラボラアンテナ




山頂から

2008.11.24 カテゴリ:深圳の山と公園 >  馬巒山 

龍崗区 馬巒山郊野公園のカップル


深圳龍崗区 馬巒山郊野公園のカップル
2008年 11月 24日

岩登りから叠翠湖と小梅沙の海を見る




馬巒山郊野公園のカップル


2週続けて馬巒山郊野公園(马峦山郊野公园 MaLuanShanJiaoyegongyuan:マーランシャンこうやこうえん)に行きました。
馬巒山郊野公園は整備されることが決定している公園です。
ネットでアクセスを調べました。
「バスで小梅沙へ行き、北に行くと叠翠湖がある。ここから馬巒山郊野公園の始まりである」とだけ書いたあった文章を頼りに出かけました。(2008.11.15)

ミンスクのあるテーマパーク航母世界からさらにバスで30分ほど東へ行った海水浴場のある小梅沙でバスを降り、北へ行くと「叠翠湖」と大きく書かれた貯水湖がすぐ見つかりました。そしてこれからは適当に歩いて・・


岩場を登ります
まあやっかいでした。まず難関の第一は大きな岩ばかりの急斜面。一人なので正直ビビりまして、身分証を持ってこなかったことを思い出して、鞄の中の紙に自分の名前とパスポートナンバーなどを書き記してのぼり始めました。
登り始めるとそんなたいそうなことはなくすぐに斜面は終わりました。なんと小径に出たのでした。
(写真はこの時ではなく次の週、犬を連れて同じように登っている人がいました。犬がビビっているのをはっきり感じました。ここへ来る途中でも急斜面に犬が立ち止まってぜえぜえやっていました)


第二の難関は大きな岩ばかりの沢登り風。岩で滑るとけがをしますので恐がりの私は慎重に。
そしてここもクリアーして小さな滝に出ました。
すると・・・





深圳で初めてみました、ザイルを使っての登山。練習なのかどうかわかりませんが岩壁の上からヘルメットをかぶりザイルで何人も降りてきました。
しばらく見学したあと、先へ進みます。



いつ終わるとも知れぬ径が続いていまして途中で横からひょっこり飛び出したカップル。
目的が似たようなものなので一緒に行くことになって三人で歩き始めました。カップルは二人で話す時は広東語も普通語も使っていたので聞いてみると広東人だとのこと。でも深圳ではないと。
彼らは僕が日本人だと知るとかなりびっくりしていました。
どうしてここへ来る方法がわかったのかとか一人で歩いていることとか・・
ネットで調べたというと日本語のがあるのか?とかいろいろ話は絶えませんでした。

彼女の方が張り切っていて、先に歩いていきます。三人なので気が大きくなるのか、危険かなと思ったところへもまず挑戦。
しばらく進むと「終点まで約2.5時間」の案内板。今日は下調べの意味もあったのでそんなに時間の余裕がなくすでに4時。これは無理だと引き返すことにして・・・


数時間一緒に歩いたカップル
と言うわけで1時間かけて小梅沙に帰ってきました。午後5時。まあ引き返して正しかったのでしょうね。
あと彼らは僕に彼のメールアドレスとQQの番号をくれて次行く時は連絡しろと言いました。

なので登山口へのアクセスが困難な自分の中で懸案になっている深圳第4峰の梅沙尖(753m)に行く時に協力してもらおうかな、と企て中。



次の週(2008.11.23)に行った時のもの


山の右手には風力発電風のプロペラがありました


( 詳しい記事と写真は →  山ブログ  )

2008.12.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  馬巒山 

【深セン山歩き日記】 龍崗区・馬巒山郊野公園を行く (1) (2008.11.23)

mr1-n2-1_880.jpg
【深圳山歩き日記】 龍崗区・馬巒山(马峦山)郊野公園を行く (2008.11.23)

mr1-n2-2_200.jpg
馬巒山公園の始まり
mr1-n2-3_200.jpg
犬が怖がってうろうろ
mr1-n2-4_200.jpg
一枚岩の上
先週に引き続き馬巒山へ
小梅沙から叠翠湖へ。門を入ると右手に谷川へ抜けるコースを先週に見つけていたのでさがしながら行くが、どうやら見過ごしてしまったようだ。先週と同じ、あの怖いコースを行かなければならない。
今日は先客がいた。犬を数匹連れてあの岩場コースへ向かっているグループがあった。途中の急坂で犬が立ち止まっているので、何かと覗き込むと犬が息を切らしてぜえぜえやっている。
犬のこういうのを見るのはこれで2回目だ。初めて見た時は意外な感じがしたが、犬も疲れることを思って納得したものだった。

さてあの岩場へ。グループの数人は途中でギブアップして帰ったと言っている。場所が場所だけに彼らが登り切るまで写真を撮りながら待つつもりで被写体を探す。
犬は行くか行くまいか、考えるように岩場の同じ所をうろうろしている。怖がっている様子が分かる。犬の写真もゲット。

どうにか全員登り切って山道に入った。僕は一足お先に谷川へ向かう。
ここも先週怖い思いをしているのでなるべく楽そうなコースをたどる・・が、砂場へ飛んだ時に転倒、砂だらけになってしまった。岩場ではなかったので油断したのかな。

滝の上へ出て先週までの所まで歩いていく。あの「終点まで2.5時間」の掛札がなくなっている。
でも今日はまだ2時、さらに歩く。
巨大な一枚岩に出た。木々はもちろんなく青空が見えた。20人ぐらいのグループが休憩していた。上からは水が流れている。見ると・・あの「終点まで2.5時間」の掛札があった?!先週の場所から10分ほど移動している。

彼らは休憩を終えて再び歩き出した。僕も後に続く。けっこうきつい上り坂だ。
5分も歩くと野原に出た。どうも各地からの合流点になっているようで径があちこちに分かれている。見ると水とかお菓子とか売っている。

つづく

東部華僑城
東部華僑城は華僑城集団が35億元を投資して建設。敷地面積は約9平方キロメートルある。
東部華僑城は山と海の間で大侠谷と茶渓谷と雲海谷と三つのテーマエリアを作り、生態アクション、バケーション、野外スポーツなどの機能を集めた。
2007年7月28日東部華僑城1期開業
→ 東部華僑城

今回の所要時間

小梅沙大酒店  → 叠翠湖の入り口  25分
叠翠湖の入り口 → 滝        50分
滝       → 野原       30分
野原      → 山頂       20分

山頂      → ダム       1時間
ダム      → 工事現場     30分
工事現場    → 東部華僑城バス停 20分

小梅沙大酒店から山頂まですべての時間込みで2時間15分
山頂から下山(東部華僑城バス停)まですべての時間込みで2時間

この日の馬巒山へのアクセス

バス 小梅沙へ →  小梅沙 
大梅沙は小梅沙から西へ。小梅沙へのバスは大梅沙を経由します。

馬巒山へ
























2008.12.03 カテゴリ:深圳の山と公園 >  馬巒山 

【深セン山歩き日記】 龍崗区・馬巒山郊野公園を行く (2) (2008.11.23)

馬巒山
mr1-n2-5_200.jpg
山頂へ
mr1-n2-6_200.jpg
山頂
mr1-n2-7_200.jpg
風車
さあどこへ行くか・・・どれが馬巒山か判らないまま、近くの山頂に展望台が見えるのでここに登ってみることにした。誰に聞いてもどれが馬巒山か判らないので自分の満足のために手近な山頂に登っておくことにした。馬巒山郊野公園28k㎡の広さを感じた。またいずれ来るだろうから今日はその出発点ということで。

登り始めたとたんに狭い土手のコース。ちょっと怖いのでなるべく知らん顔で歩く。
と、また広場に出た。登山はここからのようだ。
車が停車している。と言うことはここまで車で来ることができる?
小さな道が北の方に続いている。おそらく龍崗へ続く道だろうか・・そのうち歩きたいものだ。

登る径を探して行く。石段の続く道を登りきって頂上へ。
頂上からの視界は狭くてよくないし、ゴミばかりですでにたくさんの人が占拠。
眺めてもほとんど知らない山ばかり、また写真と地図をにらめっこしながら調べないと・・・

頂上はそこそこに登ってきた反対側の径を下山する。しばらく進むと大梅沙の発電用みたいな風車風景があった。できたばかりのようでまだ回っているのを見たことがない。でもきれい。いいスポット。

そして「徘徊コース」に入った。いくつかの分岐路を経てどんどん下る。
そして出た、「終点まで1時間」。今週あったあの「終点まで2.5時間」から1時間歩いているので計算としてはそんなに大差はない。よしとしよう。

きれいな貯水湖が見えてきた。風車はずっと見えている。風車をバックに貯水湖を撮ろうとするがなかなか難しい。でもとてもさわやか。しばらく湖畔に下りて写真を撮って遊ぶ。赤くなりかけた太陽の光がきれい。

つづく





















2008.12.04 カテゴリ:深圳の山と公園 >  馬巒山 

【深セン山歩き日記】 龍崗区・馬巒山郊野公園を行く (3) (2008.11.23)

mr1-n2-8_200.jpg
貯水湖
mr1-n2-9_200.jpg
mr1-n2-10_200.jpg
OKポーズの陽気な兄ちゃん
mr1-n2-11_200.jpg
東部華僑城
大梅沙へ下山
再び下山を始める。途中ダムへの扉が開いていて、ハイカーたちが入っていく。僕も入ってダムの上を歩く。目の前には特徴的な二峰の山。福田区の筆架山に似ていないこともない。でも場所が違う。あとで調べないと。それにしてもまわりはあちこちで工事中。なんの工事なんだろう。

管理所の方は扉に鍵がかかっていて入れない。途中から分かれていた下山道らしい径を行く。ハイカーも多いので安心だ。しかしながら急坂で砂のかぶった径、あちこちでズルッ、ズルッと滑る音。
そして大梅沙の海が見えてきた。大梅沙にある小さな特徴的な島も見える。さらに滑りそうに
なりながら下っていくと工事現場にでた。大梅沙のシェラトンホテルが目の前に見えてきた。
もっこに石をぎっしり詰めて運ぶ人。重そう。道を譲るとにっこりしていた。

二輪のネコ車を押す兄ちゃん、僕が写真を撮っているのを見て「俺を撮せ」と陽気な兄ちゃんだった。そして近くを通った柴を背負ったおっちゃんも話しかけてきた。なかなか楽しい工事現場。

大梅沙へ行く道を彼らに聞き、歩き出す。でも登り道でなんか違うような気がするが彼らの言うのを尊重して歩いてみる。
と、下を見るとさっきの工事現場の斜面をハイカーたちが下りていく・・・まあいいか、こちらからでも行けることだろうし。

でも道はかなり大回りの上、高く登っていく。でも山の景色がよく見えるし、新しくできた街が雄大に見渡せた。深圳第四峰の梅沙尖と思われる山も見えた。さっきの二峰の山が目の前。撮影するが夕日の感じが出せない。

20分ほど歩くときれいな街に出た。でも大梅沙からはかなり離れているはずだ。
そしてバス停が見えたので歩いていくと・・「華僑城・東部」の文字。
おお、東部華僑城だった。新しく造られたテーマパーク。さっきの工事現場はこれらと関係があるのだろうか。
それにしてもこの辺は最初に訪れた2004年からは全く変わった。とてもきれいになった。今の深圳を象徴しているようだ。

それにしても馬巒山、どれだったのだろう。記述で馬巒山590mというのは見たが、いろんな地図を見たが馬巒山と明記している地図はないし、人に聞いても首を傾げる・・さて























馬巒山へ おわり

2008.12.15 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梅沙尖/三洲田 

塩田区 世界最大級の塩田港遠望 - 深圳第四峰・梅沙尖の登山道を探して


塩田港遠望
2008年 12月 15日

発展する塩田港周辺


塩田港(盐田港)は深圳市中心部から東へ20kmあまりの大鵬湾にある深圳の貿易港。
1990年から整備が始まったようで第3次まで整備が進み、2008年12月からは現代物流センターの建設が始まったようです。
 中国塩田港の発展    塩田港現在物流センター 

そして現代の塩田港の規模は世界最大級だとのことで記事を書くのに塩田港を調べていてちょっとびっくり。



塩田港へ行ったのは深圳第四峰の梅沙尖の登山道を探すためでした。
Webの記事を頼りに探しに行ったのですが書いてあった「盐田街道办事处」とやらが見つからず、あちこちうろうろ歩き回ること1時間半、あきらめかけた頃になにやら山の上から水道管のようなパイプが下りていて横にか細く石段が続いているのが見えました。
もしかしてと思い登り出すと上から数人の人が下りてきたので聞いてみました。

「これはどこに着きますか?」
「山頂。眺めがすごくいい。20分ぐらいで着きます」

やった!山頂と言っても20分ぐらいで着くのだから梅沙尖ではないでしょうが梅沙尖にもつながっているかも知れません。思い切りにっこりしながら登り始めました。

少し迂回しなければならないところはあったもののこの「水道管」に沿った石段をひたすら登り続けます。下りてくる人登る人、意外なほど多いのです。カップルも多数。ローカル的には有名なところかも知れません。




20分ほど登り続けると小さな広場があり、廃墟のようなコンクリートの小屋がありました。水管から水が勢いよく噴出していて小屋の中には水量を調整するようなハンドルがありました。
ここからの眺めは良さそうでした・・残念ながら空気の透明感がなく、塩田港しか見えません。もし視界がよければ塩田港の風景を前景に香港の船湾、八仙嶺の山々が見えてきれいなはず。次回に期待を残して。

さらに上へ15分ほど登るとこの峰の頂上に着きました。先に着いていたおっちゃんたちが気軽に話しかけてくれました。カメラを胸にぶら下げているので目立つのかも。
梅沙尖とか名前を出しても彼らは知りませんでしたが、ここから先もまだまだ続くと言うことでおそらく梅沙尖にも行くのだろうと思えました。彼らは「水庫」ならすぐだから行こうと言いましたが、すでに4時半、次の楽しみにとっておくことにして今日はここまでとしました。

下りではいろいろな枝道から人が出てきます。僕も少し写真を撮るのに脇道にそれてみると・・
滝が見えました。それも結構な規模。これも後日の楽しみに。

そして下山、散髪屋のマークに誘われて15元の散髪をしてバスへ。
東門によってDVDを買い、再びバスへ。
疲れたのか、うとうと。自分のマンションを乗り過ごしてしまいました。しかも数キロ。全く気づかなかったのですね。
帰ったら9時を過ぎていました。


下山を終えて最後にたどり着いたのはとある団地裏の「破れ金網」みたいなところ。
帰って確認してみると、Webに書いてあったのがこのコースのようでした。私の中国語レベルもありますが、あの記述からあの「破れ金網」を探すことは不可能と思われました。偶然にしてはできすぎのような・・

この山頂はGoogleの地形図で見ると標高400m足らず。それにしても水管の補修用石段みたいで色気も何もありません。車で行けば三洲田あたりから登山道があるようなのでこちらの可能性もまたあとで考慮したいと思っています。


この石段を時には迂回路を通りながらひたすら登ります


山頂付近



途中で見える風景 塩田港。うしろに香港船湾の山並みがかすかに見えます。
視界がよければ絶景に違いありません


滝も見えました かなり大きそうです


たぶん梅沙尖753m


梧桐山と夕日


山頂(たぶん大三洲塘という山)から 視界のいい日に再び・・・


下山の夕日


2009.03.16 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

深圳南山区 塘朗山 - 夕日とともに

裏山から塘朗山へ
2009.3.16

久しぶりの新規投稿です。
ブログひっこしに夢中になっていて徘徊しなかったので体がなまってしまいましたが、ひっこしも一段落しましたのでまた日常に戻れそうです。

で、久しぶりに、14日土曜日午後3時、マンション裏山から小さな峰を8つほど経由して塘朗山の山頂430mを巡る3時間コースの山歩きをしました。
なまった体を解きほぐすため、すこしスローペースで。



やっととらえた紋白蝶。
いつもちょこまか動いてなかなかとらえられなかったのがついに成功。


犬も登ります。
カメラを向けるとどきっとした表情で後の飼い主を見てからこちらに下りてきました。気が弱い?








塘朗山頂上へ。




新しい展望台ができていました。展望台から夕日を


展望台の横を下ります


去年の8月に長城風の登山道を造ると言っていたのがやっとできたようです。
掘り起こしている片側にも同じものができるのでしょうか・・・


登山道を下る中年カップル


九重葛(ブーゲンビリア)と


桃源村に着きました





そして・・


塘朗山山頂からの望遠写真を見ていろいろな変化を見つけました。
最後の写真の一番上には地下鉄5号線の工事、ここは高架なのか・・
仮設住宅の下側には平南鉄路、ところが複線化工事をしています。もしかして11号線?
さらにその下には道路の新設かな。ここまで変わっていると調べるのが面倒に・・・

それにしても数ヶ月、塘朗山に行かなかっただけで大きな変化。
おまけに桃源村に着くといつも行っていたスーパーがなくなっていてめんくらいました。

2009.03.29 カテゴリ:深圳の山と公園 >  南山公園 

写真日記 深圳・南山公園へ

写真日記 南山公園へ

九重葛(ブーゲンビリア)できれいな南山公園



【写真日記】南山公園へ (2009.03.28)

知人が日本へ帰任することになり、記念に4人で南山公園へ。僕以外は香港在住で、彼らは南山は初めての挑戦。
朝に雨が降っていたので少し足元も悪く視界もあまりよくない状態であいにくだったが僕にとっても久しぶりの南山だ。

福田口岸で待ち合わせ、地下鉄とバスを乗り継いで蛇口海関口へ。ここから別墅口へぬける2時間のコース。

深圳の登山道は香港のに比べると階段が圧倒的に多くて慣れないとしんどいかも知れない。特に南山の登りは距離は短いもののすべて石段。
かなり湿度も高く、だんだん晴れ間も出てきて汗がしたたり落ちる。で、周りを楽しみながらのんびり進む。

一つめの嶺付近に回廊のようなものができていた。整備工事をしていた一つはこれだったのか・・・まだ未完成の様子。

小南山を見ながら3つの嶺めぐり。結局深圳湾大橋は見えるものの、香港の山はかすかに青山が見えたぐらいであいにくだった。
まあ、この季節ではしょうがないか・・・

南山を下山したあとは海上世界を少し案内、深圳にもこういうところがあるというところを・・

あとは我が家へ来ていただいてたこ焼き。あまりうまく作れなかったがごめんなさい。
その後、東門へ行ってDVDを買ったあと解散。お疲れ様でした。



蛇口海関登山口


登る


回廊風のものができていました


ひとこま


展望台で


あいにくの視界 かすかに香港の山


下山して海上世界へ


海上世界


海上世界


2009.04.11 カテゴリ:深圳の山と公園 >  筆架山公園 

深圳日記 筆架山公園の休日

やっと晴れて 筆架山公園の休日

筆架山公園 檸檬桉(レモンユーカリ)の林


檸檬桉(レモンユーカリ)
この白い樹木、名前を知りたいと思っていてなかなか分かりませんでしたがやっと知ることができました。

中国語で檸檬桉(níng méng ān)、日本名はレモンユーカリ、学名はEucalyptus citriodoraとのことでした。オーストラリア原産。
強い芳香物質がありアロマテラピーでも使われているようです。他に防虫効果もあるとかで、興味深い木でした。
表皮が毎年脱皮するそうで、今日も剥げ落ちた表皮があたりいっぱいに落ちていました。



筆架山公園の休日


久しぶりで深圳に青空がいっぱいに広がりました。
青空に誘われてふらふらと筆架山公園に出かけました。

公園ではさすがに凧揚げが盛んです。でも・・
子供はほとんど凧揚げをしていません。どうやら凧揚げは大人の遊び道具。


お出かけ前のマンションで。最近人になれてきたのか、人に対しての警戒心が薄れてきたようです

紅羅雲(コウラウン 紅耳鵯)
ところでこの小鳥、あちこちでよく見かけるので名前を知りたかったのですが、やっと分かりました。
コウラウン(紅羅雲)、中国名は紅耳鵯(红耳鹎 hóng ěr bēi)というのだそうです。
世界中の亜熱帯地域に広く生息するヒヨドリの仲間とのこと。
個人的博物館のヒヨドリから




そして筆架山公園のバス停陸橋からの風景。
以前は72階建ての賽格広場がぽつんとあっただけなのですが、またビルが増えました。


陸橋にはいつものみかん売りの他に凧売りがいました。


公園のおとなは凧揚げの準備


糸巻き器も大がかり。ここまで来ると子供はまねができません


お父さんは凧揚げで忙しいのかな。凧の見張り役?


お父さんは凧揚げ、お母さんと子供はバトミントン


子供は元気




若人はこんなグループも




とりあえず山頂に登りました。梧桐山が見えています


そして花々






すでに蝉は元気にうるさい


帰り道を


空を見上げると凧




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by