FC2ブログ
タグ 《 水漏れ 》  2 記事  1 ページ

2012.03.28 カテゴリ: ハプニング 

《ハプニング》 階下の住人をまき込んだ春節越しのマンション水漏れ騒動 (1)

《水漏れ騒動2012》 

トイレの水が流れっぱなし!
2012年の新年明けて間もない頃、そして春節を2週間後にひかえたとある日、トイレに行くと水が流れっぱなし。TOTOの便器とウォシュレットを2005年に設置してから初めての不具合にちょっと憂鬱。水ももったいない。
タンクの中を見ると栓のひもがひっかかっているのか栓が上がりっぱなし。自分なりに栓をいろいろいじくってみましたがおかしいところもなく偶発的な事故みたいでした。でもおそらく半日ほど最大水量で景気よく水を流していた・・・
後日請求書を見ると普段なら5~6m3ぐらいなのにこの月は8m3になっていました。2m3ほど浪費してしまったようです。

水漏れ!
2、3日タンクの様子を見ましたが問題なさそうなのにちょっと安心したところで階下の住人(女性)が管理所の人を連れてなにやら苦情の様子。水漏れといっているのが聞き取れました。
彼女はまず管理所に連絡して管理所が配管をいろいろ調べたあげく私の所に原因があるとしてやってきたようです。管理所の彼は私のトイレで水漏れがあると考えてトイレを観察していましたが原因が分からない様子。私にトイレのタイルをはがして調べてみたらと言う・・
冗談でしょう・・胸騒ぎ・・大事(おおごと)になってきたと内心穏やかではありません。
でも内装工事ではトイレの配管をみんな厚いコンクリートで覆ったし、まさか水漏れすることはないとは思うのですうがタイミング的に不安がよぎります。

階下の彼女の部屋を確認に行くと天井から水がぽたぽた・・・これは間違いなくこちらの原因と思えました。 うっとうしい展開になってきました。
とりあえず内装工事屋に電話することになり、私が内装工事をした時のファイルや資料から内装会社の電話番号を調べて階下の住人の彼女に電話してもらうことにしました。私が説明できるはずもないし、こちらが日本人だと言うことは皆さんご存知ですから・・

翌日やってきた内装会社の担当員、一通り状況を確認してから憂鬱そうな面持ち。実は春節も近いので工人がすでに故郷へ帰っていて自分も来週に帰ると言う・・・
そうなんです、内装工事の時も春節にまたがったので工人がみんな帰省して1ヶ月以上内装工事を中断しました。なので時期悪く問題が起こってしまったことに。
とはいいながらいろいろ電話をしてまだ残っている人を探し出せたようで私が修理をする決断をすれば次の日来るという。もう覚悟は決めました、修理するしかありません。修理してもらうことに。
ただ内装の契約で内装不具合は2年、配管関係は5年の保証なのですでに保証期間が切れているので全額こちら持ちと言うことになります。

この日水道メーターの指針を確認、次の日確認すると指針は同じ値を示していました。ほんとに漏れているのか・・でも内装してから7年、なぜ急に水漏れが・・合理的な理由を導き出そうとしますがなかなか推測できず・・

水漏れ修理
翌日まず来たのは実際の作業員。彼にメーターのことを言いますが「それは関係がない。水漏れがあるのは間違いない」と言い切りました。メーターを回す力がない程度の水漏れということでしょうか。配管の継ぎ目の部分から漏れていることが多いと言います。


水漏れ部位を探す・・
床はフローリングなので1枚1枚無垢板をはがします。1枚はのみで削り取って・・・フローリングの修復を考えると憂鬱がつのります。
階下の水漏れ状況からあたりをつけてフローリングを剥いでいくので当たるも八卦・・状態でどんどん剥がして配管付近で水がたまっているのが確認できました。ただ漏れている部分が見つからず・・
そうこうするうちに管理所から人がやってきました。この日はちょうど日曜日に当たるのでした。

マンションではオーナーが変わるたび頻繁に内装工事が行われますが規則がありまして18時以降は工事ができません。週末や休日も同様工事ができません。ドンガンドンガンやっているとすぐ苦情を受けて管理所から人がやってきます。
実は打ち合わせで修理は週末はだめなので月曜日に来るようにしていたのですが彼らは日曜日にやってきたのです。しかたがないので水漏れで緊急ということで管理所と話をすると管理所に連絡してくれと言うので管理所へ出向いて説明。(インターホンで管理所と話をするだけでよかったようなのですがどう話せばいいか分からずおもむきました)
管理所ではちょうど工事の苦情の電話がかかっていまして係員が「水漏れで・・」と対応している真っ最中。

部屋に戻ってくると別の箇所も剥がすことにしてどこを剥がすか、二人で相談していました。始めに剥がした部分に継ぎ目があったのですが水漏れはないと言っています。彼らはしばらく話し合ったあと別の所の無垢板をはがし始めました。間がかかりそうなので私は別室でPCを。
しばらくすると彼らは水漏れ箇所が見つかったと言ってきました。見てみると・・「!!」
継ぎ目部分ではなくパイプがのこぎりで切られたようになっています。明らかに人的ミス。でもこのパイプはマンション側が設置したもので建設時のミスなのか、内装時のミスなのか特定できません・・
とりあえず彼らに5年の期間外の保証を主張しますがまあ受け入れられません・・なんか後味の悪い水漏れ部位の発見でした。

それにしてもよくこれで7年分からなかったものだと不思議でした。まさかトイレの突発事故がこういう結果を招くとは・・


水漏れ箇所。明らかに人的ミス・・
作業をしてくれた気のよさそうなおっちゃん、「あんたは運がいい!」とのこと。今までには水漏れ部位を見つけるのに数日かかったこともあるそうでタイルを剥がしまくったようでした。こうしてすぐに見つかるのは滅多にないとのこと。
この日のうちに修理を終えてまあとりあえずめでたしめでたしというか。


そしてあとはフローリングの復帰工事と言うことになるのですが、階下への補償の他にいろいろ複雑な問題があって簡単には行きませんでした。

つづく

 

2012.03.31 カテゴリ: ハプニング 

《ハプニング》 階下の住人をまき込んだ春節越しのマンション水漏れ騒動 (2)

29日から30日、香港にお泊まりでブログも休憩。で今日からまた再開。まずは水漏れ騒動続編です。

《水漏れ騒動2012 (2)》

水漏れ部分が見つかって修理できたところで内装会社の年内の(春節前の)お仕事は終了になりました。あと、階下の補償(天井の修理)と当方のフローリングを復活させる作業が残っています。これは春節明けのお仕事、でもいつになるか分かりません。都会では春節休みは1週間程度ですが現場仕事などの場合はまだなお春節前後1ヶ月ぐらいは休むところが多いようです。ま、気長に待ちましょう。


やってきたのは
とりあえず水漏れ修理が終わってまず様子見にやってきたのは階下の住人でした。補償の話、天井修理の件です。一応事情を話し春節あけになるだろうと説明。

次に来たのはマンション自治会の委員(たぶん)の女性と管理所の男性。なにやらプリントアウトしたものを手渡されました。彼らはこちらが日本人であることは承知していますから日本語らしいものが印刷されていました。おそらくネットの翻訳サイトで翻訳したものを持ってきたのでしょう。
残念なことに判読不明・・・でもまあ、水漏れの件であることは分かります。外部から修理の人を呼ばなければならないかも知れない・みたいなことが書かれていました。一応言葉で確認します。二人はこちらが中国語を少し話すのにもほっとしたようで会話で話が進みます。
すでに修理は終わりましたと言うと二人ともはっきりほっとした表情になりました。で、修理の時に撮影した写真を見せながら説明。納得してもらいました。
彼らはこのあと階下によって現状を確認するとのことで、もし問題があれば戻ってきます、と言い残していきました。階下の人とは話がすんでいますので彼らはふたたびやっては来ませんでしたが・・


春節
リビングのフローリングがないままで春節を迎えました。普段ならここに電気ごたつを出してのんびりするのですがリビングが使えないのでこたつを書斎に移動、書斎机のデスクトップPCをこたつに移動。キーボードとマウスは無線に変えているのでディスプレイだけ配線して移動すればよいわけで楽ちん。
こたつに入りながらのPC操作は寒いこの季節、なかなか具合がいい・・リビングよりもこの方がいいかも・・ちょっと気に入りました。でJUSCOに130元程度で売られていた座椅子をすぐさま買ってきました。 けっこうけっこう。


ふたたび内装会社から連絡
春節が明けてだいぶだって内装会社の彼から電話がかかってきました。
どうやら彼はタイル張りの床の水漏れ対策の経験が多くてフローリングの場合手順がよく分からずめんどくさがっているような感じがしました。フローリングの木地板(無垢のフローリング羽目板)材料を購入する必要がありますがこれを自分で買いに行くことにしました。彼は材料が手に入ったら連絡してくれと言う。

久しぶりにホームセンター(楽安居)へ木地板を手配に出かけました。以前買った店でサンプルを持って手配に行きます・・が後日連絡が入り、現在このタイプの柄の板を作っていないと・・
確かに店で見たのは全部つや消しのものでした。私もつや消しが好みなのですが当時はどこへ行っても光沢のものしか売っていませんでした。これも時代の変化でしょうか・・

で、別の会社ので似たようなものを探します。たくさんありましたがここで一つ問題が・・寸法が合わないのです。幅とか組み合わせ形状は変わらないのですが私が買った時の長さは450mm。現在はほとんど460mmで450mmがどこの店にもない。
長くても何とかなるだろうとは思えますが これは内装屋の現場職人の意見を聞いてもらうしかない。内装屋に手配をまかせることに。内装屋の彼もあれからいろいろ情報を集めたようであっさりした返事で彼が手配をするといってサンプルの木地板を持って行きました。結局彼らも450mmのものを見つけることができず。
この間に階下の天井の修理を終えました。

フローリングの原状回復
そして3月13日、やっと原状回復工事。水漏れ対策をした同じ人が工事にやってきてくれました。

写真のように2箇所でちょん切られています。この間の部分も剥がして一つながりにしてからはしから一つ一つ組み合わせていきます。部屋の中ほど部分にはもとの450mm木地板を使い壁に近い部分に新しい460mmの木地板を使います。
そして6時間ほどかけてやっと終了。マンションの作業期限の18時近くになってきて終わるのかと心配しましたがめでたく終了。

春節が入ったため思いもかけず3ヶ月もかかったことになります。ぞっとした水漏れ騒動でした。
費用ですが階下の天井修理も含めて3500元。

それにしても・・彼が水がほしいといった時にこちらで作った特製冷やし鉄観音茶をふるまったのですが彼が言うには「水道水でよかったのに」と言うことでした。
へえ、これがこちらの人の感覚なのでしょうか。ま、私も生水は飲まないまでも米を炊く時、お茶を入れる時なども含めて水は全て水道水を使っています。昔は5ガロン(19リットル)入りのミネラルウォーターを買っていましたが今は買うことはまずありません。
でも水道水をそのまま飲むという発想はありませんでした。今後もないと思いますが・・さてどうなりますやら。

 

階下の住人をまき込んだ春節越しのマンション水漏れ騒動
おわり


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by