FC2ブログ
タグ 《 梧桐山2010 》  6 記事  1 ページ

2010.03.27 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳の山》今年初めての梧桐山へ 小梧桐山から仙湖植物園

【深圳の山】 今年初めての梧桐山

凌雲道から深圳市街を遠望


今年初めての梧桐山


登山口付近にできた梧桐山の石標
梧桐山もすでに20回以上訪れているわけですが今年になって初めての梧桐山です。
今回は小梧桐山(692m)です。大梧桐山(944m)はまた楽しみにとっておきます。
コースは最大斜度70度の凌雲道。曇ってて雨が降りそうな感じですが透明度は良好。

凌雲登山道と言っても石段の登山道。深圳の登山道はだいたい石段主体で登山道というより参道です。なので段数は半端ではありません。
日本では四国金比羅さんの石段が有名ですが奥社まで1368段とのこと。

ここから第2部
凌雲道は2部分になっていてはじめの部分が500段あまり、あとの部分が2653段ということで計3200段ほどです。傾斜はかなり急で頂上近くで70度以上の傾斜となります。
では出発!写真を念入りに撮影しながらゆっくりと。


でも写真撮影、失敗しました。普段はホワイトバランスを太陽光で固定にしておくのですが今回は曇天に設定してみました。これが失敗でした。なぜかわかりませんが変な色になってしまいました。たぶんカメラの設計がおかしい?(自分のうで?)
公表するのに耐えられない・・で、Photoshopでできる限りの補正をしてアップすることにしました。あしからず。



小梧桐山へ

視界がいいので深圳市街地がよく見えます


いきなり現れた初めての花・・どこかのWEBで見たような気が・・





そして見えてきた最大斜度70度の石段


香港の山 シャープピークが一番奥に


八仙嶺は手前の小八仙と同じ形・・手前の右は紅花寨、奥には馬鞍山がうっすら


凌雲道


蓮塘のマンション、うしろに香港の山々。 左端のピークは小梧桐山の最高部分にあるアンテナ群




小梧桐山で

最近二酸化炭素問題のアピールのためか風力発電とか太陽光発電などの設備が増えました。
ただこのミニ風車(たぶんミニ発電用。下には太陽電池パネル)、騒音がすごい。要改善。

大梧桐山を遠望。


初めて見た掃溜菊(はきだめぎく)だと思ったのですが・・小米菊(こごめぎく)のようです





下山 小梧桐山から仙湖登山道で仙湖植物園へ
小梧桐山からはいつものように登雲道から仙湖登山道へ入り、仙湖植物園に寄っていきます。
植物園といっても面積6k㎡、中に湖(仙湖)や博物館、それに弘法寺というお寺も含んでいる大植物園です。
  小ブログ記事 → 仙湖植物園 

仙湖登山道の石段も急で下るのは骨が折れますが景色がすばらしい。そして何より、このコースで下っていけば仙湖植物園の入園料20元がいりません・・・
でもまあ、目的が植物園ならこのコースを選ぶより20元を選んだ方がいいでしょうけど・・


仙湖登山道の展望台から仙湖植物園を展望 右のオレンジの屋根群が弘法寺


登山道で見かけた普通の崑崙花(こんろんか)みたいなのですが・・


こんな高いところに咲いているのを初めて見ました。どうやら「オーロラ崑崙花」というような・・




仙湖植物園で

仙湖植物園から見上げると仙湖登山道が見えました。展望台もはっきり





相思樹



とてもいい香りがしていました。写真を撮っていると女性がやってきて「いい匂い」と香りをかいでいました。
「なんの花?」と尋ねると「知らない」と言って去っていきました。






そして植物園の大門 出口(入り口)です


今年初めての梧桐山

2010.08.09 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳の山》小梧桐山と仙湖植物園へ (1) 凌雲道、登雲道、仙湖登山道

凌雲道から仙湖植物園と小梧桐山ふもとの町・蓮塘
蓮塘はマンション探し当時(2004年5月)、ちょっとひかれたところ。バスに乗ってここへやってきた時、とても広々としていて、山(梧桐山)は見えるしマンションも高層で気持ちがよかったのです。
当時、道路の幅は確保してあったものの整備がまだでほこりっぽく、羅湖の繁華街からもかなり離れた郊外というより田舎のイメージでした。みごとに整備されてきれいになりました。

《深圳の山と公園》 小梧桐山と仙湖植物園へ (2010.8.8)

小梧桐山と仙湖植物園へ (2010.8.8)
7日は立秋、したがってもう秋、朝窓を開けると涼しい風が吹いていました。
予定は今日大梧桐山に登るつもりでしたが朝の天気がよくなくて躊躇するうちに時間が遅くなって小梧桐山に変更。
新しく買ったカメラ、作り物のような色になるのにギブアップ気味、旧カメラを再登場させました。
バスを乗り継いで長嶺へ。途中から太陽が。能見度(空気の透明度)はあまりよくなくて15km程度でしょうか。だんだん暑くなってきました。こんなことなら予定通り涼しい早朝から大梧桐山へ行っておけばよかった・・・

凌雲道・・最大斜度

凌雲登山道
いつものように斜度の急な凌雲道へ。はじめは梧桐山HP(http://www.szwtm.org/)の旧版の情報にしたがって最大斜度70度としたのですが、最近はほんとだろうか・・と疑問を持つようになりました。
凌雲道は石段ですので70度なら段の幅と高さの比が1:2.75でなければならない・・・そんなところはないのです。でも1:1である45度以上は間違いなくあります。50度は1:1.2、これもあります。60度は1:1.73、これは微妙です・・
ということで最大斜度はおそらく55度から60度ということかなあと。
まあ、それにしてもエスカレーターの30度から考えてすごい角度には違いありません。スキーで初めて35度の傾斜に立った時、絶壁と感じましたから。
仙湖植物園へつづく

小梧桐山へ
凌雲道


凌雲道から深圳市街を展望


能見度はよくないといえどこの時期、香港八仙嶺、小八仙、背後に馬鞍山、そして左へ行くとシャープピークも見えます


小梧桐山頂近くのテレビ塔


山頂のパトカー(電気自動車)で休憩するハイカー。警官はいますが何も言いません。おおらか


小梧桐山から大梧桐山を


野牡丹も実がなり始めました


ランタナはいつも元気

そしてメキシコ花柳

かっこうあざみ
うす紫と白い花があります。これは白花と思ったのですが、微妙に紫色が入っています。



パノラマ写真 クリックすると大きくなります
香港の山々


梧桐山脈

2010.08.10 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳の山》小梧桐山と仙湖植物園へ (2) 仙湖植物園

仙湖 - 仙湖植物園

《深圳の山と公園》 小梧桐山と仙湖植物園へ (2) 仙湖植物園 (2010.8.8)

仙湖植物園
小梧桐山の帰りにいつものように仙湖植物園へ。
大梧桐山へ行くつもりが小梧桐山になったので体力は余っているので仙湖植物園も散歩することにしました。

弘法寺から再び紫薇園(さるすべり園)を訪れました。花の元気はなくなっているもののきれいな色。そのあと久しぶりに湖付近を散歩。
弘法寺に戻ってバスで大門へ。ポロシャツは汗でびっしょり、所々汗が乾いて塩が噴いていました。座席にもたれると汗で冷たいのでバスの中で着替えてすっきり。

新しいカメラと以前のカメラ ニコンP80とP100
こうして写真を整理してみるとやっぱり以前のカメラ(P80)の方が自然な色がでます。CCDとCMOSの違いなのか、カメラ内部の画像処理の方法の違いなのかどうかはわかりません。想像ではP100のカメラ内部の画像処理方法がよくない・・・
やっぱり一眼レフも必要か・・・

下山 仙湖植物園へ

帽子代わりに海芋の葉を


仙湖登山道から仙湖植物園



仙湖植物園 紫薇園(百日紅園)
またまた紫薇園にきてしまいました


まだ咲いていますがちょっと元気がなくなっているので全体を撮影





仙湖植物園 仙湖
暑いにもかかわらず一目千人でした


ピンクの山丹花が増えていました


仙湖から小梧桐山を



砂漠植物区 アメリカ館
アメリカ大陸、アジア、アフリカ区に分かれていますが暑い深圳でもこの区だけは温室栽培です。







植物園で
ウコンサンゴ、これも花期が長いですね





仙湖登山道から仙湖植物園展望  パノラマ写真 クリックすると大きくなります



2010.08.15 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山古道》今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (1)

大梧桐山 - 中梧桐山から

クリックすると2000ピクセルの大画面になります

《深圳の山と公園》 今年初めての梧桐山 - 古道からフルコース (2010.8.14 )

今年初めて梧桐山へ (2010.8.14)
今年は新年から天候不順で初登山の機会をなくしてから梧桐山とは縁がなくなりご無沙汰してしまいました。
やっと決心をして能見度(透明度)のいい時に梧桐山に登ろうと出かけました。大梧桐山は16回目の登頂。

梧桐山フルコースのルートと歩数
梧桐山村→貯水湖→古道→大梧桐山(944m)  (1万4000歩)
大梧桐山→十里杜鵑長廊→中梧桐山(706m)→十里杜鵑長廊→小梧桐山(8000歩)
小梧桐山→登雲道→仙湖登山道→仙湖植物園弘法寺  (6000歩)
弘法寺からバス

ルートは2008年1月以来、2年半ぶりに古道を行くことにしました。2008年当時は人はほとんど通っていなかったのですが今回は梧桐山村、貯水湖の出発点から人が次々とやってきました。
途中雨が激しくなってきて雨宿りをしながらの登山。大梧桐山頂はガスで視界がよくなかったのですが、それ以後は天気も回復、すばらしい風景となりました。

中梧桐山、小梧桐山などから八仙嶺、大帽山のほか、馬鞍山やシャープピーク、青山まで香港の山々を見ることができました。

十里杜鵑長廊の「整備」が進んでエキサイティングだったトレールのほとんどが石段に変わってしまいました。最大の難所も石段に変わり難所ではなくなってちょっと残念・・

写真に続きます

2010.08.17 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山古道》今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (2) 大梧桐山

《深センの山と公園》 今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (2) 梧桐山頂へ

来るたびにきれいになる梧桐山村


貯水湖には水がいっぱい



大梧桐山へ
ここから出発 整備は十分にされていませんので踏み跡を適当に登ります




鳥もわんさかいたのですがなかなかつかまりません。こんな派手な色の鳥がいました。あいにく半分隠れていますが・・

ピンぼけですがこんな色の鳥も

やっぱり街の鳥とは違う野鳥がいっぱいいるものですね。


そして


雨の中を


登山道からの風景 右端に梅沙尖



雨が激しくなって雨宿り


登山再開


梅沙尖と塩田港


山頂まであと少し。ここは羅湖区と塩田区、龍崗区の交点 ここでも商売


山頂を目指して




山頂で
雨はないものの天候があまりよくなくガスで視界がよくなく・・
天池と香港の山・八仙嶺




小梧桐山を展望


天池と山頂



きれいなランタナでした





山頂でアイスキャンディーを売っていました。これはちょっとそそられたので買いました。3元。下界ならたぶん1元。


つづく

2010.08.18 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山古道》今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (3) 十里杜鵑長廊

《深圳の山と公園》 今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (3) 十里杜鵑長廊

大梧桐山から中、小梧桐山へ

大梧桐山では空気の透明度はいいようなのですが天気がよくなくて視界がききませんでした。
で、このまま下るか、中、小梧桐山へ行くか・・時刻は14時。
中、小梧桐山へ向かうことにしました。大中小梧桐山のフルコース。
いつものように山頂から泰山澗、鳳鳴径を経由して好漢坡の駐車場へ。一般の車は規制されているのでほとんど車はありません。途中の天然水の汲める平台に売店ができていた・・でもここには天然水を汲めるポイント。
持ってきた飲料は500ccのペットボトル3本に入れてきた自家製の緑茶。2本が冷凍庫で凍らせたもの。あまり溶けていないのでミネラルウォーターを汲んで入れました。

泰山澗の平台

天然水を汲むスポット


十里杜鵑長廊

難所がほとんど石段に・・
そして十里杜鵑長廊で中梧桐山へ。
十里杜鵑長廊は「整備」が進んで中梧桐山頂の少し手前まで石段となりました。途中にあった唯一の難所も石段に変わり難所ではなくなりました。ちょっと残念。

でも天気はびっくりするほどよくなって暑い。おまけに十里杜鵑長廊は木陰の少ないトレール、こたえます。日焼け止めもとめどない汗で流れたような気が・・

この日は3万3000歩・・
大梧桐山から中梧桐山へ

小梧桐山を正面に泰山澗登山道を下ります
まず大梧桐山から泰山澗登山道の急な石段を下りて好漢坡駐車場へ。
好漢坡から十里杜鵑長廊が始まります。



十里杜鵑長廊
十里杜鵑長廊近くの双鳳亭から大梧桐山と小梧桐山を望む


整備されて石段となってしまったトレール とがった山が中梧桐山


トレールから香港の紅花嶺と八仙嶺 遠く馬鞍山


大梧桐山のふもとの沙頭角。ここもきれいになりました。海を隔てて香港・船湾郊野公園


そして香港シャープピークも



十里杜鵑長廊の花
中国で杜鵑というとさつきやつつじなどの総称です。
今は季節が違います。ほとんど終わりかけの野牡丹とカッコウアザミがトレールを彩ります。

薄紫のカッコウアザミ

野牡丹

そして小栴檀草

中梧桐山(豆腐頭)706m
中梧桐山から大梧桐山を展望


そして小梧桐山と遠く羊台山


香港小八仙と八仙嶺


香港最高峰大帽山も



小梧桐山へ

小梧桐山の最高地点付近から大梧桐山と中梧桐山を


テレビ塔へ


深圳の町並み。海の向こうには南山


このテレビ塔、いつになったら展望台ができるのでしょう・・・




小梧桐山の花
先週見た白いカッコウアザミ、ほとんど紫に変わっていました。咲き始めは白い?

台湾連翹、まだ咲いていました

さるすべり



そして仙湖登山道と仙湖植物園弘法寺


仙湖植物園大門


今年初めての大梧桐山
おわり


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by