FC2ブログ
タグ 《 梧桐山2009 》  8 記事  1 ページ

2009.01.06 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《梧桐山四季折々》2009年初登山と写真

2009年初登山と写真

2009年 01月 06日



一昨年、2007年は深圳の山登りとの出会い、そして昨年2008年の初登りの梧桐山で2008年は何かがある予感と思っていたら、2008年は香港の山との出会いとなりました。1996年に香港へやってきて12年でやっと知った香港の山の喜び、よい2008年でした。

そして今年2009年の初登山、どこにしようかと考えたのですがやっぱり行きました、深圳最高峰の梧桐山944m。
年末の風邪で10日ほどのブランクで1月4日に登りました。

今年の梧桐山はいつになく人が少ないように感じたことと、白人を数人見かけたこと。香港では白人は非常に多いので気にならないのですが深圳では珍しいことでこれも時代の流れでしょうか・・

香港の山に登るようになって、梧桐山登山道から見える香港の山の名前がどんどん分かるようになって楽しく登れます。
山頂からは今までは深圳中心部方面を見ていたのですが、東を見てみると大小梅沙に最近登った深圳第4峰の梅沙尖がど真ん中に見えてこれまた感激。
新しい山に登れば登るほど別の山に登りたくなる楽しい循環です。
今年はまたいいことがあるでしょうか・・・
この日はあいにく視界があまりよくなかったのですが、さらに東の大鵬半島の山々も見えるはず。次回に期待して。

それにしても10日のブランクは大きい。いつになく疲れてしまいました。泰山澗登山道だけで山頂まで登りましたが所要時間は2時間半を切れなくて2時間40分と少し長い目でした。また頑張って登ります。

そして山歩きをするようになって大きく変化した一つに写真があります。それまではぽちぽちと撮っていた写真枚数、山へ行くようになって飛躍的に増えました。2008年は年間1万7千枚あまりの撮影枚数で容量は26G。
今年はハードディスクの増設か、新PCの購入か・・



おなじみの北大門


泰山澗の最終の石段。ここをひたすら15分ほど登れば山頂です。
泰山澗の一番苦しいところ。考えてみるとこの石段を登るのは初めて・・


彼女の手にしている木に注目、ステッキ代わりです。あまりに太すぎる。
「他にいいのがなかったので・・・」
と言いながら下ってきた彼女。みんなで大笑いでした


泰山澗登山道から見た香港の山々


そして山頂から見た深圳第4峰梅沙尖(753m)


山頂から香港の山々を


山頂でポーズをとる


2009.02.14 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《梧桐山四季折々》梧桐山へ (2009.2.14)

梧桐山へ

2009.2.14

視界の悪い好漢坡登山道を行く



土曜日、天気模様の思わしくない中、梧桐山へ出かけました。
今回は香港でよくお世話になる人々と総勢日本人9名での梧桐山登り。
深圳の山が初めてという人が多いので今回は私がガイド役です。

コースは梧桐山村から泰山澗で葫芦口(葫芦はひょうたんのことです)へ、車道を15分ほど歩いて好漢坡へ、好漢坡登山道で頂上へ。
下りはひたすら碧桐道の石段を下ります。碧桐登山道の登山口からは沙頭角のイミグレがすぐ。
で、香港勢は沙頭角のイミグレから越境バスで九龍塘へ(35香港ドル)というコースです。

今回の所要時間は
登り
梧桐山村大門→葫芦口 2時間
葫芦口 → 好漢坡  10分
好漢坡 → 山頂   40分

下り
山頂 → 碧桐登山道口 1時間40分



羅湖のイミグレ前で待ち合わせて、211路のバスで梧桐山村へ。
梧桐山村は梧桐山登山のメッカとして年々観光地色が強まっています。この日も大門への「参道」は屋台が並び、帽子やら鞄やら、登山用品を激安で売っていました。まあ、使い捨てとして十分使えるようなもの・・

まずは観光気分でショッピング・・なかなかおもしろいもんです。食料を買ったり、地図を買ったりしているうちに時間が進み、11時になってやっと大門に到着。これから登山開始です。

登りから天気があまりよくなく梧桐山頂がかすんでいます・・・ さあどうなることやら



年々派手になる「観光地・梧桐山村」


梧桐山北大門



泰山澗の沢



吊り橋と和やかな光景がつづいて・・・


牙をむきだして・・


着いた好漢坡は霧の中・・・全く見えない登山道


おっ、今日はバレンタインデー。こんな所でも商売






天池に到着。すぐそこの山頂が見えません・・


944mの山頂は相変わらずの人人


今まで気づかなかった山頂の三角点。香港と比べるとちょっと貧弱・・



山頂までとうとう視界はよくなりませんでした。八仙嶺はおろか目の前の山頂も見えません。第一回目の時も霧でしたが、今までで最悪の視界でした。せっかく なのに・・・
で、下ります。



沙頭角を目指して












この吊り橋を渡るとゴールの登山口は間近・・



そして登山口へ。里程0m海抜77mの文字。

おつかれさま

2009.06.15 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山・登山道》最大斜度70度の凌雲道を登る (1)


深圳梧桐山登山道 最大斜度70度の凌雲道を登る

小梧桐山のテレビ塔と凌雲道


梧桐山 凌雲登山道 (凌云登山道)

小梧桐山に登るこの登山道を利用したのは2007年11月17日の下山時でした。梧桐山の全部の登山道を使ってみようとあちこち試していた時期です。 → 凌雲道
ただその傾斜がものすごく初めて経験する斜度でした。以前スキーで38度の斜度というところを滑ったことがあり全くの絶壁と感じていましたが、感覚的にそれよりもはるかに急な印象でてすりをつかんでいないと下ることができませんでした。
この前、香港の紅花嶺から見えた凌雲道、懐かしくて再び登ってみたくなりました。

深圳最高峰の梧桐山にはたくさんの登山道があります。その中で群を抜いて斜度の大きな登山道が凌雲道です。
深圳特区報では
凌云道以险陡著称,最大坡度达70度,颇有凌云登天的感觉
急な傾斜で有名、最大斜度は70度に達する。天へ登る感覚・・・
とあります。
エスカレーターの斜度は30度、それよりもはるかにきびしい斜度です。
でもまあ下る時は怖くても登る時はそうでもないのが一般的、今回は登りですのでどんどん行きましょう。


2009.6.14 梧桐山登山道 最大斜度70度の凌雲道を登る

朝5時半に目を覚ます。今日も雲が多く天気が芳しくない。PCのキーボードをたたきながらどうするか考える。候補地は3つ。雨のことも考えて慣れている梧桐山に決定。
梧桐山までのバスは梅園路から秀桐道での懐かしい238のバスに乗ってみることにする。少しのんびりして出発。

238はなかなか来ない。あまり本数の多くないのは承知だったが・・ルートの選定ミスか。
乗ってから車掌さんに行き先を告げる。「長嶺(长岭)」。ところがなかなか通じない。四声は問題ないと思うので発音が悪いのだろう・・結局自分の手のひらに指で漢字を書いてようやくわかってもらえた。やっぱり彼女の発した発音とは違っていた。そういえば以前もなかなか通じなかったような気がする。進歩がない。よく練習しておかないと。


2007年当時の長嶺停留所

現在
10時前、長嶺に着く。このあたりは2007年11月当時から大きく変貌した。2007年当時は塩田港周辺の大規模な道路建設が始まったばかりで寂しい村風だったが今は道路もできあがり、村には違いがないがきれいに整備されてきた。ちょっと昔(2007年)の雰囲気を懐かしく思い起こす。

小梧桐山を見上げてみる。雲の多い小梧桐山頂から何となく凌雲道と思われるものが見える。
登山口のある梧桐山管理大楼へ。

登山口からはすでに数人の人が出てきた。散歩だろうか。
このコース、始めは森林の中を登るので景色は見えないがさわやか。
途中で車道を交わるポイントがある。当時はここは確か土を掘り起こして工事中ではなかったか・・今も工事中だが、新しい車道ができている。


香港・紅花賽/紅花嶺と小八仙
さらに登って行くと景色が見えだした。地王大厦がよく見える。香港最高峰大帽山は山頂を雲で覆われている。
先日訪れた紅花嶺も見え始め、小梧桐山のテレビ塔とともに凌雲道の急斜面も見えてきた。さらに登るとついに紅花嶺の上から八仙嶺が頭を出した。おそらく紅花賽/紅花嶺の隣に見える連山が小八仙、背後の本家・八仙嶺と重なる。見ると同じ形をしているように見える。
上からだともっとよく八仙嶺が見えるだろうと期待しながら登っていくが、どんどん雲が山を覆い始めた。ちょっといやな兆候。
すでに八仙嶺あたりでは雨が降り出したようだ。遠く雷の音が聞こえる。


小梧桐山のテレビ塔と凌雲道

雨の小梧桐山
凌雲道は最後の急斜面に入った。みなさんてすりをつかみながら下山中。やっぱり登る方はさほどの恐怖感はない。
山のマナーでは登る人優先で径を譲ることになっているが、この径は下りる人優先だとつくづく思う。

ガスが少しずつ周りを覆ってきた。小梧桐山に着いてしばらくすると周りが濃いガスで覆われて数メートル先も見えなくなった。そしてガスが去ったあとはとうとう雨が。遠くで雷の音。
状況次第で大梧桐山へ、と思っていたが即断念、雨が小降りになるのを待って傘をさしながら下山。安全に登雲道を下る。
登雲道といえばやはり仙湖植物園。登雲道で最後まで行くと殺風景なのでやっぱり途中から仙湖登山道へ分岐。仙湖登山道から仙湖植物園に入ってFinish。
下で天気がよければ仙湖植物園を散歩してみようと思っていたが天気は悪くなるばかりで早々に退散。

それにしても凌雲道、70度の傾斜を作る発想って いったいどこから・・・

梧桐山 凌雲他山道

写真へつづく

2009.06.16 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山・登山道》最大斜度70度の凌雲道を登る (2)

深圳梧桐山登山道 最大斜度70度の凌雲道を登る (2)


凌雲道 - 最大斜度70度の世界

登り始めはいやにむしむしと暑くて知らず知らずに手の指先から汗がしたたり落ちていました。風も少なくいつになく不快指数が大きい天候。
登るに連れて風も出てきましたが天気が悪くなってくる予感。


出発
長嶺・梧桐山管理大楼 この左に登山口があります
aokirisan_20090614_2-2_500.jpg

登山口へ
aokirisan_20090614_2-3_500.jpg

aokirisan_20090614_2-4_500.jpg

雨上がりの径を
aokirisan_20090614_2-5_500.jpg

aokirisan_20090614_2-6_500.jpg

aokirisan_20090614_2-7_350.jpg


景色が見えだして・・地王大厦がよくわかります
aokirisan_20090614_2-8_500.jpg

aokirisan_20090614_2-9_500.jpg

香港・大帽山は雲がかかって見えません
aokirisan_20090614_2-10_500.jpg

aokirisan_20090614_2-11_500.jpg

凌雲道のきびしい坂が見え出しました
aokirisan_20090614_2-12_500.jpg

香港の山・・右から紅花嶺、紅花賽、そして小八仙でしょう。背後にうっすら本家・八仙嶺
aokirisan_20090614_2-13_500.jpg

そろそろ径がきびしくなります
aokirisan_20090614_2-14_500.jpg

このおじいさん、裸足で・・目的は・・
aokirisan_20090614_2-15_500.jpg

紅花嶺と紅花賽 雲で八仙嶺が見えなくなりました・・雨が降り出しそうな感じ・・
aokirisan_20090614_2-16_500.jpg

つづく

2009.06.18 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山・登山道》最大斜度70度の凌雲道を登る (3)


深圳梧桐山登山道 最大斜度70度の凌雲道を登る (3)

凌雲道 - 斜度70度へのステップ

左の斜面が急坂の始まり 凌雲道のてすりが見えます

所要時間
写真300枚を撮影しながらののんびりモードです

下り 登雲道/仙湖登山道
小梧桐山→仙湖登山道の分岐点 30分
分岐点 →仙湖植物園弘法寺  35分
弘法寺 →仙湖植物園大門   30分
登り 凌雲道
管理大楼→小梧桐山 1時間45分


アクセス
バス長嶺下車 →  長嶺(长岭) 
でも今から見れば凌雲道、香港の山のきれいな姿が見えてなんか良い登山道のように思えました。また写真を撮りに来ようっと。


凌雲道から小梧桐山

aokirisan_20090614_3-2_500.jpg

雲で覆われて八仙嶺が見えなくなりました
aokirisan_20090614_3-3_500.jpg


凌雲道は最大斜度のコースに入りました 下りるにはてすりを握って・・
aokirisan_20090614_3-4_500.jpg

そして急坂の終了。これよりなだらかに小梧桐山へ
aokirisan_20090614_3-5_500.jpg

aokirisan_20090614_3-6_500.jpg

aokirisan_20090614_3-7_500.jpg

小梧桐山は濃いガスの中
aokirisan_20090614_3-8_500.jpg

aokirisan_20090614_3-8a_250.jpg

風も強く・・

ガスのあとは雨が・・・
aokirisan_20090614_3-9_500.jpg


下山

雨が小降りになるのを待って下山。大梧桐山がきれい
aokirisan_20090614_3-10_500.jpg

安全を見て登雲道を下ります。そしてここは仙湖登山道との分岐点。仙湖登山道を行きます
aokirisan_20090614_3-11_500.jpg

仙湖登山道もそれなりにきびしいのですが・・・
aokirisan_20090614_3-12_500.jpg

景色はきれい 弘法寺と仙湖植物園
aokirisan_20090614_3-13_500.jpg

弘法寺へ
aokirisan_20090614_3-14_500.jpg

弘法寺
aokirisan_20090614_3-15_500.jpg

弘法寺のすずめ
aokirisan_20090614_3-16_500.jpg

小雨の中、仙湖植物園大門へ
aokirisan_20090614_3-17_500.jpg

aokirisan_20090614_3-17a_300.jpg

雨でみずみずしい蜘蛛蘭


お腹減った・・
下山を終えて少しお腹に入れていこうと山麓の蓮塘にある麺の店へ。とたんに大雨が・・・

aokirisan_20090614_3-18_500.jpg

aokirisan_20090614_3-18a_300.jpg
食べました。
肉もスープもすごくいい味。ただ一つ、苦手な香菜が入っていた・・。でもおいしかった。10元。



《 梧桐山 凌雲道 》 おわり

2009.07.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳の山》ふたたび最高斜度70度の凌雲道へ-透明な展望

深圳梧桐山登山道 ふたたび最高斜度70度の凌雲道へ

凌雲道と香港の山々



ふたたび凌雲道へ - 透明な風景

龍崗から大鵬半島へ行った帰り、あまりの天気のよさに気が向いて長嶺站で下車、小梧桐山の登山道・凌雲道へ行きました。天気がいいので凌雲道を往復して写真を撮りだめようと浅はかに考えたわけです。バスで幸いにも「長嶺」が一発で通じてほっ。

で、午後2時半、登山開始。
日光が強いながらも登り始めの木々の中の径はしのぎやすく、時折訪れる風は涼しい。そして展望が開けて見える山々は実に快適な透明さ。楽しく歩けました。

初めて凌雲道を使ったのは下り。当時は怖くて手すりにしがみつかなければならなかったので、今回は少々緊張しながら下り始めました。
ところが・・怖くないのです。時折吹く強風で用心のためてすりをなぞった程度で、ほとんどてすりを持つことなく下ることができました。これはちょっと不思議。一度体験してしまえば慣れるのでしょうかね・・
そういえば、仙湖登山道も最初の下りの時はかなりビビってましたが2度目はほとんど恐怖なしでした。こんなものなのかなあ。



まず香港シャープピークが見えているのに気づきました
aokirisan_090712-2_600.jpg

香港・青山も見えています
aokirisan_090712-3_600.jpg

青山と右の方にはなんとランタオ島が
aokirisan_090712-4_600.jpg

そして深圳市街地 湾を隔てて大南山、小南山とランタオ島
aokirisan_090712-5_600.jpg

沙頭角海とシャープピーク
aokirisan_090712-6_600.jpg

もちろん香港最高峰・大帽山も
aokirisan_090712-8_600.jpg

小八仙と八仙嶺の対比。 その奥にはうっすら馬鞍山
aokirisan_090712-9_600.jpg

そして小梧桐山から
aokirisan_090712-10_600.jpg

2009.08.09 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《深圳梧桐山》凌雲道 花の終わり - 梧桐山で野牡丹

深圳 花の終わり - 梧桐山で野牡丹

野牡丹の花と実 - 最後の野牡丹の花の蜜をとる小さな小さな蜂 (2009.8.8)



野牡丹 (yě mǔ dān)

野牡丹は中国語も日本語も同じ漢字です。ただし、中国百度百科によりますと花期5-7月、果期10-12月となっていますが、日本のWEBでは花期8-11月と少しずれています。


梧桐山凌雲登山道
立秋も迎え、台風の去った8月8日、梧桐山で見た野牡丹はすでに実がつき始めて花期の終わりを感じさせました。

網友2人と小梧桐山登山道、凌雲道に出かけました。一人は過去に何十キロもの荷物を背負い本格的に登山していた強者、ゆっくりついて行くことに。
風がなく熱い上に空気の透明度が悪くて風景写真はあきらめて花や身近の風物詩の撮影に切り替えて楽しみました。



熊野菊にも小さな蜂
nikki_090809-3_500.jpg

nikki_090809-4_500.jpg

梧桐山の緑を守って・・
nikki_090809-5_500.jpg

nikki_090809-6_500.jpg

大梧桐山と中梧桐山
nikki_090809-7_500.jpg

2009.10.26 カテゴリ:深圳の山と公園 >  梧桐山 

《梧桐山登山記念日2009》梧桐山・三大主峰縦走3万5000歩コース 2009.10.25

深圳 登山記念日2009 《梧桐山・三大主峰縦走》

梧桐山三大主峰
aokirisan091025-0_640.jpg
(左)大梧桐山944m (中)中梧桐山706m (右、テレビ塔)小梧桐山692m

登山記念日2009 大・中・小梧桐山縦走  (2009.10.25)

今年も10月最後の日曜日、自分の登山記念日として去年と同じ梧桐山三大主峰縦走コースに出ました。コースは

梧桐山大門 → 泰山澗 → 葫芦口 → 公路 → 好漢坡登山道 → 大梧桐山(944m) → 泰山澗/鳳鳴径 → 好漢坡サービスエリア → 十里杜鵑長廊 → 中梧桐山(豆腐頭706m) → 小梧桐山(692m) → 登雲道 → 仙湖登山道 → 仙湖・弘法寺 → 仙湖植物園大門

およそ3万5000歩コース。
ao091025_map.jpg

aokirisan091025-17_500.jpg

出発
空気の透明感が悪い・・確認すると能見度2.5km、今の時期は悪いがそれでも10km程度はあるのでかなり悪い。
いつもはすいている梧桐山村へ行く211路のバスは超満員。定額運賃(2元)のバスなので深圳通の読み取り機は運転席の横、後のドアから乗った乗客の深圳通カードが乗客リレーで頭の上を飛び交う。

梧桐山村は一大観光地のような人。年々盛んになる。見ると「深圳路橋杯 第7回梧桐山登高節」のかんばん。
2003年から始められているようだが詳しいことは不明。こういうこともあってのこの人出か。

泰山澗(登山道)へ。まあすごい人、登山道は順番待ち状態。次回からは土曜日の方がいいかも。普通は上へ登る程人が減ってくるのだが・・・

自分のペースで進めないまま、第一の分岐点、葫芦口へ。そして公路を15分程歩くと好漢坡登山道。ここも順番待ち状態。


梧桐山大門の前の大勢の人


「第7回梧桐山登高節」って?


登山道も順番待ち 泰山澗登山道


泰山澗を葫芦口で抜けて公路へ


公路にはマウンテンバイクも


好漢坡サービスエリアでも登高節の催し


マジックをやってました。男性がマジック師、女性は助手。もちろん彼女にピントを合わせてます



大梧桐山頂
泰山澗登山口から2時間45分で山頂。ちょっと遅い・・
山頂も人がいっぱい。やっぱりこれまでで一番の人の数。
用意してきたおにぎりで昼食。そこそこに退散。


登山最終段も順番待ち。 好漢坡登山道


そして大梧桐山頂944m。 うんざりするような人人人。



十里杜鵑長廊で中梧桐山、小梧桐山へ

好漢坡サービスエリアにある十里杜鵑長廊の登山口。まず展望台へ、そして十里杜鵑長廊に合流。ここでやっとラッシュから解放された。それでも普段ならあまり人も通らないのに今日はけっこう人と出会う。
残念だったのは・ この径も整備対象になっているようですでにほかと同じように石段に変わっていたのと、建設用の資材が積み上げられていた。

この径を初めて通った時は全行程地道コースで急坂があったり、ガレ場があったりと難儀したところだが、ほかの登山道とは違い、個性があって面白かった。
ここが整備されてほかと同じような石段になってしまっては梧桐山登山道の変化がなくなってしまうではないか・・・かなりショック

これが最後になるかも知れない整備前の径を登って中梧桐山(豆腐頭)へ、そして小梧桐山へ。
この山は遠望するといい感じなのだが山頂へ登るとなんかしらける。でもここからは能見度がよければ大梧桐山と香港八仙嶺、船湾が沙頭角海をはさんで雄大に見渡せるところだ。


ラッシュから解放される ただ、人の声は相変わらず遠くからにぎやかに聞こえてくる
背後には大梧桐山。2条の好漢坡登山道


中梧桐山から小梧桐山を展望







赤や黄色の花が目立つ深圳で初めて見るような鮮やかな青い花、つゆくさ(露草)。中国名は鴨跖草。
(十里杜鵑長廊で)

牛ものんびり 小梧桐山近くで


小梧桐山へ


小梧桐山では運動会? 綱引き、加油、加油の声




小梧桐山から登雲道、仙湖登山道経由で下山

小梧桐山からは登雲道、仙湖登山道を通って仙湖植物園へ。いつものように入園券不要・・
弘法寺から30分ほど歩き仙湖植物園大門へ、ゴール!!


仙湖植物園の弘法寺。 仙湖登山道から。 左下に展望台


そしてフィニッシュ、仙湖植物園大門でゴール


梧桐山村の梧桐山大門から仙湖植物園大門まで全行程6時間40分、2008年に比べて30分遅れ。
2008年は梧桐山大門から大梧桐山頂まで2時間20分、今回は2時間45分。この遅れがそのまま持ち越した感じ。
まあ、順番待ちの登山道で自分のペースで進めなかったという理由も成り立ちますが、感覚としてはトレーニング不足ということ。またノーエレベータ訓練を始めるかな・・・

登山記念日2009
おわり



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by