FC2ブログ
タグ 《 弘源寺 》  5 記事  1 ページ

2007.10.07 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (1)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (1)
2007年10月7日

石岩湖

クリックしてください 大きくなります






深圳にも温泉があります。石岩湖は深圳の中心部から北西に約40km、羊台山から少し行ったところでここに温泉があります。石岩湖温泉度假村、門票15元。

1000年の歴史があるとのことですが、この温泉は炭酸型温泉で水温67度、リチウム、ヨード、ホウ素などの元素に硫化物を含んでいるとのことで皮膚病リューマチに効果があり 疲れを取るといいます。
→  深圳石岩湖温泉度假村 


閉鎖されている会所
どのWEBを見ても大型度假村で多様な遊戯施設、会議室などが豊富と書いてあるのですが、実際行ってみるとちょっとゴーストタウン気味で閉鎖された施設など多く見かけます。まるで遺跡を散歩しているような感じ。
ただ個人的にはとてもすてきで全部の施設が生きていれば定期的に休暇に訪れたい感じではあります。盛んだった頃を想像しながら歩きます。



温泉施設は利用者が盛んなようです。入り口にはエスコート役の女性が二人待機しています。

今回入浴は見送りましたがここの温泉は水着をつけて混浴らしいのです。入り口には水着を売っています。



石岩湖温泉度假村の会堂。残念ながらこれも閉鎖中


湖の島にある会堂をつなぐ情人橋(恋人橋)







この温泉を通り過ぎると弘源寺という表示。まあちょっと見てみることにしました。石門をくぐり右へ、びっくりでした。
どうしてこんなところにこんな立派なお寺が、と思うような表現力のある景色が迫ってきました。
小山を背景にして小山の岩には仏様を描いています。





石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)に続きます

2007.10.08 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (2)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)
2007年10月7日

弘源寺

クリックしてください 大きくなります



それにしても仙湖植物園内にある弘法寺といい、この石岩寺温泉度假村にある弘源寺といい、入園料を払って入るところに建設するのがこちらの感覚なんでしょうか。信者さんは常に入園料を支払ってお寺に参らなければならないのか、それともほかにこちらの習慣があるのか・・

(写真は2007年9月と10月7日撮影のものです)





























動画 9月の法要のものです





そしてこの「裏山」には頂上を周回する石段が建設されていました。このお寺の完成図を見るとこの山に塔が建設されるようになっていますが未着工のようです。


石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)に続く

2007.10.09 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳スポット》 宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (3)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)
2007年10月7日

石岩湖



回廊のように弘源寺の裏山を周回する石段を歩きます。標高338mと書いていますが、麓が高いので標高差はあまりないと思います。疲れ始めたところで頂上になってあとは下ります。「回廊」は全長988m、1038段の石段です。
それにしても近くの羊台山といい石岩湖といい、このあたりは石岩という地名が示すように岩ばかり。



「回廊」へ






石門を


岩と石岩湖















「回廊」を巡ったあとふたたび度假村の「遺跡めぐり」をしてみました。別荘のようになった会議室なども休眠中、テニスクラブがあるというので少し歩いて行ってみましたがクラブハウスも遺跡状態でテニスコートには洗濯物が・・・
せっかくの環境がかなり残念です。



コテージ風の会議室 残念ながら休眠中










湖の島に渡って弘源寺を








石岩湖は貯水湖として作られた湖。生活水源として守られています。したがって周囲は近づけないよう管理されているのです。こっそり産業廃棄物なんかを捨てられたらたまらないですからね。道路沿いには近づけないよう余裕を十分とって塀がありました。




で、この度假村にもこんな立て札が・・・
貯水管理人がモーターボートで来るのを湖水近くで写真を撮っていたら「湖面には近づかないように!」と注意されてしまいました。







石岩湖温泉度假村・弘源寺 おわり


2008.10.01 カテゴリ:深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

《深圳の展望台2008》【7】宝安区 弘源寺 亜婆髻山万福菩提経 | 2008.09 |


深圳の展望台 【7】 宝安区 弘源寺 亜婆髻山万福菩提経 | 2008.09 |

弘源寺と亜婆髻山




弘源寺 亜婆髻山万福菩提経

深圳で温泉のある休暇村があります。と言ってもほとんど廃村状態の休暇村ですが温泉だけは元気で営業しているようです。一度入ってみたいとは思っているの ですが。

温泉のある「石岩湖温泉度假村」は宝安区石岩にあります。前回の羊台山からは羊台山 へ行くミニバス769で反対方向の終点になります。
この日は羊台山に登るつもりだったのですが、雷が元気よくて羊台山は登山禁止になっていたためこちらにやって来ました。

休暇村の入場料は15元ですが、夕方近くに来て廃村みたいなところを行くのに入場料を払うのもなんなので(何が何なのだ!)、入場券を買わずにそのまま門 をくぐりました。でも券売の小姐も保安の人も何も言いません! 「は?」今まで2回、お金を払っていたのに・・・
と言うわけで無料で入りました。

お目当ては弘源寺のうしろの山を登ること。羊台山からこちらの休暇村が見えるのでこちらから羊台山が見えるはず。
低い山なのですが、なんでも2005年にここの住職が夢で山頂から仏光が発射されているのを見たとかで、この登山道が整備されたとの由。



アクセスは
バス
「石岩湖路口」下車、徒歩10分で休暇村、ミニバス769なら門前まで
 →  石岩湖路口 
「石岩汽車站」などで下車、ミニバス769に乗り換えて石岩湖まで
 →  石岩汽車站 



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。1000ピクセル)
石岩湖(貯水湖)と羊台山



石岩湖

















2008年9月6日撮影

2011.09.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

《深圳の山》羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)

石岩湖温泉休暇村・弘源寺

羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)

羊台山 (587m)
羊台山へ。2592段の石段の登山道です。
羊台山も鳳凰山などとともに整備対象になっていたのですがいっこうに整備される様子もなく4年が経過しています。深圳八景にもなっているのですが・・・


2000段目です
それにしても鳥のさえずりの多いこと。今はこういう季節なんでしょうかね。ただ姿は見えず。
石段には100段ごとに石に数字が書き込まれているのですがだいぶ前に書かれたので数字が消えかけ。山頂の「2592級」は完全に消えてます。

山頂手前で後ろに気配を感じて振り向くとピンクの服装のかわいい小姐がハアハア息を切らしながら私に「どうしてそんなに歩くのが速い・・」と。
《走得好快》が聞き取れました。競争していたのかな。ちょっと嬉しくてにっこり愛想笑い。

石岩湖温泉假渡村と弘源寺

休暇村内のプール
羊台山から下山。ちょっと足を伸ばして石岩湖温泉假渡村へ行くつもり。ここは深圳で唯一温泉の出る休暇村ですが人気がないのか現在はほとんどの施設が閉鎖状態。村内の施設で活動しているのは温泉マッサージの施設と弘源寺というお寺、それにスイミングプール。この日もスイミングプールは大にぎわい。

弘源寺は大きなお寺で裏山には山頂を越えて一巡りする1000段ほどの石段があるので久しぶりに散歩してみようというつもりなのです。 そしてこの山道からは羊台山がきれいに見えます。夕日の羊台山でもみれれば、と思っていたのですが・・・


更に堂宇を建立中の弘源寺
休暇村内をあちこち散歩したあと弘源寺へ。そして山頂への道へ出ようとすると・・
新しい堂宇を建立中で立ち入り禁止。 入り口さえ何とか抜ければ巡回道はあるはずなのであちこち入れる場所を探したのですが全て工事で近寄れずに断念。

心残りの中帰宅。

2万歩


 

交通 → 石岩湖温泉度假村 羊台山

羊台山
岩場の登山道 これが2592段続きます


羊台山頂から



石岩湖温泉假渡村


あちこちしていると少しだけ羊台山の見えるところがありました。




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by