FC2ブログ
タグ 《 広深港高速鉄路 》  3 記事  1 ページ

2011.12.27 カテゴリ:生活 >  ニュース 

広深港高速鉄道 広州南-深圳北間開通 福田駅までは来年(2012年)9月開通 (2011.12.26)

深圳北駅

広深港高速鉄道 広州南-深圳北間開通

広深港高速鉄道開通 (2011.12.26)
8月に開通予定だった広州から香港への新幹線、広深港高速鉄道の広州南から深圳北までがき昨日12月26日(2011年)に開通しました。
福田駅には2014年開通、香港までは2015年の予定です。

広深港高速鉄道の全長は146km、今回開通したのはそのうち102km。所要時間35分。

路線図

東涌站は慶盛站に改名されたようです。

運賃
広州南から深圳北まで一等100元、二等75元。

特等座/一等座/二等座
广州南
45/35/25 庆盛
60/50/35 25/20/15 虎门
100/85/60 65/55/40 45/35/25 光明城
120/100/75 85/70/50 65/55/40 25/20/15 深圳北

チケット購入 → 中国鉄路服務中心
運転間隔
20-30分

深圳北駅へ
で久しぶりに深圳北駅に行って駅の周りを散歩しました。前回は工事中の所も多かったのですがほとんどできあがっていました。
広大な駅前の緑地も美しく整備されていました。
0.5k㎡ほどの広大な駅周辺の敷地はほんとに美しくなってきて将来の深圳の玄関口を想像させます。

 





広大な駅前の緑地


2014.04.19 カテゴリ: 深圳日記 

《深圳》 広深港高鉄・光明城站

広深港高鉄・光明城站

広深港高鉄・光明城站

そういえば広州深圳香港を結ぶ新幹線、広深港高鉄、深圳北の次の駅はどこだったかな、と考えてみたら次の液は光明新区の光明城駅でした。で、ちょっと様子を見に行くか、と言うわけでバスを乗り継いで1時間半ぐらいで駅に着きました。

新しい駅の多くがそうであるようにこの駅も人里少し離れたところにできていました。まあ「今は」人里離れた・・と言うことですが。したがって新しくできる建築はきれいなので周りの雰囲気はいいですね。
少し離れたところは科技園。ハイテク企業が集まっているところ。以前のような不潔さはなく植樹もされてとてもきれいです。それにしても深圳のどこへ行っても多くの街路整備の工事中で植樹する量もあまりに莫大です。あちこちに緑化基地はあるもののこれだけの樹木を供給する能力はすごいと思いますね。

乗客もゴロゴロ鞄を引きずってやって来ますが駅を通過する列車も多いようで、高速で通過する列車の轟音が響きます。

小さなバス停とタクシーのりばがありました。このあたりは緑タクシーですが初乗り6元となっていました。今は赤タクシーとほとんど同じになっていると思っていたのですが思い違いだったか・・・初乗りが1.5km6元、と言うだけで延長分は同じでした。まあこのあたりだと1.5kmで行けるところは殆どないでしょう。
まあ私はタクシーのごまかしが多くあまり好きではないのでここ何年も乗っていませんが・・


さて帰るか・・引き返すのもなんなのでバスで地下鉄龍華線の清湖駅まで行って地下鉄で帰ることにしました。
少し進むと古い街並み。さらに進んでいくと新しいマンション群の建設工事。ほんとに毎年どれだけのお金がかかっているのでしょうね。すさまじい。

清湖駅は龍華線の開通時以来ですが周辺はまあ美しくなっていて見違えてしまいました。やっぱり地下鉄の駅ができるとたいしたものです。
地下鉄で帰宅。

 


駅そばのバス停とタクシーのりば





香港MTRが30年の経営権を持つ地下鉄龍華(★龙华)線・清湖站。
観瀾(★观澜)まで延伸する予定なのですが三期工事には入っていません・・


2014.06.10 カテゴリ: 深圳日記 

広深港高速鉄路  東莞・虎門へ

東莞・虎門へ  広深港高速鉄路 (2014.6.8)

広深港高鉄に虎門駅があるのを思い出してふと虎門へ。
以前香港で働いていた頃、深圳や東莞の工場へよく出張していましたが、その関係で虎門は少し知っていますのでどのように変わっているかちょっと楽しみです。


高速バスで虎門へ
行きは福田汽車站から高速バスで。長安からそれほど遠くないのに35元とお高め。
自動販売機で銀行のキャッシュカードを使って切符を購入。銀行からはすぐに35元引き落としたとのショートメールが入りました。


虎門
虎門は思惑とは違う站に着いたため予定していた10路のバスが走っていなかったので適当なバスに乗ってあちこち移動してみました。それにしてもあまり清潔とは・・・

ある終点から少し歩いてみました。ちょっと汚い。バス通りにでると10路のバスを見かけたので乗ってみました。まずが海側へ。終点まで行きましたがぱっとしない。少しぶらぶらして同じく10路に乗って引き返します。このバスがうまい具合に広深港高鉄の虎門駅まで通っていたので高鉄駅まで乗ります。
途中虎門の中心部らしいところを通りました。それにしても街の整備はこれからという感じですね。虎門駅は東莞市で唯一の広深港高鉄の駅なので今後整備されていくのでしょうが気を長くして待つ必要のありそうな街です。

高鉄虎門駅は中心部から離れたところに出来ていました。しかも現在の中心部は駅の南側ですが高鉄駅の正面は北を向いていました。おそらく北側に新しい街を築く計画なんでしょうね。
新しいマンション建設も行われているはずですがいいのが目につかなかったので寄るのはやめ・・


広深港高速鉄路で虎門から深圳北へ
さて帰りは広深港高鉄で深圳に帰ります。右の地図を見ると虎門駅はどちらかというと広州南駅の方が近いですね。

さて切符を買います。ここでは身分証は香港IDカードで全く問題なしでした。工場の関係で香港人も多いからでしょうかね。恵州南はやっぱり香港人に慣れてない?

1時間後の深圳北までの切符がとれました。北京から来る和諧号のようです。それにしても切符が高い。39.5元、52km。深圳北から恵州南までと距離としてはそう変わらないと思うのに恵州南の16.5元と比べて何とも高いこと。どういう料金体系なのかさっぱりわかりません。まあ1時間あるので駅前の店で少し腹ごしらえをして・・・

さて列車に乗り込みます。うまい具合に窓際の席。定刻ぴったりの発車でした。
列車は途中時速300kmを越えたようです。列車のLED掲示板に案内が出ました。

そしてあっという間、15分で深圳北駅に。平均時速200kmですね。
でも15分で39.5元とは。改めて高いと感じた次第・・・

 


行きの高速バス終点







広深港高速鉄路










深圳北に到着




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by