FC2ブログ
タグ 《 大小梅沙 》  5 記事  1 ページ

2007.07.15 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳散歩》 塩田区 夏・旬の街 大梅沙と小梅沙


塩田区 夏・旬の街 大梅沙と小梅沙
2007年7月15日

深圳でポピュラーな砂浜の海水浴場が塩田区(?田区)にあります。沙頭角からさらに東へ海岸沿いに10kmあまり、まず大梅沙、さらに東へ小梅沙。


罗湖=羅湖、盐田=塩田、沙头角=沙頭角

大梅沙には「大梅沙海浜公園」、小梅沙には「小梅沙度假村」があり砂浜で遊ぶことができます。大梅沙海浜公園は無料、小梅沙度假村は20元の入村料が必要です。

小梅沙にはほかにも「海洋世界」というのもあり、イルカショー、水族館などがあって、テーマパーク風になっている模様。3億人民元で作られたというこの施設、入場料が100元とか。
ほんとに中国の(深圳だけかな?)テーマパークというのは規模も半端でなければ入場料も半端ではありませんね。



大梅沙


ここは2004年、マンション探しのとき初めてやってきたところで、海のそばまで山が迫ってきて山の中腹にでも家を建てれば眺めがいいなあと思っていました。ここへ来る途中の海岸線も海岸線のきれいな観光地ほどではありませんがそこそこ見応えがあります。

羅湖から見てこの手前の沙頭角はマンションが安かったのにこの梅沙へ来ると深圳中心区なみの高価格でびっくりしました。そのころからリゾート地としての価値を見られていたのでしょう。

2004年当時にはなかった本格的リゾートホテル、シェラトンホテルも海岸線にできていてびっくり。一気に砂浜に高級感が出てきました。そのせいでしょうか、香港人をよく見かけます。一目で香港人と分かる人もいますし、マクドへ入ったりすると隣で広東語、よく聞いてみるとどうやら香港広東語みたいに聞こえます(私は広東語を話せませんのであくまで感覚的に)。
今年の5月の中国版ゴールデンウィークには1日数十万人の客が訪れたというのもうなずけます。



小梅沙へ




深圳海洋世界




小梅沙度假村






パラセーリングも・・ 感覚的にはリーズナブルな値段のように思えます



小梅沙から大梅沙へ
(クリックすると大きくなります)




新しくできたシェラトンホテルが


大梅沙の海岸


大梅沙海浜公園




よく売られている水着。お値段は・・・・
泳裤(海パン)5元(80円)、泳圏15元、泳衣20元。あとの二つは女性用でしょう。
おそらくセパレートとワンピースの違い・・ 安いですねえ、使い捨て感覚でOK


シェラトンホテル


大梅沙








そう言えば福田区でよく見る1路の2階建てバス、梅沙まで来てました。
乗ってみるとほかのバスとルートが違いました。ちょっと近代コース。

2008.11.17 カテゴリ:深圳・香港スポット >  スナップ 

【深圳スナップ】 塩田区・小梅沙 結婚写真の野外撮影


小梅沙 結婚写真の野外撮影
2008年 11月 17日

だんだんしのぎやすくなってきた深圳の11月。のどかな湖水と山をバックに結婚写真の撮影をやっていました。


三脚を使わずカメラ手持ちのカメラマンと照明係、そして助手。花婿はまだ出番がありません


スカーフを整える助手


この状況は・・
助手がスカーフを持ち上げてカメラマンの合図でスカーフが風で舞っているように演出


私が撮っているのに気付いた助手、ピース、ピース。 この明るさがたまらなくいいですね。


そして背景はこんな風景です。できあがりが見たいもんです。


2009.03.24 カテゴリ:記録・日記 >  新深圳の建設 2007-2014 

《新深圳の建設2009》(4)塩田区大梅沙の変貌 (1)

新深圳の建設2009 【4】 塩田区 大梅沙の変貌 (1)
2009.3.24

塩田区最高峰の梅沙尖(753m)と大梅沙山側の新マンション群 (2008.11.23)



大梅沙の変貌

大梅沙は深圳市の中心部から25kmほど東、塩田港に近い砂浜のある海洋のリゾート地です。
私が初めて大梅沙を訪れた2004年はホテルがぽつんとあったぐらいで付近には古いアパートの見える田舎のリゾート風でした。

2004年 ぽつんとあったリゾートホテル (2004.7.9)



海岸側の大梅沙海浜公園 (2007.7.14)
ただ、当時から砂浜のリゾート地としての評価は高かったようで、地理的には深圳中心部の半額以下であるはずの新築マンションが市中心部と同じ価格でした。
酒店式マンションが販売、そしていくつかのマンションが建設されていたのを思い出します。



2007年開業のSheraton Hotel (2007.7)
そして3年後の2007年、少しずつ進んでいた新築マンションの完成に加えて375室全室Sea Viewの京基喜来登度假酒店(Sheraton Hotel)が開業、大梅沙の風景が変わりました。
2007年7月には広さ9k㎡、35億元(500億円近く)をかけた東部華僑城が仮営業を開始、ますます美しく整備されてきました。



東部華僑城 梅沙尖の山頂から (2008.12.21)


それ以後も他の深圳地区と同様、急激な住宅開発と同時に街路整備が進み、いつしか私にとって美しく広々とした住んでみたい町に変貌しました。




2004.7.9
2004年の大梅沙

住宅側は小さな田舎町風。


そして2009年 (2009.3.15 撮影)

大梅沙のリゾート地

東部華僑城ができて・・




京基喜来登度假酒店(Sheraton Hotel)も開業


いつの間にか、ステータスそうなマリーナクラブもできて・・


老舗ホテルも映えます


モニュメントも新しく


リゾート開発はまだまだつづきます。 (これだけ2008.12.21撮影)




海岸に近いこぎれいな住宅地もできました (水面は海ではありません。池です)




高台には高級住宅地?


内陸方向に歩きます


つづく

2009.03.25 カテゴリ:記録・日記 >  新深圳の建設 2007-2014 

《新深圳の建設2009》(5)塩田区大梅沙の変貌 (2)

新深圳の建設2009 【5】 塩田区 大梅沙の変貌 (2) 住宅地 (2009.3.15)
2009.3.25

大梅沙の海 梅沙尖の山頂から (2008.12.21)



大梅沙の変貌 (2) 住宅地 (2009.3.15)

リゾート理を離れて山側に歩いていくときれいに整備された街路と広々した住宅地ができています。2004年にはただの荒野みたいな所でしたが・・・
ここらあたりは土地を広々使ってゆったりとした住宅造りをしているように見えて将来どういうふうになっていくのか楽しみな地域です。
ただ都心から離れていて需要がどうなのかは未知数ですが・・・



大梅沙の住宅地 (2009.3.15)





新しい塩田区外国語学校。
外国語学校は市の方針なのか中国の方針なのか各区にあります。しかもきれい。




高速道路のトンネルと


あるマンション団地


入り口を


内部








マンションを出て歩きます




大梅沙の黄昏 (2008.12.21)


「新深圳の建設2009」おわり

2011.08.01 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳スポット 

《深圳散歩》 大梅沙へ + ユニバーシアード会場・塩田区総合体育館 ★盐田区综合体育馆

ユニバーシアード・塩田区総合体育館

大梅沙へ 塩田区総合体育館

大梅沙とユニバーシアード2011
深圳市の中心部から直線距離で東に30km近く離れている大梅沙です。深圳には大きな海水浴場がいくつかあって一番人気がおそらくここ大梅沙です。ここから少し東に進むと小梅沙がありテーマパークがあったりして小梅沙も人気。小梅沙には馬巒山という山へ登る登山口があるのでちょっとなじみです。

ここを初めて訪れたのは2004年、マンション探しの時でした。中心部から遠ざかるとマンションの値段も下がるのですが当時、この付近は安いながらも大梅沙になると中心部に近い価格になっていてびっくりしたものでした。どうしてだろうと思っていたのですがリゾート地としての値段でしょうか。
ただその後、値上がりは押さえられたようで今は中心部に比べて少し差がついているようです。

ところがここにも大きな変化、街がどんどん整備されかつてのの田舎町の雰囲気が一変しました。
 → 大梅沙 写真

そしてユニバーシアードの開催でビーチバレーやバレーボールの競技場として使用されるからでしょうか、さらに美しく変貌しました。
ユニバーシアード会場は新しく建設された塩田区総合体育館です。
場所は塩田区外国語学校の隣。海水浴場のバス停から歩いて10分程度でしょうか。

バス → 海浜浴場

 

塩田区総合体育館と周辺






小梅沙へ
バスの車窓から






Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by