FC2ブログ
タグ 《 夜景 》  17 記事  2 ページ
► 次のページへ

2006.09.24 カテゴリ: 深圳日記 

夜の深南路 ジャスコの帰りに

2006年 09月 24日

ジャスコへ行った時に撮影しました。あまりいいのはないのですが....
深圳の幹線道路、深南大道沿いに地王ビルから15分ほど撮影しながら歩きました。三脚がないので構図が限られてしまいました。











帰りのバス104路。 緑のベストの女性は車掌さん。行き先で値段が変わるので切符を売ります。
満員だったので乗客が少なくなってから撮影。


2007.02.18 カテゴリ: 深圳日記 

【深圳 冬から春へ】 陰暦大晦日から新年へ - 深南路の大晦日

2007年 02月 18日

8時頃田舎の私のすみかからバスに乗って「町」に出かけました。大晦日のせいなのでしょうね、道はがら空き、バスがすいすい進んでいきます。
ホテル上海賓館で降りてJUSCOの方に歩き始めました
爆竹の音、花火の音が聞こえます。

















JUSCO店内もがらがら。


威勢のいい日本語の売り声のおっちゃん、がんばってました。
こっちはタイムサービス品をがっちりゲット、主婦みたいです

ただいま中国時間23時55分、あとわずかで新年


2008.01.20 カテゴリ:記録・日記 >  新深圳の建設 2007-2014 

《新深圳の建設2008》新都心の建設 (3) 夜景

蓮花山公園からの夜景

クリックすると大きくなります


観光客に公開されている大亜湾の原発を始め、いくつかの原発を持つ深圳、電気の供給は問題ないようで夜景はきれい。
街を歩いてみるとビルを照明する目的だけに使われていそうなばかでかい照明器具が目につきます。ちょっともったいない感も・・・
夜に写真を撮影する目的で出歩いたことはないので以前と比較はできませんが以前とは全く違うことは容易に想像できます。































2008.02.23 カテゴリ: 壁紙 

壁紙Gallery 【10】 中国・深圳 新深圳の夜景と梧桐山

新深圳の建設が進み全体が見え始めたばかり。まだまだ建設は進みます。その夜景です。

梧桐山はいつ行っても興味深いところ、天気によっていろいろな姿を見せてくれます。

画像をクリックすると1280ピクセルの壁紙画像になります。


蓮花山公園から



市民センター






大梧桐山



中梧桐山と小梧桐山



十里杜鵑長廊



泰山澗



碧桐道から沙頭角を ミンスク航母世界



2009.04.04 カテゴリ:深圳・香港スポット >  スナップ 

【深圳スナップ】 福田区 夜の購物公園

福田区 夜の購物公園 バスを待つ停留所

JUSCOで買い物を終えてバスを待つ停留所です。
夜景がきれいでシャッターを。










2009.09.14 カテゴリ:深圳・香港スポット >  香港スポット 

《 香港の新しい風景2009 》 西九龍 (3) 凱旋門から - 展望と夜景

2009.4.6 撮影

凱旋門から香港島を


凱旋門(The Arch)


一つのエントランス
sin-hk_3-2_500.jpg

エレベータホール
sin-hk_3-3_500.jpg

sin-hk_3-4_500.jpg

部屋・・
sin-hk_3-5_500.jpg


そしてエントランスを出て・・凱旋門のスケートリンク
sin-hk_3-6_500.jpg

スーパー
sin-hk_3-7_500.jpg

sin-hk_3-8_500.jpg

MTR九龍駅へ
sin-hk_3-9_500.jpg



展望


凱旋門の部屋から
sin-hk_3-10_640.jpg

天璽のツインタワー
sin-hk_3-11_500.jpg

sin-hk_3-12_500.jpg

天璽と118階の環球貿易広場
sin-hk_3-13_800.jpg



夜景


凱旋門の部屋からの展望 手前は西九龍文娯芸術区用地
sin-hk_3-14_500.jpg

sin-hk_3-15_500.jpg



つづく

2010.04.21 カテゴリ:深圳・香港スポット >  スナップ 

深圳  LEDイルミネーション 深圳文錦中路の夜景

文錦中路の夜景

北斗路へ
北斗路は羅湖の東、深南東路から入ります。深南路の東起点に近いところです。
網友(ネット友)の滞在先に遊びに行きました。
彼と会うのは今日が初めてでしたが彼も彼女も雰囲気がよくてほっとしました。どんどん人が来て総勢10人、食事をしながら楽しいひとときを過ごしました。

その帰り道、イミグレから南北に走る文錦路でLEDのイルミネーションがきれいでしたので写真を。

2010.07.13 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2010 

《奈良帰省日記2010》【10終】深圳へ ハプニング・出発40分前のチェックイン

深圳間近

《奈良帰省日記2010》深圳へ ハプニング・出発40分前のチェックイン (2010.7.11)


準備
今日は3時25分のフライト。1時間半前、午後2時までに着くように出発時刻を決めます。12時頃のJR快速大阪駅行きに乗ることにしました。大阪・天王寺駅まで30分、天王寺から快速で関空まで50分、乗り換えを考えても余裕は充分。

深圳に向かうときはいろいろ買っていくので荷物が多くなります。ヒガシマル醤油が2リットル、オタフクのお好み焼きソース1.15kgなど、なかなか深圳香港では買えないものなど、詰め込みますのでけっこうかさばります。指で支えてバランスをとりながら体重計で量ってみると22kgを超えています。前回もこれぐらいだったけど大丈夫かな・・前回言われたのはぎりぎりでした。深圳航空はちょっとサービスがよくて荷物はたしか22、3kgぐらいまではOKと言っていました。
さらに少し荷物を詰め込みました。あとは機内持ち込みのPCを入れたリュックサックと深圳で使っている日常カバン。パスポートや携帯電話が入れてあるもの。今回はほかの荷物とともにまとめて紙袋に。合計3個の荷物です。
なので重量オーバーなら何かをリュックに移しかえるかな。

家族に車で送られて12時2分のJR大阪行き快速に乗り込みました。

トラブル
座席に腰をかけ荷物を確認・・・えっ、生活カバン入りの紙袋がない・・・頭はパニック。どこで忘れたのか順を追って考えますがわからない。とりあえず次の駅で下車。
送ってくれた家族の携帯電話に電話して・・
結局彼女の車にはカバンはなく、不安は頂点に。ただ彼女の言葉が引き金になって切符を買うときだと思い当たりました。

細かいお金がなく5000円札を入れた券売機の種類が違うような気がして取り消しボタンを。ここで券売機にトラブル、係員が来ますのワーニングが光りました。
長い時間かかってようやく5000円が戻ってきて、別の券売機で切符を購入。たぶんこのときです。紙袋を忘れたのは・・・

もとの駅に戻って駅員に確認すると・・ありました。これで一つはほっ。でも時間がありません。たった今、普通電車が出発しました。次の快速はあと10分後・・
駅員に関空までの時間を調べてもらうと関空到着が2時40分。かなりやばい。天王寺で快速でなく特急に乗れば2時半頃。
たしかチェックインは45分前に打ち切りのはず・・これだとチェックインカウンターに行くとぎりぎり45分前。これにかけるしかありません。

ただ時間的にかなり効率の悪い乗り換えになるようなので頭で推測。おそらく天王寺駅で一つ前の関空特急が出るかも知れない・・もし特急が少し遅れてくれれば30分前の特急に乗れるかも知れない・・

天王寺駅の関空ホームに着くとその通り30分前の特急が停車していました。でも・・見るとドアは閉まっています。落胆の目で見る私を尻目に特急電車は静かに動き始めました・・

次の特急は30分後。その間に快速電車はありますが時間的に特急が速いのは確認済み。もう落ち着いて2時半着にかけるしかなくなりました。まあここはコーヒーでも。缶コーヒーを。

そしてやってきた2時1分発の特急「はるか」。隣で子供がはるかの正面を見ようとホームから首をつきだしています。普通なら気になりませんがもしこれでトラブルが起こって出発が遅れたら、と言う不安が頭をよぎります。
子供にひとこと注意をしていました。

チェックインカウンターから搭乗まで
「はるか」は予定通り12時32分、関空駅に到着。急いでチェックインカウンターへ。出発40分前の2時45分。ぎりぎりセーフとなりました。
で荷物の重量を計測、22.7kg。
「21.9kg以下になりますか?」
と言われてたこ焼き粉を一袋リュックへ。22.1kgの表示。でもOKとなりました。

X線チェックは満員。思わぬ時間がかかり搭乗口へ行くと深圳行きのお客様はいませんか、と声が。声に手を挙げて応えます。
「遅れてすみません」
「まだ大丈夫ですよ」
すんまへん。
機内に乗り込んだあと数人の客がさらに乗り込んできて、自分が最後でなかったことに安堵。

昔、日本で仕事をしていた頃に聞いた話です。
ほぼ全員の搭乗が終わって機が動き出す直前に未搭乗の乗客がいるとの機内アナウンスがあり待っていたがなかなか最後の数人が現れず、全員やきもきしていたとのこと。
やっと現れた3人の最後の乗客にすでに乗り込んでいた人たちから盛大な拍手が起こったと。3人は拍手の意味がわからず、したがって萎縮することもなく普通のように座席に、と言う話でした。
こうはなりたくなかったので最後でなくて安堵したのです。

厄よけ寺・松尾寺
松尾寺に行ったとき自分が今年、大厄であることを知りました。自分には厄よけをする習慣はないのでしなかったのですが、もしかしてこれが厄なのでしょうか。やっぱり厄よけをしといた方が・・・

というお騒がせな日でした。でも厄よけはしないでしょうね・・
次の日(12日)、空は晴れ渡り、能見度(透明度)は28kmになっていました


マンションからは林村郊野公園の雞公嶺、その背後に香港最高峰大帽山と左に大刀屶がはっきりくっきり
奈良帰省日記2010
おわり

2010.08.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  蓮花山公園 

《深圳の山》蓮花山から深圳市街の夜景

深圳・蓮花山から深圳市街の夜景
久しぶりに蓮花山から夜景を撮影してみました。前回の夜景は2008年1月でしたので2年半ぶりの夜景です。またまたビルの数が増えています。

市政府と市民センター

市民センター横

山頂の小平像

パノラマ写真です。クリックすると3000ピクセルの大画面になります


夜の方が涼しいのか、あちこちで音楽が聞こえて踊りをやっています。
大人数からこの写真のようにこぢんまりしたものまで・・
古い大門が取り壊されて新しい門を建築中のようです。

2011.02.04 カテゴリ: 深圳日記 

春節快楽2011 (2) 深南大道の夜景

深南大道 - 竹子林~車公廟

春節快楽2011 (2) 深南大道の夜景

新年の香港は湿地公園から。
ぽかぽか陽気で鳥も多く・・と期待していったのですが全くの期待はずれ。もっとも入場者もわんさかで鳥もびっくりしていたのでしょうか。
騒いでいたのは紅羅雲(こうらうん)ばかり。どうして紅羅雲はこんなに元気?


湿地公園のエントランスも春節模様

それなりに人も多くて


というわけで湿地公園は早々に引き上げ、早い目に深圳に帰り、途中で腹ごしらえをして夜は深南大道へ。竹子林から車公廟まで中央分離帯を歩きながら撮影しました。マンションの近場ですませました。
今日も爆竹と花火のにぎやかなこと

 

最近まで左側には深圳の通天閣・招商銀行大厦だけしか見えなかったのにいつの間にか隠れて・・・






2011.02.05 カテゴリ: 深圳日記 

春節快楽2011 (3) 蓮花山のたそがれから夜景へ + エンビタイヨウチョウ

黄昏の蓮花山から

春節快楽2011 (3) 蓮花山の黄昏から夜景

春節第三日、蓮花山公園へ出かけました。夜景を撮るつもりなので夕方からバスで。今日は北大医院(北京大学深圳病院)でバスを下りて歩きました。


燕尾太陽鳥(えんびたいようちょう)
とてもにぎやかに鳥がさえずっていましたのでまずは鳥を探します。蓮花山には運動用なのか、登山道と称して公園内にたくさんの回遊路があります。

適当に歩いていくと木陰に小さな鳥が動いているのが見えました。目白かなと思ってカメラで撮ってみると初めて見る色鮮やかな鳥でした。木の陰になっていることと小さいのでなかなかうまくとれませんでしたが、帰って調べてみるとどうやら燕尾太陽鳥(えんびたいようちょう)の雄のようです。

中国名からわかったのですが、珍しい鳥なのか、検索しても日本語のページからは写真が出てこない・・燕尾太陽鳥(エンビタイヨウチョウ)という和名だけが判明。
英語や中国語のいくつかのページで写真と学名などを確認、同定するに至りました。今日はこれが一番の収穫かも。資料によると全長9cmと目白よりも小さな鳥。いい写真が撮れなかったので再び会えることを祈って。

 





2011.12.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  園山風景区-鵝公髻/園山 

《深圳の山》園山風景区 鵝公髻へ + とある夜景

鵝公髻 (618m)

園山風景区 鵝公髻へ (2011.12.11)

鵝公髻へ
網友(ネット友)と2ヶ月ぶりの鵝公髻に登りました。
夏の能見度というわけにはいきませんが12月というのにマンションから香港最高峰の大帽山も見えるほど良好な視界でした。



山頂から
鵝公髻山頂から見た梧桐山 手前は園山。


山頂で


山頂から・・ 深圳のマッターホルン・梅沙尖


関帝廟で



下山後、とある人の誕生日だということでみんなで会食。その後当人のマンションへ。ベランダからの夜景がきれいでした。



2012.09.30 カテゴリ: 深圳日記 

《深圳》 中秋の名月 中秋節2012 - 蓮花山公園で

中秋の名月 - 蓮花山・山頂広場で(2012.9.30)

《深圳》 中秋の名月 - 蓮花山公園で(2012.9.30)

今日(2012.9.30)は陰暦8月15日、15夜お月様・中秋の名月です。
蓮花山公園へ。天気はあまりよくないながらも雲が切れてきれいにまん丸のお月様が見えました。

山頂からのいつもの夜景です。


中秋節で蓮花山公園は大勢でにぎわっていました。


2013.02.08 カテゴリ: 深圳日記 

明後日はお正月 今日は陰暦12月28日

春節用の提灯が吊された北環大道 福龍路との立体交差点

明後日はお正月 今日は陰暦12月28日(2013.2.8)

私は行事にはほとんど興味を示しませんのでのんびりしていたら誰かに言われて気がつきました。明日はもう大晦日。もちろん陰暦のですが。で、世間はあたふた。
私といえば冷蔵庫の中が乏しくなってきたのでウォルマートへ買い出しに。おーー、今まで見たことのない人の数。春節用の買いだめにこの2、3日間でふだんの1週間分ほどの人がやってくるのでしょうかね。買い物をしとこうと
思うように身動きとれずぱっぱっと買い物を済ませて早々に退散。これだと春節1日目に来た方が空いているのかもね。
深圳は各地から人が来ているので春節はかなり人が減るはず。確かに道はがらがらでふだんの渋滞がウソみたいでしたがスーパーはすごい勢いでした。帰省する人が少ないと買い物すらままならないかも。

携帯にきたショートメールの天気予報では現在寒冷注意報(黄)が出ている模様。といっても深圳、明日の気温は10-16度の予想。

で、夜は裏の北環大道の写真を。

 

桃源へ




2013.02.24 カテゴリ: 深圳日記 

ああ 今日は元宵節か

月の見えない元宵節の日

元宵節2013

今日は元宵節
外で花火がぽんぽん聞こえると思ったら今日は元宵節、陰暦の正月15日です。
陰暦は月の満ち欠けで日を決めますので正月の1月1日は必ず新月で月が出ませんが、15日の元宵節、縁起は諸説あってはっきりしないようですがともかく年が明けて最初の満月の日です。
「上元節」、「灯節」とも称されるこの祭日は古代中国の漢文帝(紀元前179年―紀元前157年)が周勃氏により諸呂の乱を平定した正月十五日を記念してこの日を元宵節と定めたといわれる。元宵節の縁起には諸説があり定かでない。
(中華人民共和国駐日本国大使館HPより)
残念ながら天気が悪くて月は見えませんが一応花火がにぎやか。

ほぼ1ヶ月あった学校の正月休みも今日で終わり、明日からは裏山ふもとの紅嶺中学(高中)も新学期が始まります。今日の昼間は学校の寮にゴロゴロ鞄を引きながらやってくる生徒でにぎわっていました。

 

マンションで


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by