FC2ブログ
タグ 《 創房記家具家庭用品購入 》  1 記事  1 ページ

2006.05.23 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【22】7 家具・家庭用品購入

7  家具・家庭用品購入

高価なもの、信頼性の必要なものには成功失敗は別にして日本のブランドやこれに準ずるものを選びました。あとで買い直しのできるものは気楽に選んでいます。

値切り交渉の必要なことも多く、相場を知らないと損をすることも少なくないです。こういう場合手っ取り早いのはネットショッピングで目的商品のねだんの安いものを見つけることで、プリントアウトして見せながら値切り交渉をするとかなり効果があります。

ネットは 淘宝网 阿里巴巴 など、ほんとにたくさんのWEBサイトがあり、調べれば無数にヒットしますので一番安いものを見つけ出します。

金額の大きいものも多く現金を持ち歩くのは不用心なのでできるだけキャッシュカードで支払うようにしました。大きな金額でキャッシュカードを使えない所では、店員に銀行まで一緒に来てもらってお金を引き出し、その場で支払うようにしました。


空調 (空调 kōngtiáo)

空調は個別とセントラルクーリング(中央空调 zhōngyāngkōngtiáo)があります。日立空調で設置した場合の見積もりは48,000元。値切って4万いくらかになりましたが個別の場合の自分の見積もり2万弱とは倍以上の差があり個別を選ぶ。

日本メーカーならダイキン(大金)、Panasonic、三菱がありダイキンは日本製部品率が大きく他より30%ほど高いです。品質の評判はダイキンが一番でしたが高いので三菱を選択、香港も深圳もここ数年寒い日が増えたのですべて暖房とドライもできる機種にしました。(5月27日設置)

が、設置直後に送風口のフィンが動かない問題が発生、その後、別の部屋のに水漏れ発生、さらに特定メーカーの電灯をつけるとリモコン制御不能になる、など設置した4台全部に問題発生。電灯を別のメーカーに交換、ローカルに電話をかけまくったり上海の事務所の日本人にメールを書いたりと設置後1ヶ月以上煩わされました。サービスマンが来てくれても再現しなければ点検もせず帰って行きます。

その後、別の空調にも水漏れ発生、再現せず、今も水漏れを警戒しながら使っています。張ったばかりのフローリングの輝きがなくなり少し反ってしまいました。リモコン問題以外の原因が設置工事ミスなのか、それとも品質問題なのかは不明。リモコンのフィルターを変更してくれると言ってましたが、いまだにアクションなし。選択は完全に失敗でした。ダイキンが良かったかも。



ガス給湯器 (热水器 rèshuǐqì)

2つの衛生間と台所の3カ所への給湯を個別にするかセントラルにするかを選ぶ必要がありますが、マンションのガス管が台所にしか配管されていない、セントラルを想定した間取りになっていますので、セントラル給湯にするしかありません。セントラルだと、台所から離れたところでは温水が送られてくるのに時間がかかり不便ですがしょうがありません。

デジタル式を選び、各衛生間にはリモコンを設置して、それぞれの場所から温度設定をできるようにしました。リモコン線用に台所と各衛生間の間に配管を埋め込んでおきます。設計会社の人はこのデジタル式に慣れていない人も多いようなので、はっきり配管の説明をする必要があるようです。

実はここと台所のリモコンのための埋め込み配管を忘れていまして、短い距離ですが配管がむき出しになってしまいました。給湯器のすぐ下の白い管がそれです。

日本ブランドは松下(松下 sōngxià)、リンナイ(林内 línnèi)、NORITZ(能率 nénglǜ)、パロマ(百乐满băilèmăn)などそろっています。セールをやっていた16L仕様のNORITZを選択し、衛生間2部屋用に防水型リモコン2つを追加購入。これが高かった。計3,680元。
設置後、ガス会社にガス管の接続に来てもらわなければなりません。勝手に接続することはできません。

カーテン (窗帘 chuānglián)

カーテンは国産か輸入品(韓国製)を選びます。韓国製は国産品の3倍。カーテン屋の見積もりもかなり高いようで40から50%値切れるようです。




ベッド (床 chuáng)

ベッド、ダイニングテーブル、ソファは同じところで買いました。金海马。何回も行ったので店員とも慣れて食事時など、近くのファーストフードの店から出前を取ってくれて食べたりしていました。支払いはもちろんこちらですが、10元程度です。




ダイニングテーブル (餐桌 cānzhuō)

初めて見た時にかっこいいと思って買いました。3,300元。不具合がありまだ大理石の台は乗ってませんが、台はむちゃくちゃ重いです。一人では動かせられません。日本のネットで調べたら似たようなものが15-20万円で売っててびっくり。


ソファ (沙发 shāfā)

高かったのでもともとここ(金海马)で買う予定ではなかったものです。予算を5000元としていたのにこれは定価16,000元、40%引き特価で9,900だと。それでも予算を軽くオーバー、買うつもりもなく店員にも言いましたが、彼女から数回電話がかかってきて、最終的に7,500元となりました。一生懸命やってくれてたことが理解でき買いましたがそれでもかなりのオーバーになりました。でもやっぱり製品はいい感じです。
ソファベッド (沙发床 shāfāchuáng)



水飲み器 (饮水器yǐnshuǐqì)

20リットル(5ガロン)入りのボトルは水屋さんに電話をすると30分以内に持ってきてくれます。この水は20元。最初に容器のデポジットを50元取られています。

プラズマTV (等离子电视 děnglízǐdiànshì)

始めは高かったのですが、日本で価格が急落するとの情報を得てまず安物のCRTの29型TVを買い2ヶ月以上待って買いました。日立製42型、2万元。はじめ、3万元以上してました。


850元

700元
椅子 (椅子 yǐzi)

ホームセンターにいいものがなかったので事務所用の椅子を選びました。皮の材質と色を変更してもらいました。


自動ディスペンサー (液器 zàoyèqì)

最近ディスペンサーを多く見かけるようになりました。試しに買ってみました。下に手をかざすとモーターが動き自動で1回分出てきます。電池式、95元。洗面所に設置。

芳香灯(香灯 xiāngxūndēng)

電球の上方に皿があって水を入れ香水をたらします。調光器付き、50元。


【番外】たこ焼き器 (takoyakiki)

大阪千日前、笑いの資料館「ワッハ上方」の近く、道具屋筋で購入。「IH電調せんか」。2,000円。IHクッキングヒーター対応になってます。ずっしり重いところがいいですね。やっぱり自分で好きなようにやるとおいしいです。香港・深圳でよく売っているまがい物とは違います。たこはJUSCOで1kg187元。8時半以降に買いに行くと半額サービスです。



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by