FC2ブログ
タグ 《 創房記内装設計 》  5 記事  1 ページ

2006.05.20 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【10】4 - 1 内装設計 (204.12)

4 - 1  内装設計 ( 2004.12 )

設計会社探し(2004年8月 - 11月)から設計(2004年12月)

購入手続きが終わりお金を振り込んでも、マンションはまだ建設中でできあがるのにまだ半年あり、内装設計を検討するのに十分な期間があります。
内装するには内装設計会社(装饰zhuāngshì公司)を利用するか、大工さんを雇うかをまず決めなければなりません。内装設計会社は内装設計と施工を行います。設計士や現場の責任者などが助けてくれますが、多くの内装材料は自分で手配する必要があります。大工さんの場合は設計はしません。依頼主と打ち合わせで、安く仕上がります。

お金はかかりますが内装設計会社の方がわかりやすいのでこれにしました。で、数社の設計会社を選んで会社のレベル、見積価格、会社の雰囲気、以後の対応などを検討して最終的に内装会社を決定することになります。

設計会社にコンタクトを取るとまず平面図を書き、見積もり金額を提示されます(無料)。それと実際の設計者と打ち合わせをしますので、これで設計の実力、センス、付き合いやすさなどを自分なりに判断できます。
設計会社ではしない内装は(設計会社によって多少異なりますが)

  • システムキッチン 専門の会社があり別途設計を依頼します。
  • タイルでない床 フローリングなど
  • 壁紙 (施工してくれる設計会社もあります)

システムキッチンの設計を依頼しても、キッチン・シンク(流し台)、蛇口、コンロなど付属するパーツは自分で買って支給する必要があります。フローリングや壁紙などはそれぞれの材料店で内装の手配をしてくれますのでこちらから期日がわかり次第連絡します。

設計会社を決定すると手付け金(定金dìngjīn)を払います。だいたい5,000元程度。残りの費用は4回に分けて支払います。契約書(合同书hétongshū)によると

  1. 契約書にサインをする時 45%
  2. 起工後10日 35%
  3. 木工の基本工事が完成し塗装工が入る3日前 15%
  4. 竣工後3日以内 精算分を含めた残り全額

となっています。%は見積もりに対する%です。見積もり費用には内装設計費、一部材料費、それにすべての人件費が含まれています。できあがりに対しての代価なので期間が延びても給料の補填などは必要ありません。

もし工事が不満なら支払いを滞らせるという方法も使えます。私は使いませんでしたが聞くところではこの方法は効果があるようです。工期は75日でしたが、期限を決めて遅延した場合、1日何元という事項を追加した方がよかったかもしれません。
精算は内装工事竣工後に発注人立ち会いのもと、できあがりを一つ一つ測定して契約書で決められた単価で計算します。

内装設計会社を利用するとここでほとんどをやってくれると思っていたのですが、実際は備え付け家具の一部の材料を手配してはくれますが、ほとんどの材料は自分で手配しなければなりませんし、その費用は設計会社に支払う費用には含まれていませんので実際の内装には設計会社に払う費用の倍くらいかかります。
材料を買いに行く時は設計者に話をすれば同行してくれて、材料の説明などアドバイスをしてくれます。


設計会社から示された平面図(無料段階)。
気に入らなければ注文をつけてやり直してもらうこともできます。


2006.05.21 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【11】4 - 2 内装設計会社

4 - 2  内装設計会社


崗厦で
内装するのを「装修zhuāngxiū」と言うようですが、設計会社は「装飾公司;装饰zhuāngshì公司」となっていますのでこれと深圳をキーワードにインターネットで検索します。それに街には「xx装饰」と書かれた内装設計会社の看板が溢れていますので、とりあえずはこれらで設計会社を探していくことになります。ただ、あと半年もあるとなかなか設計会社も真剣には取り組んでくれないようです。
マンション側が主催して内装工事に関するセミナーや設計会社の展示会なども行われましたが、何しろこういう中国語、ははは、で一生懸命聞いても30%程度しか分かりませんし、これで頭を集中させるのも15分ぐらいが限度でしょう。資料だけもらって帰りました。



財富広場
マンションから2kmたらずの財富広場(财富广场)と言うところに設計会社がたくさん入っていたのでこのビルをぶらぶら。とある設計会社の前を通ったら、中から小姐が手招き。これが背中をたたかれるきっかけとなり入っていきましたが、何しろこちらは日本でもこんなことをしなかったのですべての勝手が分かりません。設計者が応対して筆談を交えながら概要を聞いていきます。これをあちこちで幾度となく繰り返していくうちに概要が見えてきました。

結局、財富広場の「名雕装飾」、マンション主催の展示会(8月末)で知った「永安装飾」と財富広場の「海大装飾」との3つで考慮することにしました。
永安は途中で応答がおかしくなったため、除外し、残り2社で考えました。のちにこのときの永安の設計士に偶然会いましたが、独立して新しく設計会社を作ったとのこと。

海大の設計士のアイデアも図案も設計への姿勢も良かった。ただ、僕とは性格が違うのか、こちらの思いが伝わりにくい傾向がありました。

名雕は設計歴4年、25歳の女性で、始めは設計士だと思わず、いつ設計士が来るのか待っていて不思議に思ったものです。設計能力は海大より劣ると判断し、本人にも言いました。ただ話しやすさや、思いの伝わりやすさがあり2度目の平面図が割合いいできだったので彼女に決めることにしました。
日記によると初めて名雕を訪問して彼女と会ったのは7月31日、これから手付け金を入れた12月3日までほぼ4ヶ月のつきあいで、それに対する海大とは9月23日から。これも無意識に決定要素となっているのでしょうか。

2004年12月3日定金5,000元を入れ、21日契約、香港の小切手で45%を入れました。1月初旬に香港から中国の銀行の自分の口座に20万香港ドルを振り込んだので今後はここから引き出すことになります。

設計士は設計をすると同時に、顧客をホームセンターに連れて行って内装材料の説明をしたり内装材料を買いに行く時に同行してアドバイスしたりしてくれます。彼女は自発的によくやってくれましたし、それによってマージンを取るということもありませんでした。
ところが内装工事半ばにして彼女は4年いた会社を退職しました。ステップアップのため、著名な人について装飾を勉強するためでした。彼女は退職後も必要な時はいつでも言ってくれと言っていましたし、本人もそのつもりのようでしたがちょっと困りました。

結果的に内装設計会社の選択が良かったかどうかは分かりませんが、内装工事のできあがりがけっこう良かったので、これで良し、とすべきでしょうね。



内装設計事務所





内装設計者

2006.05.21 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【12】4 - 3 間取り

4 - 3  間取り


間取り図
寸法の入った間取り図がマンション側から提出されます。間取り図は参考なので内装する時は自由に変更ができますが、図面に黒く塗りつぶされている壁は構造材なのでこの部分を取り除くことはできません。あと、バス・トイレ、厨房関係の水道管、ガス管工事も施工されているので実際上これらの位置を大きく変えることはできません。特にガス管変更工事は都市ガスなのでガス会社に変更を打診してガス会社が変更しますので手続きがけっこうやっかいです。でもガスに関する項目はすべてガス会社がおこなうことになりますので安心です。

12月3日に定金を入れてから設計に入り10日あまりで第1次の設計ができたので設計図をメールで送ってくれるように頼みました。いくつかあったアイデアのうち、小さい2部屋とその間のトイレを全部1つの部屋として主人部屋とし、本来の主人部屋は多効能房として使用するアイデアを採用し、それに基づいての図面です。AUTO CAD図面ファイルが22日に送られてきましたがかなり変更が必要な様子。チェックして修正するのに数日かかりました。



内装設計屋からの平面アイデア図
一番気になったのはコンセントの数が少なすぎ。僕の気持ちが多すぎるのかも知れないですが、ここは多いにこしたことはなく2倍以上に増やし、PCネットや電話のローゼットも随所に配置しました。これは管をコンクリートに埋め込みますので内装工事以後の変更は非常に困難なので重要です。香港仕様のコンセント位置も追加。
あと、デジタル式のガス給湯器のリモコン線用の管を2つの衛生間まで埋め込む必要がありますが、設計士はこの種の給湯器の使用法を知らないようなのでじっくり説明しておく必要があります。
図面の変更ができたら再チェックをしてマンションの引き渡し日(入伙 rùhuǒ)を待ちます。

2006.05.21 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【13】4 - 4 設計図 (第一次2004.12.17)

4 - 4  設計図 ( 第一次2004.12.17 )

設計会社より送られてきた設計図です。プリントアウトだったので設計者に頼んで頼んで元のCADファイルをメールで送ってもらいました。
これをチェックして変更が必要なら変更して最終的に1枚ずつ全部サインしました。

2006.05.21 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【14】4 - 5 システムキッチン設計

4 - 5  システムキッチン設計

システムキッチンは内装設計会社とは別に設計手配をしなければならないらしいことがわかり、2004.12月ぐらいからシステムキッチンの見学を始め、高級から一般品まで観察しました。全体的に高価な印象です。機会があれば次回はオーディオのコンポのようにキッチンの各部分品を集めながら自分でセッティングしたいと思っていますが...

設計会社を戈兰迪(戈蘭迪)と決めて内装工事起工後の1月13日に名雕の設計士と共に戈蘭迪が入っている楽安居へ行き、その場でアイデア設計をし、それをもとに戈蘭迪で施工設計をします。内装工事が進んで台所にタイルが貼られた後、部屋の測量をして設計修正することになります。
そして設計を進めていくうちに、キッチンシンク(流し台)や蛇口をこちらが買って戈兰迪に支給し、コンロや消毒漕(消毒柜)の寸法を教える必要のあることが分かりました。
コンロ、消毒柜、蛇口など、これらも時間をかけて見に回りましたが最終的に内装工事後半の4月上旬に購入しました。

システムキッチンはガス管、水道管、配水管、電源が絡んでくるので結構面倒で、特にガス管は安全性の上からも最重要となります。
ガス管のもとの位置は高すぎて、キッチンの台面から出て見苦しいので低いところに移動することにしました。が、これはガス会社の担当になるのでガス会社に連絡すると、1度視察に来て変更ルートを打ち合わせます。それに基づき、まずタイルや水道管など、必要な変更を行ったあと、再びやってきて改管工事をおこなうことになります。さらにシステムキッチンの完成後、コンロとガス管を接続に来ますので計三度やってくることになります。これはガス給湯器も同様です。わけ分からず、言われるままにやっていましたが、結局はこういうことのようです。ガス会社の事業所にも何度も赴きました。

戈兰迪のキッチンはできあがりから見てかなり価格が高いと思いました。できもいいとはいえない。選択は失敗。







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by