FC2ブログ
タグ 《 創房記プロローグ 》  2 記事  1 ページ

2006.05.19 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【1】1 - 1 プロローグ (2004.5.22)

 1 - 1  プロローグ ( 2004.5.22 ) 

宝安


香港に来て働き始めて8年目、2004年5月のある日。ちょうど日本から遊びに来ていた友人とともに深圳経済特区外にある宝安という街を歩いていて新築マンションのチラシを渡され、そのままマンションの見学におもむきました。見学後、見積もりしてもらいました。この物件はあまり興味をそそられませんでしたが、このことがきっかけとなり深圳経済特区内を毎日バスに乗りマンション探しが始まりました。6月5日、友人が帰国するまでは彼を連れて一緒に回りました。

そのころは香港に住んでいましたので日帰りで毎日見学に赴きました。香港といっても深圳のイミグレへは鉄道(KCR)で5分の粉嶺というところなので比較的楽で、香港から深圳への入境には、羅湖、皇崗、沙頭角の3カ所を利用。



宝安の新しいマンション
しかしながら10日間のマンション探しから内装設計屋探し、銀行でのローン手続き、4ヶ月に及ぶ内装工事など、ちょうど1年を費やした「マイホーム計画」は香港から通うこととなりました。深圳各地の内装材量センター、ホームセンターへも延べ100回以上香港から訪れました。 結果的には、内装が始まった時点で深圳に引っ越した方がよかったですね。
日本でも経験していないことばかりで全く手さぐりの捜房・内装記です。

当初、通訳のできる人に助けを求めようとしたのですが、常に助けてもらうことは不可能なので、腹をくくってすべて独力で段取り、手配するとと決めまし た。日常会話の中国語の能力は中級程度にありましたが、業界用語が全く分からず、常に会話帳を持ち歩き当初は筆談を多用しました。これに付き合ってくれた 人々、ありがとうございました。


宝安で試算してもらった見積書。27階104㎡、3LDKとバス・トイレが2室(三房二厅二卫一厨)、内装無し。キャッシュの場合48万元(当時の為替 レートで約650万円でしょうか)。あと内装費が必要としても4,550元/㎡、管理費も2元/㎡と今から考えれば非常に安いです。でも27階と高層のた めか、平均価の3,300元よりかなり高くなっています。
すごく見晴らしの良い部屋で、ここから約1kmのところに将来地下鉄の駅ができると言ってました。

soubouki_s_1-4_500.jpg

soubouki_s_1-5_500.jpg


ネットからの資料


2006.05.19 カテゴリ:記録・日記 >  深圳マンション購入・内装記2004-2005 

創房記【2】1 - 2 深圳市の面積・人口と住宅建設

1 - 2  深圳市の面積・人口と住宅建設

1979年3月、それまでの宝安(băoān)県(県庁は主に南頭; 南头nántóu)を深圳市に変更、1980年、経済特区に定めらました。
1979年の人口は31.4万人、ほとんどが客家でしたが、経済特区指定以後、急速に各地から人々が集まり、広東語圏であるにもかかわらず一般的には標準語である普通語が用いられます。

しかし香港人が多く出入りするため、商売には広東語を必要とすることも多いのです。広州へ行くと急に広東語中心になり、ここが広東省であることを思い出させます。
ことあるごとに「あなた、お国は?」(你是那里的?)という質問が飛び交うのもこうした事情によるものでしょう。


深圳市地图册より引用(地図をクリックすると大きくなります)



深圳市の面積

深圳の面積は1,953平方キロ、大阪府の1,894平方キロとほぼ同程度。(以前は2020平方キロと言われていましたが最新の情報では1953平方キロ)
中国の市というのは一般的に大きい市域があり、北京市も日本最大の県である岩手県ほどありますし、中国最大の重慶市にいたっては8.24万k㎡で北海道(8.35万k㎡)と同じ面積があり、戸籍人口も3144万人(2004年末)と膨大です。市というより県と考える方がいいかもしれません。

深圳市は6つの区があり、そのうち羅湖区(罗湖luóhú区79k㎡)、福田区(福田fútián区78k㎡)、南山区(南山nánshān区167k㎡)、塩田区(盐田yántián区72k㎡)の4つが経済特区で計396平方キロ、大阪市(222平方キロ)の2倍近くあり、非経済特区の宝安区(宝安区713k㎡)、龍崗区(龙岗区844k㎡)は広大な面積があります。
イギリスの香港占領以前は香港地域も含まれていて面積は3076k㎡でした。(奈良県3,691k㎡)

深圳市の人口

中国随一の移民都市ということで 2005年6月末の人口構成 は、深圳に戸籍を持つ人口が171万人、暫住人口1035万人、計1,200万人。圧倒的に暫住者が多く、暫住人口の60%以上は建築関係など労働集約型の人で、かなりの数は一時的な居住と思えます。で、大阪府の人口の880万人と似通ってくるのかも。面積・人口から見ると深圳市は大阪府と同等と言えなくないでしょうか?

2007年5月11日の人民日網によりますと2006年末の常住人口846万人、そのうち非戸籍人口は650万人と深圳市統計局が発表したとのこと。1200万人は暫住人口を含めていると言うことでしょうか・・・


深圳は大量の建設工事を抱えていて、建設現場には写真のような仮設住宅がたくさん作られています。で、工事が安定するまで人口というのは難しい問題かも知れません。
非戸籍人口が戸籍人口の3倍以上あるという特殊環境にある深圳の人口は片手間に論じることができるようなものではないようです。

(2007.5.15)



(広東省)

深圳は広東省 に属し、広東省は面積18万k㎡でほぼ日本の半分の面積、7,783万人(2001年末)。21の地級市と2つの特別行政区(香港・マカオ)があり、省都(省会 shěnghuì) 広州市は7,434k㎡(岡山県、熊本県、宮城県とほぼ同じ)、戸籍人口740万人(2004年末)。

深圳市のマンション建設

ネットの検索によると深圳で1,400カ所以上の新築(だいたい5年以内の建設)または建設中のマンションが登録されていて、深圳のどこにいてもビル建設用のクレーンが見えています。

ネット情報は毎日更新されますが、ある日の情報を見ると、当日買うことのできる物件は4万5千戸。1戸は平均100㎡、金額的には塩田区以外の特区の平方メートル単価が高くなっています。契約された物件を見ると1戸あたり広さは平均100㎡程度、金額は90万元程度です。多くの場合、内装のしていないスケルトン渡しなのでこのほかに内装工事代が必要で600~2000元/㎡程度のようです。80㎡ぐらいを2万元程度で内装して貸家にするという中国人がいました。たいしたものです。

物件の価格は、平方メートルあたりの値段が記入されます。管理費も平方メートルあたりの値段です。マンションを見学して、モデルルーム(样板房yàngbănfáng)を見たあと見積もりをくれますが、管理費のことは書かれていないので注意が必要です。普通住宅で3~4元/㎡というところです。


安い新築物件のチラシ
ネットでは検索できない安い住宅もあります。実際に見学した安い新築アパートのチラシがありますが、これには98㎡、16.8万元となっています。1,700元/㎡。特区外ですがほとんど境界にありました。たぶん煉瓦を積み上げて造った4階建て。

エレベータもないので管理費が0.4元/㎡と格段に安い。多少密集した所でしたがいかがわしい印象はありませんでした。ただ、チラシを見ると、「総価4.9万、家賃450元、年回収率10%以上」と書かれていて貸家目的で購入するように感じられます。



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by