FC2ブログ
タグ 《 中山 》  5 記事  1 ページ

2014.07.06 カテゴリ: 深圳日記 

孫文の故郷・中山市へ 海上の道コース(広深沿江高速道路)のバスと中山マンション事情

海道(広深沿江高速道路)を行く高速バス

中山市へ海道コースのバス (2014.7.5)

珠海の北に接する中山市は孫文(孫中山)の故郷です。今回は孫文とは関係のない訪問ですので孫文はまた別の機会に・・

中山市は初めてです。10年以上前に中山市にある工場を訪ねた記憶はありますが街には行っていませんので。
福田汽車站から中山行きのバスで出発、77元。長安などと同じように陸上コースかと思っていたらできてまもない海上の道、広深沿江高速道路を通り始めたので興味津々。海上のコースから深圳空港を初めて見ましたがなかなかすてき。
長安から虎門、虎門大橋を渡るとまもなく中山市。深圳からけっこう近いと感じました。
まず目に付くのは広大なバナナ園(たぶんバナナ)できれいに区劃されてたいへんのどかな感じ。10年以上前に訪れた時にこの光景はおぼろげながら思えています。

バスはよく整備されて広々とした道をのどかに走ります。せせこましくないのがいいですね。風景もきれいで広大、清潔感があります。第一印象は最高でしょう。
バスが終点の富華酒店へ到着するまで市の全体が見えるところもありましたのでけっこう把握できました。とにかく目立つゴミが少ない。珠海へ行った時も同じようにゴミの少ない印象でした。珠江河口の西側はいいのでしょうかね。

さて高速バスを降りてどうしようかと・・地域のバスに乗り換えました。バス停の案内を見て適当なバスに乗って終点まで。途中に紅木家具屋さんが建ち並んでいました。かなり大がかり、中山はそういう所なのでしょうかね。
紅木家具 → 紅木とは

終点まで行き少し引き返して歩いてみました。古い街並みもゴミが少ない。いい感じです。
さらに広珠城際軌道の中山北駅に行くことにしました。広珠城軌は広州から珠海をつなぐ新線で平均駅間距離8km程度で地域交通を受け持っているようです。将来たぶん有望。
駅は中山駅と中山北站がありますが中山駅は将来開発予定なのでしょう、付近にはまだ何もなく停車する列車も少ないのです。

バスで北駅に向かうと新しい住宅がたくさん増えてきました。駅周辺は新しい住宅の建設ラッシュのようです。しかも美しい。適当な所を見学してみました。
残念なことに正式開盤は19日だと言うことでまだ価格ははっきりしていないが118m2のところで70万程度だろうとのこと。珠海はマカオがあるのでマンションは高価ですがここはたいへん安いです。深圳・福田の7分の1ぐらいでしょうかね。恵州もだいたい同じ。

ごちゃごちゃしている間に遅くなってしまいました。当初の予定はここから広珠城軌に乗って珠海に出てマカオに入る予定だったのですが中山が予想外に私の注意を引いたため遅くなってこの予定はまた今度。
でふたたび富華酒店に戻って高速バスで深圳に引き返すことにしました。

富華酒店からの帰りのバスからふとAEONの文字・・・!え、ここにもイオンがあったの?把握している情報からは個々にあるとは知りませんでしたので・・・
帰って調べるため華南イオンのHPにアクセスしようとすると全然違うページに転送されました・・・たぶんヘッダーが書き換えられた(のっとられた)?
今日は修復のためか、イオンのページが削除されていました。
で検索してみるとありました。かなり前にできたようです。 → 広東ジャスコ、中国・広東省中山市にGMS5号店オープン


帰りのバスから

 


高速バスの終点 富華酒店站


富華酒店付近




広珠城軌・中山北站


北站付近の新マンション




とあるマンションのモデルルーム。 販売はスケルトンなので内装はありませんが・・




2014.07.29 カテゴリ: 深圳日記 

孫文のふるさと 珠江河口西岸・中山市へ 中山散歩 中山の風景と博物館

中山市

中山市へ 中山散歩 中山の風景と博物館 (2014.7.28)



海上から深圳空港を。
前回初めての中山訪問で印象が良かったので再びやってきました。前回と同じ海上の道コース。海上の道から深圳空港を展望しました。

深圳で高速に入る前にちょっと渋滞がありかなり時間を消費、中山まで2時間以上かかりました。


中山へ
前回の散策で中山の雰囲気に慣れたので今回は歩いてみることにしました。バスの終点(富華酒店)には新しいショッピング・エリアがあるのでこれをまず散策、そのあと川沿いに歩きながらイオンをめざすかな、と歩いていくといい感じのかわいい商店街があったのでこちらに移動。いい感じ。長安などの古い街並みで見られるような感じとはかなり違います。孫文のふるさとという観光地の要素も少しはあるのでしょうかね。


香山商業博物館
途中で香山商業博物館と書かれた小さな博物館がありました。香山というのは中山の以前の名称だとのことです。なぜか無料。で、博物館とか美術館の好きな私は迷いなく入場。
こういうところでは滞在時間の長くなる私、けっこうのんびりと見ていました。転じない用は昔の街並みの復元模型とか、まあ、ミニミニ深圳博物館。
孫文(孫中山)のコーナーもありました。

ここでもらったパンフレットによると他にもいろいろ博物館や美術館があるようなので次は少し名勝地なども調べてゆっくりやってきましょうかね。歴史的な雰囲気のある街はやはり楽しいです。

博物館を出てさらに歩いていくと日本料理屋がありました。「下午茶」をやっているようなので立ちよってみました。日式焼き餃子とレモンティーを。うまくなかった・・まあ、こんなもんでしょう。


イオン
あとはイオンをめざして歩きます。ありました。
ちょっと古そうですが4階建てでイオンだけが入っている様子。ただし、ここは華南イオンの深圳と違って広東イオンに属するようです。
川沿いの新しいショッピングエリアの地下にもスーパーが入っていましたが客がさっぱりなのに比べてイオンは盛況でした。

中山市は日本人があまりいない地域だと思っていたら益華にいますよ、と言う情報を聞きました。なんか聞いたことのあるような名前と思っていたら深圳行きの高速バスが停車する站のあるところでした。なるほど、きれいで大きな商業施設がありました。イオンからはほど近いところです。次に来ることがあれば益華付近も見学してみましょうかね。

そして・・・
バスに乗って中山市汽車総站へ、ここから散歩がてら深圳へのバスのりばである富華酒店まで歩いて行く途中でつかまりました、マンション販売の勧誘員に・・・
彼らはマンションでなく商業地の勧誘でしたが商標地は興味ないと言うと酒店式公寓(ホテル形式のマンション)に私を連れて行きました。酒店式公寓は初めてなので興味はあります。説明を聞くと自分で住んでもいいし、住まない時は酒店が月1800元で借り上げてホテル部屋として使用する、という知識通りのことでした。内装付きなので買えばすぐに使えるとのこと。
部屋を見学してみるとなるほどホテル・・
でもどうして私に声をかけてきたのだろう・・・おかげで帰るのが遅くなった。

あれこれ
バス用に小銭をたくさん用意していたのですがあまり乗ることなく・・
ただ、ある満員バスで子供を抱いたお母さんが乗ってきました。深圳ならば誰かがすぐに立って席をゆずってくれるのですがこちらではそんなに簡単ではありませんでした。最終的にはゆずってくれましたが・・・
いろいろ考えてしまいますね。

 


珠江河口の毛細血管のように走る川の一つです。水が豊かです。


反対側


望遠で見ると公園がありそうですね。それとも名勝地?


新しいショッピングエリア


対岸には商業地とマンションかな。






かわいい商店街がありました





少し奥に入るとこういう建物もあります。香港中山同郷会と書かれていました。では今は使われていないようです。興味深い・・



香山商業文化博物館で








イオン


2014.08.27 カテゴリ: 生活 

珠江デルタ・中山から珠海へ マンション探しと広珠城際軌道交通(広珠城軌) (1)

中山から珠海へ(1) (2014.8.25 - 26)

25日から1泊して中山から珠海を巡ってきました。一つはマンション探し、もう一つは広珠城軌に乗って珠海へ行くことでした。

実は私が丸9年住み慣れた深圳福田のマンションを売却しましたので引っ越し先を探すためです。気楽な年金生活ですので住む場所に制限はありませんのでいろいろな場所に何度か足を運んで観察してきたのですが、どうやらこちら、珠江デルタの西岸、中山あたりに落ち着きそうな感じなのでまたまたやってきました。
引っ越しを決意してから珠海と中山には2度ずつ訪れましたのでこれが3度目です。今回は観光なしでマンション巡りに時間を費やします。


スマホの地図アプリ
今回はスマホを最大限活用することを考えました。「百度地図」と「8684公交」のアプリをインストールしています。特に百度地図はなかなか有用な感じで期待。
したがって普段はモバイルデータ通信の設定をOFFにしているのですが2つのアプリを使えるようONの設定、百度地図アプリには位置情報取得の許可設定。さて料金はどれくらいになるのでしょうかね。もちろんこれで中国版LINEの微信(WeChat)も使えるので知人からの情報も入ります。(LINEは残念ながらアク禁が続いているようです)
電池切れのことも考えてモバイルバッテリーも準備。

出発
25日朝、深圳福田汽車站から高速バスで中山へ。Bluetoothのイヤホンで音楽を聴きながら時々「百度地図」のナビでバスの走っている位置を確認。これはなかなかよろしい。特に中山に入ってからのルートがはっきりしたので方向音痴な私にも場所の位置関係がほんとによくわかりました。頭の中がすっきり。なので途中で降りても良かったのですが今日も一応終点の富華酒店まで。

まず中山の中心部で日本人も多いという地域、イオンから東へ1km半ほどの利和広場というところを散策。ここの益華百貨に益華客運站がありここに深圳行きのバスが出ています。
一つのマンションも見学してみましたがm2表示のわりに面積が小さいような気がするのと少し古そうなので興味が出ません。

少し歩いたところに建設中のマンション。引き渡しが来年10月ということですが、もうすでにかなり売れているらしい。一応モデルルームも見学しましたが10月の引き渡しは少し遅いし市の中心部と言うことでそれなりに高い・・1万/m2ぐらいでしたでしょうか・・

日本人も多いところというので日本料理屋もいくつかあるようでその中で一つに入って簡単に昼食。
小さな巻き寿司セット。割合おいしい。
食事を終えて出る時、店の小姐が休憩時間なので近く(歩いて10分たらず)の新築マンションを案内するというので一緒に新築マンションへ。どうやら自分も見学したかったようでした。彼氏が日本人だと言っていましたのでいろいろあるのでしょうかね。

こちらはできあがっているのですぐにでも入れそうですね。残っている物件が少ないような書き方・・・でも少し離れるだけで安い。7000-8000元/m2


あとは香港人の友人から聞いている所へ。凯茵豪園。中心部から少し離れますが水庫とかあって風景的に興味深い場所。バスは調べてあります、3路のバスの終点。
彼曰くは少し前に中山で仕事をしたことがありその時に住んでいたところだとのことで、香港人も多いので中山港までマンションのバスが出ている上、香港行きの船の割引があるらしい。180元が138元になるとのこと。でも180元は高いですね。

で3路のバスで出発。すごくいいところでした。山景。空気がとても澄んでいて緑が深く、建設中の高層マンションが林立しています。なかなかいい感じ。

新しい街を造るようなものすごい勢いで増築中でおびただしい高層マンションができていきます。カメラにはとても収まりません。
香港人の彼がどこに住んでいたか想像できません。


售楼处(販売所)へ。
もうほとんど売り切れの様子。買った人の30%は香港人だと言っていました。おお、そういう所なんですね。
それと深圳では日本人が家を買うには深圳で働いて1年以上たたないと買えないとなったはずなのですが中山ではどうかと聞くと日本人でもOKという返事。

ではまだ売れていないのはここしかないという一つのマンションへ。
部屋の広さが116m2と252m2の物件。252m2の方はいいですね。広々としていてとても気持ちがいい。ただ一人で住むのはちょっと寂しそうだし管理費が高くなる。
ちなみにお値段は116m2は66万と79万でとてもお安い。250m2の方も170万とととてもお安い・・・
一般に面積が大きくなるとm2単価が高くなります。
それにしても環境はすばらしい。まあ決定するには日を変えて訪れて印象がどう変わるかですかね。

帰り。彼女が退社時間とのことで私を送ってくれると言いました。というのは彼女が自動車通勤をしていました。本田の車。私が今日中山に泊まるというと安いホテルを紹介してくれてそこまで送ってくれました。ホテルはよくあるチェーン店、七天連鎖酒店。まあせっかくですのでここに泊まることにしました。

ホテルのチェックインは香港IDでOKでした。無線LANが使い放題OK。
つづく

 


街を散歩していたらこんな日本料理屋さんがありました


250m2の部屋のリビングのモデルルーム。広くてとても気持ちよかった


2014.08.28 カテゴリ: 生活 

珠江デルタ・中山から珠海へ マンション探しと広珠城際軌道交通(広珠城軌) (2)

中山から珠海へ(2) (2014.8.26)

中山に一泊
ホテルは無線LANが使いたい放題。でデータ通信をOFFに。近くで食事。その後あちこちからSMSや微信、Skypeで連絡が入り超久しぶりのマッサージを予定していたけどあきらめました。
珠海の不動産屋から微信が入って明日珠海に来たら珠海と中山の境界あたりの物件を見学しませんかとのこと。珠海に行く時に連絡をすると返事。他にも香港人から微信があったりとあんまどころか12時過ぎになってやっと就寝。

翌朝移動通信からメール。昨日のデータ通信費は23元だと。思っていたより高い!プリペイド残高を調べるとあと22元。今日はデータ通信はやめ。
でもとても便利でした。乗りたいバスのバス停を探す時も迷わず一発でわかりました。抱きしめたい感じ。
スマホでは画面が小さいのでタブレットも持っていきましたが接続関係でホテルで使っただけ。
ストレッチをしたあとチェックアウト。


2日目 広珠城軌で中山北から珠海へ

広珠城軌 和諧号です
五桂山行きのバスがあったので行ってみました。中山最高峰が五桂山と言うことだったので行ってみましたが失敗。ちゃんと調べてからにしましょう。

で、バスで広珠城軌の中山北站へ。ここでも身分証は香港IDカードでチケットを買えました。
切符を確認すると座席指定が無座となっています。満員かと思っていたらよく空いていました。たぶん指定席はないのでしょうかね。通勤電車的な感じ?

車窓から見る景色は深圳付近とは全く違いますね。深い緑がよく目立ちます。その中で新しい高層マンションを建設中。きれいな風景でした。感激。
特に珠海近くの前山站前の川とマンションのコラボがとってもきれいでした。



珠海で

一つめの物件で
珠海站で不動産屋の人に会いそのまま彼の用意した車で物件に向かいます。彼とは前回の珠海訪問の時マカオへ行こうとイミグレに行く途中でキャッチされてそのまま物件へ、という関係です。

珠海市に限りなく近い中山市の物件を2ヶ所回りました。珠海市だと物件が高いのですが少し中山市にはいるとがくっと値が下がります。したがって珠海市側には建設されていませんでした。

結論から言うと・・だめですね。やっぱり高い珠海をあきらめて中山にするなら中山市中心部を基本にして考えないと・・言い方に問題があるかも知れませんが、いくら珠海に近いとは言え辺境は辺境なのかも知れません。
この不動産屋の兄ちゃんにはこれくらいのつきあいにしましょうかね。これ以上関わると情が移ります。

で、珠海では収穫なく深圳への帰途に。九洲港から船にしました。


あれこれ
中山は地方から働きに来ている人々の評判がいいですね。まず安全だと。日本料理屋の小姐は家に帰るのが午前2時ぐらいの時もあるけど歩いて帰っても問題ないと。
香港人の彼も治安がいいと言っていましたし、マンション售楼处の小姐も同じようなことを言っていましてどうやらみんなが感じていることのようです。
ただ第一印象をあまり頼りにしてもだめですけどね。

Bluetoothのイヤホン、とても具合がいいのですが私がしていると補聴器と間違われてはいないかとちょっと気になってしまいました・・・

 


始めに行ったマンション。中山市側に立っています。少し行くと珠海市になります。


2つめの物件からの展望。ここも中山市と珠海市の堺目付近の中山市にあります。



広珠城軌の車窓から
中山北站に入ってきた和諧号








珠海前山站あたり。珠海はあと一駅。前山站の少し手前ですが前山站では河岸に高層マンション群が建ち並び絶句するほどきれいでした。あとできくとこのあたりのマンションは1万6000元/m2ぐらいだそうな。
あいにくこの列車は前山站は通過。


珠海站


帰りの船から 珠海・九洲港


2014.09.27 カテゴリ: 深圳日記 

《中山市へ》中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 ちょこっとマカオ (2014.9.25 - 26)

中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 (2014.9.25-26)

さて漢中から帰ったばかりですがまだ少しハードなスケジュールが続きます。いろいろとありまして漢中に行く直前に今月中(9月)に引っ越しをしなければならなくなったのです。で目標の中山でとりあえず賃貸マンションを探しに出かけました。予定ではとりあえず中山の賃貸に住んであちこち出かけていい物件を探します。そして年内ぐらいをめどに購入物件を決定します。
中山へ 不動産屋はどこ?
時間があまりないのですがまだ調査不足で不動産屋がどこにあるのかわかりません・・・スマホの地図アプリを検索しても不明。たぶん検索キーワードが悪いのでしょうが、とりあえず中山に向けて出発。いつものように福田汽車站からバスで。不動産屋の探し方がまだ不明のためバスに乗っていても憂鬱。


中山市中心部
中山到着後、とりあえずは市の中心部に行き利和広場、京華酒店付近を少し歩いてみました。ありませんね。こんな探し方では時間の無駄ですね。中原地産で検索すると遠いですが1ヶ所ありますのでこちらをきっかけにしましょう。

バスで目的地まで。地図アプリで中原地産付近と思われる所へいくと・・・確かに不動産屋がありました!中原ではありませんでしたがとにかくこれで少し楽になりました。


不動産屋・家家順

市中心部にあった家家順
不動産屋の名前は「家家順」。この名前では店の前にいないと不動産屋とは全く想像がつきませんね。話しを聞くと家家順は77店舗あってこのあたりでは一番大きいとのこと。そうだったのか。スマホの地図アプリで検索してみると確かにたくさんヒットしました。これで一安心。

すぐ近くの新しいマンションを紹介されました。1部屋1900元。ま、仮の住まいなので一人暮らしにはこれで充分です。部屋もきれいですしこれで決めても良いと思いましたが他の所も見てみたいと思いましたので案内を求めましたが他は広い部屋なので・・ということで彼はギブアップ。意外にも近くの別の不動産屋に紹介してくれました。

別の不動産屋は「満堂紅置業有限公司」。こちらは置業がついていますので不動産屋とわかります・・地産では検索していたのですが置業では検索しませんでしたので改めて置業で検索してみるとけっこうヒットしました。ちょっと悔しい。
こちらで紹介してくれた物件も同じ新しい団地にありました。2部屋の部屋。でもよく見るとトイレが中国式のもの。これはちょっと・・

で中心部に戻って地図アプリでもう一度捜してみることにしました。やっぱり大きなビルの中にはありませんね。
ある家家順で話しを聞くと先ほどの物件と家賃はそんなに違いませんね。ただし、中心部のど真ん中の立派なビルは1部屋で3500元と問題外ですが。おそらく日本人や外人相手の値段でしょうかね。
始めに紹介された所は少し離れていますが静かで木々の多い所。不動産屋の小姐が自分の電動自転車の後ろに私を乗せて連れて行ってくれました。

こちらでは不動産屋で遠くの物件を見学に行く時、交通費は自前のようですので覚悟していたのですが中山では自分の電動自転車とか自分の車とかでちゃんと連れて行ってくれます。ちょっと中山はおもむきが違いますね。

こちらでは全部2部屋を紹介してもらいました。1部屋のは物件が少ないとのこと。
ただ時刻も遅いので中山に一泊することにしてじっくり考えることに。で不動産屋にこのへんに安いホテルはないかどうか聞いたらまたまた電気自転車で送ってくれました。
中山1泊
せっかくですので紹介された安ホテルに泊まることにしました。豪華単身房で140元。中はすごく広く、壁紙はめくれた所があるものの清潔感はけっこうあります。

契約
翌朝、ホテルから不動産屋に19階の部屋をもう一度見て問題なければ契約したいとショートメールするとすぐ返事、ホテルに迎えに行くと。これまたサービス満タン。
急いで身支度してホテルをチェックアウトします。すでに迎えがありました。反応もいいですね。

電動自転車に乗せられて再び物件を見に行きます。最初見た時より印象は良くないですがまあ仮の住まい、これで充分でしょう。「OK」。でオーナーに連絡。12時になるようです。あと2時間もあります。迎えが早すぎてご飯を食べ損ねたのでご飯を食べてくるというとこれまた電動自転車で。全く至れり尽くせりですね。
部屋と部屋からの展望。この展望は気に入りました。
予定より1時間ほど早くオーナーがやって来ました。ドスのきいた貫禄たっぷりのおばさんです。全部で4つの物件を持っているとか。
契約手続きと支払いを済ませます。支払いは香港と同じで家賃2ヶ月分の補償金(あとで返ってきます)と初月分の家賃で計家賃3ヶ月分。それに半月分の不動産屋への手数料。オーナーも半月の手数料を払います。
オーナーの名前をスマホの電話帳に入力するのを見てから顔が少しにこやかになりました。日本人が中国語を入力するのが嬉しかったようです。
契約書と鍵や光熱費支払い用の銀行通帳などを受け取り契約終了。

不動産屋ではどうして同僚やら通訳やらと一緒に来ないのかと聞かれました。日本人が一人でやってくるのが不思議なようでした。リタイアしているから、と答えます。それに数ヶ月前に初めて中山に来たので中山には友達も全くいないというのにも首をひねって・・・

私が引っ越してくるまでに家政婦さんを呼んで掃除しておいてもらえますかというとOKでした。電話で予約を取ってくれました。3時間で75元ということで支払っておきます。一安心。ちゃんと不動産屋手数料分の仕事をしてくれます。
引っ越した時には部屋の鍵を変える手伝いとインターネット接続の申請の手助けをしてくれると言うことでした。

やっとまた一つ肩の荷が下りました。あとは引っ越しを残すのみ。またネットで捜すかな・・
それにしても身体がハード・・・

マカオへ

城軌で珠海へ マカオへ

ビザの切れ目も近いのでマカオに行っておくことにしました。中山北站から城軌で珠海へ、珠海からマカオに入ります。

マカオもだいぶ長いこと来ていません。聞く所では入出国カードも不要になったとかで手続きがどう変わったか興味があります。
で、マカオ側イミグレで私は香港IDがあるので香港居民の方へ。おー確かに簡単。はんこもなしで滞在期限の書いた紙を渡されるだけ・・
マカオを出る時はIDカードのチェックだけ。確かにすごく簡単。
ところがシートを見ると入った日と滞在許可期限が同じ・・よく見ると年号が2015年!おー1年も。

おかしいと思って帰ってから調べてみると香港永久性居民は1年となっていました。なるほど。

それにしてもマカオ、財政が圧倒的な黒字超過でありながらどうして玄関口をちゃんと整備しないのでしょうかね。イミグレは新しくなりましたが。何にお金を使っているのかな・・
モバイルデータ通信 あれこれ
今回は漢中へ行く前にデータ通信の「10元套餐」というものに入っておきました。これは70M/月のデータ通信が可能で今サービス期間なのか100Mに増量。自分のお試し用なので来月になれば自動的に契約が切れるものにしました。
漢中では60%ほどを使い、中山でちょうど残りを使い切りました。前回套餐なしで使った時よりも断然安い。また必要な時に使いましょうかね。
このあたりを管理するには中国移動通信のスマホアプリをインストールしておくととても便利。もちろん移動通信カードを使っている場合ですが。


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by