FC2ブログ
タグ 《 トンボ科 》  9 記事  1 ページ

2013.06.14 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけた昆虫》 あかとんぼ ●南洋赤蜻蛉(ナンヨウアカトンボ) ★赤斑曲钩脉蜻 - 香港湿地公園

なんようあかとんぼ ♂雄 - 香港湿地公園で
(1)

ナンヨウアカトンボ 赤斑曲钩脉蜻赤斑曲鈎脈蜻 - 香港湿地公園(2013.6.12) + 香港・乾山(2009.9.26)

香港湿地公園を歩いていると赤とんぼがとまっていました。最近とんぼをまとめているのですぐ種類が判りました。以前(2009年)に香港乾山で見たとんぼと同じ。乾山で見たのは雌でしたが今度は雄。見事な赤い色でした。
でもとんぼってどうしてこういう風に先端にとまるのでしょう。とんぼのとまり方には何種類かあるようで、このとんぼのとまり方が先端にとまると言うことのようです。でも何をしているのかな。
とんぼは世界で6000種。日本には200種ほど、香港には・・

ナンヨウアカトンボ (南洋赤蜻蛉?)
赤斑曲钩脉蜻赤斑曲鈎脈蜻 (chì bān qū gōu mài qīng)

学 名Urothemis signata signata
科属名トンボ科Urothemis属
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






♀ 雌です 2009年9月26日、香港乾山付近での撮影です


2013.06.27 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけた昆虫》 湿地公園の夏・とんぼ 香港の鼈甲蝶蜻蛉(ベッコウチョウトンボ)

香港のベッコウチョウトンボ ♂雄
(003)

鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ)の仲間 斑丽翅蜻斑麗翅蜻 - 香港湿地公園(2013.6.23)

網友と湿地公園に出かけました。鳥は冬鳥がいなくなってちょっと寂しくなって、花も一通り咲きました・・・ふと見ると蜻蛉。蜻蛉も最近まとめ始めましたのでけっこう興味が行くようになりました。
で、この日は2種類の初見の蜻蛉と対面でした。

これは時々見かけるとんぼです。紅羅雲(こうらうん)と白頭(しろがしら)が水浴びしている前で金色に輝く羽をきらきらさせていました。強い風にとばされないよう姿勢を崩しながらも草にしがみついていました。
鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ)の香港版です。

羽の模様がベッコウにそっくり。運良く雄と雌の両方に出会いました。

鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ) / 沖縄蝶蜻蛉(おきなわちょうとんぼ)  の仲間
斑丽翅蜻斑麗翅蜻  (bān lì chì qīng)

学 名Rhyothemis variegata arria  鼈甲蝶蜻蛉はRhyothemis variegata imperatrix
科属名トンボ科チョウトンボ属

ベッコウチョウトンボの学名は
Rhyothemis variegata imperatrix
で日本では沖縄に生息します。
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
強い風が吹いていました。吹き飛ばされないようにしがみついています。




こちらは♀雌です。前羽(前翅)の先端が透明。

蜻蛉は複眼で大きな目ですが見ている方向によって複眼の一部がほんのり黒くなるとのこと。人の黒目が動くみたいに黒い部分が移動します

。写真をよく見ると右目の光が当たっている下に小さな黒い点が見えます。これが見ている方向なのでしょうかね。


♀雌です


2013.07.11 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけた昆虫》 初見のとんぼ 小さなネグロトンボ - 香港湿地公園で

ネグロトンボ ♂雄
(006)

ネグロトンボ の仲間 截斑脉蜻截斑脈蜻 - 香港湿地公園で(2013.6.26)

冬鳥が去ってかなり寂しくなった湿地公園です。かわりに植物や蜻蛉、蝶に目のいくこのごろです。
ふと草むらにいたのは・・よく分からないので望遠で見ると小さな蜻蛉でした。
ネグロトンボの仲間でした。日本にいないようですね。和名が見つかりません。

ネグロトンボ の仲間
截斑脉蜻截斑脈蜻 (jié bān mài qīng)

学 名Neurothemis tullia tullia
科属名トンボ科アカスジベッコウトンボ属
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

2013.07.20 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけた昆虫》 香港の目の覚めるような赤とんぼ ★短腹異蜻 - 香港湿地公園

短腹異蜻
(007)

香港の赤とんぼ 短腹異蜻 - 香港湿地公園(2013..7.11)

赤とんぼと言っても香港で買った小冊子だけにでも10種類以上の赤とんぼが載っていました。なかなか名前を調べるのも難しいかも知れませんがこれは容易に名前の分かる種類です。
びっくりするほど赤い体、しかも短い。
少し遠くからカメラを構えてぱちり。さらに近づいて・・もっともっと・・接写に近い状態、しかも相手には見えている真正面になっても逃げる様子はありません。度胸があるのでしょうかね。それとも一心に下を向いている?

蝶までは中国のサイトからもたくさんの情報がとれるのですが香港深圳で見られるトンボとなると中国のサイトでは資料が非常に少なくなります。トンボというのはマイナーな昆虫なんでしょうか・・

[和名なし]
短腹異蜻 

学 名Aethriamanta brevipennis brevipennis
科属名トンボ科
体 長
後翅長♂24mm, ♀24 - 25mm
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


2013.08.20 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけた昆虫》 白い腹巻きのトンボ ●腰空蜻蛉(コシアキトンボ) ★玉带蜻 - 香港湿地公園

腰空蜻蛉 (こしあきとんぼ)
(009)

腰空蜻蛉 (こしあきとんぼ) 玉带蜻玉帶蜻 - 香港湿地公園で(2013.7.11)

ちょっと古い7月11日の撮影、アップが漏れていたようです。
深圳、最近は雨が多くて気温がなかなか上がらないのですが、これは日差しが強く暑かった日の撮影です。

ペンキを塗ったみたいに白い帯の入ったトンボです(雄♂)。雌は黄色のバンドになるようですがまだ未確認。
何となくハ虫類色の強い感じのトンボ。

腰空蜻蛉 (こしあきとんぼ)
玉带蜻玉帶蜻 (yù dài qīng)

学 名Pseudothemis zonata
科属名トンボ科コシアキトンボ属
体 長(腹部)28 - 33mm
後翅長38 - 42mm
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






2014.05.22 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけたトンボ》 トンボの季節になりました ●青額蜻蛉 (アオビタイトンボ) - 香港湿地公園

青額蜻蛉 (あおびたいとんぼ) ★藍額疏脈蜻  雄♂
(019)

青額蜻蛉 (あおびたいとんぼ) 蓝额舒脉蜻藍額疏脈蜻 - 香港湿地公園(2014.5.22)

蝶は結構早い時期にお目にかかるのですがトンボはかなり暖かくならないと出てこない感じですね。それでも季節はやってきます。
湿地公園でトラガ(きれいな色合いの蛾)を追いかけていると目の前をかすかに見えるようにトンボが通り過ぎました。ああ、もうこんな季節かと撮影。シオカラトンボのように見えたのですが帰って写真を見てみると初見でした。
南洋のトンボ、青額蜻蛉(あおびたいとんぼ)でした。日本なら沖縄にいるのですが最近は北限がどんどん北に移動しているらしいです。

青額蜻蛉 (あおびたいとんぼ)
蓝额舒脉蜻藍額疏脈蜻 (lán é shū mài qīng)

学 名Brachydiplax chalybea flavovittata
科属名トンボ科アオビタイトンボ属
体 長(腹部)♂22 - 25mm ♀21mm
後翅長♂27 - 30mm ♀29.5mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
雄♂



軽鉄湿地公園駅から。 左が湿地公園、右は住宅街


2014.07.20 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《香港で見かけたトンボ》 ●腹細蜻蛉(ハラボソトンボ) ★狭腹灰蜻 - 香港湿地公園で

腹細蜻蛉  (はらぼそとんぼ)
(28)

腹細蜻蛉 (はらぼそとんぼ) 狭腹灰蜻狹腹灰蜻 - 香港湿地公園で (2014.7.16)

こちら独特のものも多いトンボの中で日本にも分布する腹細蜻蛉(はらぼそとんぼ)です。
酷熱天気警告のでている香港、香港湿地公園でぼんやりと見えたトンボ。

腹細蜻蛉  (はらぼそとんぼ)
狭腹灰蜻狹腹灰蜻 (xiá fù huī qīng)



学 名Orthetrum sabina sabina
科属名トンボ科シオカラトンボ属
体 長(腹部)♂30 - 36mm ♀32 - 35mm
後翅長♂30 - 36mm ♀31 - 35mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






2014.09.10 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《深圳で見かけた蜻蛉》 裏山のトンボ ●薄羽黄蜻蛉 (ウスバキトンボ) ★黄蜻 - 聖人大座で

薄羽黄蜻蛉(うすばきとんぼ)
(032)

薄羽黄蜻蛉 / 薄翅黄蜻蛉  (うすばきとんぼ) 黄蜻黃蜻 - 聖人大座 (2014.9.9)

昨日は裏山へ。えらいもので裏山へ行くと知り合いになっている人をよく見かけるようになりました。皆さんも裏山として運動しているのでしょうかね。

で、目の前にトンボが。薄羽黄蜻蛉(うすばきとんぼ)でした。どこにでもよく見る普通のトンボですが・・・
こちらでは年がら年中見られるようですね。

薄羽黄蜻蛉 / 薄翅黄蜻蛉  (うすばきとんぼ)
黄蜻黃蜻 (huáng qīng)

学 名Pantala flavescens
科属名トンボ科ウスバキトンボ属
体 長(腹部)♂29 - 35mm ♀30 - 33mm
後翅長♂38 - 40mm ♀39 - 41mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






この日の香港大帽山。 一番手前のマンションはわが家。中ほどには香蜜湖。


2014.10.29 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《中山で見かけた蜻蛉》 鼈甲蝶蜻蛉(ベッコウチョウトンボ)と中山市三郷鎮

鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ)の仲間です。 ★斑丽翅蜻・斑麗翅蜻
(033)

鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ)の仲間 ♂  斑丽翅蜻斑麗翅蜻 - 中山三郷★三乡(2014.10.29)

中山最高峰の五桂山(531m)の登山道を捜そうと思ってやって来ましたが失敗・・・また仕切り直しです。
で、転んでもただでは起きぬ性格ですのでついでに三郷の街を散歩してみました。三郷は簡体字では三乡と書きます。

ひらひらとゆったり飛んでくるトンボがいました。特徴のある羽で見てすぐにわかりました。鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ)。羽がベッコウみたいな色合いになっています。
羽の先端が透明ではないので雄ですね。日本では沖縄に生息するようです。

鼈甲蝶蜻蛉(べっこうちょうとんぼ) / 沖縄蝶蜻蛉(おきなわちょうとんぼ)  の仲間
斑丽翅蜻斑麗翅蜻  (bān lì chì qīng)

学 名Rhyothemis variegata arria
科属名トンボ科チョウトンボ属
体 長(腹部)♂26 - 27mm ♀22 - 24mm
後翅長♂36 - 38mm ♀33 - 37mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)





中山・三郷







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by