FC2ブログ
タグ 《 タマスダレ属 》  3 記事  1 ページ

2010.10.04 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 玉簾(たますだれ)/葱兰 - 塘朗山郊野公園で

塘朗山郊野公園の玉簾(たますだれ)/葱兰
030

《深圳花暦》 玉簾(たますだれ)/葱兰

玉簾という花を知ったのは2008年8月13日のこの公園でした。白い可憐な花が咲いていたのが印象的でした。葉っぱが直立して群がっている様子からすだれの名前がついたらしいとのこと。

風邪から回復して1ヶ月ぶりに梅林山公園から塘朗山公園に抜ける裏山フルコース3時間半に出かけました。
この前は咲いていなかった玉簾(たますだれ)の花、今回は少し目立っていました。でも 2008年には8月に咲いていたわけで、それからするとこの前咲いていてもおかしくないのですが見落としたか・・・

土の中の鱗茎に毒があって、食べると吐き気、痙攣があるそうなので注意。

玉簾(たますだれ)
葱兰・葱蘭 (cōng lán)

科属名ヒガンバナ科タマスダレ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)





なぜか玉簾のめしべはおしべ群から離れて偏っています



塘朗山公園で


黄胡蝶の花期も長い
いつが盛りなのでしょう・・・

葉が細いのでクマノギクかなと思ったのですが、アメリカハマグルマのようでもあり・・・




裏山(聖人大座)の登山道整備工事

裏山(聖人大座)が整備されて登山道ができるようです。
山頂付近には三層の展望台ができる模様。

樹木より高くできれば展望は深圳市の中心部が近くに見えるし、反対側には羊台山脈の展望が楽しめて絶品だと想像していますが、登山道としてまた石段が設置されるかと思うと気持ちは複雑。

裏山は登る時にけっこう滑りやすいので、滑らない工夫だけをして手を入れるのは最小限にならないものでしょうか・・
できるだけ自然のままであってほしいと思うのですが深圳市民の気持ちはどうなのでしょう・・・

2012.09.07 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 ●玉簾(たますだれ) ★葱兰・葱蘭 - 園博園で

●玉簾(たますだれ) ★葱兰・葱蘭
(180)

●玉簾(たますだれ) ★葱兰・葱蘭 - 園博園で(2012.9.2)

夕方の園博園。水辺に咲いていた玉簾(たなすだれ)です。
普通はもっとかたまって咲いていてまっすぐに伸びる茎が並んですだれのように見えるのですがちょっとまばらに咲いていました。

玉簾(たますだれ)
葱兰・葱蘭 (cōng lán)

学 名Zephyranthes candida (Lind.) Herb.
科属名ヒガンバナ科タマスダレ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

2019.08.06 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《中山花暦》散歩道・玉簾(たますだれ)の群生 - 一面の玉簾の花

(324)

散歩道・玉簾(たますだれ)の群生 (2019.7.27)

台風7号の影響かずーっと雨は続きました。昨日あたりから回復、今日はカンカン照り。能見度は悪いですが・・

これは台風が訪れる前でした。長江路の散歩道、見事な玉簾の群生がありました。一面の玉簾の花。こんな群生を見るのは初めてです。びくり感激でした。

前回冬に奈良帰省したとき道ばたに玉簾の花が咲いていました。こんな寒い時期に咲く花だったかな?・・と不思議だったのですが他の種類だったのでしょうか・・

玉簾(たますだれ)
葱兰葱蘭 (cōng lán)

学 名Zephyranthes candida
科属名ヒガンバナ科タマスダレ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鱗茎に毒 症状は吐き気、痙攣



玉簾(たますだれ)

一面の玉簾の花。






銀合歓(ぎんねむ)の花も咲いていました




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by