FC2ブログ
タグ 《 ストレッチ 》  1 記事  1 ページ

2012.04.20 カテゴリ: 思うままに 

毎日のストレッチ 身体を柔軟に・・

毎日のストレッチ

かなり昔の話になりますが大相撲の海外巡業でのフランスでのことでした。
取り組み前のデモンストレーションで力士全員が登場、一斉に股割りを始め、その柔軟な身体に観客から「ウォー!!」というどよめきが起こりました。私も当然「ウォー」でした。だってあの身体で股割りができるなんてね。
でも考えてみればあんな大きな体で投げられるのですから身体が硬ければ常にけがをしている状態になるわけで受け身のために股割りは必要ですよね。

上半身のストレッチを開始
身体が日に日に固くなっていくのを感じていました。
重い腰を上げてネット検索。山歩きはよくしているので下半身よりもまず上半身からと「ストレッチ 上半身」のキーワードで検索するとたくさん出てきました。今の時代ですから動画を使用しての説明で非常にわかりやすい。
中から適当なものを選んでPCをやりながら1セットで10分ぐらいの上半身のストレッチを開始。

「ん・・えっ・・」
肩が突っ張るというか肩こりが倍加したというか、肩がいいようのない不快感に・・・マッサージに行ってほぐすか、とも考えたぐらいでした。
ともあれ2、3日続けると逆に肩が軽くなって肩こりがかなり和らいだようになってきました。
「おっ 効果あるやん」
と認識、以後は毎日数回欠かさずストレッチをするようになりました。それにしてもからだが異常なくらいに固くなってたのでしょうかね。
それまでは山歩きをする時にリュックを抱えていても肩が凝るような感じになっていたのがストレッチを始めてからウソみたいにさわやかになりました。

考えてみると私の好きなマッサージというのは自分でストレッチをやる代わりに人にやらせるという横柄なものだったのでしょうかね。


下半身も
整備された登山道を行く場合は石畳やら石段なので問題は少ないのですが整備されていないところでは急坂をよじ登ったり、丸太を飛び越えたりといろいろアクロバット的な格好をすることがあり身体が硬いと危険を感じることもあって下半身のストレッチも考えるようになりネットを検索。
いろいろ動画を提供してくれているサイトがありましたのでいろいろやってみて効果のありそうなものを選び、さらに一つ一つのメニューを検討して30分程度のエクササイズにまとめましてこれを1日2回程度やってみることにしました。
たとえば・・・ ストレッチ - 筋トレ前後 -
要点はそれぞれのメニューの目的を把握して基本姿勢に留意して目的部位への効果を意識してストレッチをおこなう、背筋は反り返るくらいピンとして、屈伸も腰から曲げるということ、無理をしない(少しずつ)ということのようです。

始めてみるとなんか最悪・・
足が開かない(開脚は微々たるもの、45度くらいしか開かない)、屈伸はしようとしても曲がらない、等々、身体の硬さを思い知りました。山歩き以前の問題であきれるというより情けない。

ストレッチのポーズが何となくヨガのような気がしたのですが、ストレッチはヨガが基本になっているという説もあるようです。エアロビクスがラジオ体操を連想させるみたいに・・・


そして1ヶ月
ストレッチを始めて1ヶ月経ちました。効果は驚くべきものがありました。
始めた頃の情けない状態は大きく改善されました。開脚も今は90度以上できるようになりましたし屈伸もまがりなりにもできるようになりました。
始めた頃は動画サンプルの格好にならなかった部分も多かったのですが(下半身は軒並み×)今はだいたい形がとれるようになりましたのでこれから始まりという感じではありますが。

効果の確認のために裏山回遊コースを行くので1週間に2度ほど裏山に登るようになりましたが、実際山を歩いていても以前よりも身体の動きがよくなっているのを感じます。付録的に便通もよくなりました。
鏡で確認しているわけではないですが、なにか背筋がぴんと張り猫背が改善されているような感じがします。
ほんの1ヶ月でこれだけ効果を感じることができれば続けていく張り合いがあります。これから一つ一つのメニューに対して効果を検証してメニューを変更、追加して2ヶ月目に入りたいと思います。

元々の身体がカタカタ(固固)でしたので今が普通の人の出発点かも知れませんが最終目標を股割りと決めました。まだまだゴールは遠いですがあわよくば半年で、長くても1年で達成したいというのが望みです。どこまでできるか分かりませんが、とにかく挑戦を。

 

雨の深圳 (2012.4.20)

昨日の夕方久しぶりに雲が切れて今日は晴れるか・・と思ったら今日も雨。しかも昨日に引き続き雷付き。
雨の北環大道と裏山・聖人大座 (2012.4.20)


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by