FC2ブログ
タグ 《 ジャノメチョウ亜科 》  2 記事  1 ページ

2013.06.25 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《深圳で見かけた昆虫》 雨の切れ目の筆架山の蝶 ●エウメウス ヒメワモン ★串珠环蝶・串珠環蝶

エウメウス ヒメワモン ♂雄です
(002)

蝶(ちょう) エウメウス ヒメワモン 串珠环蝶串珠環蝶 - 筆架山で(2013.6.23)

雨の合間の筆架山に登って下りは久しぶりに舗装道を中心に下りようと・・途中で石段コースにしたりして人の通っていない山径を歩いていると私の好きなブラウン系色合いのヒメワモン(たぶん漢字では姫輪紋)に。こちらでは輪紋蝶の仲間で名前はエウメウスヒメワモン。エウメウスは学名そのまま。

で、まずは少し遠い位置から撮影、徐々に近づいて・・羽を閉じてとまっていますがときおり少しだけ羽を広げます。カメラを構えて羽を広げるのを待ちます。ひとしきり写真を撮ったあとさらに近づいて・・と人がやってきました。僕がカメラを構えているのを見て大声で話しかけてきました。せっかくの蝶は飛び去って・・・ちょっといらいら。

であきらめて少し進むとまた同じ蝶が一羽。さっきのと同じですがなんか少し小さい。少しくらいのでぶれ気味ですが羽を広げたところも撮れました。さっきの大声で場所を変えたために撮れたものと解釈しましょう。
帰って調べてみると小さいのは雄のようです。黄色の部分も少し色が濃いですね。 → エウメウスヒメワモン

学名
学名は二命名法ではラテン語で基本2語からなり始めの語は属名 、そのあとは種名で赤いとか白いとか、属を細分類するための形容詞です。イタリック体で表示し属名の最初の1文字だけ大文字で書きます。世界共通の名前ですので中国名と和名の変換に使っています。
エウメウスはその形容詞部分ですね。意味は知りませんが・・・
植物もそうですが和名をつけずに学名ですませている名前が多いですね。おまけに和名でも正式表記はカタカナ。で、どこで区切って発音すればいいのか全く判らない・・

Gallery
エウメウス ヒメワモン
串珠环蝶串珠環蝶 (chuàn zhū huán dié)

学 名Faunis eumeus
科属名タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科ワモンチョウ族
観察期
開 長♀68 - 75mm  ♂64 - 71mm
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
♂雄です


で こちらが♀雌 これが輪紋なんでしょうか?


♀雌です


近くにはシクンシが咲いていました


2014.03.16 カテゴリ:中国華南で見た昆虫 >  中国華南の昆虫ギャラリー 

《深圳で見かけた昆虫》 飛び出してきた蛇目蝶(ジャノメチョウ) - 聖人大座で

蛇の雌蝶・コンフサ日隠(ひかげ)
(015)

コンフサ日隠 (こんふさ ひかげ) 白带黛眼蝶白帶黛眼蝶 - 聖人大座で(2014.3.13)

色も濃く地味な蝶です。日本には日本特産のヒカゲチョウというのがいて奈良付近には普通にいるそうですが地味なので気づかずに通り過ぎるかも・・という記述がありました。
このコンフサ日隠はジャノメチョウ亜科ヒカゲチョウ属に属しているヒカゲチョウの仲間ですが日本には少ないようで和名がないようです。でコンフサという学名がつけられていました。
ジャノメチョウの名のように羽には大きな蛇の目状の紋があります。

聖人大座で目立たずに飛んできました。最初は少し距離を置いて撮影、じわじわ寄っても逃げませんでした。

コンフサ日隠 (こんふさ ひかげ)
白带黛眼蝶白帶黛眼蝶 (bái dài dài yǎn dié)

学 名Lethe confusa
科属名タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科ジャノメチョウ族ヒカゲチョウ属
開 長50 - 55mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




聖人大座の登山道



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by