FC2ブログ
3009 記事  301 ページ
► 次のページへ

2020.03.28 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《中山花暦》紫馬嶺公園4月前


今日の新型コロナウイルス

今日は奈良で2人の感染者。二人とも大阪に通勤していて大阪で感染した模様。奈良は大阪への通勤者がすごく多いのでこれまで大阪からもらってこないのを不思議に思いながらもちょっと安心していましたのでこのニュースはショックです。これまでは観光地とか海外渡航者から出ていたのですがとうとう感染拡大の兆候が出てきたのかもしれません。東京との出張者関係で感染しているのかも・・早く都市封鎖をしたほうがいいのでは・・・

もう一つショックなのは香港で感染者が今日急に65人も出たこと。41人は海外渡航、イギリス、スペイン、ポルトガルからの帰国者関係。残りは渡航歴なし。
この分では・・飛行機が再開するのはいつ・・・


(327)

紫馬嶺公園4月前

今は春の花がどんどん咲いてきてますね。いつもの紫馬嶺公園花の色がどんどん変わります。
すでにノボタンが咲いてました


そして相思樹。あの相思相愛の相思樹です。名前のいわれは→鴛鴦の契
花 期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




マンゴーの黄色い花。
花もそろそろ終わりあとは実を付けるだけ
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




ブラシの木です。 ●枝垂れブラシの木 ★垂枝紅千層
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




水生の花が・・名前を知りません・・




2020.03.25 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山脈めぐり》千秋嶺から白雲頂へ縦走

《五桂山山脈めぐり》千秋嶺から白雲頂へ縦走 (2020.3.23)

現在私の所(中山市)では外出規制はありませんが他地域からの移動を厳しく管理されるようになりました。アプリに携帯電話番号を入力するとどこにいたかわかるみたい・・
香港も入境者のウイルス持ち込みが多いので25日から香港人以外の入境が禁止されます。


千秋嶺と白雲頂は個別に登っているのですが今回は縦走します。

9.5km
6時間(移動時間:3時間20分)

累計上昇603m
累計下降633m


今回の登山の詳細なデータです。
千秋嶺から白雲頂
この中の「更多数据」をクリック




千秋嶺から白雲頂へ

月曜日。一般にはわかりにくい所にある登山口ですが私のすぐあとにカップルが子供を抱いて・・
そして更に一人。ウイルス騒動前よりも人が多いような気がします。
少し歩くと暑い。特に足が蒸れて・・で、ズボンの下に仕込んでおいたインナー付きのランニングパンツ、短パン姿に。長ズボンから解放されてとても気持ちがいい。
開放感あるシーズンになってきたのですが、反面歩く速度が落ちます。その分、日が長くなるので歩ける時間も増えますが。

コースは上り下りの激しいコース。独立峰なら登ったらあとは下るだけですがこの五桂山脈、低い山が連続するので登っては下りを繰り返すのでけっこう足が疲れます。今回も300メートルちょっとの山を行くのに累計上昇603mと倍近い登りです。
今回初の登山口へ下山。なんかガレ場。そしてバス停へ向かうと・・門がありました。どうやら私有地のような・・ここも臨時の下山にしか使えないかも・・


左の三角頭が白雲頂、後右端の一番高い山は大尖山



あれこれ
実は前回白雲頂に登ったとき、草むらの坂道で不覚をとって転倒、ペットボトルホルダーのポカリスエットがリュックサックから落下。その後ペットボトルがなくなったのに気づいたもののどうしようもない地点だったので水なしで登山続行しました。

今回なくしたと思われるあたりを捜索、斜面の草むらにそのままありました。ちょっと回収しにくい場所、身体をくねらせて回収。
2ヶ月前とは思えぬほどきれいな状態。蓋を取ってにおうと・・ポカリスエットのにおいのまま!もちろん飲みませんが。






千秋嶺から白雲頂へ

出発



千秋嶺

千秋嶺山頂



白雲頂

めざす三角頭の白雲頂







長江水庫



山は左から天葬墳から獅頭山へそして長江水庫に続きます


ちょっとだけ


白雲頂山頂付近から



展望 大尖山







この日多く見かけた車輪梅(シャリンバイ)  花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


2020.03.24 カテゴリ:中山 >  中山日記 

香港空港フェリー便 全面運休

香港空港フェリー便 全面運休

とのことです。香港エクスプレス便の全面運休の発表からすぐの発表です。
ちょっと前に中山から香港空港行きの便の時刻が16時から10時と利用しやすい時刻に変わって喜んでいたら香港エクスプレス便自体が運休となって今回ダメ押しの発表。

内容は香港国際空港の海天客運碼頭の船便を3月25日から4月7日まで全面停止するというものです。7日がくれば状況によってまた変化するでしょうけど・・
この船を利用すると香港に入国(入境)しなくていいので14日検疫の必要がなく一番の「救済」方法だったのですけどね。


まあ欧米の爆発的状況を見ればしょうがないですかね。中国各省は新感染者0が多いのに香港では毎日感染者が出ています。

そして今日、中国以外の感染者、北米がアジアを追い抜き欧州に次いで2番目に多くなりました。

欧州(欧洲)
北アメリカ(北美洲)
アジア(亚洲)、中国以外
南アメリカ(南美洲)
オーストラリア(大洋洲)
アフリカ(非洲)

と続きます。




2020.03.22 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》帰れません・・

帰れません・・ (2020.3.22)

あーあ、とうとう帰れなくなりました。
今回の私の予約はHKエクスプレス便でしたが3月23日から4月30日まで運休するとのメールが来ていました。5月1日から再開する模様。
中国、香港の新コロ感染者が毎日毎日海外からの帰国者、訪問者から出続けています。気にしていたのですが、とうとうこうなりました。まあヨーロッパ、アメリカの状況が異常事態ですので今は鎖国したほうがよろしい。私も安心。



ピーチは17日から運休している様子で将来どうなるか・・まあでもピーチは香港空港のフェリー便を使えないので中山から香港空港までの移動が複雑になって感染リスクが高まります。それになにより検疫問題もあり今回はピーチ、役に立ちません。

で、香港エクスプレスの5月便をサーチしてみると・・おっ、とてもお安い価格。従って現在の予約はキャンセルして払い戻し、新しく予約した方が安い。というわけでさっそくホームページからキャンセルの手続きをしました。
ただキャンセルの審査に6-8週間の時間がかかるとのこと。でもこれは通常時のことでしょうから今回はもっと早く審査が終わるものと思います。期待して待ちましょう。

まあそれまでに日本の感染状況がよくなるように祈りながら・・今はこちら(中山)の方が安全な気がします。
で帰るのは5月以降ですね。それまではまよわずオーバーステイ。マカオには行きません。あまりあちこち移動すると感染リスクが高まりますから。

2020.03.20 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山生活》新型コロナウイルス 血液型別の感染者

新型コロナウイルス 血液型別の感染者

中国の研究期間のリポートが発表されて血液型による感染状況が明らかになったようです。

リポートによると血液型O型がかかりにくく、A型がかかりやすいとのことです。

武漢の健常者3694人の血液型分布は、A型が32.16%、B型が24.90%、AB型が9.10%、O型が33.84%であるのに対し、武漢市金銀潭医院の新型コロナウイルス患者1775人の血液型分布は、A型が37.75%、B型が26.42%、AB型が10.03%、O型が25.80% とのこと。
更に武漢市金銀潭医院の死亡患者206人の血液型分布は、A型が41.26%、B型が24.27%、AB型が9.22%、O型が25.24% と言うことです。
→ https://news.so-net.ne.jp/article/detail/1934073/?nv=r_cmn_photo

B型とAB型はそれなりでA型とO型の比率が少し違います。この違いが血液型によるものかどうかきわどい感じがします。
これを判定するのにカイ二乗分布による有意性の判定方法があるのですが私はまだ勉強したことがありません。今回ひまなので初挑戦してみます。
サイトが見つかりました。 → 統計WEB

一つ一つ計算するのも面倒なのでエクセルを用いて表計算を設定して・・



ということで血液型4つで見たときは標準値に対して計測値が現れる確率は50%。で有意性なし、ばらつきの範囲内ということに・・
こんなことしていいのかわかりませんがAとO型だけ抜き取って計算した場合、死亡者に限れば確率は3%ほどで有意性あり、かなり血液型に関係している、となりました。

まあでも違いは少しなのでA型の人もあまり気にすることはないのではないでしょうか・・

2020.03.16 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山脈めぐり》十八洞~大尖山縦走 - 思わぬハプニングつき

《五桂山山脈めぐり》十八洞~大尖山縦走 (2020.3.15)

さてコロナウイルス騒ぎも少し落ち着いてきたので五桂山山脈めぐりを復活しようと出かけました。

ところで中山で新型コロナウイルスにかかった人の行動地図です。

青点が私の家、そしてその南側に長江水庫、五桂山山脈が広がります。

青点から水色の範囲は家から3km圏です。見事に安全地帯。そして五桂山山脈の広い部分は印なしの安産地帯です。このウイルスフリー地帯を歩きます。


前回十八洞から金鐘水庫へ下ったのですが今回は十八洞から大尖山へ縦走します。前回に増して上り下りの厳しいコースのはず・・

9.2km, 4時間(移動時間3時間20分)
累計上昇:507m、 累計下降:512m

A地点は金鐘水庫行きと大尖山行きへの分岐点

ルートは緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。


下に半袖を仕込み登り始めてから半袖姿で歩きました。日曜日とあって思っていたより多くの人とすれ違い。ただちょっとマニアックと思えるコースなのですれ違う人はトレッキング慣れしたと思える服装やジョギングスタイルの短パン半袖。そして格好だけでなく登るのがとても早い。しかも砂で覆われた急坂をステッキ無しで素早く登っていきます。びっくりでした。

大尖山に近づくと更に人が増えました。でもここでは「プロ級」の人は少なく楽しみに来たという感じ。それにしてもロープの張っている急坂の多いコースをどうして選択したのかな・・?

大尖山の山頂から下山はいつもの石段コース。あの滑り落ちそうな地道コースに比べてなんと人の少ないことか・・
軽快にとばして下山。でも人がいないだけの理由がありました。


大尖山登山道出口でハプニング
下山していつもの店屋で1元のアイスキャンディーを買って歩いて村の出口へ。「なに・・」ゲートを作って検問していました。カードを見せろとか・・・
どうやら村でのウイルス規制を継続しているようで外来者の進入を制限、登山に来る車を阻止していました。それなら出るのは自由なように思うのですが出してもくれません。どうやら別の山系から下山してくる人は想定していなかったようでこのケースのマニュアルはないのかも・・

私のすぐあとにも二人の下山組。私と同じように別の山系からこちらに下山してきた二人。下山途中で会っていますのでまあ同士ですかね。同じように出て行くのを拒否され・・
まあ、検問者も追い出したいのでしょうけど自分の仕事の責任追及されるのでしょうね。
検問所はここだけだというので、三人で抜け道を探すことに。別の道を進み雑草の生い茂るスペース。柵を3つ飛び越えて見事外部のバス道に出ることができました。めでたしめでたし。


経路です。大尖山山頂から撮影。

1から2の十八洞へ。更に3、4、5の峰を経てAの分岐点へ。Aから左へ。大尖山を回るようなコースで背面から回り込んで大尖山山頂に到着。
写真手前に写っている登山道は今回使用しませんでした。


「3」から大尖山を展望。写真右から大尖山の山頂をめざします。








十八洞から大尖山

スタートからまもなく天葬墳から獅頭山かな・・






3地点から望遠で大尖山山頂を。


分岐点Aから大尖山をめざします


難所


金鐘水庫が少し見えます


大尖山へ






大尖山山頂


下山


華南のシイノキ(★黧蒴錐)の花が咲き始めました


ふもとの村で


2020.03.14 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《中山花暦》華佗山公園の黄花凌霄花(キバナノウゼン) - 春の花たち

(326)

華佗山公園へ 黄花凌霄花・春の花

これまた久しぶりの華佗山公園へ行きました。路線バスは復活しているものの本数が少ないので時間がかかります。
いろんな花が咲いていました。たくさんの鳥の声がとても癒してくれます。



マスク。まだまだ用心。

広東油桐(カントンアブラギリ)です。石段の横に数本見つけました。
深圳裏山を思い出してとても懐かしい。

うっそうとした所に何か見えました・・フトモモ(蒲桃)の花でした。盛りには少し早いようで一つだけ。

黄花凌霄花 (きばなのうぜん)
黄钟木黄鐘木 (huáng zhōng mù)

学 名Tabebuia chrysantha
科属名ノウゼンカズラ科タベブイア属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


黄花凌霄花 (きばなのうぜん)







華佗山公園前の道路




2020.03.12 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山生活》いつの間にかヨーロッパも・・

いつの間にかヨーロッパも・・ (2020.3.12)

久しぶりの更新です。新型コロナ、大きな変化がありましたね。いつの間にかヨーロッパの感染者数と致死者数が中国を除くアジア地域を上回っていました。これではおそらく東京2020どころでは・・・

そして中国は日本人に対する15日ビザを一時停止・・困りましたね。ウイルスはちょっと怖いけど日本に帰ったほうがいいのかな。もし帰れなければ帰れるようになるまで何ヶ月かかっても中国から離れずに(マカオに行かない)オーバーステイを決め込む覚悟が必要でしょうかね。中国から離れると再入国は難しいかもしれないので。
とはいえ、ビザ関係のめどさえつけられるのなら今は日本に帰るより中国にいた方が安全かもしれません。日本では強権発動が難しいようですし、なんか一般の人々の緊張感を感じにくい・・こんな状況でライブハウスに行きますかね、ふつう。それに「ウイルスをばらまいてやる」事件、背筋が凍りました。

風邪と同じように暖かくなれば少しずつ収まればいいのですが。

中山で二人・・スペインからの帰国者
ところで中山、今日感染者が二人出ました。1月26日から3月8日まで家族でスペインにいて10日に広州白雲空港に到着、入国時の体温は正常。帰ってきてから発症したようです。スペインで感染したのですね。
ずっと外出制限に耐えてきた人でなくて少し安堵。外出制限が効果ないとなると大問題ですからね。
濃厚接触者は46人もいるとのことでこれがやっかいそうです。


平日の紫馬嶺公園。すっかり平和な風景になりました。


落ちた木棉の花で遊ぶ親子



工事も再開


2020.03.07 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング地図 

《中山トレッキング》中山湿地公園一覧

中山湿地公園一覧


在建:建設中; 开放:開園; 面積はヘクタール;




2020.03.04 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山生活》冷たい雨 そろそろ回南天の季節

冷たい雨 そろそろ回南天の季節 (2020.3.4)

この前は暑くて半袖の人が多かったのですがうって変わって今日は冷たい雨。なかなか天候の変化が激しい。

そう言えばそろそろ回南天の季節。2、3日湿度が猛烈に高くて大理石の壁、床タイルなどの表面が結露して水滴でいっぱいに・・このときは窓という窓、ドアというドアをすべて閉め切って家の中でおとなしくしているのが一番。ここ数年は奈良に帰省中のことでしたので久しぶりに回南天を迎えます。

雨の日はやっぱり気持ちがうつむきがち。マンションの窓から見た雨のたそがれ


お店はすでに営業をしています。コロナウイルスがなくなるまであと5人




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by