FC2ブログ
2980 記事  298 ページ
► 次のページへ

2020.01.19 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山地めぐり》千秋嶺へ

五桂山山地めぐり 千秋嶺(351m)へ (2020.1.12)

紫馬嶺公園の展望塔から見える山風景、名前を知らない山ばかりだったのがきっかけで始まった五桂山山地めぐりです。アプリではいろんな山を縦走して距離も長いのをアップしている人が多いのですが、当方まだ様子がわかっていませんので安全のため短いのを選んで一つ一つ探検します。今回は千秋嶺。


上り下りがかなりの急坂
6.0km 3時間45分
ルートを右回りに歩きました。

ルートは緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。
ところどころひげのそり残しみたいになっている所は道を取り違えたのですね・・・

千秋嶺へ


前回登山道の確認に時間をとりすぎてタイムオーバーで行けなかった千秋嶺へふたたび挑戦です。今回は分岐から千秋嶺へのルートをとります。


切り取られた登山口
さて出発。無惨に切り取られた登山口から登山道に入りとどんどん登りますがせっかく登った高さを急坂で一気に下ります。下り終えるとA地点に到着。ルートが交差するポイントでした。目の前には急坂が・・スマホを確認するとここを登るようです。
ちょっともよおして隠れて用を足していると声がして幾人かやって来ました。ウェットティッシュで手を拭きながら出てくると一人が急坂を登り始めました。私も続いて登りますが初めてのルートなのでルートの資料作りのため撮影したりスマホアプリを操作しているうちに彼は見えなくなりました。彼がどこへ行くのか興味があったのですが・・

A地点

ロープを張っている所もあるほど手を抜くと滑り落ちそうな砂の斜面を行きます。ときおり展望が開けて見えてくる長江水庫の美しい風景が和ませてくれます。それにしてもこのルートは展望がなかなかよろしい。
途中長江水庫へ行く分岐もありましたが、好奇心を断ち切って今回は千秋嶺へ。


千秋嶺山頂付近から五桂山を
登り始めて2時間あまりで千秋嶺の山頂に到着。樹木の間からから五桂山のアンテナが見えました。
これでこの日の目的は達成です。あとはどうしよう、帰るか・・と言うことで下山します。
到着したのは前回入ろうとして管理人に「ここは解放されてない!」と追い払われた百万花草園の片隅でした。ここは失敗したようなテーマパークで管理人を置いただけの寂れた園。朽ちたゲートを通ると・・・さすがの管理人も中から外へ出るのは何も言いませんでした。


長江水庫の展望



独立峰2つを縦走する感じ、しかも急坂。なので距離のわりに所要時間と歩数がかなり増えました。登山に要した歩数は1万8000歩程度ですが6kmという距離のわりにこの歩数はちょっとびっくり。平地だと6km1万歩と言うところですね。



千秋嶺へ

登山口付近から南方を。竹篙嶺山脈方面のはず・・


長江水庫が見えてきました



A地点。千秋嶺方向です。ここを登ります




たぶんこれが千秋嶺でしょう




ふたたび長江水庫





千秋嶺山頂です。ただ平面的なのでどこが最高点なのか・・・




下ります


なむあみだぶつ・・・


失敗した(?)テーマパークに到着。右のは家ではありません。植木鉢を積み上げてでできてます。


千秋嶺へ
おわり

2020.01.18 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》春節装いの華佗山公園と花卉世界

春節装いの華佗山公園と花卉世界 (2020.1.18)

午後散歩に出かけました。華佗山公園。
すでに春節色に装われていました。門前にでっかい「恭賀新年」。今日は土曜日のせいか、人も多い。

華佗山に登るに先立って近くの花卉世界へ。普段は閑散としていますがさすが年末、新年の準備をする人でにぎわっていました。


華佗山公園

華佗山公園入口。山上に展望塔





花卉世界へ







2020.01.17 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》マンションの春節準備

マンションの春節準備




あと1週間になった中国の正月、春節。マンションでも春節の雰囲気が増してきました。
まあ、行事にうとい当方はいつもと変わらずのんびりしているのですがちょっとは何かしておかないとダメかなと思うのですが面倒が頭いっぱいに広がります。

とりあえず掃除でもしておきましょうかね。外から見える所、窓ガラスとかベランダとかはちゃんとしといた方がいいでしょうかね・・・玄関ドアに春節用のあれを貼って・・・
ああ、面倒ですね。お年玉、どうしよう・・・

2020.01.15 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山地めぐり》田心森林公園 - 灯心塘頂へ 灯芯のような山頂・・

田心森林公園 - 灯心塘頂へ (2020.1.10)

田心森林公園を下調べで歩いたことがありますがまだちゃんと行ってないので行きました。
孫中山故居からK26または215路のバスに乗り継いで田心公園下車。
田心森林公園の最高点、灯心塘頂をめざします。

7.7km 4時間

環山路(Ring Road)と登山路に別れています。
環山路はふもとを巡る周遊コースで登山路が最高点に達するルート。

登山路を左回りに行きました。

ルートの水色●は写真撮影をしたところです。




ここは登山道もよく整備されていて石畳と石段ですが小刻みに上り下りが激しい。小さな峰をいくつも超えていきます。
とりあえずふもとを半分ほど巡ったあと目的の最高点に向かいます。前回とは違いルートのよくわかるアプリがあります。頼もしく出発。



田心森林公園・灯心塘頂へ

来ていた初老のカップル


ここから登山道に入ります


五桂山が見えました。まあ、お向かいさんですから


田心水庫も何となく見えてます


そして見えてきました。どうやらこれがめざす灯心塘頂のようです。何となく山頂の形がろうそくの灯芯を想像させます。


数々の上り下りを越えてこれが最後の登りでしょうか・・


最高点手前の石段が急になってきたのでアプリで測定、これが最高斜度のようです。39度ほど。スキーだとけっこうきつい斜度。
そして高度最高点392m。灯心塘頂と言う名前も何の表示もありません。手持ちの資料、アプリから判断しました。
写真は高度計アプリで。339mになってます。誤差が大きい。


最高点付近から進行方向を見ると・・・どうやらあの峰も越えなければならないようです。




これは田心水庫ではなく逸仙水庫のようです。登山道のスポットとしていい感じ。




ほとんど下山終了地点、これから登る人もいるようです。


戻りました。田心公園入口。


田心森林公園・灯心塘頂へ
おわり

2020.01.14 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《中山トレッキング》中山の山峰 一覧と地図

中山の山峰 一覧と地図

2020.1.14
中山市は人口331万人 (2018年)で面積は1784m2と深圳市、大阪府などより少し小さい。
地勢はけっこう平坦で山は南部に2つの山脈、五桂山山脈と竹篙嶺山脈があるだけです。しかも最高標高でも五桂山の531mと低いので山の楽しみ方は高さをめざすというより縦走を楽しむ方がいいのかも。

実践を元に丹念に調べた人がいまして300m以上の山を公表していましたので拝借して地図にしてみました。→ 中山市海拔300米以上山峰列表
当方位置を確認できてないのもありましたのでまだ未完ではありますがとりあえず第一段階としてアップしておきます。今後も更新していくつもりです。



クリックすると原寸大に。


山峰 别名 標高 所属山脉 所属镇区
五桂山山脉(●五桂山山脈)
五桂山 五桂山主峰 531 五桂山山脉 五桂山区
芋子排 - 488.2 五桂山山脉 五桂山区
南台山 - 396.8 五桂山山脉 五桂山区
灯心塘顶 飞云洞 (●飛雲洞) 392 五桂山山脉 五桂山区、 珠海市
大尖山 贵峰山 391.2 五桂山山脉 五桂山区、东区、南区
白云顶 - 368.5 五桂山山脉 五桂山区、东区
箭竹山 箭竹顶 368.1 五桂山山脉 五桂山区、南朗镇
禾叉坑顶 禾钗坑顶 356.1 五桂山山脉 五桂山区、珠海市
千秋岭 - 351.4 五桂山山脉 五桂山区、东区
大磨山 - 341.1 五桂山山脉 五桂山区
天葬坟 - 340.6 五桂山山脉 五桂山区、东区
检金顶 - 336.2 五桂山山脉 五桂山区、南朗镇
白云仔顶 蜈蚣地 335 五桂山山脉 南朗镇、东区
湖洲山 - 331.1 五桂山山脉 板芙镇、南区
大观音 - 328 五桂山山脉 南朗镇、东区
尖峰山 尖峰岭、旗仔顶 327.2 五桂山山脉 三乡镇、五桂山区
十八洞 十八洞山 327 五桂山山脉 五桂山区
麻峰坳顶 - 326.9 五桂山山脉 南朗镇
马填岭 周东坑 320.5 五桂山山脉 五桂山区、东区
米塔山 - 312 五桂山山脉 五桂山区、珠海市
△风车扭 - 309 五桂山山脉 五桂山区
黄牛寨 - 308.1 五桂山山脉 五桂山区、三乡镇
大肚岭 大肚岭山 307.6 五桂山山脉 五桂山区、南区
北边山 将军山 306.2 五桂山山脉 三乡镇、五桂山区
△长坑 标当坑 306 五桂山山脉 五桂山区
狮头山 305.1 五桂山山脉 五桂山区、东区
△深湾凹 - 303 五桂山山脉 板芙镇
不明
×风吹罗带 - 439.3 五桂山山脉 五桂山区
×乌石顶 马坑山 437 五桂山山脉 五桂山区、三乡镇、板芙镇
×婆髻顶 - 433.5 五桂山山脉 五桂山区、板芙镇
×亚婆抱孙 - 423 五桂山山脉 五桂山区
×加林山 - 422 五桂山山脉 三乡镇、板芙镇
×石寨山 - 417.2 五桂山山脉 五桂山区
×梅花地顶 - 384 五桂山山脉 五桂山区、东区
×鹞婆石 妖婆石 334 五桂山山脉 五桂山区
×高子坑 - 326.7 五桂山山脉 南朗镇、五桂山区、珠海市
×烟墩岭 - 311.8 五桂山山脉 板芙镇、五桂山区
竹篙岭山脉(●竹篙嶺山脈)
白水林山 白水林、白水林顶 473.3 竹篙岭山脉 坦洲镇、神湾镇、三乡镇
铁炉山 - 468.3 竹篙岭山脉 坦洲镇、神湾镇
公仔山 大望斗 383.6 竹篙岭山脉 坦洲镇、神湾镇
五指山 - 378.2 竹篙岭山脉 三乡镇、坦洲镇
丫髻山 鸦髻山 374 竹篙岭山脉 神湾镇
蕉窝山 - 373.6 竹篙岭山脉
先生地顶 - 336 竹篙岭山脉 坦洲镇、神湾镇
竹篙山 竹高山 322 竹篙岭山脉 三乡镇、神湾镇

2020.01.12 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

《漢中便り》新年(春節)の準備 + 星星期末テスト

《漢中便り》新年(春節)の準備

今年の中国の正月、春節は1月25日、すぐそこです。スーパーには正月用品が並びます。マンションの管理所のガードマンたちも愛想がいい気がします。紅包(お年玉)のため?
どうしましょうかね。ここ数年、母のことで春節は奈良に帰省していたのですが今年はこちらで春節を迎えます。
深圳の時の管理会社は紅包とか禁止されていたみたいでよかったのですがこちらではOK。私は人の顔を覚えるのが苦手でこういうときに困るのですね。義理不義理がめちゃくちゃになりそうで・・
なしにしますかね・・・


春節(正月)準備

腸詰め器
ところで漢中の阿英から微信で写真が届きました。正月用に豚肉のソーセージなど15kgを作ったらしい。春節過ぎたら冷蔵庫に入れて5ヶ月ほど保存できるらしい。
春節前には豚肉の値段が上がるのですが今年は特にひどいですね。中山で見ていても牛肉より高い気もします。彼女も大変。

去年、彼女の希望で豚肉を腸詰めする簡単な器具を買いました。それを使っているのでしょう。





星星期末テスト終了
小学6年生、星星から微信。期末テストの結果が出たそうで・・・
試験直前にインフルエンザにかかり1週間ほど学校に行けなくなりました。治療をして治ったという病院からの証明書を提出してやっと学校に復帰することができてすぐのテストです。ちょっと気にしていましたが4科目中3科目が満点、1科目が91点でいずれも最高点で1番になったという話・・・ ホンマにこいつすごい。
で、奨励が欲しいと。ですね。星星から微信が来ると緊張する理由です。

一番上のイラストには「準備発紅包(奨励金の準備をしてください)」の文字。
で微信で送金。

2020.01.08 カテゴリ: 珠海 

《珠海》バス運賃1元?珠海全市で?

《珠海》バス運賃1元?珠海全市で? (2020.1.7)

珠海へ


珠海の路線バスで
とある登山口を探しに珠海へ行きました。普段は高速バス30元ほどで出かけるのですが路線バスを乗り継いで。路線バス合計5.5元でした。

さて中山市から珠海市に入ります。中山のバスを降り珠海のバスに乗ると運賃「1元」となっています。ん、安すぎる、特別区間かな・・・ともあれ乗り込みます。
珠海で路線バスに乗るのは珠海鳳凰山の登山口を探しに行ったとき以来かなり久しぶり。当時はけっこう運賃が高くおまけにICカードを使ったときの割引率が1割引で中山の半額に比べてけっこうがめつい印象がありました。なので1元は特別区間かと思えたのです。

そして次の乗り換え地点。路線表で値段を確認すると・・・おー、その駅の十数路線あるバスすべてが1元になっていました。以前乗ったとき3元だったバスもみんな1元。ムムこれは・・・


帰って調べてみました。ありました。



どうやら1年ちょっと前(2018年11月18日から)に珠海全市のバス運賃が一票制(分段料金なし)の1元となったみたい。何という太っ腹。がめつかった印象を払拭。
さすが住宅価の超高騰でがっぽり稼いでいると思われる珠海、ささやかな住民還元と言うところでしょうか。今後は珠海の路線バスに乗りやすくなりました。

ちなみに・・60歳以上は手続きすれば戸籍にかかわらず無料のようです。ただし珠海戸籍でない場合は5年有効の老人カードが発行されるとのこと。まあ1元ですからね。たまにしか使わない者には関係ないですね。


QRコードでのバス代支払い
ところで以前珠海に来たとき、珠海のICカードを持っていなかったので路線バスのために小銭(1元)をたんまりためてポケットに入れてたのですが今回はQRコードでの支払い。
事前に支付宝(アリペイ)の設定をしていましたが未実績なので念のため家中の1元札を集めて持って行きました。でも必要ありませんでした。QRコードをかざすとばっちり「掃碼成功(スキャン成功)」と言う自動音声が流れました。
現金を使わなくていいので楽になりました。


それにしても珠海は・・
久しぶりに路線バスで珠海市内を行きましたが激しく変化していますね。あちこちでめまぐるしく工事中、そして完成。十数年前の深圳、今の深圳と同じ。 見ていてほんとに楽しい。明日はどうなっているのでしょうかね。
この次の帰省ではしばらくぶりの大阪に行って同じ激しい変化を見に行きましょうかね。



マカオへ


この日は登山口探しに失敗。横琴口岸からマカオに入りタイパ・大潭山トレールを歩いてきました。ここも新しい展望スペースができてました。少しずつよくなっています。

新しい展望スペースから。右端に遠く港珠澳大橋が見えます。あちこち埋め立てているようですね。
さてどんな風に変わるのでしょうか。


最近は尉鶲(じょうびたき)の♂を見ることが多かったのですが久しぶりの♀。
こうしてみると♀もけっこうかわいくてきれいです。


2020.01.06 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山地めぐり》馬嶺水庫から大尖山へ

馬嶺水庫から大尖山へ (2020.1.4)

スマホアプリで大尖山の新しいルートを見つけましたのでさっそく歩いてみました。

大尖山公園入口→分岐点→馬嶺水庫→大尖山山頂→下山
スタート - ゴール 7.9km 4時間

ルートの色は標高。黄色いほど標高が高くなります。

分岐点を右に折れるといつものルート。



馬嶺水庫から大尖山へ

天気もよく、暖かい土曜日、大尖山はいつになく多い人出。登っていくうちに暑くなってきます。半袖姿の人も多いですね。

分岐点からは未整備のルートになりますがルートを示すリボンが丁寧にかけられていますので道に迷うことはありません。緊張するルートがしばらく続きます。分岐点から40分ほど歩くと馬嶺水庫に到着。
黄色い声が遠くから聞こえてきます。進むと女性3人組のハイカー、さらに歩いていくと十数人の若者男女のグループが見えました。おそらく私と同じルートを行くのでしょう。すぐに彼らに追いつきましたが狭い道、追い越せず彼らのあとにくっついて歩くことに。

いくつかの急坂を登って大尖山山頂へ。コースも景色もとてもいいルートでした。まあ人が大勢だったので楽しかったのかもしれませんが・・・今後はこのコースがメインになるかも。
下山はいつものコースで。舗装道コースはやっぱり歩く気になれません。舗装道は雨専用かな。


帰りのバス路線の都合で歩数が増えました。



馬嶺水庫から大尖山へ


大尖山森林公園入口、いつもより車が多い。


分岐点


馬嶺水庫へ。こまめにリボンがついています


馬嶺水庫に


馬嶺水庫が見えます


馬嶺水庫



馬嶺水庫から少しずつ見えていた若者グループ


さて急坂に






大尖山へ最後の急坂


大尖山山頂



下山します



馬嶺水庫から大尖山へ
おわり

2020.01.05 カテゴリ: マカオ 

《マカオ》黒沙海灘でスナップ

黒沙海灘で (2019.12.30)

2019年最後のマカオ訪問。マカオ南端の黒沙海灘でのスナップです。冬季の海灘はちょっと寂しい色。

晦日、黒沙海灘のスナップ

おじいちゃんと




対岸の珠海の風景が圧倒します


いつもの四季鳥(しきちょう)


この日多く飛んでいた八哥鳥(はっかちょう)




2020.01.01 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます (2020.1.1)

大晦日、と言ってもこちら(中国)では普通の日、取り立てて行事もなく・・
久しぶりに、?十年ぶりに紅白歌合戦を見ました。さんま御殿なんかで知ってる若い人も多くて人物にはなじみもあるのですがやっぱり番組としては私と肌が合わないようで・・・
他にコナンを29時間ぶっ通しでやっているチャンネルやらルパン三世なんかをやっていて気楽に見られるのでコナンを見ていました。ま、紅白の最後の方でも覗くか・・と思っていたのですがコナンを見ていて気づいたら日本時間の1月1日になってました。

という大晦日でしたが年が明けてまあ、初詣的に外出でもしとくかと言うことで能見度最悪ながら孫文紀念公園へウォーキング。往復+αで11kmちょっと。
中国は今月25日の春節を控えてますので元日感は全くないのですが休日は休日、たくさんの人がいました。




孫文紀念公園 1月1日

















Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by